2015年4月の記事一覧

はてさて

やっとうるさい、選挙カーも治まり
投票結果を見る限りでは、へーと言いたくなる
今回の統一選挙ですが・・・
なんだろう、別にドキドキワクワクという
訳ではないんだけど、盛り上がりには
欠けた感じがします(苦笑)

まぁ~知り合いがどうなったのかは
知りたいところなんだけど、
じぇ~んじぇん情報が出てきませんので、
気長に明日チェックすることにします(苦笑)


話は変わり、明日はひっさびさの
雇用保険説明会に朝もはよから行ってきます。
午後から職安に行った、元同僚は説明会も午後からだよ
と言われてしまい、私も午後から行けば良かったと
心から悔やんでいるところではあるのですが(苦笑)

この説明会用に撮影した証明写真を見て
若い若いと思っていても、全てにおいて
表情に表れてくるんだなぁ~と
意味なく老けてきた自分に笑えます(苦笑)
でも、そりゃぁ~そうだよ!!
今年39歳になるんだし、来年40歳ですよ!(苦笑)
いつまで若いつもりでいるんだって
突っ込まれても仕方がないほどの
リアル中年になってしまいました(汗)

自分らが若い頃なんてのは、
40代なんて本当にオッサンで、
全てにおいて疲れ切った人にしか見えてなかったし
まさか自分も、その年齢になろうとは
夢にも思わなかったけど(汗)
なってみると、案外発想は子どもだし
大人になりきれてない部分も多々あるんだけど
疲れるなぁ~ってのだけ、唯一昔の
イメージのまま理解できます(苦笑)


でもねぇ~子ども産まれたばっかなんですよ(苦笑)
疲れたぁ~って言って良いのはママさんだけで
パパは何が何でも金を稼がなくてはいけないので、
とっとと次のところに行けるように
頑張って行きたいと思います(苦笑)
老けた自分に笑ってる場合じゃないんですよ(汗)

同世代の皆さん・・・日記読んで苦笑してるかも
知れませんが、一昔前の写真をご覧なさい。
私と同じことを思うはずだから(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

そこからつながる音楽ライブ

  • ライブ日誌

これも本当はすぐに書くべきライブレポでしたが
既に一年ちょい前・・・サーセン本当に(苦笑)

障がいのある子どもの親御さん二人が
普段は生でライブを見ることができない子どもたちに
音楽を聴かせたいという熱い想いから始まり
賛同者の中に、ラジオカロスでDJを務める深澤さんや、
東京を拠点に活動するサルーキ=などが加わり
このライブの一年前から始まったとのことです。

主催者お二人の人望もあってか、
お客さんは集まってみれば150人を超えていて
それだけでも充分に凄いなぁ~と思わずにいられないくらい
素晴らしいイベントになったと思います。

DSC04059s.jpg

改めて思うのは、いろいろなライブに私も行ってますが
障がいのある方を見かけることはあっても
身体で大人だもんなぁ~。
そういう意味では、知的の方も、小さな子どもも参加できる
ライブって、まだまだ少ないんですねぇ。
私が企画しているライブは、それこそ子どもから
障がいのある方など、な~んにも問わずにWelcomeなので
そこから~のイベントには賛同できちゃうんですよね!
こんなあったかいイベントは、是非これからも続けて欲しいと
本当に心から思っています。

では写真で振り返ってみましょう!!

まずはラジオカロスで朝の番組をしている
深澤さんと星野さんです。
左の星野さんが主催者の1人です。

DSC04066s.jpg

次に、元OLDの神田直樹さん
オリジナルインストを作って、それに合わせて
いろいろな打楽器を演奏する奏者です。
盛り上げ方とか半端なく格好良かったです!!

DSC04178s.jpg

次に私なんですが・・・
事前のヒトカラ効果もあり、声は出ていたと思うし
演奏もそつなくこなせたような気がしています!
多少年齢層が低めでもあったので、
Spitzのチェリーを歌ったんだけど
もう一曲くらいはカバーがあっても良かったかなと
後に反省してました(苦笑)

DSC04192s.jpg

最後にサルーキ=が登場です!!
名前はちょいちょい聞いていたんだけど
実際に聴くのは初めてだったんで楽しみにしてました。
したっけ、バリバリのロックンロールだし、
アコギであそこまで演奏できるのはマジでカッコいいわ!!
もう何回演奏しても気持ち良いだろうなぁ~とさえ感じた。
左の千代さんは熱い人だろうなぁ~って思ってたけど
右のモーリーは普通に話すと温厚な人なんだけど
スイッチが入ると半端なくプレーも熱いし、
何よりもギターテクが半端なく上手い!!
ちょっと感動すら覚えた(苦笑)
ありゃ~また今年も見たいというのもうなずけます!
本当に格好良かった!!

