eye.jpg

sing a song

少し遅くの報告となりますが、10/15無事に
KAZ Charity Live
To a heart of children SP ~やさしさに包まれたなら~
が、終了することができました!

2~3人は都合で来られなかったので
当日券を販売しても大丈夫な感じではございましたが
スペースを考えると、少し余裕が持てて良かったのかも知れません。


当日は天気も快晴で、しかも気温も高めで
ただただ気持ちの良い一日だったと思います。

あらためまして、ご来場いただいた皆さま
誠にありがとうございましたm(_ _)m

私としては、多くの皆さまに支えられ、見守られ
サブタイトルの如く、とても優しい空間に包まれたような
気がしてなりませんでしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?

少しでも楽しんでいただけたなら幸いですm(_ _)m


集まった売上や、募金等の合計額は、
33,500円になりました!!
これはチケット売上だけではなく、当日行けないけど
募金に参加したいという方々からの
ありがたい申し出も加わった金額になっております。
本当にありがとうございますm(_ _)m

お預かりしたお金は確実に、子どもたちにお届けします。
お届けした時点で報告もさせていただきますので
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


では当日の様子を書いていこうと思います。

最近のチャリティーライブの流れになっている
オープニングアクトで、二組登場していただき、
最後に私KAZが登場するというパターンで進めていきました。

今回オープニングアクトをお願いした一組目は
Twinkle★Twinkleというアイドルユニットです!

kaz_cl20161015_01.jpg

kaz_cl20161015_01_1.jpg

通常のライブの他に、医療系、福祉系、教育機関系などにも
積極的に歌いに行ってるという話を聞き、
珍しいなぁ~と思ってたけど、
どうやら彼女ら当事者が、そういう学校に行き
学んでる最中だったようです。
勉強も大変だろうにって、おじさんは関心しちゃったけど(苦笑)

曲のセレクトも、アイドル曲から童謡まで幅広くて、
童謡は自分がやるときにもアリだなって思った(笑)

歌も上手だったし、ほんわかしてかわいかったです!

でも顔合わせから途中まで、本当に10代だと思ってたけど
20歳を過ぎてたのにはマジ驚いた(苦笑)
今頃ですが大変失礼いたしました(汗)

お礼も兼ねて、一回はライブに行きたいと思ってます。
アールワイオーに連れてってもらおう(苦笑)

時間的には短かったと思いますが
参加していただけて本当にうれしかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

オープニングアクト二組目は、わたなべゆうじです。

kaz_cl20161015_02.jpg

kaz_cl20161015_02_1.jpg

彼は昔の路上時代からの付き合いで
一時期共演がなかったけど、最近は顔を良く合わすから
妙に懐かしいのもあって、ボサノバというジャンルも
あまり生で聴くこともないだろうから
是非とも歌って欲しくてお願いしました!

ライブのMCでも私が話したけど
雰囲気も、音楽のスタイルも、上手さも変わらないのよねぇ(苦笑)
曲調もあるんだろうけど、甘酸っぱい空間にする
音楽のスタイルは素敵なんですよねぇ(笑)
一切私にはない要素ですな(苦笑)

チョコレートという曲が私は好きなんですけど、
私にくれないだろうか??(笑)
でもKAZが歌っても甘酸っぱくはならないんだろうなぁ~残念(苦笑)

仕事帰りに駆けつけてくれて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて本編のKAZでございますが
今回は、お借りしたお店の都合や、車椅子用のトイレが
近くにないということもあり
全部で二時間で納める構成にしていたので
ちょっと少なめの一時間に終わらせる内容にしました。
アンコール含めて全9曲でした。

ちなみに、今回もヤマガタユウジくんに全面的に
依存しまくりで、全曲のサポート、曲順、
アレンジなど頼りっきりでした(苦笑)
彼の才能の一部がほしいくらいではありますが、
それは物理的に無理ということで、
毎回チャリティーライブでは、甘えまくりです(汗)
本当にいつもすいませんm(_ _)m
おかげで毎回素敵なライブができています。

ちなみに当日の会場の様子がこちら↓

kaz_cl20161015_03.jpg

満員御礼でした!!

