eye.jpg

2016年5月の記事一覧

はじめ〜の一歩

  • KAZ Jr

ここ1〜2週間の息子の立ち上がりたい
気持ちが高まっているのか、要所要所で
目覚ましい立ち上がりを見せてくれます!!

バランスが良いときなんかは
10秒以上は立っています。

そしてヨタヨタながらも、一歩一歩と
足を前に進めています。
その奮闘振りにパパママは、おぉ〜と歓声があがります(笑)

54eee4b693ef5ac7f74114a11cc7a0804241cc62.jpeg

f6dad24f5203447d35fd82101260eda9e94064fc.jpeg

33c316db593ab879177decaf127f859873a58e0a.jpeg

まだビビりながらの様子も伺えるけど
ちゃんと成長してるんだなぁ〜と嬉しくなりますね。
つかまり歩きは、そこそこ早い段階で
できていて自由に動き回っていましたが、
ママが手を持ちながら、パッと手を離すと
すぐに座ってしまうので、一人立ちや一人歩きは、
もう少しかかるのかなぁ〜って思ってたからこそ
喜びはひとしおだったりします(苦笑)

まぁ〜歩き始めたら、今まで以上に目を離せないという
パパママの心配は増えるけど、
できることが増えていくと、本人も嬉しそうなんで
その笑顔に癒やされるよね!

後は謎の言語が、ちゃんと意味を持つ言葉に
変わっていったらいいなぁ〜と思っています。
今でも「つむぐく〜ん」と呼びかけると
「は〜い」と両手を挙げて反応してくれるし
自分が欲しいものには、「ほれ〜」(多分これって言ってる)と
パパママに訴えかけてるから、
話すのも時間の問題のような気がしています(苦笑)

何にせよ、たたかれたり、かっちゃかれたりして
ニャロ〜と思うことと多々ありますが(苦笑)
素直に成長が嬉しいですわ!
最近はボール遊びにもはまってるみたいだし、
テーブルの椅子にも大人しく座るようになったから
私とも遊びの幅が広がり、楽しく過ごしています(苦笑)

暖かくもなってきたし、そろそろ動物園かのぉ〜。
まぁ〜パパは苦手なんだけど、
それでもつむが喜ぶなら、行くんだけどねぇ(苦笑)


しかしiPhoneから投稿できるのは、やはり便利だのぉ(苦笑)
デジカメもWi-Fi付いてるから、iPhoneにすぐに
同期できるから、これも便利だわ(苦笑)

24年目も〜あでゅ〜♪

はじめての床屋さん

  • KAZ Jr
生まれて早1歳三カ月が経ちますが、
前髪に関しては一度だけカットしたものの
横とか後ろに関しては、寝てる間にやるにも
なかなかの技がいるんだろうということで
取り敢えず幼児も対応しているという
床屋さんに行ってみました!

興味を引くであろうDVDとかを、
流してくれたりしていましたが、
大人しいのは最初だけ(苦笑)
すぐに飽きてきて、辺りを見回しては
逃げたそうな動きになっていましたが、
ママにロックされており、後半はほとんど
泣きじゃくっていたのぉ(苦笑)

tumu20160515_01.jpeg

とは言え、やはり伸びていたので、
カットし始めると、サッパリしていきますよね。
クリクリヘアもかわいかったけど、
サッパリヘアもかわいいのぉ〜と思う
ただのバカ親ですわ(苦笑)

tumu20160515_02.jpeg

良い感じのすまし顔ショット(笑)

あと、一緒に夏のお出かけ用に
キャップも買いましたが、これもかわいいのね(笑)
写真は撮った際にでもアップしますね(苦笑)

次はどこに行こうかのぉ??(苦笑)

24年目も〜あでゅ〜♪

意味なく

  • オタッキ~

BLOGのシステムをMovable Type(以下MT)を
4.23から6.2.4へバージョンアップしてみました(苦笑)

本当に深い意味はないんだけど、BLOGページのデザインも
そろそろ飽きてきたのもありまして・・・
変えてみようかなぁ~と思いつき、やり始めました(汗)

