eye.jpg

Mellow ウィークデー*ライブ

  • ライブ日誌

ちょっくら時期は流れてしまいましたが
ライブレポをあげてみます(苦笑)

今回のMellowさんは、以前違うライブで共演した
愛来さんの紹介で歌うことが決まりました。
紹介してくれて本当にありがとう。

お店は地下鉄白石駅から、とても近くて
まぁ~通いやすいかった。
あれなら終電さえ気をつければ、
全然通えるなぁ~と思っちゃった。

共演する方も初めての方だったので、
なんか新鮮な気持ちで歌わせていただきました。

仕事帰りということもあり、
若干しんどいことも多々あったけど
歌はちゃんと歌えたと思うし、
できも良かったと思うなぁ(苦笑)

 

7950952_2002682229_198large.jpg

 

笹森さんはバンドメンバーも連れてきて
ギターテクも凄くて、羨ましかったし
ナメちゃんずさんは、自分で作ったギターだと
教えてくれて、随分立派なギターだったよ。
ギターの音色も綺麗で、俺の分も
作ってくれないかなぁ~なんて思ったり(汗)

でも楽しい空間でした。
また歌わせていただきたいから
絡みにいってみようと思います。

ちなみにナメちゃんずさんのボーカルの人が
何度も何度も私のMessageの歌詞である
「怯むならやめちまえ」を引用していて
結構おっかしかったなぁ~(苦笑)
時たま、怯むならのフレーズはウケが良いんだ。
それだけ、みんな怯んでいるんだろうか?(苦笑)

しかし出会う人というのは毎回違うし
新しく出会った人にとっては、
初めて聴く歌なわけだから、捉え方も
毎回違うんだよねぇ~。
ホントに常に感謝感謝ですね。

また歌わせて欲しい場でした。

付き合ってくれたRYOさんサンキューです。
見て下さった皆様もありがとうございます。
お店のマスターやスタッフの皆様も
本当にありがとうございました。

曲目
01.Message
02.あの頃の夢
03.smile
04.初秋
05.太陽が僕らを照らすから

 

 

この日記をお読みの皆様、
ぜひ宣伝活動にご協力くださいm(_ _)m

Twitter・mixiつぶやき・Facebook用テンプレート

【拡散希望】車椅子の歌うたいKAZのチャリティーライブが11/4ターミナルプラザことにパトスOPEN-15:00 START-16:00 チケ:1000円。売上全額、寿都町歌棄(うたすつ)洗心学園の児童養護施設へ寄付。詳細 http://kaz-sing.com/をチェック!

BLOG用テンプレート

KAZ Charity Live
「To a heart of children Vol.4」

日時:2013年11月4日(月)
PM15:00~OPEN
PM16:00~START
場所:ターミナルプラザことにパトス(札幌市西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線 琴似駅B2F)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
連絡先:kaz@kaz-sing.com 090-9083-7040(夕6時から夜10時まで可)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会・(有)ことのは舎・わーく木の葉・OFFICE夢羽
出店者:わーく木の葉・OFFICE夢羽、他
ポスター・チケット製作:(有)ことのは舎
オープニングアクト:大島夕采 他予定

寄付先
児童養護施設 歌棄(うたすつ)洗心学園
(北海道寿都郡寿都町字歌棄町歌棄270)
寄付の使われ方は、子どもたちが参加する、
行事やレクで必要な経費(飲食代など)に充てられます。

 

2013KAZs.jpgのサムネール画像

 


こんな感じで作ってみましたので、
日記書くついでに、こんなのあるってさ
程度で構いませんので、ぜひご協力を
よろしくお願い申し上げます。

チケットも絶賛発売中だよぉ~↓

 

2013-10-06 02.00.12.jpg

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4