DSC04413s.jpg

サポートの小林さんも、合わせる暇あったのか?
というスケジュールの中でも、寸分狂いなく
あの2人についていってたし、ドラムテクも素晴らしかった。

DSC04278s.jpg

最後は出演者全員で、デイドリームビリーバーを歌って終わりました!

刺激受けることも満載だったし、
多くの子どもたちの笑顔も印象的だったし
打ち上げも楽しかったし、全てが参加できて良かったです!
参加させていただき、本当にありがとうございました。
主催者の方々、スタッフ、ボランティアの皆さま
本当にお疲れ様でした!!

今後も続けていってくださいね!!
期待しております!

24年目も~あでゅ~♪

曲目
01.road
02.チェリー(Spitz)
03.桜の木の下で
04.太陽が僕らを照らすから
05.smile

あっという間の

5年間だったような気がします。

利用者一人からスタートした
就労継続支援B型わーく木の葉は
4年の歳月を経て本日無事に終了しました。

どういうわけか最終日も
てんやわんやな感じで、あっという間に
帰る時間になっていました。
午後からは全員でお別れ会をしたので、
若干の寂しさがこみ上げてきましたが
終わる最後の最後に大爆笑できたあたりは
自分たちらしいかなと無駄に苦笑でした(笑)

わーく木の葉は、障がいの種別を問わず
一緒に働くことができる事業所作りを目指して
始まったわけですが、蓋を開けてみると
働くというよりは、他にはない
ゆったりした事業所ということで、
主に精神の方々に人気があったように思います。

当然、ゆったりした事業所ということは
仕事はあまりせず、工賃は低くても構わない
という人が集まってきていました。
だから自分たちも、そういう事業所でいいんだと
シフト変更していったと思うし
当初の想いとは違ってきたかな?
と感じてはいたと思っています。

そんな中、スタッフの一人が病に倒れ
職場復帰は難しい状態になり、
その時にも閉鎖せざるを得ないのではないか?
という感覚にも陥りましたが
上手い具合に仕事を引き継いでいたこともあり
自分たちだけでもやっていけるとなり
継続させていこうとなりました。

まぁ~仕事量は凄く増えたので、
一杯一杯だったことを思い出します。
印刷の仕事だって全部を一人でこなしたことはないし
利用者との話し相手や相談にのったり
B型の事務仕事、給料計算から、
日常の会計処理、年末調整、決算の処理など、
少人数な職場だけあって、一人で抱える業務は
やはり多いのですよ(苦笑)
割り振れば良かっただろうけど、
割り振れる環境でもなかったからねぇ~。
結局誰かが引き受けるしかないんですよ。

そういう意味ではストレスも余計にかかる
職場だったかも知れませんね。


あと、工賃の低さがワースト2~3位を
うろつきし過ぎたせいか、
ついには行政指導が入り工賃を上げなさいと
怒られたこともありました(苦笑)
仕方ないから、ゆったりモードも終了し
いろいろと軽作業を引き受けていくと
そもそも仕事を、そんなにしたくない人が
集まってるもんだから、考え方の相違もあり
利用を辞めていく人も多数いました。

本当は、そこら辺で運営も厳しいことに
気付くべきだったんでしょうが・・・
なんせ会計はトーシローに毛が生えた程度で
気付いた時には後の祭りでしたね(苦笑)

だから今回の閉鎖に関していえば
若干の責任も感じていたりするんですよねぇ。
就労継続支援B型の意義としては
ステップアップの場所ですから、
旅立つことは良いことなんですよね。
次の場所へ行くとなれば、笑顔で送り出さなければならない
そういう制度なんですよ。

とは言え、利用者が減るということは
入ってくる収入も減るということになるから
一人辞めたら、補充するための
営業活動も必要だったのを、多少怠っていたのは
やはり否めないわけです(汗)
なので、もっと取り組めたよなぁ~と
反省や後悔もあったります。

 

良かった点でいえば、スタッフ側の力量が
足りなかったとしても、うちの事業所に
出会えたことが良かったという声や、
すぐ辞めちゃうんじゃないかと思っていた人が
長く通うことができて、更には成長していく姿を
見ることができたのは、声には出さないが
実は素直に嬉しかったりもしたのでした(苦笑)


ってか、みんなのサポートとしては
話し相手くらいしかできなかった私を
ちゃんと職員としてみてくれて、頼ってくれて、
一緒に成長させてもらえたことが
私の人生での財産になったし、
これからの経験として活かしていけるように
次の場所でも頑張って行きたいなと思っています。

 

あらためて、わーく木の葉を利用してくれた
みんなには心より感謝申し上げます。
新しいところへ行っても頑張れると
自信を持って言えますので、前に突き進んでください!!
本当にありがとうございました。


有限会社ことのは舎、
並びに就労継続支援B型わーく木の葉を
支えて下った、数え切れない多くの皆さま
ありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。


さっ次は私の番ということで、
新しいところへ気持ちを徐々に切り替えていこうと思います。
頑張っていきまっしょい!!


23年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4