eye.jpg

「To a heart of children 5」ライブレポ

  • ライブ日誌

若干、日数が経ってしまいましたが
他にもあげていないライブレポ満載なんだけど
まずはチャリティーライブを先行してアップします。

おそらく長くなるとは思われますが
嫌がらずに、読んでやってください(苦笑)

 

DSC00860.JPG

 

あらためて、ご来場いただきました皆様
実行委員会スタッフの皆様、
ボランティアで参加してくれた皆様
サポートに入ってくれたK様
PATOS高橋様とスタッフの皆様、
PA等のスタッフの皆様
OPを務めてくれました、晴花様、伊藤充美様
本当にありがとうございました。

今年は結果的に、人員不足な部分が
あったようで全体把握の澤Pや、APシヴァーには
多大なるご迷惑をおかけしたと思うのですが
それでも頑張ってもらえたことに感謝します。


いやぁ~実は例年、録音した内容を元に
レポをあげているんですが・・・
ビデオのメモリー不足という、充電がない方が
まだ諦めもつく残念感MAXの結果になり
アナ雪の1番が終わったところで切れていました(苦笑)
他にも安全策のために、iPhoneで録音しておけば
良かったものの、安心しきっていたことにより
バックアップ体制もなかった(苦笑)
仕事だったら大クレームものです(汗)

そもそも最高画質で撮っていれば
そりゃ~なくなるわなと自分に総ツッコミ状態です(苦笑)

ないものはないということで、
記憶を蘇らせながら、レポをあげていきます。


さて当日の流れですが、

MCミックリからの開会の挨拶 → 晴花
伊藤充美 → KAZ閉幕の挨拶

となっていおります。

MCについてですが、昨年のチャリティーライブが
終わった後で、来年は私がやりたいという
実に清々しい申し出がありまして、
コミュニティーFM 三角山放送局で
飛び出せ車椅子のDJを務めている
MCミックリに素直にお願いしました。

 

DSC00878.JPG

 

例年通りの、原稿チェックは本番数日前という
主催者からの暴挙にも関わらず
自分なりに原稿を仕上げてきて、
お客さんへの呼びかけや、出演者転換時の
間繋ぎも、おそろしいくらいに
スムーズにできておった(苦笑)
あれで緊張しますというから
個人的にはギャグにしか聞こえなかった(笑)
来年もMC決定です(苦笑)

そしてトップバッターの晴花さんです。
カバー曲もたくさん歌ってくれて
Open Armsとか、キスして抱きしめてとか、
歌声も堂々としていて圧巻でした。
オリジナルの、さかむけとかもポップで
可愛い曲でしたよね。

 

DSC00888.JPG

 

 

DSC00900.JPG

 

声の伸びもあって素晴らしい歌い手さんでした。
ぜひまた共演しましょう~♪


次の2番手は伊藤充美さんです。
考えてみると、このチャリティーライブに
10代の子に歌っていただくのは
初めてだったりするんですよね。
そういう意味では、やっと5回目にして
10代に参加してもらえるのは、
何か感慨深いものがありました。

 

DSC00948.JPG

 

 

DSC00954.JPG

 

木村カエラや、いきものががかり
絢香などのカバーを中心に歌ってくれて
合間にはオリジナル曲も歌って
ほんわかするようなライブで可愛かったです。
とっても緊張したと思うんだけど
頑張ってくれて嬉しかったです。

 

さぁ~て、ここからはケーエーゼットの出番です(苦笑)

今回のライブのセットリストの
アレンジなどは全て、ヤマガタユウジくんが
考えてくれて、オケなども全て作ってくれました。
もう年々、ヤマちゃんへの負担が
大きくなっているような気がするんだけど
嫌な顔せずに、やってくれて感謝です。
だから今年からバンドマスターと
勝手に呼び始めております(苦笑)


1曲目「トビラ

何となくなんだけど、記念すべき5回目ということと
結婚も丸5年半で、来年には子どもも誕生となると
記念づくしで、自分にとっては、
この曲しか思いつかなかったので
選曲させていただきました。

 

DSC00981.JPG

 

RainbowのCDアレンジを、
ほぼそのまま取り入れながらも
ヤマちゃんはピアノに挑戦するなど
しっとり聴いてもらうには、
良いアレンジ構成だなと、感慨深げに
大切に歌わせていただきました。

2曲目「なくしちゃいけないモノ

しっとりと始まったからには、MCを入れることなく
続けて歌える曲となって、ノリが良い曲で
最近歌ってないとなると、この曲しかないかなと。

 

