2013年4月の記事一覧

第一弾GW

ちまたでは火曜日・水曜日・木曜日と
有給等を使って休まれている方からすれば
大型台風並みの長期連休なんでしょうけども
通常のリーマンたちは、そんなわけもなく
明日から仕事でございます(苦笑)

ってか、そもそも連休なく
働いている方々も山程いらっしゃいますから
そう考えると、ちょっとでも
休みのある私なんぞは、ありがたいわけで・・・。
頑張って働いている皆様
本当に、おつかれちゃ~んで~~~す(苦笑)

明日からも働きたいと思います(汗)

さて3連休何をやっていたかというと
本当は土曜日に「藁の楯」という
映画を見に行こうと思うも、
違う部分のでっき~が出血大サービスで
出るタイミングを見失いまして
結局ひたすら寝ていただけの一日でした。

そして昨日は、奥さんと夏物のTシャツを
求めに出掛けてまして、
2L以上のサイズの方御用達の
ビックエムワンへ行って数枚GETして、
その後、飯食いに発寒ジャスコへ。
マックの新作食べようにも混みすぎて
リンガーハットでちゃんぽんを食べて
家帰ってきてからは、ドラクエの旅に出てました。

んで今日は、一人で出掛けておりまして
まずは新作のメニューを食べるべく
西町マックへ・・・。
なぜ西町まで来たかというと
多分そんなに混んでないだろうという
勝手な思い込みから片道20分以上の道を
霧雨に煽られながら歩いていきました。
目的のバーべーキュービーフを食べるも
言うほど美味しいわけでもなく・・・
これならラーメン共和国で良かったかもと
無駄にガッカリさせられるという
残念なオチがついてしまいました。

でも本来の目的はマックではなく
「藁の楯」の映画であったので、
気分を変えて札駅へ。
夕方の時間帯でもあったせいか
人がほとんどおらず並ぶこともなかったし
快適な映画館であった(苦笑)

映画としては、個人的には充分面白かった。
藤原竜也のクズっぷりも満載で
見応えはあったと思う。
まぁ~もうちょっと一般人がからんだ
展開も欲しかったけど、見ても損はないはず。
ぜひ見に行こう!!

今回の映画よりも予告編の
久々モーガンフリーマンが出ていた
ホワイトハウスが襲撃される映画の方が
ちょっと興味が湧いたのぉ~。
あれはあれで見に行こうと思う。

とまぁ~こんな感じで休み堪能してました。
必死に頑張って働いてる皆さん
どうも、すいません(苦笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

もう一度

  • 新曲情報

すっげぇ~久し振りに新曲ができたので、
歌詞を発表します。
テーマは、ちょっとアップテンポで
原点に戻る感じで口ずさみやすいメロディーを
意識して作ってみました。

歌詞のテーマは、サビが歌詞と共に
メロディーが同時に出てきたので、
その路線で行ってみたら
随分諦めの悪い、未練たらたらで
何故ふられたのかも良く分かってない
男の設定になりました(苦笑)
なかなかない感じの歌詞になったので、
それなりに満足しております。
ちょべっと英語も混ぜられて
ふふ~んという心境です(笑)

では、どうぞぉ~↓

もう一度
作詞・作曲:KAZ

いつかこんな日が来るとは思わずに
のんきに過ごしていたけど
それが突然急に 覚悟もないままに
別れを告げられるなんて

Why is the baby
いったい 何が どうなってんの?
I want you baby
こんなにも 心から 君を想っているのに

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
君のために頑張ってきたじゃない
憐れむような目で
この僕を見下げないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度

君が欲しいものは 少ない給料から
できるだけ望むように買ったけど
別にもので釣ろうと思ってはいないけど
あまりにも切なすぎて泣けてくる

Why is the baby
メールで別れいわなくても
I need you baby
そりゃダメなところもあったとは思うけど

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
優しさだけは誰にも負けないじゃない
軽蔑するような目で
この僕を見捨てないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度

Why is the baby
せめて最後に逢いたいんだ
I love you baby
さよならくらいは僕からいわせてくれよ

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
君のために頑張ってきたじゃない
憐れむような目で
この僕を見下げないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度


21年目からのぉ~あでゅ~♪

絶海の探偵

すっかり春の恒例行事である
名探偵コナンの劇場版の新作
絶海の探偵」を初日から見に行きました。

 

135445263265313129306.JPG

 

2~3作に1作は駄作が多いのだけれど
今回のイージス艦を舞台にした
スパイミステリーは見応え充分でした。

とうぜんネタバレはしないんだけど
海上自衛隊全面協力と謳っているだけあって
イージス艦の中身が格好いいんだよねぇ。

今回はど派手なアクションシーンは
あんまりないんだけど、
謎のスパイXとの攻防戦が
ドキドキさせてくれて、個人的には
あっという間の時間だったと思う。

まぁ~最後まで見終わると、
あ~そういう感じかぁ~と思わずには
いられない部分もあるっちゃ~あるけど
もう一回見ても良いかなぁ~なんて
気にさせてくれる映画でした。

振り返ると「世紀末の魔術師」以降
毎年欠かさず映画館で見ていて
そしていつも初日に行ってるという
ある意味、物好きな大人でありますが
妙に見に行きたくなる、中毒的なアニメです(苦笑)

これはニュースになってるから良いと思うけど
今年の12月に、ルパンとのコラボが
映画になるようで、これも絶対に行くと思うし
来年の映画も絶対に初日に行くんだと思う(笑)

コナンが好きな方は是非見に行くべし!!


