eye.jpg

OFFICE夢羽 クリスマス&忘年会

  • ライブ日誌

呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇ~ん(苦笑)
ということで、行ってきました
今年最後になるであろう歌のオファー。

ありがたいことに今年も様々なところから
お声をかけていただきまして
いろいろな場所で歌わせていただきました。

その集大成と言わんばかりなのが
チャリティーライブでは率先して宣伝してくれて
CD発売すれば、いの一番に買ってくれて
家族ぐるみで応援していただいている
OFFICE夢羽の旬くんから、歌ってほしいんです
と言われたら、さすがに冬眠中だとは
口が裂けても言えず(苦笑)
0コンマ何秒で快く出演をOKし、
今日の出演となりました。

どれだけの人が集まるのかは、
良く分かっておりませんでしたが、
取り敢えず子どもが多数いるということだけは
先にリサーチした結果知っていたので
子ども向け1曲、クリスマスソング1曲は
歌おうと決めて臨みました。

イベントの流れとしては、
1m級の巨大風船を使って、子どもたちと
触れ合うコーナーがあり、これには
子どもたちも大盛り上がりで楽しそうでしたが
裏でスタッフがひたすら空気入れで
苦労していたことは知るよしもない(苦笑)

その後、フルートとギターの演奏会があり、
OFFICE夢羽の活動報告会があり、
そして私のライブとなりました。

私のライブまでの時間は約3時間もありまして
子どもたちの様子を見る限りでは
既に飽き飽きの状態(苦笑)
それがさらに知らないおっさんが
歌い始めるもんだから、さてどうしたものか?
大人しく聴くべきか、それとも裏に行って
風船で遊んでいるか?(苦笑)
結果どうなったかといいますと・・・

 

CIMG0037.JPG

 

 

CIMG0052.JPG

 

大人しく聴いてくれていました(笑)
なんてできた子どもたちでしょう。
おじさんは、すっかり気分が良くなり
全力で歌っておりました(苦笑)

子どもたち向けにはアンパンマンのマーチを
セレクトしてみましたが、あらためて曲を
最後まで聴いてみると、なんて素敵な
歌詞なんだろうかと思いました。
逆に子ども向けの曲なのかと考えちゃうほど。
ふらふらしている大人どもに聴けよって
言ってあげたくなるくらいの素敵な歌詞でした。
今後歌っていくと思います。

大人向けにはクリスマスソングは
桑田佳祐さんの白い恋人達を歌いました。
以前、ファクトリーで歌って
撃沈した記憶がありましたが、
今回はしっとりと歌いきったと思います。

予想以上に盛り上がったのが、
尾崎紀世彦さんのまた逢う日まで。
みんな大合唱(苦笑)
歌っている方も楽しかったです。

最後の最後に、旬くんのために作られた
すてきなしゅんかんという曲があって
それを歌って終わりました。
これもあらためて歌ってみると
歌詞もメロディーも素敵なんですよね。
やるな典大さんって感じ(笑)

出演者側の宿命といいいますか
食ったら歌えない人間の悲しさといいますか
イベント終了15分前に、やっとご飯を
食べれるとあって、高速食いを取得して早11年(苦笑)
ローストビーフは本当に美味しかったです。
時間がなさ過ぎるからと、お土産ももらったので
明日あらためて食することとします(笑)

何はともあれ忘年会も兼ねていたようなので
一年間本当にお疲れ様でした。
旬くん、石井くん、そして彼らをサポートする
皆様、ぜひ彼らを応援してあげてください。
私も微力ながら応援していくし、
用があってもなくても、また遊びに行くので、
そん時は構ってやってください(苦笑)

では本年の音楽活動は、これにて終了~。
また来年の春以降にお会いしましょう~。

21年目からのぉ~あでゅ~♪

曲目
01.Road
02.Santa Station~白ひげサンタの始発駅~
03.白い恋人達(桑田佳祐)
04.アンパンマンのマーチ(アンパンマン)
05.また逢う日まで(尾崎紀世彦)
06.太陽が僕らを照らすから
07.幸せのメロディー
08.すてきなしゅんかん

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4