eye.jpg

「To a heart of children 4」ライブレポ

  • ライブ日誌

 

20131104To a heart of children_vol.4 179.JPG

 

まずは腰を据えてじっくりと書いてみたいけど、
全部を一通り書くとなると結構大変なので、
ある程度は短めにを意識しながら
レポをあげてみたいと思います(苦笑)

最初に朝早くからお付き合いいただきました
関係者の皆様、本当にありがとうございました。
実行委員のスタッフとは別に
ボランティアとして参加してくれた皆さんが
いたからこそ無事に終えることができたんだと思います。

あらためて録音した内容を確認してみると
私的には、声は出ていたかなと思っています(汗)
そういう意味では、やりきった感はあります(苦笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 225.JPG

 

さて当日の流れを追っていくと

MCからの開会の挨拶 → 純情息子
大島夕采 → KAZ → 閉幕の挨拶

となっています。

MCは昨年に引き続き好評だった
MCシヴァーさんです。

 

20131104To a heart of children_vol.4 191.JPG

 

原稿のチェックも1週間前に打合せをするという
暴挙にもめげずに成し遂げてくれました(苦笑)
声も良く通るからMC向きだとは思うんだけど
緊張するから、いやだぁ~と言ってました。
域禾乃さんの後の一般人さんを
紹介し忘れたのは皆さんの心に
留めておいて下さい(苦笑)


そしてトップバッターの純情息子さんです。

基本情報としては同じ会社内の仲間で
結成されたバンドです。
ボーカルの安田くんが札幌の職場で
ベースの鈴木さん、ドラムの椿くんは旭川の
職場で働いていることもあり、練習の度に
安田さんが旭川まで行って練習していたんだそうだ。

 

20131104To a heart of children_vol.4 202.JPG

 

 

20131104To a heart of children_vol.4 284.JPG

 

BUMP OF CHICKENやくるりを中心に
カバー曲で盛り上げてくれました。
演奏している姿はとても楽しそうで
バンドメンバーの関係は上司と部下という
関係でもあるらしいけど、年齢差もある中で
あれだけ楽しそうに演奏してくれて
出演してくれてとても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。


2番手は大島夕采さんです。

音楽歴は長いし、声も良い声だし
一番安定感があったかも知れませんね(苦笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 319.JPG

 

 

20131104To a heart of children_vol.4 340.JPG

 

曲調はスローなナンバーが多いんですが
なんか雰囲気がいいんですよねぇ~。
バンドの後で会場の空間をガラッと変える力が
あるのは対したもんだなと感心させられます。
大島ちゃんには本編でも参加してもらってます。
本当にありがとうございました。


して、ケーエーゼットです(苦笑)

ここからは1曲ずつの解説付きです。
いらないって言わないように(汗)

1曲目「Yesterday

この曲自体は、数年前の看護学生の
予餞会で歌うために作った曲でして
季節感は春満載なんだけど、
あんまし人前で歌ったことないこともあり
でもCDのRainbowの中でも名曲の一つということで
敢えてチョイスしました。

 

20131104To a heart of children_vol.4 352.JPG

 

当初の予定ではMCシヴァーさんのMCに
ピアノイントロで被さり、さらにやまちゃんの
ギターソロをも被さるようにして
しっとり入る予定でしたが、
ちょっと打合せが軽かったようで・・・
結構演者側はドキドキしながら
スタートしたのでした(苦笑)
まぁ~お客さんには分からなかったと思います・・・。
多分ね(苦笑)

2曲目「もう一度

 

20131104To a heart of children_vol.4 372.JPG

 

今年の春くらいに作った曲でして
振られた男の女々しい歌を意識して
歌い続けているんですが
当初ベースの参加予定はなかったんですけど
嫁であるteaがベースも入った方が
厚みがでるという一言で急遽参戦することになるも
曲を聴いた後で、これは俺も経験のある歌詞だし
ぜひやらせてくれいということで
域禾乃さんが、やる気満々で臨んでくれました(苦笑)
楽器のカズーも久々に登場している曲でもあるし
やまちゃんのギターアレンジが
かっこいい曲になりました。

