2014年6月の記事一覧

はたらくものの音楽祭

  • ライブ日誌

6/22の話。

今回、お話をいただいたのは
過去に三越前のスクランブルコンサートに
出演させていただいたことが縁でした。
結構懐かしい連絡だったんですけど
当初はスクランブルコンサートが
復活するのかなと思ってましたが
話を聞いて行くと、今回は札幌サンプラザで
やるということで、これまた立派なところで
歌えるということで二つ返事でOKだしました(苦笑)

話は結構前にありしたが、私も忙しくて
ギリギリになってから、やまちゃんに
助っ人をお願いしてしまして、
やまちゃんも困ったと思いますが
彼は、やっぱ優秀でした(苦笑)
最終的には出番前の控え室での
調整で合わせてくるあたり
感動すら覚えるかんじでした(笑)

さてライブの方ですが、私個人の練習不足は
否めない感じでしたが、なぜか…
スポットライト扱いでして…
責任重大な役割でした(苦笑)
それなのに練習不足でホントすいません(苦笑)

でも、やまちゃんがいたので
演奏に関しては何とかなりまして、
後は私の声の方でしたが
隣にいた、やまちゃんが心配するほどの
できだったと思いますが…
最終的には暖かい拍手をいただくことができて
正直ホッとしております(苦笑)

イベントの主旨にのっとった曲を
セレクトできたと思うので
思った以上に評判も良くて
ライブ終了後はCDを買ってくださる方が多くて
持って行った18枚全て売れまして
え〜もうないの〜?
という声もありまして、
本当に、ありがたい限りでした。
ご購入いただけた皆様ありがとうございました。

おかげさまで、今年のチャリティーの
場所代は確保できました!
ですから、今年は協賛していただいた方の
寄付も全て、寄付として児童養護施設へ
お渡しできます!


このイベントの後は、水曜日と木曜日に
LIVEがあるという怒涛のLIVE WEEKに
突入するのであった(苦笑)

今回声をかけてくださいました、
FMカンパニーの皆様、
本当にありがとうございました。

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.幸せのメロディー
03.希望の灯

メロン受付開始

もうすっかり恒例となっている
わーく木の葉の夏期物販で
今年も「ふらのメロン」の受付を開始します。
お中元を検討されている方が
いらっしゃいましたら、
ぜひメロンも視野に入れていただけたら
幸いに思いますm(_ _)m

就労継続支援B型わーく木の葉
http://www.kotonohasha.com/konoha/
昨年同様、メロンの委託販売することにより
B型の利用者の皆さんの給料にも
そっくり跳ね返ることになるので、
我々としても力を入れてる内容になります。

値段に関しては、安倍首相の思惑通りに
今年の4月に増税をしてしまった関係で
昨年よりも高くなってしまいましたが
メロン自体は例年同様美味しいメロンが
できあがってくると思いますので、
よろしくお願い申し上げます。

 

meron2014.jpg

 

 

mousikomi2014.jpg

 

 

souryou2014.jpg

 

商品番号1
ふらのメロン(1.6kg×2個)
代金:3900円(税込み、送料別)

商品番号2
ふらのメロン(1.6kg×5個)
代金:8500円(税込み、送料別)

商品番号3
ふらのメロン(2kg×2個)
代金:4600円(税込み、送料別)

※送料
詳細は画像を見て下さい。ただし送料についても
消費税増税により金額が上がっておりますので
ご了承ください。
※発送時期
天候により左右されますが、
7月15日以降順次発送されます。
※発送日・発送お届け時間
日時の指定はできませんので、ご了承下さい。
※申込期間
6月23日8月8日まで受付しております。
※申込方法
リンク先にある申込用紙
またはメール(kumano@kotonohasha.com)で
受け付けております。
※支払い方法
ご迷惑をおかけしますが、先にお支払いいただきます。
銀行などの振込の際には確認取れ次第の
発送となりますので、ご了承下さい。
※銀行口座
北洋銀行になります。
※道外からの注文について
銀行振込の際の、手数料の負担もお願いします。

よろしくお願いします!!

22年目も~あでゅ~♪

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

昨日になりますが、サッポロファクトリーの
アトリウムで歌ってきましたぁ~♪

直前の月曜日から急激に風邪を引き・・・
速攻で病院へ行き、正直声のコンディションは
良くなかったと思うのですが・・・
何とか乗りきることができました(苦笑)

もう・・・1曲目からダメだったら
泣くしかないなと思ってたんだけど
人間気合い次第では何とかなるんですね(汗)

終わってしまった後なので言い訳し放題ですが(汗)
今週は風邪+仕事が重なっていて
ギター練習できたのは、実は前日という・・・
余りにも無謀過ぎる挑戦で、
いくら何でもダメだよなぁ~とは感じていたんです(苦笑)

曲のセレクトは余裕のある時に
考えてはいたけど、カバー曲のセレクトは
前日練習の合間に決めたので
やっぱ本番でも練習不足は否めませんでした。
お聞き苦しい点は多々あったと思いますが
温かいお客様方に見守られ無事に終えました(汗)


それにしてもあれだけ広い空間で
歌わせていただくのは本当に気持ち良いです。
楽器の音色もそうだけど、自分の声が
リバーブがかかっていて伸びていくんですよねぇ~。

 

