2014年4月の記事一覧

今頃?って言わないで・・・

  • 音楽ネタ

その昔、私KAZはTVの取材を受けたことがありまして
一度YouTubeにアップしたんだけど、
HBCさんから、ちょっとって言われて
一端削除したんだけど・・・(苦笑)

棚を整理していたら、録画してあるDVDが
出てきちゃったもんだから、
もう一回YouTubeにアップしてみました(苦笑)
もう6年も前だからいいかなぁ~なんて・・・。

放映されたのは2008年でして
この年のKAZはライブハウスでワンマンライブをやったり、
奥さんのお母さんに挨拶をして結婚を
OKしてもらったりと、プライベートで忙しい一年で
さらにTV取材を受けるなど
一番イケイケなKAZであったと思われます(苦笑)

何となくKAZって何者ですか?
と聴かれた際に、ミュージシャンですよって
言ったところでライブを見てもらわないと
ただのくだらないおっさんでしか見られないので
このTV取材は、分かってもらうには
とても分かりやすい内容になっているんですよ。

また何か言われちゃったら、
削除することも考えるけど・・・
取り敢えずは、自分の思い出と
KAZの参考資料として再度アップしておきます。

若干、若いのが笑えますが、
内容は素晴らしい人で通ってますので
お暇な方は見てみてください(苦笑)

車いすのシンガーKAZの生き方

22年目も~あでゅ~♪

今日も

宣伝日記ばかりで大変申し訳ないんですけど(苦笑)

ちょくちょくチェックしていたら
Rainbowの音源が「music.jp」と
オリコンミュージックストア」に
既に配信されていました(苦笑)

 

logo_music.jp.jpg

 

http://store.music.jp/Artist/423690/Album/aaa2kw5o

 

original.jpg

 

http://music.oricon.co.jp/php/cd/CdTop.php?cd=SPC00477879

これで配信予定のところへは
全て配信が完了しましたので、
後は皆さんにご購入していただくだけです(苦笑)

よければ試聴していただきまして
気に入ったらポチッと感覚で
購入していただけたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


今年もCDを作るべく、プロデューサーの
やまちゃんが忙しい中、合間合間をぬって
編曲を頑張ってくれています。

あるイベントで作った曲3曲を続けて聴いてみると
自分で作ってるというひいき目を抜きにしても
結構良い曲は作ってるな俺って
意味なく自己満足を感じております(汗)

ただイベントの主旨を元に曲を作ってるので
若干スローペースな曲が多いので、
正直、やまちゃんはアレンジが大変だろうなぁ~
とは思われます・・・。
そういう意味では申し訳ない気持ちで一杯ですが
やまちゃんに期待しましょう~皆さん(苦笑)


さて、ありがたいことに今年も
ちょっとずつですが歌わせていただくことが
できそうで、オファーもいただいております。
決まり次第、HPにアップしていきますので
たま~に、ゆる~りと、チェックしてください(苦笑)

あっ、RYOさんがネットラジオ聴いたら
あまりにもくだらなくて笑ったと言われ
そろそろ復活しても良いんじゃないかって
言うので、素直に復活させようと思いますので、
ここでダジャレと川柳を募集しま~す。
間違いなく読まれますので、
匿名でも、ネットネームでも構いませんので、
radio@kaz-sing.com
KAZのメアド知ってたら、直接送ってくださーい。
ネタバレしても良いなら、コメントに直接
書き込んでいただいても構いませんので、
何でも良いから送って(苦笑)


では、そろそろ寝ようと思います。
職場の決算の作業に少々追い込まれている
ケーエーゼットでした(苦笑)

22年目も~あでゅ~♪

Amazon mp3でも配信開始!

  • 音楽ネタ

若干のタイムラグはありましたが、
ありがたいことに「Amazon mp3」でも配信開始に
こぎつけることができました。

 

amazon-mp3-logo.jpg


http://www.amazon.co.jp/dp/B00JLGF6LW

 

今のところの予定では、後は「music.jp」だけですね。


さて、先日のKAZ一派の誕生祭で
iTunes Storeで販売始めたよと話しをすると
ケーエーゼットさんは購入されたんですか?
という質問が出て、俺はマスターデータも
持っているから買う理由はないかとと説明すると、
まずはケーエーゼットさんから購入して
ちゃんと聴けるよって示さないと言われ
そういうもんかのぉ~??と
言われるままに、先ほど購入してみました(苦笑)

購入した体で話しをしても信用薄そうなので・・・
素直に購入手順を記録しました(汗)

