eye.jpg

世界はこんなにもカラフルに染まっている

やっと見ることができました!!(苦笑)
6分も特集を組んでいただきまして
あらためてNHK北海道さん、そして前さん、
カメラマンの皆さん、本当にありがとうございました。


自分が映るだけでもすごいのに
息子まで一緒に映していただいて
素直に感慨深いですし、
とても思い出に残る取材になりました!

取材が始まった経緯ですが、
多分5年前に東日本大震災で被災した方々への
募金を集める路上ライブを偶然に
前さんが目にしてくれていたようでして
そこから数年経って、ふと私を思い出してくれて
連絡が来て、取材が始まりました!

若干その頃、多忙を極めていたこともあり
チャリティーライブをするかどうかを
悩んではいたんですけど、
最終的には、やらないの?という声があって
開催を決意したんですが、NHKさんの取材も
背中を押してくれたように感じています。

特集の内容ですが、良くも悪くも、
ホントにありのままの
私が出ていたと思います(苦笑)

40年前なんて、今のように便利なものが
あったわけではないから、ラジオかテレビが
毎日を楽しむツールだったし
そこから流れてくる音楽には敏感だったし
カセットに録音しては一人で歌っていたと思います。

高校に上がると部活でバンド組んで
歌っていたこともあるし、その頃から
楽器ができたらなという思いはありました。

だから某局の○○テレビで見た
ギターを上から押さえる演奏法には
マジで衝撃を受けましたし、
私の中で「これだ!!」と確信しました。

以降、自分が抱えられるサイズの
ギターを探し、きちんと音が鳴るようになるまで
飽きもせず一年くらいは毎日弾いていました。

そこから今の私があります。

今でも毎日、家族を始め、多くの方々に
手を貸してもらいながら生活をしていますが
無駄に大人になった自分ができる範囲で
次の世代の子どもたちへ何かしたいという想いから
チャリティーライブもするようになりました。


まぁ~小学生の頃の写真は可愛らしげがありますが
中学生・高校生になると、すげー粋がっているのが
全面的に出てくるから、とてつもなくはずいんですが
それも今の私につながっていると思えば
致し方ないことなんだと思われます(苦笑)


新曲「カラフル」も、こんなに全面に
取り上げていただけて、本当にありがたい限りです。

上手く編集していただけると
こんなに名曲に聴こえるんですね(笑)
なんか良い曲作ったなと自負できます(苦笑)

でも、この曲に込められた想いも
何一つ嘘はないし、息子のために作った曲だけど
子どもたちへ向けたメッセージもあるので、
これからもチャリティーライブをするにあたっての
メインソングになる曲ができたなと感じています。


何はともあれ、こんなに素敵な特集を組んでいただきまして
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
NHKの前さんには感謝してもしきれません。

取材抜きにしても仲良くさせていただけたら
大変ありがたく思います!!

さて、リアルタイムで見れなかった方、
録画すら間に合わなかった方々、
北海道外の皆さま!!
安心してください! 見れますよ!!

NHKのWEBサイトにて!!!!(笑)

一か月限定らしいんですけど、
パソコンでもスマホでもタブレットでも
オールオッケーです!!(苦笑)

なので、全国の皆さま!
ぜひ映像を見ていただきまして
ご感想をお待ちしておりますm(_ _)m


北海道NEWS WEB
障害乗り越え音楽で心響かせる
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20161027/3732931.html

よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4