20140612factry 010.JPG

 

2階、3階からも聴いてくださる方が
たくさんいらっしゃって、ありがたい限りでした。

不特定多数の方を対象にライブをやる際には
やっぱり聴いたことのある曲を
織り交ぜるのは必要だと思っていて
上にも書いたけど、カバー曲をやりました。

丁度、時期的にもあってて、しかも雨だったし
福山さんの「Squall」を歌い始めたら
どっと人が集まりだして、皆さん分かりやすかったです(苦笑)
でも知ってる曲なら聴きたいと思うのは
結構普通かなと思うので、止まってくれるだけ
本当にありがたいのです。

あと桑田佳祐さんの「祭りのあと」も
歌わせていただきまして、以降ほとんどの方が
最後まで残って聴いてくださりました。

 

20140612factry 013.JPG

 

今回結構、久し振りに自分の「Smile」を
歌ってみたけど、自画自賛過ぎなんだけど
良い曲書いているんですよねぇ~私(苦笑)
もうちょっと歌っていこうと思いました(笑)

今回トークのキレが悪かったという意見もあれば
ストパーのくだりのシーンとしているところが
非常に面白かったという意見もあり
まぁ~人それぞれということで(苦笑)

かもちふのわっさんもそうだけど、
他にも小さな子どもが手拍子をしてくれたり
リズム刻んでくれていたりする姿を見ると
おじさんも素直に嬉しくなっていました(苦笑)

ライブ終了後には、CD販売も好調で
5~6枚近くは売れた気がしています。

ライブを最後まで見ていただけたこと
併せてCDまで購入いただけたこと
重ね重ね感謝申し上げます。

そして歌う場所を提供してくださいました
エバタさん、庄司さん本当にいつもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

風邪引いてる中、RYOさんもありがとうでした。
やってぃや、シヴァーもありがとね。


・・・早く風邪を完治させたいと思います(苦笑)

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.青空へひびくメロディー
02.もう一度
03.Squall(福山雅治カバー)
04.祭りのあと(桑田佳祐カバー)
05.太陽が僕らを照らすから
06.Smile
07.幸せのメロディー

とまと畑ライブ

  • ライブ日誌

すっかり遅くなっちゃったけど(苦笑)
5/31のライブレポを書いてみます(汗)

本当は昨年の11月に出演予定でしたが
体調不良で出演できず、んでそのまま
冬眠生活に入ったので、気付けば半年振りの
出演になってしまいました(汗)

そんな久し振りな私に、マスターの渡辺さんは
「KAZさんお久し振り~」と声をかけて下さいました。
ありがたい限りです!!

さてライブの方ですが、相変わらずの
トップバッターを務めさせていただきまして
自由気ままに歌わせていただきました。

とまと畑さんでは、毎回自分なりに
何かしらのテーマを決めて歌っておりまして
今回はKAZの中でも皮肉を込めたSONGを
中心にお送りしました(苦笑)
選んだ理由は特にはないんだけど(汗)
パラパラ~っといろいろ歌っていたら
声の調子も良くなかったのもあり
歌いやすい選択曲でもあったと思います。

 

DSC00149.JPG

 

結構久々の「in」とか、「真夜中の訪問者」など
前は良く歌っていた曲なども取り入れてみました。

「真夜中の訪問者」なんて、単なる迷惑メールの話から
最終的には日本の首相の批判で終わるので
今考えても無理矢理感満載なんだけど
意外と良くできているなって自分で感心する(苦笑)

 

DSC00155.JPG

 

上にも書いたけど、半年のブランクが大きすぎて
腹筋が弱まっていて、声の出がイマイチなんですよね・・・。
それ以降、お腹に力を入れるように
意識して過ごしているんだけど、
先週の連続夏日にやられてしまい・・・
体調はしんどいのですよねぇ~。
合間合間を見つけては、NEWCDのレコーディングも
やっているんだけど、満足のいく歌い方ができなくて
じぇ~んじぇんレコーディングにも
支障をきたしております・・・。
やまちゃんが帰ってきた頃にも
終わってないように感じて若干焦っております(汗)
まぁ~極力、合間合間を見つけてやっていきますが
明日から新たな軽作業も入るし・・・
またしんどくなりそうな一週間ですね(苦笑)


話が変わってきたので戻しますが
声の出はイマイチでしたが、キレのある
どーでもいいトークを中心に繰り広げ
トップバッターとしては無難にこなせたかなと(苦笑)

そういえば、昔高齢者施設で歌わせてもらった際の
施設の職員の方がいて、出演者側でした。
その方の演奏は聴けず申し訳なかったですが
またお会いできる日を楽しみにしています。
あと、帰る際に気付いたけど、前回出演した時に
歌われていた加藤州秀さんがいて
「One Earth」は聴きたかったです。
ぜひ、また共演したいです!!

いつも最後までいれなくて申し訳ないのですが
次は多分、7月中旬頃かなと思いますので
またよろしくお願いします。

付き合ってくれた、やってぃ~ありがとうね。

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.Image
02.あの頃の夢
03.in
04.真夜中の訪問者
05.もう一度

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4