まずはiTunes Storeのアプリを立ち上げて
検索に「KAZ」と入力します。
(余談ですが、以前の日記で「K.A.Z」となっている
名前は無事に「KAZ」に直っておりました(苦笑))

真ん中あたりに「アルバム」の項目があり
そこに「Rainbow」のジャケが写ってますので
それをタップすると・・・

 

2014-04-14 01.47.59.png

 

Rainbowの曲の一覧が表示されます。
(これも余談ですが、3月31日になっていますけど、
ちゃんと発売が始まったのは4月1日です(汗))
そこからKAZ一押しの「トビラ」の横の
150をタップします。

 

2014-04-14 01.48.04.png

 

購入手続きをふんで、無事に終えると
「再生」という文字が出てきますので、
再生をタップすると・・・

 

2014-04-14 01.48.38.png

 

無事に再生してくれました(苦笑)

 

2014-04-14 01.49.11.png

 

改めて聴くと「トビラ」良い曲です(苦笑)
まぁ~全曲オススメなんですけど・・・(汗)

と言うわけで、ちゃんと聴けますので、
ちょいちょい宣伝していきますが、
RainbowのCD持ってない方は
是非、ご購入の程、よろしくお願い申し上げます。

22年目も~あでゅ~♪

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_13弾「KAN」

  • KAN

昨日、インフルエンザにより振り替え公演に
なっておった・・・札幌公演がありました。

千秋楽と言うこともあり、ネタバレはOKということで
思い出せる限り書いていこうと思います(苦笑)


KAN BAND LIVE TOUR 2014
『Think Your Cool Kick Yell Come On!』

まずこのタイトルの意味が、
結局ライブ当日まで分かってなくて・・・
ある意味残念すぎましたが(汗)

要は「シンク ユア クール キック エール カモン」で
「シンキョク キケル カモ」
「新曲聴けるかも!」とのこと(苦笑)

既に、この時点でギャグセンスが素晴らしく
やはりKANさんに逆らおうなんて
おこがましいのだ俺はと反省しました(汗)


場所はZEPP SAPPOROで行われました。
少しでも早く行うために平日になったんだろうけど
満員だったんじゃないかなと思います。

私は職場をとっとと早退し・・・(苦笑)
奥さんと待ち合わせするも、
昨日から道内は寒気に包まれ、
外にいる分には寒すぎると言うことで、
パークホテルのロビーで人気のなさそうな場所を探して
ギリギリまで暖を取っておりました。

さて会場に着くと、今回取れた席が
車椅子で居座るには微妙な席だったようで
どうしましょ?という話しになり、
ただ5列目をGETしていたので、後ろは・・・
と切なげな表情で訴えると、
なぜか2列目の端にしてくれました・・・。
WESSのスタッフの方、本当にありがとうございました。

一緒に座る予定だった、nabeyaki兄弟は
KAZはなぜいない??と思ったと思いますが
そういうことでございました(苦笑)


よくよく考えると、2013年はKANさん単独の
ライブというのは札幌ではなかったのを
自分の日記で気付きました(苦笑)
1年も単独がないと、やっぱ期待感も
高まるってもんです!!


では本編に触れていきたいんですけど
その前に今回はオープニングアクトがいて
菅原龍平というシンガーソングライターが
開演15分前に出てきました。
ギター一本で歌い始めたので、
これも演出の一つかと勘違いしていたら
本当にオープニングアクトだった(苦笑)
1曲目の歌が、ライブが始まるテイストの曲だったので
彼の歌に合わせてKANさんなどが出てくると
勝手に勘違いしていたんですよね(汗)

初めて聴く歌い手さんだったけど
歌詞が格好良かったし、メロディーも
好きな感じでして3曲はあっという間だった。

本編

菅原さんの曲が終わったと思ったら
一向にはける様子がなく、あ~いうのって
面白いもので、シーンとした会場で
直立不動で立ってるのを見ると
意味なく結構笑えてくるんですよね(苦笑)

1分くらいはいたように思うけど
やっと動いたと思ったら、シャンシャンと鳴る
楽器を上下に振り始めて横にはけると
チャイム的な音が鳴り出して、
ステージには50代にしては随分可愛い
ステージが作り出されてきました(苦笑)
(後にきゃりーぱみゅぱみゅをイメージしたと知る(苦笑))

スケートの動きで出てきたと思ったら、
また一端はけて、改めて出てきたら
中央に集まって、EXILEのChoo Choo TRAINの
くるくる回るダンスを始めて、
既に会場は爆笑の渦でした(苦笑)

ただ登場するだけじゃKANさんくらいになると
面白くないと考えているのか、バンドライブの度に
シチュエーションが変わってるのは
毎回頭をひねって考えてるんだろうなぁ~
と感心を通り越して、腹を抱えて笑ってます。