しかし・・・蘭ちゃんも、そろそろ自分から
危険な目に逢いに行くのは、
やめたらどうだろうか??(苦笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

取り敢えずライブ情報だぉ

顔に似合わない言葉を使うと
ちょっと気持ち悪いね・・・(苦笑)

さて最近は、決算の準備に追われていて
1年分の領収書や、会計ソフトの弥生と
にらめっこする時間が多くて・・・
慣れない業務に少々疲れすぎて
先週の金曜日に家に帰ってきたら
奥さんに顔が死んでると言われたKAZです(汗)
確かにそうだったろうなぁ~と素直に思う。

だもんだから、土曜日は死んだように寝て
今日もほとんど寝ていたけど、
せっかく家に引きこもるんだから
有意義に時間を使おうと、
新曲の歌詞を書いたりしていたんだけど
メロディーに合わせて歌うと
まぁ~腹筋が弱って声のでないこと(苦笑)
これはあかんと言うことで
3時間だけヒトカラに行って
THE YELLOW MONKEYを中心に
大声を張り上げてきました(苦笑)

んで、それはそれで疲れるという・・・。

歌詞も1番はある程度固まってきているので
そう遠くない時に、お聴かせできる日も
来るんじゃないかって思われます。

そうこうしていると
ライブオファーが来まして
当別にある全久寺さんより
お祭りで歌って欲しいと依頼がありました。
久々のオファーありがたくお受けさせて頂きます。
お近くにお住まいの方は是非応援宜しくです。

てなわけで以下、現時点のライブ情報です。

とまと畑ライブ
5月25日(土) 19:00-OPEN 19:30-START
場所:札幌市中央区南4条東3丁目 ピープルIII 1階
チケット:1500円(1ドリンク付)
共演者:ヤマガタユウジ 他

まるやまミュージクソン
6月23日(日) 時間未定
場所:未定
チケット:無料
共演者:未定

全久寺まつり2013
6月30日(日) 9:30-START KAZは昼頃の予定
場所:石狩郡当別町対雁41
チケット:無料
共演者:未定

まぁ~まだ深くて要素が多い
イベントもありますが、今年も精力的に
活動していこうと思っておりますし
GWあたりに路上もできたらいいなぁ~と
取り敢えずは思っておりますので、
その際は、また随時報告していきますので
ライブを見に来てやってもらえると嬉しいです。

よろしくってばよ!!
21年目からのぉ~あでゅ~♪

日記・・・

思った以上に書けないもんですね(苦笑)
最近、昼間できない仕事を家でやってるから
結構時間取られちゃって・・・。
ドラクエⅩも週末しかできてない(汗)
ってか体力が極端に落ちていて
疲れやすいのぉ~やっぱ年かのぉ(苦笑)

あぁ~でも一つ良いことがあり、
やっと新曲のメロディーが浮かんできました。
これは素直に自分に嬉しい(汗)
だって、曲作ろうとギター抱えて
いろんなコード弾いてみるけど
全く浮かばなかったし、鼻歌での
メロディーもくそも面白くないし
ありゃ~軽いスランプかと思ってたら
やっと最近ふと浮かんだんですよ。

サビからできたから、AメロBメロを
考えなきゃならんから、完全にはできた
わけではないんだけど・・・
去年のイマジンを除いた感じで考えると
約1年半の間、新曲が浮かんでなかった
ということになるんだよねぇ。

大体1年に1曲以上は作ってたはずだから
ついに俺の才能も枯渇し始めたかと
正直、ちょっとだけ悩んでたりしてたので
こういう時だけ、神様仏様、堀北真希様~と
祈ってしまうのでした(苦笑)

歌詞も珍しく同時進行なので、
気が付けばあっという間にできるかも知れません。
少々未練たらしいヤローの歌詞の予定です(苦笑)
お楽しみに!!

さて・・・寝るけど・・・
ミサイル打たないでね北朝鮮さん!!

