2014年7月の記事一覧

サッポロシティジャズ

  • ライブ日誌

すっごい今さら感満載なんだけど・・・
取り敢えず記憶の限りライブレポしてみます(苦笑)

7/20の話。

毎年色々な場所で歌わせてもらえる
サッポロシティジャズですが、
今年は札幌市役所の一階にあるロビーでした。
元々ピアノが設置してあったりと
そういう用途も考えられていたのかな?
と思うほど、天然のリバーブも効いて
物静かな空間になっておりました(苦笑)

私の出番は13:20~と時間帯も
まったりした時間帯ではあったのですが
私の前の方々がバンド形式で
しかも上手くて・・・客層も
ほとんど、その方目当てだったりして
終わったとたん泡のように捌けていきました(苦笑)

それでも結構な方が残ってくれた甲斐もあって
それなりには、お客さんのいるライブになりました。
こういうとき、外からは入りづらい
ステージになっちゃったなぁ~って
感じてしまいましたとさ(苦笑)

さて、この頃の私といえば
奥さんが退院したばっかりだったこともあり
正直あたふたしている状態で・・・
ろくすっぽ練習もできておらず
聴かせるには、ほど遠い演奏だったと思います。
歌声も、イマイチだったし・・・
反省しきりのライブとなりました(汗)

 

DSC00369.JPG

 

 

DSC00375.JPG

 

とはいえ、前日に急遽やろうと決めた
泉谷しげるの「春夏秋冬」のカバーは
評判が良かったようで、一番拍手をもらえた
気がしております。
やっぱ有名な曲は違うのぉ~と思いながらも
最後に演奏した幸せのメロディーも
拍手が多かったから結果オーライってことで(笑)

何にせよ練習はしないとダメね(苦笑)

付き合ってくれたnabeyaki、MCシヴァーありがとう。
偶然居合わせていただけた皆様
本当にありがとうございました。

曲目
01.青空へひびくメロディー
02.もう一度
03.太陽が僕らを照らすから
04.春夏秋冬(泉谷しげるカバー)
05.幸せのメロディー

と言うわけで

夏到来ってな部屋の気温の中、
気が向いたので日記なんぞ書いてみます。
もう既に日記じゃねぇ~ってのは
重々理解しておりますので、
突っ込みはご勘弁を(苦笑)

さて最近の私は、とにかく忙しい・・・。
何がそんなに忙しいのかというのは
時期を見て報告しますので、
今はまだ詮索しないでください。

まぁ~仕事も冊子の仕事が入ってきているので
これはこれで文字の校正が大変でして
自分たちなりのルールにのっとって
やってはいるんですけど、なにぶん専門用語の
オンパレード・・・私は当然ながら専門家ではなくて
ただの冊子を作るオペレーターです。
今までの私の役割なんて、原稿データ受け取り
InDesignに流し込み、印刷用のPDFデータに変更する
主にそんな程度の仕事であったわけですが・・・。

昨年以降、お客さんとのやりとり、見積もり作成
文字原稿校正、お客さんに一度返して校正待ち
返ってきたデータ修正、InDesign流し込み
またお客さんに校正依頼して、問題なければ
印刷用のPDFを作成して、印刷業者へ依頼して
お客さんへ納品して終わり。

仕事増えとる(苦笑)

そして冊子モノなんて俺しかやってない(汗)
今のところ重大なミスはしていないのが
唯一の救いですが、毎回私は実は
結構ビビっているのを皆は知らない(苦笑)
でもいいんですクールガイな男ですから(笑)

そんなこんなで・・・
一体何が、そんなこんななのかは
微妙ですが、仕事も音楽もプライベートも
多忙なケーエーゼットでございますから
偶然であったら、ジュースの一本でも
ごちそうしてください(苦笑)

そろそろチャリティーライブも
詰めていきたいのですが、本当に多忙でして
じぇ~んじぇん進められておりませんが
何とか頑張っていきますので、
また今年も多大なるご協力の程、
よろしくお願い申し上げます。

ではでは、あっついけど頑張って
乗り切っていこうぜぇ~い(苦笑)

