2015年6月の記事一覧

花フェスタ フラワーステージ

  • ライブ日誌

月日が流れすぎて・・・内容を一切覚えておりませんので、
取り敢えず、歌った曲目一覧だけUPしておきます(苦笑)
誠に申し訳ありません。

曲目
01.Rainbow
02.あの頃の夢
03.STORY(AI)
04.Imagine(いなむら一志訳)
05.Message

大変恐縮ながら・・・

ギターを教えることになりました(苦笑)

事の発端は、最近身内を亡くした
若い男の子がいまして、落胆振りが激しくて
その子を元気づけるために、何かできないか??となって、
ギターをやりたいと前々から話があったらしく
KAZ教えることはできないか?と提案され
やってみないとわからんけど、私でできるならと
ご協力させていただくことになりました。

ただ、その若い子も障がいがあって、
状況によっては私よりも身体の構造的に
厳しいものがあって、どうしようかと
悩んでいるところです(苦笑)

でもKAZがギターを教えてくれると話したところ
目を輝かせて喜んでくれたらしく
そういう想いは大事にしてあげたいなと
素直に思っております。

その子も周りから言われているらしいんだけど、
私自身も、最初は誰からもギターを弾くのは
無理だろうと言われておりまして・・・
スタートの入り口や、周りの雰囲気は似ていて
ちょっと余計に感情移入しちゃうんですよねぇ。

結果的に、私はどうすりゃぁ~いいか?と
悩み試行錯誤しながらも、独自で演奏方法を編み出し
何とかなる道を見つけたわけです。

世の中、物理的にできないことも、
そりゃぁ~多々あるわけですが、
それでも周りからの一方的なできないと
決めつけをされるのは、やはり納得がいかんのです。

せめて自分自身で、やり抜いてから
本当にダメなのかどうかを結論を出したいと考えます。
じゃないと、ずっと引きずっちゃうしねぇ~。

だから自分の経験も含めて、
協力できることがあるなら、やっぱ協力したいし
その子も諦めずに頑張ってほしいなって思う。


あらためて感じたのは、ギターを手にした
その子の目はキラキラしていて
とても笑顔で、やる気に満ちていた顔は
19年前に初めてギターを手にした自分も
こういう表情や気持ちでいたんだろなぁ~と思いました。

原点回帰じゃないけど、あの頃の気持ちを
思い起こさせてくれた、その子には感謝しております。


そもそも演奏方法なんてのは、基本フォーマットはあれど
どういうやり方でも音が奏でられたら
それが正解であって、何の問題もない。

さらに言えば、私なんてのは実際には
押さえられないコードも山程あるし、
でもそれだって、それっぽい音が出れば
成立しているんだよね。
実際に13年も人前で歌わせていただいてきたし
まぁ~耳の良い人であれば、あれ??って思うことはあれど
でも何とか成立させてきたんだから、
やっぱり何の問題もない(苦笑)

だから独特のやり方でも、不格好でも、
変なのって言われようが、これが私の演奏方法ですって
言い切ってしまえば良いんです!!

ぜひ諦めずに続けていってほしいと願っております!!
ふぁいてぃん!! 先生って言われちゃったけど
おじさんも全力でサポートしていきまっせぇ~(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

どういうわけか

  • KAZ Jr

まだ退院できていない紡久くん・・・。
まぁ~明日の検査で問題なければ退院して
定期通院に切り替わるらしいので、
もしかすると、明後日には家に帰って来れそうですけど。

そもそも今回の入院の経緯は
5/31の夜に首から上が熱いということから始まり
熱を測ってみると、39.0オーバーしており
最初は体温計の測り方がおかしかったのかと
再度測ってみると、やはり似たような体温が出てきて
どうした??となったのです(苦笑)

ただ子どもは突発的に熱を出すということもあるし
そもそも熱がある意外は絶好調に元気であって
大丈夫なのかぁ~?と随時熱を測って様子を見ることに。

合間合間では、おでこを冷やしたり、
脇を冷やしたりしていることもあり
熱は下がったり上がったりを繰り返していました。
だけど紡久は妙に元気(苦笑)

奥さんは寝られなかったらしいが、
朝になっても症状は繰り返すばかりで、
結局近所の病院へ連れて行くと、
起点の利く医者だったのか
尿検査をすると、尿路感染の疑いが出てきて
感染自体が、膀胱からなのか腎臓からなのかは
判断ができないため、小児腎臓に強い病院へ行くように進められ
言われるがままに、その病院へ行き調べてもらうと
すぐさま入院になってしまい、
抗生剤の点滴をされるなど、4カ月の子にとっては
随分可哀相な展開になっておりました・・・。

まずは熱が下がることを中心とした治療になるせいか、
もしくは子どもへの負担がかかるからなのか
検査自体も1日間を空けたりと、ぼちぼち進んでいく感じでした。
(若干のフィクションはあるかも知れないけど(汗))

なので仕事終わってはすぐに病院へ駆けつけるも
現在遠方の地にいる私は、着いたとしても
面会時間終了直前に着いたりと
なんだかなぁ~と阿藤快風にうなだれながら
帰路を余儀なくされるという数日でした(苦笑)

途中天気も悪い日が続き通えなかったりもしたけど
取り敢えずは熱自体は抗生剤が効いているのか
早い段階で治まってくれて一安心しています。

後は明日の検査結果次第ですが
多分大丈夫だろうとふんでおります。

ってか奥さんから話を聞くに、
看護師さんが来る度に、にこにこ顔を振りまいており
年配の看護師さんと新人の看護師さんが一緒に来た際には
新人の看護師さんに笑顔を振りまいているとのこと(苦笑)

一体誰に似たんだ・・・??(苦笑)

少なくとも俺は、病院で看護師に嫌われると
入院生活は大変なのは幼少期より知っているので、
一通り愛想は振りまいていたはずだ(苦笑)

4カ月の時点で赤ちゃんと言えども
既に男よのぉ~・・・(苦笑)
意味なく、そんなことに感心するパパでした(笑)

何はともあれ1週間も家にいないのは
寂しすぎるので、早く良くなって家に帰ってきておくれ(汗)

追記:当たり前なのかも知れんが・・・
一緒につきそう母親には食事は出ないのっては
どうなんですか病院さん!!(苦笑)
お金払えばいいじゃんって思ってしまう今日この頃でした(汗)

23年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4