2016年11月の記事一覧

Welcome to my 40's

と言うわけで、本日より40代に突入しました!(苦笑)

なんか40代に突入したわりには、いまいち大人になった感が
一切感じられないのは、まだまだ現役満載な
適当なことばっか言ってるからだろうか?(汗)

毎年言ってる気がするけど、年齢を重ねるたびに
ダンディーさが増して、若いチャンネーからは
KAZさんって渋くてかっこいいよね!!とか、
若いダメンズからは、あんな大人になりたい!!
なんて言われるような、イメージで生きてきた
つもりなんだがのぉ~(苦笑)

会社では真面目に働く、熊野さんで通ってるけど
仕事外の会う人々には、KAZで通るけど
かっちょいいというよりは、面白い歌い手さん
というイメージでしかないような気がする(汗)

石田純一の次はKAZくらいの思いでいたけど
どこでどう道を踏み外したのか・・・
どうしたもんじゃろのぉ~(苦笑)

まぁ~40年も生きてきて、今更変わろうなんてこと
自体がどだい無理な話ではあるんだけど(汗)
それでも後数年は、KAZさんかっちょいいって
言われたいもんである(苦笑)


しっかし40代に突入したって、考え方や思考が
劇的に変化することがないと分かった今、
我々が大人だと思っていた、あの大人たちは
結局のところ、大人という虚像を
見せていたに過ぎないのかもね(苦笑)

年をとればとるほど、政治家はどうしよう~もないと
分かってくるし、正しいことをするはずの警察官や公務員、
子どもを守らねばならない教職員など、
ほんっとに、どうしよう~もないやつばっかでしょ?
(※あくまでも勝手な私のイメージです(苦笑)
 ほとんどが真面目にやっていることは重々理解しています(笑))

それを見て育ってはいけないはずが、見てきてしまったから
やはり我々もある意味、どうしよう~もないのかも知れませんが
チャラいと言われようとも、適当だなぁ~と言われようとも
じぇ~んじぇんダンディーじゃなくても
それなりに信念を持って生きていることだけは確かなので
ここは我々中年世代も、大人という虚像を
見せていこうではないか!!(笑)

どうせ大きくなってきたら分かっちゃうんだから(笑)
それまではエセダンディズムを披露していこうと思います(苦笑)


さて日本人の男性平均寿命は、
2014年の統計では80歳くらいなんだとか。
ってことは私はついに折り返しの地点に来てしまったということ。
この40年あっという間とまではいかないけど、
それなりに激動に生きてきたことを考えると
残りの40年は、ある程度落ち着いた感じで
縁側でミルクティーでも飲みながら、
ドラクエでもやったり、ギターを弾いたりと
なんか隠居生活にも似た感じだけど(苦笑)
そんなゆったりとした空間の中を
ひっそりと生きていきたいのぉ~(笑)

後20数年は、息子を育てなければいけないから
まぁ~ゆったりもしていられないけどな(苦笑)

昔は定年60歳と言われておりましたが、
今では死ぬまで働けというのが、日本の流れなので
取り敢えず会社から辞めてって言われるまでは
頑張ろうかと思います(苦笑)


介護を受けていても、介護保険をとられ、
年金も年々減らされ、将来楽しみだのぉ~って
なかなか言いづらい世の中になってきたけど・・・。

それでも息子が生まれ、日々の成長を
ママと一緒に感じることができて
いろんな人に出会うことができて、
新しいことに挑戦させてもらえて
今この時代を生きることができて、
やっぱり大人になるのも悪くないかもなって
素直に感じることができています。

だから残りの40年も、今まで通りの私のまま
エセダンディーな爺さんになってやろうと思います(苦笑)

ってなわけで、お互いに長生きできたら
後40年みんなも付き合ってくれよな(笑)

伊達にあの世は見てねぇ~ぜ!
これからも、よろしくってばよ!
仲良くしてくれいない~と、月に変わってお仕置きよ!!(苦笑)

お祝いコメント待ってます(笑)

40歳になってもぉ~変わらずのぉ~あでゅ~♪

マイ・フェイバリット・アーティスト 第1_15弾「KAN」

  • KAN

今更ながら、9月に行ったKANさんの
弾き語りライブレポの書きかけを完成させてみる(苦笑)
良いとこまで書いていて、後は多忙で忘れていたこともあり
内容も既に??状態ですが、思いつく限りは書いてあります(汗)

では行ってみよう!!(苦笑)

KANさんの弾き語りライブ
弾き語りばったり#29 「責任者はテクニシャン」を
土曜日に見に行ってきました!!

今回はKANオフも、そんなにいなかったのか、
ノアさんや、ポリープゆうじくらいしか
発見できなかったなぁ〜。
私も俺もいたわって人は、コメントよろしくです(苦笑)

前回の弾き語りは紡久が生まれる直前だったり
追加公演も生まれたばったりだったし
さすがにママをおいて行ってくるわとは
口が裂けても言えるわけもなく(苦笑)
ナベに全部譲ったんだけど(汗)
でも有り難いことに、その公演はCD化されまして
参加できた気分になれて嬉しかったです!