「明るいだけのLove Song」から始まって
「君から目がはなせない」など
初めて聴ける曲が多かったのは嬉しかったし、
アルバムの中では一番好きかも知れない
「TOKYOMAN」の中に入ってる「君がいなくなった」は
個人的にはBEST5に入る曲なので
本当に嬉しいセレクトだった。
KANさん自身も曲は気に入ってるようで
セットリストを決める時の候補として
上がってるんだけど、起伏がない曲だから
ボツになってたみたいです(苦笑)
こんな良い曲なのにねぇ~。

SEIさんのブログを参考に見ていると
今回のライブには数曲に渡り
コーナー別にしているようでして
ポップゾーン、スタイリッシュゾーン
アコースティックゾーン、ピアノ弾き語りゾーン
新曲聴けるかもゾーン、二段階のお別れゾーン
アンコールと分かれているんですって。

んで、スタイリッシュゾーンに入る前に
ここからの曲のイメージはという
説明に入る際の、西嶋さんのボケとしては
「ちょいワル」だったと思われます(苦笑)

「BRACKET」も私はライブで初めて聴いたけど
これは今までやってなかったのが
もったいないくらい、すっげー格好良かったです。
ピアノのメロディーも格好いいし、
菅原さんとのコーラスの掛け合いや
ハモりが聴き応え最高でした。
今頃かって言われそうですが、菅原さんが
とにかく歌が上手い!!(苦笑)
コーラスできる人が加わると、
ライブってこんなに変わるんだと
改めて感じさせてくれました。

「BRACKET」の歌詞の中に
「100カラットの恋に ベールかぶせ レクイエム」
とあるんですけど、さっぱり意味がわからないと
話していたのが笑えました(苦笑)


今回の目玉としては、やはり新曲があったこと。
ミスチルに影響を受けた曲と、
スキマスイッチに影響された歌詞は
キャッチーで聴きやすい歌になっていました。
1回聴いただけは、判断しづらかったけど
確かに曲のアレンジなどはミスチルっぽかった(笑)
歌詞に関しては聴き取れない部分もあったけど
全力少年を意識しているのは分かった(苦笑)
ちなみに、スキマの大橋さんにジャックダニエルという
ウイスキー2本ボトルキープで話がついたんだと(苦笑)

もう1曲の新曲も、春になると桜ソングばかりで
またかぁ~くらいに思ってたから
自分も便乗して作ってみたという話しが面白かった(苦笑)
しかも歌詞のイメージが、桜の木の気持ちになって
書いたようで、桜が散ったら見向きもしないとか
夜にはライトアップされて寝られないなど
そういう視点もあったかぁ~と(苦笑)
曲はDISCO調の内容で、フィーバーという
フレーズを何度も口ずさんでしまうほど
覚えやすい曲になっていました。
早くCD作ってほしいもんだ(苦笑)

アンコールでは久々にハラショーやってたし
音楽のライブなのに終始笑いっぱなしで
簡潔に述べるなら本当に面白かった(苦笑)

全曲つなげのKANさんからカツラを上に投げると
菅原さんの頭に上手い具合にキャッチして
その後さらに菅原さんがスタッフに投げたら
これまた上手くキャッチしたのを
KANさんが見ていて、大ウケしていて
一瞬歌えなくなっていたりするなど
KANさん自身も本当に楽しんでやってるなってのが
分かって、見てるこっちも笑ったし
嬉しくもなりました(苦笑)

じぇじぇじぇもあったし、AKBもあったし
AKBの踊りは完璧だったな(苦笑)

全然関係ないけど、KANさんのダンスする際の
一回転ターンは、個人的に美しいターンだと
思ってるんだけど、賛同者いるだろうか?(苦笑)


まぁ~レポを書こうにもネタが多すぎて
書ききれないし、うろ覚えだし(苦笑)
だけどBANDライブでのエンターテイナーは
さすがとしか言えず、毎回面白さが
増しているのは凄いです。
本当に楽しかったです。
これからも私は追いかけていきます(苦笑)


ライブ後、今回のツアーのグッズでもある
歌詞が一向に書けず眠ってる楽曲を
ラララ~で歌っているデモ音源を買うべく
最後の最後まで並んで待ってたら
楽屋から出てきたKANさんを偶然発見して
ここぞとばかりに大声で
「KANさ~ん、お疲れ様でした~。
ライブ面白かったで~す。」
と伝えると、KANさんは深々と頭を下げてくれました。
我慢して最後まで並んでて良かったです(苦笑)

DVD今回のは、本当にもう一回見たいです。
早急にお願いしますKANさん(苦笑)