とはいえデザインを変えるにしたって、
適当なテンプレートを探すも、古いバージョンには
互換性が云たらこうたらと出てくるので、
これはやはりバージョンを上げるしかなさそうと判断し
しぶしぶ取り組み始めました(苦笑)

どこのサイトを見ても、バックアップは取れよって
脅されるもんだから、まずは時間のかかりそうな
バックアップを取るべく、昨夜中にやっといてもらって
んで起きてから、インストールも勝手にやってもらってたら
ことのほか、あっさりバージョンアップは終わっていて
うげぇ~と思うほどの不具合もなかったように思います。

ただ画像の移行が時間がかかりましたねぇ・・・。
最近は、サイズ指定して貼り付けてるから良いんだけど
昔の投稿に関しては、小さくするサムネイル化して
貼り付けていたもんだから、そのサムネイルデータが
どこに保存されているのか分からなくて
ちょっと本気で焦りましたが、根気よくフォルダを
チェックしていたら見つかってくれまして、
画像の問題は無事に解決し、後は使いやすそうな
テンプレートを探すだけになりました。

取り敢えずシンプルで、MT6に対応していて
スマホ表示にも勝手に対応してくれるのを探しました。
それが、今のサイトなんですけど、パソコンはパソコンで
スマホはスマホに適した表示になっているので
前よりは見やすくなったかなと思います。

あぁ~あと、BLOG記事のアドレスが全部変わってしまったようで、
多分、日記更新する度に情報を流していた
SNSのリンクアドレスは、ちょっと怪しくなっています(苦笑)
多分見れなくなっていますので、その点だけご了承ください(汗)


取り敢えず、バージョンアップにより
スマホからでも、BLOG投稿できるようになったので、
今後は、もうちょっと日記が書けるかもね・・・(苦笑)

何はともあれ、新しいKAZ不定期日記を
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

24年目も~あでゅ~♪

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_14弾「KAN」

  • KAN

KANさんのバンドライブツアー
ロックご自由に!を昨日見に行ってきました!!

前回の弾き語りツアーは、奥さんが参加できるような状態ではなかったので
一人だけ行くのも気が引けて…友人に託しましたが
どうやらアルバムが出るようで、ちょっと嬉しい(苦笑)

音楽活動29年という、普通のアーティストなら
記念としないであろう素数を元に盛り上げる辺りは
やはりKANさんだなぁ〜って思わずにはいられない(苦笑)

ネタバレ満載なので、気になる方は見ないでくださいな(汗)

 

 


オープニングでは、KANさんの幼少期からの写真を
素数順に映し出され、幼少期にも関わらず
既にKANさんが出来上がってる辺り、
もってる人だなぁ〜なんて面白がってました(苦笑)

一曲目のイントロがListen to the Musicで始まるから
アルバム通りかと思ってたら、いきなり桜ナイトフィーバーに切り替わるから
おぉ〜と思ってて、始まる直前にKANさんから
ちょっと待った!!的な感じで演奏が止まり(苦笑)
振り付けがあるんですよーと説明に入りました(汗)
セットもバラバラになるし、初っぱなからネタ満載で
素直に笑っちゃったよね(苦笑)
桜ナイトフィーバーは、こぶしファクトリーが
カバーして1位になっちゃったりしてるので、
若い人にも、もしかしたら知ってたかも。

その後は、テレビの中に、
Happy Time Happy Song、
私が好きな言えずのI LOVE YOU、Songwriterをやってくれて、
ライブとしては珍しく、東京熱帯SQUEEZEをやってたし、
新しいアルバムからは、どんくさいほどコンサバ
sceneと続き、愛は勝つ、Rock'n Soul in Yellowと続きました。

前回のバンドライブから参加している
菅原龍平さんが加わってから、コーラスのレベルがアップしていて
選曲の幅が広がった気がするんですよねぇ。
歌が上手いから、コーラスもかっこよくて
KANさんの曲の良さを引き出しているのだけは
間違いないと思われます。