21年目からのぉ~あでゅ~♪

これはちょっと嬉しい

週刊アスキーの電子配信
本日4月2日より開始しました

http://kaz-s.net/10urRrO

私は気が付けば、もう6年くらいの
購読者であり、パソコンだけに限らず
携帯やスマホの情報も熱かったので、
気に入って読んでいるのです。

東日本大震災が起きたときに
東北より北に配送できず、
無料でPDFのデータを提供していたという
過去もあり、別に無料でなくてもいいから
電子版で配信してくれたらいいのにと
常々思っていたのですが
この度、AppleのNewsstandで
電子版の定期購読ができるようになりました。

こうなってくると、iPadの偉大さが
如実に表れてきていて、持ってて
良かったなぁ~って最近特に思う(苦笑)

全然深い考えはないんだが
電子版というだけで、実際の本よりも
極端に安くするべきだという
勝手な思い込みがあるんだけど、
今回の週刊アスキーの電子版も
定期購読期間によってお得にはなるみたい。
取り敢えず3カ月の定期購読を申し込んでみた。

関東圏では毎週火曜日発売ですが
北海道は2日遅く入ってくるので、
ちょっとリアルタイムじゃないのが
読者としては残念でしたが
電子版はさすがに火曜日に配信されていて
これはやっぱ嬉しい(苦笑)

雑誌もかさばらなくなるし、
後はジャンプもそうなれば
我が家から雑誌はなくなり、
スッキリして奥さんも喜ぶだろうに(苦笑)


しかし・・・こうなってくると
新しいiPad欲しくなるのぉ~(汗)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

気がつきゃ4月

エイプリルフールの日に
30kg痩せたぜという適当な
ウソをついたら、随分寂しいウソだと
突っ込まれたKAZです(苦笑)

読み返すと確かにそうかも知れん(汗)

まぁ~言葉にすっと、いつかなるかも
という願いを込めてのウソなんで
来年辺りには、世界仰天ニュースに
出てるかも知れませんよ(苦笑)

さて話は変わり4月といえば
ここ数年の恒例行事であります
チャリティーライブのための
10月の「時計台ホール争奪戦」です!!

4月1日の月曜日に行って参りました。
どういうわけか昨年まで運が良く
3年連続場所確保という、
その1年の運を4月で使い切ってしまうほど
運の良さを発揮していましたが
今年はどうだったのでしょうか?

結果からいうと・・・GETならず・・・。

4年連続とまではいかなかったようです。
今年は昨年の反省を行かし
遅刻だけはすまいと時間配分をきっちりし
予定時刻10分前には会場に着きました。

既に人で一杯でしたが、
このギリギリ加減が重要で
遅く行けば行くほど、誰がどこを重点的に
狙っているのかが分かるという利点があり
混んでいる時期が分かれば、
敢えてそこを狙わなければいいという
何年も挑戦している人間だからこそ
思い浮かぶ作戦で、今年も挑戦し
自分の予定をある程度決めた上で
一番少ない日を選んで、その時を待ちました。

戦いは至ってシンプルで・・・
その日をGETしたい人で集まって
くじを引く順番を決めます。

順番が決まると、棒の先に赤い印が当たりの
くじを先程の順番通りに引いていき
赤が出た人が、その日をGETできるわけです。

その日の希望者は私を含めて3人でした。

くじを引く順番で3番になった私は
この時点で少々諦めムード(苦笑)
ただ例年の奇跡を当ててきた自負もあり
取れるはずだと強く願いながら・・・

1番目の男性・・・外れ・・・
2番目の女性・・・赤の当たり・・・
3番目の私・・・引くまでもなく終了・・・_| ̄|○

せっ、せめて引かせてくれ!!(苦笑)
最後に福あっての人生ではないか??

まぁ~敗れ去ったのは仕方がないということで
第2ラウンドに臨むべく、残りの消化試合も
取り敢えず観戦して終わった段階で
再度他の日にちをチェックしに行くと
あとは普通の平日・・・_| ̄|○

今回だけは無理だったようである・・・。
一応、空きが出たら連絡下さいと
敗者の切なる願いを伝えて
時計台を後にしました。

と言うわけで今年の会場選びも
一からの選び直しとなりました。
まぁ~他の選択肢が、そうそう
あるわけではないので、
多分、琴似になるかあぁ~と思われます。
予算の関係も含めて検討します。


今回の唯一の救いだったのが
一緒の日を選んだ男性から試合後、
「ギターやってる方ですよね?
一度ライブ見たことがあります!」

と声をかけてもらえたことですね(苦笑)
ありがたやぁ~ありがたやぁ~(笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

2013年3月25日~3月31日までのツイート

  • twitter

2013年3月26日(火)

  • いかに自分の仕事を楽にしようかと、給料に関するExcelを作ってたら、ものすごく疲れた(苦笑) 頭使うのいやや...。ただ、これで翌月以降の手間はえらく省ける。しかし、しんどー(苦笑) posted at 00:32:09

2013年3月27日(水)

2013年3月29日(金)

  • ずっとやってるわけじゃないけど、家でも仕事はきついわぃ(苦笑) posted at 01:06:44

2013年3月30日(土)

  • ダイエーで、ノアさんに会った。あっちは仕事帰り。こっちはドラゴンボール帰り(苦笑) ご苦労様で〜す(汗) posted at 18:08:38
  • ちゃーらーへっちゃらー(苦笑) posted at 13:30:53
  • しかし...ちょ〜寒い(苦笑) posted at 12:38:19
  • 月曜日に職場のみんなと話を合わせるために、これからドラゴンボールの映画を見に行くのだ(苦笑) チケットはネットで買ったし、今日はいくら混んでいても問題なし!! posted at 12:29:42

2013年3月31日(日)

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4