22年目も~あでゅ~♪

花フェスタフラワーステージ

  • ライブ日誌

6/26の話。

前回のライラック音楽祭に引き続き
花フェスタでも歌わせていただきました。

昨年から、毎回のように声をかけて
いただけるようになって、
本当にありがたく、できる限り
何とか盛り上げるように
毎回頑張らせていただいております。

それにしても当日は、もの凄く天気が良くて
意味なくドライブしたくなるような
爽快な晴天で、日差しも強く
ライブするには最高のシチュエーションでした。

私の直前にはエレクトーンの演奏者がいて
リアルタイムのアナと雪の女王を
演奏したりして、会場を暖めてくれていまして
多くの方が、私のライブまで付き合ってくれました。

職場のみんなも見に来てくれたし
MCシヴァーも、わざわざ来てくれたし
奥さんの友人や、私がはじめて働いた時の
同僚の、まりブーさんも見に来てくれました。
本当に嬉しかったなぁ~。


さてライブの方ですが、あまりにも
日差しが強いから、日陰の方で歌うことも
できますよとスタッフの方に言われましたが
せっかくの青空の下で歌うんだからと
直射日光の中、頑張って歌いました。
確かに暑かったし、終わった後は
しんどかったけど・・・久々に声の出も良くて
清々しいまでの気持ちよさでした。
多分、今年一番の良い声が出ていたと思います。

 

DSC_0409.jpg

 

お客さんの反応も良くて、愛は勝つの歌では
手拍子なんかもしてくれました。
最後の希望の灯では、盛大な拍手もしていただき
やりきったぁ~という感じでした。

ライブ後は、CDも売れましたし
何か日曜日から運が上昇しているようで
本当に多くの方がCDを買ってくれました。
こういうのって歌い手には、
やる気を出させるので、ありがたいんです。

飲み物の差し入れもたくさんあって
お気持ち心から感謝いたします。
ありがとうございました。


毎回、声をかけてくださるスタッフの皆様
偶然あの場所で歌を聴いてくれた皆様
わざわざ見に来てくれた皆様、
本当にありがとうございました。

また、よろしくお願いします。

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.晴れた空の下
02.君がヒーローになれ
03.もう一度
04.愛は勝つ(KANカバー)
05.希望の灯

パトスカフェコンサート

  • ライブ日誌

6/25の話。

ここ最近は、琴似のPATOSさんとは
チャリティーライブも含めてお世話になっていまして
5月くらいに場所を確保するべく訪れると
カフェコンサートをやっているという話を聞き
出演したいですと交渉すると
あっさりOKをもらいまして出ることになりました。

当初は、奥さんのピアノとのコラボで
考えてはいたのですが、ちょっと都合がつかず
急遽ヤマガタユウジくんに協力を仰ぎ
一緒に出てもらっちゃいました(苦笑)
日曜日にも一緒に出てもらっていたりするので、
石原さとみばりに「呼びすぎぃ~」
と言われても仕方がないくらいでしたが
本当にお世話になっております(苦笑)

さて、カフェコンサートとは
どういう形式でやるのかと言われましたら
一回でも訪れたことのある方でありましたら
ホールとは別にアトリウムが左側にありまして
そこを利用してアナログチックにライブを
行うというものでございました。

これがホール使用時とは違って
結構素敵な空間を作り出しているんですよ。
多分カフェコンサートをやり始めたのは
ここ数年だと思うんだけど、
今までやってなかったのが不思議なくらい
本当に良い空間になっていました。
チャリティーとは別に
なんかやりたくなってしまうくらいです。
人生に余裕ができたら何か考えますね(汗)

ライブについてですが・・・
私も最近は本当に多忙でして
じぇ~んじぇん、やまちゃんと打合せが
できないほどでして・・・
カバー曲である「愛は勝つ」は
一度も合わせてないくせに、やってしまう
この自分の暴挙っぷり(苦笑)
でもそつなくこなす、やまちゃんのテク。
やつはやっぱり凄いです(汗)
素直に尊敬の域でしたね(苦笑)

 

DSC00347.JPG

 

んで、やまちゃんのおかげもあり
無事にライブは乗り切りました。

 

DSC00356.JPG

 

まぁ~声の出はイマイチであったとしても
無駄なトークで多くの方に笑っていただきまして
それなりに楽しいライブになったと思います。

他の出演者は、ジャズだったり、
ピアノしっとり系だったりと
ジャンルが幅広くて、見てる分にも楽しかったです。

ぜひ、また歌わせていただけたら幸いです。
見てくれた皆様も、本当にありがとうございました。

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.もう一度
02.愛は勝つ(KANカバー)
03.幸せのメロディー
04.太陽が僕らを照らすから

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4