DSC00989.JPG

 

すんなりいったから良かったけど、
本当は私がキー音確認のために
自分のギターをジャラ~ンと鳴らしてから
カホンで、ド・ド・ド・ドとリズムを刻んで
歌に入る予定だったんだけど
私がすっかり間違えてしまって、
自分のギターを鳴らしたら歌い出しちゃったもんだから
ヤマちゃんと、城さんは焦ったろうなぁ・・・。

城さんがエレキギターを弾くなど
新たな面をお見せできたかなと。

3曲目「古い日記(和田アキ子)」

ここからは恒例のカバー特集のコーナーです。
今年も年代別に曲を選んでいきましたが
テーマは「女性ボーカル」だけに絞って
選曲させていただきました。

この曲は単純に、かっちょいいからという
理由だけで選曲しましたが
ヤマちゃんがオケを作ったり、ギター演奏を
聴いていると、マジ格好いい曲に仕上がって
一応それに合わせるように、歌い方も
かっちょつけて歌ってみました(苦笑)

 

DSC01024.JPG

 

あらためて、この年代の曲は
一概に古くさい曲だと否定できなくて
実は今聴いたって、通用するほどの
名曲が多いことに気付かされました。
今後もいろいろな名曲を
チョイスしていきたいなと思いました。

4曲目「そばかす(JUDY AND MARY)」

バンドっぽい曲をやろうよという
声から浮かんで選曲しました。
基本的に女性ボーカルに拘ったために
私が歌う場合には、全ての曲のキーを
下げる必要があるために、単純なカバーという
わけにも実は行かなかったりするので、
ヤマちゃんは苦労されたと思います。

 

DSC01020.JPG

 

前日までイントロや、エンディングの
演奏がギターとベースが合わなくて
どうしようか?と悩ませていましたが
なかなかの舞台度胸か、最後の練習では
合うようになってきたんですよねぇ~。

 

DSC01017.JPG

 

まぁ~言い訳ですが、今回ほど
練習日程が少ないのも、実はあり得ないわけで
城さんには本当に厳しかったと思います。
だけど頑張ってついてきてくれて嬉しかったです。

5曲目「SWEET MEMORIES(松田聖子)」

ここからスペシャルサポートで、Kさんに
ピアノで参加してもらいます。
例年であれば、うちの奥さんに
参加してもらうところだったのですが
今年は妊娠中ということもあり大事を取って
別にピアノを弾ける方にお願いをしまして
2曲だけ参加してもらうことにしました。

 

DSC01044.JPG

 

まぁ~専門がピアノだけあって
本当に上手くて、逆にボーカルの下手さっぷりを
自分で知ってしまうという残念感はあったけど
SWEET MEMORIESもJAZZタッチなテイストで
しっとり聴かせるには最高の演奏だったと思います。

6曲目「Let it go(アナと雪の女王)」

2014年を代表する曲と言えば
この曲かなぁ~という理由から選んだものの
自分で選んでおきながら、随分ハードルの高い
曲を選んだなと、後に後悔することになります(苦笑)

 

DSC01057.JPG

 

ピアノと歌だけでは、私がある箇所だけ
リズムが合わせられず、最終練習で急遽
ヤマちゃんにカホンで参加してもらうという
あまりのリズム感のなさにガッカリしましたが
カホンが入ることによって、分かりやすくなり
さらにはある箇所部分を強調して
ピアノを弾いてもらうことにより、
何とか・・・何とか歌えたかなと(苦笑)
本当にご迷惑をおかけしました(汗)

しかしLet it goを完璧に弾きこなせるって
やっぱ凄いよなぁ~(苦笑)
今後もお願いすることがあるかも知れません。
またよろしくお願いします!!

7曲目「アンパンマンマーチ(アンパンマン)」

そもそもライブのサブタイトルにもなっている
~愛と勇気だけが友達さ~の、この曲を
歌わなかったらインチキどころの騒ぎでは
なくなってしまうということで、
素直に歌うことにしました(苦笑)

 

DSC01066.JPG

 

ただ、せっかく女性の歌い手が
いらっしゃるということで、昨年同様
コラボしていただくことにしました。
OPでも出演した伊藤充美さんに
アンパンマンマーチを歌っていただきました。
若干の生バンドでの演奏を元に歌うので
難しかっただろうし、緊張も半端なかったと思いますが
頑張って歌いきってくれました!!