3曲目「あずさ2号

ここから昨年まではなかった
カバー曲コーナーです。
当初目論んでいたのは1970年代~2000年代の
ヒットソングを1曲ずつ選んで歌ってみよう
という企画を目論んでいましたが
蓋を開けてみると、90年代の曲をカットしての
セレクトになっちゃいました(苦笑)

70年代のヒット曲は何だ?と、みんなで考えたら
早い段階で狩人が浮かんできて
だったら「あずさ2号」じゃないかとなり、
結構あっさり決まった曲でした。

決めたのは良いとして、サビは有名な曲だけど
実際に歌えるのか、まずはカラオケで原曲キーで
歌ってみたところ、めちゃくちゃキーが高くて
やばさを感じたので1キーを下げて
歌うことにしました(苦笑)

やまちゃん的には、えー下げるんですか?
と突っ込まれましたが、結果的に私としては
あれで正解だったと思います(苦笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 396.JPG

 

お客さんの大半から、コーラスも完璧で
素晴らしかったという声が多かったです。

4曲目「初恋

カバー曲2曲目は村下孝蔵さんの「初恋」です。
これは単純にKAZ本人が好きな曲過ぎて
よくカバーして歌っていることもあるので
素直に採用となりました。

 

20131104To a heart of children_vol.4 398.JPG

 

これは単純にやまちゃんがギターアレンジを
ボサノバチックにして演奏してくれたので、
かっこいい「初恋」になったと思うんですよね。

ただボーカルがねぇ~練習のしすぎで
キーを半音下げて歌ってるのに、
それでも辛かった(苦笑)
カラオケでは原曲キーでも歌えるんだけどねぇ。
本当に練習しすぎたのが良く分かりました(汗)

5曲目「さんぽ

唯一のお子様向けの曲をセレクトしました。
となりのトトロのテーマソングでもある曲を
男が歌ってもいいのか?という自問自答になり
せっかくなら女性に歌ってもらうべきなのではとなり
最初はMCシヴァーに歌わせる案もあったけど
素直にやめて大島夕采さんに
歌ってもらうことにしました。

 

20131104To a heart of children_vol.4 423.JPG

 

選んだ当初は簡単な曲だろうと考えていましたが
演奏は半端なく大変で・・・。
曲の転調というのはよくあるのですが
半音上がるというのは、私の中では結構まれで
「#」が付くコードばかりになってしまって
やまちゃんはカホン叩いているし、
ギターをやるには私しかいないので、
マジで相当練習した曲です・・・。
ピアノが一番大変だったという声もあれば
この曲のためだけにカズーという楽器を買わされた
域禾乃さんはメロディーをカズーで吹くので
これが一番大変だったという声もありました(苦笑)

でもお母さん方からは一緒に子どもが
歌ってましたという声を聞いたので
セレクトして良かったなぁ~というのが
本音でございます(苦笑)

6曲目「明日晴れるかな

桑田佳祐さんの名曲であると私は思っていまして
2000年代の曲を選ぶなら、
これだろうとチョイスしました。
完全自己満足ソングです(苦笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 432.JPG

 

最後の最後の裏声さえ綺麗に出れば
完璧だったと思うんだけどねぇ~・・・。
自分自身に残念~と言いたいだけです(苦笑)

7曲目「愛は勝つ

例年コーナー化しているKANさんの
カバー曲は4回目にして王道の「愛は勝つ」を
敢えて選ばせていただきました。
ここまで王道のカバー曲やって
愛は勝つやんねぇ~のかよ!!って
突っ込みを受けそうになったので
今回はご期待通りにチョイスしました(笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 456.JPG

 

大体例年通りであれば、KANさんカバーは
ピアノとボーカルだけなので、
ピアノのteaさんは大変でしょうがなかったと
よく話してくれますが、今回はドラムも
ベースも入ったので、そういう意味では
余裕はできたんじゃないかって思います。