22年目も~あでゅ~♪

曲目

【ポップゾーン】
01. 明るいだけのLove Song
02. 君から目がはなせない
03. サンクト・ペテルブルグ~ダジャレ男の悲しきひとり旅~
04. まゆみ
05. 君がいなくなった
【スタイリッシュゾーン】
06. ホタル
07. BRACKET
08. Mr. Moonlight
【アコースティックゾーン】
09. Girlfriend
10. Chu Chu Chu(Cabrells)
【ピアノ弾き語りゾーン】
11. 世界でいちばん好きな人
【新曲聴けるかもゾーン】
12. よければ一緒に
13. scene(新曲)
14. 愛は勝つ
15. さくらナイトフィーバー(新曲)
16. Oxanne~愛しのオクサーヌ~
【二段階のお別れゾーン】
17. 1989(A Ballade of Bobby&Olivia)
【~Encore~】
18. エンドレス
19. 適齢期 LOVE STORY 2014~全曲つなげ
20. 50年後も

嘘のような本当の話

  • 音楽ネタ

私KAZは、自分の楽曲を本日より
iTunesにて配信ることになりました!!

本当です・・・(苦笑)

KAZ iTunes Link → kaz_iTunes.jpg

https://itunes.apple.com/jp/artist/kaz/id855264943

 

ねっ、本当でしょ?(苦笑)
わざわざページを似せて作ったわけじゃないよ(汗)

iPhoneをご利用の方は、アプリのiTunesで
「KAZ」と検索していただき、アルバムの一覧から
探していただければ「Rainbow」の
アルバムが見つかるはずです!!

パソコンの方は、iTunesのソフトを立ち上げて
iTunes Storeを開き、右上の検索から
「KAZ」と検索をかけてもらえれば
上記のようにアルバム内で見つかります。

ただねぇ~何故か名前表記が変なんですよ。
これでも11年間「KAZ」でやってきたんですけど
iTunesでの表記は、「K.A.Z」
意味なく点が入ってるんですよ(苦笑)
これについては現在問い合わせ中なので、
修正できるようであれば、してもらう予定です(苦笑)


ここ1年以上前から、自力でiTunes販売ができないか
模索している中で、調べ上げた結果、
やはり自力では無理だったということと、
われわれアマチュアが販売できるようにするには
いわゆるアグリゲーターという中間業者的な
立場を通さないと行けないということで、
悩んで見つけたのが「Tunecore Japan」という
サイトにたどり着き、値段も納得できる内容だったので
お試しも兼ねて利用してみることにしました。

曲数が多いと入力項目が増えて
面倒な部分もあるけど、楽曲登録すると
最短で2~3日でiTunesで販売できるのが
相当魅力が高いのです。
他のアグリゲーターでは1~2カ月は
待たされることも多いらしいので、
思い立ったが吉日の人にはもってこいなのである。


パッケージも必死こいて販売しなきゃ
いけませんけど・・・(苦笑)
でも応援はしているけど、買いに行けないなど
興味を示していただいている
全国、いや全世界の皆様にお届けするには
iTunesなどを利用してのネット配信だと思うのです。

今後は積極的に活用していこうと考えているので
ぜひぜひ、試聴もできますので
まずは聴いていただいて、気に入っていただきましたら
購入していただけたらと思いますm(_ _)m


ちなみに1。

パッケージなどのコストもかからないことから
CD全曲購入して下さる方には、1,200円になっております。
1曲単位でも販売していまして、1曲150円です。
アルバムの値段設定は、結構自由がきくけど
1曲単位では、一番安く設定できて
150円なので、その辺はご了承下さい。
単純に1曲で買うのであれば、アルバムで
購入いただいた方が、本当にお得です。

ちなみに2。

スマホはiPhoneじゃないという
Androidユーザーの方も諦めないで!!
家でパソコン使えるなら、パソコン版のiTunesで
購入いただいて、その後、mp3とかに
変換していただければ問題なく聴けるようになります。

家にパソコンもないよと言う人については
iTunes意外にも、現在、Amazon mp3や
music.jpにも申請しているところです。
それが通りましたら、別にiTunesだけだから
ということはなくなりますので、
決定しましたらお知らせしますので、
ご安心下さいますようよろしくお願い申し上げます。


なんにせよ、一つの夢が、こんなにあっさりと
通ると思ってなかったので、素直に喜んでいます。
まぁ~売れる売れないは、また別問題なんだけど
やる気が出た新年度でした!!

みんな今年の活動も、ボチボチスタートさせるんで
よろしくお願いしま~~~~~す!!

22年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4