8曲目「桜の木の下で

またここからはオリジナル曲になりますが
ヤマちゃんとのツインでの演奏になります。

 

DSC01085.JPG

 

秋桜と無理矢理絡めた感じのトークでしたが(苦笑)
歌と演奏はしっかりとこなしていたと思います。

9曲目「幸せのメロディー

この曲を歌う前に、来年パパになることを
発表して、やまちゃんに良い父親になるには
トークを無理矢理ぶち込んで、見ている側からは
結構面白いやりとりだったと聞けたので
良かったなと・・・(苦笑)

 

DSC01077.JPG

 

 

DSC01116.JPG

 

今となって歌っていると、自分なりに
いろいろな変化が見えてくることにより
幸せモード全開で歌うことができているなと
最近は思うようになってきました。

10曲目「Message

気がつきゃ12年も歌い続けているといってもいい
唯一の曲でもあります。
そして今回はRainbowのCDアレンジで
演奏しているので、ちょっとテンション高くて
個人的には、すっげ~楽しかったんですよねぇ~(苦笑)

 

DSC01141.JPG

 

 

DSC01142.JPG

 

最後のWow~の繰り返しのところでは
「さっ、いくよー」とかけ声なんかしちゃったりして
以下に楽しげに歌っているかは
分かってもらえたような気がします(苦笑)

11曲目「Imagine(いなむら一志訳)」

この曲に関しては、今年の1月に亡くなったことを
知って、いなむらさんの歌声が聴きたくて
YouTubeで映像を見てたら、自分もこの曲を
歌いたいと思うようになって
今年のチャリティーライブで歌おうと決めました。

いなむら一志さんが自分の想いを込めて
日本語の歌詞をつけて歌っていた、Imagineですが
あまりにも有名な曲だし、しかもいなむらさんの
想いが詰まった歌詞を、こんな若造が
歌って良いものかすらも少し悩んだけど
知ってもらうことこそ、意味があると感じたので
敢えてシンプルな、一人弾き語りで
歌わせていただきました。

 

DSC01160.JPG

 

 

DSC01162.JPG

 

でも難しい歌だったなぁ~と思います。
シンプルな曲の構成だからこそ、
演奏だったり、歌が目立ってしまうから
今回のセットリストで一番ハードルが高かったです。
だけど、しっかりと歌いきれたと思います。


12曲目「smile

今年も恒例のMCからのくだりがあって
本当の最後の曲になります(苦笑)

 

DSC01165.JPG

 

全体を通してみてみると、多くの意味で
アニバーサリーが関連したセットリストだったかなと。
カバーは別としてね(苦笑)
KAZにとって始まりを意味する「トビラ」から
「幸せのメロディー」、「Message」、
「Imagine」、最後は子どもたちのことを
考えて作った「smile」で終わるあたりは、
ヤマちゃんさすがと言わざるを得ませんね(苦笑)

 

DSC01169.JPG

 

そして最後にも、ヤマちゃんがピアノを
弾くという演出も素敵な感じでした。

 

毎度のことながら、随分長いレポになりましたが
見に来てくれた皆様は、
どう受け止めてくれたのでしょうか?
楽しんでいただけたなら、それだけで充分です。


まぁ~当然ながら、反省点は、会場運営からも
演者側からもありますので、そこは反省会を
元に、次へ繋げていけるようにして
参りたいと思いますので、どうぞご意見などが
ございましたら、遠慮せずに仰ってください。
それが次へ繋がっていきますので。

そして毎回、動きの悪い主催者に付き合ってくれる
多くの仲間や、ボランティアさんがいたからこそ
今年も開催することができました。
当たり前ですが、私ひとりでは何もできません。
だからこそ、基本中の基本を忘れてはいけないのです。

そして、よしっ協力してやるか!!
という多くの皆様がいるからこそ、
子どもたちへ託していくことができるのです。

ぜひ来年以降も、応援していただけたら幸いです。
さらにはご指導・ご鞭撻のほど
よろしくお願い申し上げます。

 

DSC01200_001.jpg

 

メッセージボードへのコメントも、
とても嬉しかったし、微笑ましく読ませていただきました。


重ね重ね、本当にありがとうございました。

 

DSC01209.JPG

 

22年目も~あでゅ~♪

曲目
01.トビラ
02.なくしちゃいけないモノ
03.古い日記(和田アキ子)
04.そばかす(JUDY AND MARY)
05.SWEET MEMORIES(松田聖子)
06.Let it go(アナと雪の女王)
07.アンパンマンマーチ(アンパンマン)
08.桜の木の下で
09.幸せのメロディー
10.Message
11.Imagine(いなむら一志訳)
~Encore~
12.smile

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4