後日談ですが、愛は勝つの良さを
あらためて知りましたというメールをいただきまして
こういう声を聞くとKANさんファンとしては
凄い嬉しかったし、カバーさせていただいている
甲斐があるってもんです(苦笑)

8曲目「太陽が僕らを照らすから

ここからオリジナルソングにもどりまして
勢いのある曲をぶつけたくて
最近ずっと歌い続けている曲になります。

9曲目「幸せのメロディー

今年のチャリティーライブ向けに
作った新曲になります。
個人的には本当に良い曲ができたなーと
思っているんですが、いかがだったでしょうか?

 

20131104To a heart of children_vol.4 466.JPG

 

いつも通りにメロディーからできてきたんですけど
私にしては優しいメロディーラインになったので
それは存分に活かしていかないと
いけないなということで、歌詞についても
強めの表現は極力避けて、優しさを意識して
歌詞を作り上げてきました。
今までにない曲になった気がしますし
ずっと歌っていける曲になった気もします。

アレンジはやまちゃんに丸投げ状態でしたが
アコギでは珍しくスライドを取り入れたりして
また爽やかな感じになって、面白いなと
思いながら歌っていました。

10曲目「忘れてしまった大人たちへ

最後の歌の前に、あらためてチャリティーライブの
説明をさせていただきました。
これも後日談ですが、活動自体への賛同するという
声も聞こえてきていて、続けてきたことは
間違っていないんだなと再確認できたことは
何よりも本当に嬉しかったです。

この曲もそうですが、今回のセレクトは
ピアノで始まってピアノで終わる曲が
多かったようで、録音を聞くと良く分かります(苦笑)

でも、この曲の歌詞の素晴らしさは
歌っていけばいくほど、深い感じの意味合いが多くて
大切にしていきたい曲になっています。

 

20131104To a heart of children_vol.4 486.JPG

 

11曲目「Message

MCからのグダグダ感のあるフリも
個人的には好きだし、お客さんの失笑感も
たまんないですね(笑)

5年前のパトスを思い出して、
サビから入るアレンジにして歌ってみました。
分かった人はいたかなぁ~(苦笑)
録音聞いていると一番安定感ある歌声でした(笑)

 

20131104To a heart of children_vol.4 499.JPG

 

やっぱり長いレポになってしまったけど、
ライブの内容は伝えきれたでしょうか?
今年はカメラも綺麗に撮ってくれたりと
臨場感の伝わりやすくなった画像を
一緒に載せることができるので
本当にありがたいかぎりです。

終わってしまえば見えてくる
至らない点なども多々あったと思いますが
それでも一緒にやっていこうという
仲間や友人たちがいたからこそ
毎年開催させていただくことができます。

その基本を忘れてはならないこと。
そして賛同してくれる皆さんがいるからこそ
次の子どもたちへ託することができること。

毎回毎回、心に刻ませていただいております。

ぜひ、来年以降もご指導・ご鞭撻のほど
よろしくお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

20131104To a heart of children_vol.4 550.JPG

 

 

20131104To a heart of children_vol.4 555.JPG

 

最後に、当日の写真集を作ったので
下記のリンク先から飛んでみて下さい。
※ガラケーは無理かも知れません(苦笑)

To a heart of children Photo Gallery

本編ライブ → http://kaz-sing.com/photo/live/index.html
舞台裏 → http://kaz-sing.com/photo/butaiura/index.html

21年目からのぉ~あでゅ~♪

曲目
01.Yesterday
02.もう一度
03.あずさ2号(狩人カバー)
04.初恋(村下孝蔵カバー)
05.さんぽ(となりのトトロカバー to 大島夕采)
06.明日晴れるかな(桑田佳祐カバー)
07.愛は勝つ(KANカバー)
08.太陽が僕らを照らすから
09.幸せのメロディー(新曲)
10.忘れてしまった大人たちへ
~Encore~
11.Message

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4