2016年7月の記事一覧

Re・Restart!(苦笑)

ちょっと自身のBLOGを検索してみると、
Restartというタイトルの日記がありました(汗)

良いんです!
失敗したと思うならやり直せば良いのです!

もしかすると失敗と思ったことさえも
後に振り返ると、次の成功の通過点だったのかも
知れないし、今が失敗したなぁ~と感じていたって
自分と家族が失敗じゃないって思えるなら
それが一番大切なことなんだと思います!!(苦笑)


会う人会う人に、どうなったの??
と問われることが多いので、ちょっと振り返ってみますが
詳細は書けないのでご了承願いたいけど
諸事情により5月末で職場を退職しております。

6月に入ってからは、ハローワーク、アルキタ、an
ジョブキタ、Websana、知人のツテなどをフル活動し
週に4本~6本近くの面接に挑んでおりました。
当然これは面接までに漕ぎ着けた例ですので、
電話での問い合わせのみで、フルボッコされた会社も
数多く存在します(苦笑)
フルボッコの大半は、車椅子だからという理由でしたが
今年40歳というのも結構あるのではないでしょうか(汗)
単純に雇うに値しない人物と思われた可能性も棄てきれません。

今回の再就職にあたり、基本的には福祉以外の
一般就労(事務・IT系・コールセンターなど)を
主として応募しまくっていたので、障がい者求人なんてのは
ハロワ以外では、気にしないようにしていました。

まぁ~一般求人に対し障がい当事者が働きたいと電話するんだから
採用受付者も「障がい求人だしてたっけ?」という
素の反応があるのは致し方ないと思っております。
それを無視してでも面接してくださいとお願いするあたり
どんだけ切羽詰まってるかが良く分かるでしょうし(汗)
それ以前にデスクワークなら健常にも負けんぞという
自身が歩んで来た多業種のノウハウがあるという
絶対的な自信があるからこそ、一般求人を目指していました!!

実際のところ参考までに面接の勝敗は
2/30という成績だから、厳しいのは否めませんが
就活を振り返ると、し始めた頃の面接は
ちょっとチャラかった気がします(苦笑)
勝手ながらすぐに働くところなんて決まると思っていて
面接の受け答えが雑だった気がします(汗)

3週目くらいから少しずつ面接時の対応を考えるようになって
真剣に取り組んでいくと、当たり前なんだろうけど
面接の手応えを感じるようになってきて
段々踏み込んだところまで質問されるようになり
興味を持ってもらえてるんだなぁ~と思うようになりました。

そこら辺から余裕がない中であっても、
面接自体楽しめるようになってきて
何となくだけど働けそうな気がしてきました。
最後の候補の3社に至っては、手応えもあったし
どこかしら雇ってもらえると確信が持てました!
そして第一希望ではなかったけど、
第二希望のところと、第三希望のところからは
採用のご連絡をいただくことができて
素直に嬉しかったですねぇ・・・。

第二希望のところが雇ってくれた理由は多分だけど
過去に経理を経験していることと、
年末調整などをやっていたことが大きかったと
勝手に自己分析しております(苦笑)
ということは、どんな業務であれ経験したことは
活きてくるということだと思います!
当時は嫌々やっていた部分もあれど
今ではそれをやっていたから雇ってもらえたわけですから
得た経験は本当に無駄ではないんです!!

それが理解できただけでも、今回の再就職の流れは
今の私にとっては必要なことだったのだと思います。

連休明けの火曜日からバイトスタートだけど働かせていただきます!
遠回りながらも、ちゃんとした親父の背中を
見せていきたいですなぁ~(汗)
パパ頑張ります!!(苦笑)

24年目も~あでゅ~♪

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

これも少々時期が大幅に過ぎてしまいましたが、
簡潔に写真付きで振り返ってみます(苦笑)

以前、ファクトリーで歌わせていただいた際に
サポートでヤマガタ君も呼んでも大丈夫だよと
言われていたのを素直に思い出し(苦笑)
ならば一緒に出てもらった方が安定感もあるということで
平日にも関わらずお願いして一緒に出演していただきました。