ここから少しアコースティックなコーナーに変わり
菅原龍平さんとKANさんのデュオになり、
ポカポカの日曜日がいちばん寂しいを演奏し
めっちゃ不倫トークをしたあげくの
悲しみの役割をやって、絶対アルバム聴いてる人は
バンドでやるであろう、胸の谷間をボサノババージョンでやり始めて
マジかぁ〜と思いながらも、これはこれで乙な感じがして
聴いていましたが、やはり違うなど自分たちでクローズして、
アコースティックコーナーは終了(苦笑)
小野リサを取り入れながらの歌い方は
曲云々の前に爆笑だった(笑)
他の人の意見もあったけど、あれはあれで最後まで
聴きたかった気もします(笑)

その後は、KANさんがメッセージを込めて作った曲を連発していきます(笑)

青春の風では、ギターソロを無事に弾き終えると、
会場中から拍手喝采され、夏は二の腕発情期、
丸いお尻が許せないと続き、やっと念願の胸の谷間が聴け、王道のOxanne~愛しのオクサーヌ~へと続きました(苦笑)

今回のライブでは、初めての試みの
全曲歌詞をお客さん側に表示するという
荒技を発揮していましたが、理由がよく分かった(苦笑)
KANさんの想いが特に強い歌詞を、
みんなに見せたかったようです(笑)
あれはKANさんの曲を知らないと説明しようがないから
敢えて触れないけど、知ってる人にはたまらないはず(苦笑)

それにしても、おっ○いバルーンは
特注だろうから、無駄なとこに金をかけるところも
存分にKANさんらしいです(苦笑)

笑いっぱなしのライブだったけど、
ちゃんと終わりをしんみりさせるライブ構成は
さすがと言わざるを得ない、安息で終わりました。
ギャップが激しすぎて、あんなに笑ってたのに
安息を聴き始めると泣けてくるねぇ〜(苦笑)

そして二部構成のアンコールに突入し、
今回のアルバムの目玉曲となる
デュオの曲である、ロックンロールに絆されてを
一人で歌いきり、恒例の適齢期LOVE STORYに続きます。
ロックンロールに絆されては、菅原さんと交互に歌っても
良かったような気もしますが、かっこよかったです!
ちなみに、全曲歌詞を表示するという案は、
ロックンロールに絆されてを一緒に歌ってる
馬場俊英さんが以前やっていたのを見て、
キレイにパクったらしいです。
適齢期LOVE STORYは、ここでも不倫トークのネタが炸裂し、
私は知らなかったけどゲス極の曲を盛り込むなど、
知らなくても充分に楽しめました(苦笑)
いつもは一曲目から全曲繋ぎに行くんだけど、
今回は初の最後からの逆回転での全曲繋ぎも斬新でした。

最後の最後は、しっとりと寝てる間のLOVE SONGを
弾き語りで歌って素敵でした!!

最近、こんなに笑ったことあったかなぁ〜と
思い出せないほど笑わせてもらいましたし、
好きな曲が多いライブでもありました。
欲を言えば、ブログ! ブログ! ブログ!と
Listen to the Musicはアルバム曲なんで聴きたかったです。

ライブの合間で使われたダジャレカルタは
面白そうだから買っちゃったよ(苦笑)

KANさん最高!!
弾き語りも、カルテットツアーも
絶対に参加しますよ!!