では、気を取り直し、
ここからは曲の解説も含めてのレポです!


01.晴れた空の下

全体の構成からいくと、ゆったりめの曲が多めだったので
トップにくる曲は明るめにしようと決めました。

やまちゃんのカッティング気味の、
心地よい演奏から始まり、私のいつも通りの
ストロークが合わさり、格好いいオープニングの予定が
入りをいきなり私が間違うという、一番やってはいけない
パターンをお披露目しちゃいましたが、
そこは13年のベテランですから
鋼の心臓を持ってますので、何かありましたか?
的な顔をしながら、無理矢理演奏を継続しました(苦笑)

連日の練習のし過ぎもあり、私の声が軽くしゃがれていましたが、
でも声は良く出ていたように思います。

正に快晴の一日だったライブの
オープニングナンバーとしては、
ぴったりだったのではないでしょうか?

kaz_cl20161015_04.jpg

02.regrets(KANカバー)

セットリスト考えるときに、やっぱりKANさんの
曲はやりたいなぁ~と思ってて提案したら
KANさんの弾き語りライブで印象に残った曲を
選んでくださいとなり、この曲を選びました!
この前の弾き語りライブでは、妙に心に残ったんですよねぇ。

私は自分が歌いたいってのもあるけど、
そこそこ昔からKANさんの良さを伝える
布教活動を行っておりますので(苦笑)
やはり、これからもKANさんのカバーは
続けると思われます(笑)

でもピアノ曲をギターでやるって大変よね(汗)
やまちゃんもアレンジ大変だったと思うけど、
私も結構大変だったよ(苦笑)
案の定間違えてたし..._| ̄|○

kaz_cl20161015_05.jpg

03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)

ゲスなことだらけの今年の芸能界だったけど
一番のびっくりポンはSMAPの解散でした。
噂はありつつも、仲良さそうに見えていたので
本当に残念に思います。

やはり名曲の多いSMAPですから
誰かが継続して歌わないとということで、
今後は私がカバーして歌っていきます!!(苦笑)

ギターアレンジは、スガシカオ風になっていました。
歌は最後の最後で、うわずっちゃって
そこが上手く歌えていたら完璧だったのになぁ(笑)


04.もう一度

これは単純に、SMAP解散 → ちょ、まてよ! → もう一度という
私なりに上手く繋がったように感じましたが、
ちょ、まてよの物まねが失笑されながらも
やりきった感はあるので、満足しています(苦笑)

これは最近結構歌っている曲だったし、
間違える要素は一切ないはずなんだけど、
練習ではカウント取ってから始まっていたのに
本番でいきなりスタートさせたので
やまちゃんは焦ったと思います(苦笑)

最近の自作曲では好きな曲でございました。

kaz_cl20161015_05_1.jpg

05.君がヒーローになれ

MCを挟まずに連続で歌わせていただきました。
まぁ~カポの交換時間の無音はあったとは思うけど(汗)

この曲に関していえば、最近歌ってない曲を
選んでみようと思いセレクトしました。
RainbowのCDにも入ってることもあり
やまちゃんのアレンジは仕上がっていたので
唯一安定感のある一曲だったかも知れません。

個人的にも好きな曲なんですよ。

kaz_cl20161015_06.jpg

奇跡の親子共演も果たしました(笑)

kaz_cl20161015_07.jpg

06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)

子どもが聴きに来てくれた時を想定して
いろいろ悩んだんだけど、ジブリ系なら知ってるんじゃね?となり
歌えもしないのに、もののけ姫とか適当なこと
ばっかり言ってましたが(苦笑)

トトロは前にやったし、ナウシカやラピュタって感じでもなくて
結局魔女宅だなとなり、この曲をセレクトしました。

そして決まってしまえば、一番サブタイトルに
相応しいと思い、そのままタイトルにしちゃいました。

アレンジも、ちょっとカントリー調のアルペジオで
やまちゃんのみで演奏して、私は歌のみにしました。
良く出来たかなと思ってます。

kaz_cl20161015_08.jpg

07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)