20160713_factory01.jpg

20160713_factory02.jpg

振り返ってみると、やはり安定感あったのぉ(笑)
そもそも一人で出演するとなると
演奏方法はストロークに限られちゃうし
歌いたい曲があったとしても、
コードが押さえられなかったりするので、
そういう意味では、段違いに自由に曲選びが
できるのは、彼のサポートがあってこそなんですよねぇ(苦笑)

本当にいつも感謝しておりますm(_ _)m

ってなわけで、ユニットでやるからこそ
やってみると楽しそうなカバー曲として
Something Elseの「ラストチャンス」や、
井上陽水と安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」を
セレクトして、結構真面目に練習した気がします(笑)
ラストチャンスは勢いでいけちゃうけど、
夏の終わりのハーモニーは、ハモりをしっかりしないと
めちゃくちゃになる要素満載だったので
お互い頑張ったところだと思います(汗)

でも頑張っただけあって、聴き応えはあったんじゃないかと
勝手ながら思っております。

20160713_factory04.jpg

今回は写真を、かじかわさんに撮っていただけたので、
素敵な写真が多くて、後のチャリティーの
ポスターにも、このライブから使わせていただきました!
改めて、本当にありがとうございました。

私のギター奏法も良い写真があったので、
敢えて載せておきますね。

上から、こうやってコードを押さえております。
これはレギュラーコードを、そのまま工夫して
押さえております!

20160713_factory03.jpg

最後に、多分パパがステージで歌う姿を見るのは
初めてであろう息子の拍手する姿も載せておきます(笑)

20160713_factory05.jpg

やっぱりかわいいのぉ(笑)

平日の中、お付き合いいただいた、やまちゃん、
かじかわさん、見に来てくれた皆様
本当にありがとうございました。

24年目も~あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.幸せのメロディー
03.ラストチャンス(Something Else)
04.夏の終わりのハーモニー(井上陽水・安全地帯)
05.Rainbow
06.希望の灯
07.バイバイ

やはり洋画は地球を救うに限る

地球を救う、ド定番な洋画で大好きなのは
3本ほどありまして、インデペンデンスデイ
アルマゲドン、ディープインパクトなんですが
そんな中、20年振りに続編をやるというじゃないですか?

ってなわけで「インデペンデンス・デイ:リサージェンス
見に行ってきました(苦笑)

なんせ今日からの上映なので
ネタバレは避けたいと思いますが
これはね、まず言えることは前作を事前に見た方が
余計に楽しめると思います!!

そして、この手の映画であるならば
やはり洋画が素直に面白い!!
久々に洋画のスケールのでかさに圧巻されました。

ウィルスミスが出演しないのが
ファンとしては残念ではありますが
でも途中からウィルスミスの存在を忘れてしまうので
まぁ~それだけ展開が早いから仕方ないかなと(苦笑)

この世界観では、前作の宇宙人との対決で
高度な文明の情報を地球側でもGETしています。
だもんだから前作よりは戦闘レベルが圧倒的に
高度になっていて、そこそこ対等に戦えていますが
なんか高度化過ぎて、ちょっと現実離れしていて
そこら辺だけは、う~ん・・・と思っちゃう(笑)

根本が現実離れしているんだから、
何を今さらと言われてしまいそうですが
私としてはない文明なりに、知恵を絞って
どうやっつけようか?という姿勢が好きなので、
結構対等になってきているのが
少々残念なんですよねぇ(苦笑)

出てくる俳優さんは若手が多くて、
良く分からん人が多いけど(苦笑)
ただ前作で中心的な人物だった人たちが
20年経っているから年取ってるけど
存在感が圧倒的で、そこら辺も見応えありますね。

後、昨年までは2部作で作るみたいな話もあったけど
今回のが様子見らしく、ヒットしたら続き作ろうか?
というようなノリらしいんですが、最後の最後が
作る気満々ですよね??と言いたくなる終わり方だった(苦笑)

若干、地球にとっての独立記念日を前面に出す
感動要素としては、今作でのみ終わらす予定なら
消化不良なところはあるので、
これはやっぱり更なる続編を作ってもらうしかない(苦笑)

頼むよアメリカさん!!
何にせよ、面白かったので、ぜひ見に行って下さい(笑)

24年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4