eye.jpg

祭りの後で・・・

 

20131104To a heart of children_vol.4 331.JPG

 


11月唯一の3連休の最終日に
チャリティーライブにお集まりいただきました
皆様、本当にありがとうございました。
主催者としてスタッフ代表として
心より御礼申し上げます。

そして一日一杯付き合ってくれた
関係者の皆様、オープニングアクトを飾ってくれた
純情息子さん、大島夕采さん
本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで、特に事故等もなく
無事に終えることができました。

誰一人欠けて成り立つライブでは
なかったと思います。
あらためて感謝しますm(_ _)m


さてまずは報告からさせていただきますと

動員数:56名(関係者購入分含む)
売上総額(募金、CD売上含む):93,701円

内訳
チケット売上:50,000円
CD売上:3,000円
パン売上:2,000円
募金:38,701円

となっております。

今回は場所代についてを
広告協賛や、個人協賛をお願いしました。
満額55,000円が集まりました。

 

2013-11-05 23.21.32.jpg

 

本来は自分でまかなえたらいいなぁ~とは
思うのですが・・・
なかなかそういうわけにもいかず。
心苦しい中、お願いさせていただきまして
多くの方々にご協力いただきました。
その点につきましても
あらためて御礼申し上げます。

当日配布したパンフレットには
以下のような内容で広告や個人協賛の方々の
名前を入れさせていただきました。

 

kyosan-1.jpg

 

協賛表

 

kyosan-2.jpg

 

協賛裏

それと受付の部分にも協賛の方々の
情報を貼らせていただきました。

 

20131104To a heart of children_vol.4 237.JPG

 

そもそも多くの方々に協力いただけたからこそ
チャリティーライブが開催できましたので
格段の感謝の気持ちで一杯であります。
重ね重ね、ご協力いただけた皆様
本当にありがとうございました。


ライブ終了後の今日あたりに
いろいろな感想をいただくことができまして
アットホームな空間になってましたと
言ってくださる方もいて、
そういう感想などは素直に嬉しく思います。

あと時間帯もいつもより早めにしたことにより
お子さんも結構来てくれました。
知ってる曲が少なすぎてか
全部を耐えるには厳しかったようですが
ぐずついたりした際に、
スタッフが駆けつけてくれたらしく
ありがたかったという声もありました。

こういうのって演者は絶対に気づけない
ところなんですけど、裏で動いてくれた
スタッフの配慮とか感動しました。
周りに支えられているからこそ
演者側は安心して歌わせていただけるので
素晴らしい仲間に感謝したいと思います。

他には、子どもたちについて考える
良いきっかけになったという声もあったり
活動自体にライブを通じて賛同しましたとか、
「愛は勝つ」の良さを再確認しましたとか、
新曲も良かったですなど、
本当に多くの声をいただくことができました。

お客さんの層も新しい方も多くて
例年とは違った感想を聞くことができて
とても嬉しかったです。


「子どもたちのため」という想いから
スタートさせたチャリティーイベントも
ライブに来てくれた方々に、
少なからず届いていることが
分かっただけでも、続けていて
良かったなぁ~と素直に思います。


多分・・・世の全体から見れば
微力な活動だとは思うんです。
だけどライブを見に来てくれている人たちには
その活動を応援したいという想いや
KAZがやってるからとか、
いろいろあると思います。

実行委員会の面々や、当日ボランティアとして
協力してくれた友人なども、
様々な想いがあるんだと思うんです。

でもたどり着く先には、何かしらの
想いが残れば、それで良いんだと思います。
それが「子どもたちのため」
繋がってるはずなので。


毎年感謝しても、し尽くせないんですけど
お礼だけはしっかりと言わせてください。

ありがとうございましたm(_ _)m

※個別のお礼は時間がかかりますが
必ずさせていただきますので
よろしくお願い申し上げます。

21年目からのぉ~あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4