今年のニュースに絡めたカバーを
もう一曲ほしいとなり、永六輔さんが亡くなったというのと、
実は作詞家でもあったというのが結びついて
みんなも知ってるし歌ってくれると思い、
この曲を選びました。

やまちゃんに頼りっぱなしなので、
この曲はコードも簡単ということで
KAZ一人でギター弾き、やまちゃんには
ギターでパーカッションしてもらってました。

意味なくTwinkle★Twinkleに呼びかけたり
わたなべゆうじにも無理矢理歌わせました(苦笑)
でも、みんなで歌うと一体感でますよねぇ(笑)


08.希望の灯

本編最後の曲ということで、やはり今年は
地震で被災した熊本の児童養護施設に
寄付すると決めたこともあり
この曲しかなかったと思います。

この5年で、ある意味一番歌ってるかも知れないですね。
それだけ思い入れもあるし、メッセージ性もあるし
伝えるということを考えると最適な曲だと思います。

神戸の震災はある程度復興したと言えるのかなと思うけど、
東日本大震災は、未だに帰れない人が
沢山いらっしゃる中で、気が休まることなく、
今年の熊本地震は、いつどんな時でも
危険と隣り合わせなんだなと再認識させられました。

必ずそこには、小さな子どもがいるわけで
不安だろうし、怖いだろうし...。
直接手を差し伸べられる訳ではないけど
何か出来ることはあるはずと信じて、
この活動を続けています。

そういう想いを胸に、心を込めて歌わせていただきました。
少しでも皆さんと共有できたら嬉しく思います。


encore 09.カラフル(新曲)

先日の日記でも歌詞を先行で、発表させていただきましたが
息子への想いを込めた曲ができました。

最後の最後だから、きっちり歌い上げたかったけど
入りを間違えたのよねぇ...(苦笑)

ライブの10日くらい前にできあがり
それを無理矢理やまちゃんにアレンジをお願いして
アンコールに持ってくるんだから無謀と言えば無謀だったけど
どーしても歌いたかったんですよねぇ。

ミディアムなナンバーになりましたけど
聴きごたえある曲になったと思います。

子どもの目線でありつつも、最後には温かく見守る
親目線の歌詞を織りまぜられたのは、
珍しく上手く出来たなとは思いました(笑)

kaz_cl20161015_09.jpg

ライブ後には、新曲良かったですねという声が
聴けたので、3年ぶりの新曲の発表としては、
ドキドキしていましたので、ありがたいかぎりですm(_ _)m
音源化希望のの声も聞けたので、余裕ができましたら、
真剣に考えたいと思いますので、
本当に気長~~~~~~にお待ちくださいm(_ _)m


現在NHKさんの取材を受けていまして、
ライブも撮影していただいていますので、
その時に少しお聴かせできるかも知れません!
なので、放送を楽しみにしていてくださいね!!

kaz_cl20161015_10.jpg

kaz_cl20161015_11.jpg

余談ではありますが、前日練習の帰りに夜空を見上げていたら
人生で初めての流れ星を見たんですよねぇ。
本当に初めて見たから、なんか妙に嬉しくなって
明日のチャリティーライブは成功すると
勝手ながら思ってました!!
これはライブのMCで話そうと思ってたけど、
結局忘れちゃって、今更の話題になっちゃうんだけど(苦笑)


ではでは長くなりましたが、チャリティーライブの様子と
見に来てくれたお客様、協力してくれた皆様、
そしてKAZ一派へのお礼を兼ねた、ご報告でございました!!

本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

24年目も~あでゅ~♪

(All Photo by office seAsOw Hidekazu&Haruka Kajikawa)

セットリスト
01.晴れた空の下
02.regrets(KANカバー)
03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)
04.もう一度
05.君がヒーローになれ
06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)
07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)
08.希望の灯
~encore~
09.カラフル(新曲)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4