曲目
01.桜ナイトフィーバー
02.テレビの中に
03.Happy Time Happy Song
04.言えずのI LOVE YOU
05.Songwriter
06.東京熱帯Squeeze
07.どんくさいほどコンサバ
08.scene
09.愛は勝つ
10.Rock'n Soul in Yellow
11.ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
12.悲しみの役割
ex.胸の谷間(ボサノバ)
14.青春の風
15.夏は二の腕発情期
16.丸いお尻が許せない
17.胸の谷間
18.Oxanne~愛しのオクサーヌ~
19.安息
〜encore〜
20.ロックンロールに絆されて
21.適齢期LOVE STORY 2016
22.寝てる間のLOVE SONG

24年目も〜あでゅ〜♪

気がつけばぁ~5月(苦笑)

1カ月が本当に早いのぉ~・・・。
3月末から4月前半まで
息子がロタとノロにかかってしまうという
あまりにも残念な感じでした(苦笑)
その後も中耳炎になってましたが
切開せずに薬で治まってくれたのは
良かったなぁ~と思っております。

取り敢えずGWというわけで、
いろいろ動き回ってきました(苦笑)

まずは出会ってから、なんと10年になる
友人が結婚したということで、
地元に帰ってきた合間に会いに来てくれました。

遠距離の末の結婚したから
まだお互いに遊びに来た感じなんだろけど
これからなんだろうから、
仲良くやって欲しいなぁ~と
友人としては心より願っております(笑)

 

gw2016_02.jpg

 

本当は息子や奥さんに会いたかったろうけど
通院もあったりと都合がつきませんでした。
そこは申し訳なかったのぉ・・・。
次こそは会えますように(苦笑)

それにしても家から徒歩5分圏内なのに
はじめて「らっきょ」に行きまして
スープカレー食べました(汗)

 

gw2016_01.jpg

 

辛さが得意ではないので、0にしたけど、
充分辛さはあったよ(苦笑)
でも美味しかったから、また行こうと思います。


そして雪降ってたけど(汗)
別れたその足でファクトリーへ。

2年振りにガンダム展が開催されることを
テレビ見て知っていて、
今回はガンキャノンやガンタンクも
展示されるということで
初代ガンダム好きとしては、
行かざるを得ないということで、
結構楽しみに行ってきました(苦笑)

 

gw2016_03.jpg

 

 

gw2016_04.jpg

 

 

gw2016_05.jpg

 

 

gw2016_06.jpg

 

 

gw2016_07.jpg

 

展示されてる雰囲気は例年通りっぽいけど
そんな中でも初代が並ぶ様などは
圧巻でしたなぁ~ザクの等身大のヘッドは
あれも迫力あったなぁ(苦笑)
一回で良いから、等身大ガンダムを
札幌に連れてきてよぉ~。
でも充分に楽しめる感じなので、
お好きな方はぜひ行ってみてくださいな。

 

gw2016_08.jpg

 

等身大ヘッドのザク

 

gw2016_09.jpg

 

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク

 

gw2016_10.jpg

 

シャアザク

そして折角行ったので、お土産と思い
ガンダムショップへ行くと、
名台詞クッキー、通常の3倍辛いという
シャアザクモデルのポテチをGETしましたが
言うほど辛くはなかったな(苦笑)

でも名台詞クッキーは、
ちょっと中途半端な感じだったんで
もうちょっとメジャーなの入れて欲しかったな(汗)
ファンとしては若干寂しかった(苦笑)

 

gw2016_11.jpg

 

 

gw2016_12.jpg

 

そして息子の体調も良くなってきたので、
奥さんが好きな百合が原公園に行ってきました。

 

gw2016_13.jpg

 

天気が良くてねぇ~(苦笑)
風は冷たかったけど、それ以上に
気持ちの良い空間だったから、
息子も喜んでいましたねぇ~。

 

gw2016_14.jpg

 

 

gw2016_15.jpg

 

安易にKANオフのメンバーに声かけたら
2組の家族が集まってくれて
一緒にトレイン乗ったりして楽しかったですねぇ~。

 

gw2016_16.jpg

 

 

gw2016_17.jpg

 

段々、息子も大きくなってきて
いろいろ連れ出せそうになってきたので、
次は動物園かなぁ~なんて思っております。
今月中に行けたらええのぉ~。
また誘うわぁ~皆さん(笑)

じぇ~んじぇん、日記じゃないけど
不定期に書いていくので、
息子の成長を見守りながら
楽しみにしてくださいな(苦笑)

24年目も~あでゅ~♪

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4