さて今回の弾き語り内容ですが、
まだ六公演目ということで、触れてしまって
いいものかは悩みどころだけど、
まぁ〜気になる方は読まないでくださいということで
相変わらず今回もネタバレ満載でレポを書いていきます(苦笑)

曲順に関しては、毎回お世話になっています
SEIさんのサイトより拝借します。
いつも的確なセットリストありがとうございますm(_ _)m


会場は共済ホールということで、
kitaraほどの環境ではないにしろ、
利便性はいいので、雨降りだった当日は
大変助かる会場だったりして(苦笑)

四列目の真ん中当たりをゲットしていた私は
とても見やすい位置でした。
相変わらず会場に着くと、既にKANさんは
ピアノに向かって指慣らしをしている光景は
何度もライブに参戦している人には当たり前ですか
初めての人には...えっ??と驚くとは思います(汗)

そして時間になると一旦はけて、すぐに登場する当たりも
我々には見慣れた演出です(苦笑)


ライブが始まると、50年後も、まゆみと
弾き慣れた安定感のある曲を先頭に持ってきて
緊張をほぐすようにするんだそうです(苦笑)

そう言えば、春先のバンドツアーで取り入れていた
歌詞を表示させるのは今回もやっていて
理由としては、前回と同じく馬場俊英さんが
弾き語りツアーの直前で、共演したイベントでも
歌詞を表示させていたので、やっぱり取り入れようと
なったんだとか(苦笑)

いっつも同じ曲を入れ替えてると思われるのも
困るということから、弾き語りできる曲を増やすのも
一つの課題としてるらしく、今回は懐かしの
だいじょうぶ I'M ALL RIGHTを演奏してくれました。
個人的には好きな曲なので、聴けたのは嬉しかったし
イントロの部分が格好いいので
弾き語りで聴けたのは貴重だった気がします。

MCでは、本来全会場共通のトークを考えて
それを通すらしいんだけど、今回は素数である
29周年記念イヤーにちなんで、29都道府県回るのに
同じ内容もどーなの?ってことで、その地域にそった
話題をしようとするも、北海道はラジオもやってるし
ライブの本数も多く、ほとんどしゃべってないことの方が
少ないということで、敢えての北海道話ではなく
3月に参加した熊本のイベントの話でした(苦笑)

秦基博さんの出演するイベントだったかで、
KANさんと、くまモンがシークレットゲストだったようです。
KANさんはいつものようにタキシードに
背中に羽を広げている衣装だったんだけど、
くまモンのカラーにかぶると気付いて
そうなると赤色が足りないということで、
事務所のスタッフに来る前に、赤色のハンカチーフか、
赤色のパ○ティを買ってくるようにお願いしたら
一応両方買ってきたようで(苦笑)
結局胸元のポケットにはキレイに折り畳まさった
パ○ティを入れてライブに臨んだそうです(笑)


お客さんからトークネタを仕入れる
ピンクカードタイムでは、官能的にタイトルコールして
ウィンドチャイムを、チャララーンと鳴らして
それだけでも充分笑えるんだけど、
岩見沢から来たお客さんからのフリが面白くて印象に残ってます。

岩見沢で開催されたキタオンという音楽イベントがあって
翼をくださいの山本淳子さんに始めてお会いしたらしく
その時のKANさんの衣装が、アメフトのプロテクターなどを
装備した状態で、そのまま挨拶に行くと、
あなたそのかっこうででるの?
と冷たくあしらわれたとのことだったんですが、
KANさんが歌った世界でいちばん好きな人を聴いたら
えらく気に入ったらしく、後に自分のライブで歌って良いかと
言われたとのこと(苦笑)
更に数年後に会った際には、いやぁ〜KANさん
あの曲、本当に素晴らしい曲ですねって
お褒めにあずかったというエピソードも聞けたりして
それも充分笑わせてもらいました!
(なんか最終的には、もっと面白いオチがあった気がするけど
すっぽり頭から抜け落ちて忘れました(苦笑))


曲構成でいくと、影響を受けた曲として
The BeatlesのLady Madonnaや、
Billy JoelのWhy Judy Whyを演奏の後
ポカポカの日曜日がいちばん寂しいと行くのですが
サイモン&ガーファンクルのイメージで曲を作り始めるも、
ピアノ独特のベース音も一緒にくっついてくることもあり、
最終的には二つの曲が合体した感じになったと話してました。
でもWhy Judy Whyはかっこよかったなぁ。

後は、はじまりはいつも雨については
邦楽で気に入っていて、改めて邦楽を聴くきっかけになった
ということもあり、もっともっとラジオでも
かけていきたいが、現状流しづらく、埋もれさせるには
もったいない楽曲であるので、ならば私が歌っていこうと
なったらしく、今回のセットリストに加わったそうです(苦笑)
KANさんバージョンも素敵でしたし、
確かに埋もれさせるには、もったいない曲ではありますね(笑)


安息も弾き語りで聴けたし、Listen to the Musicの
サックスの部分が、口で歌って演奏するという
斬新な展開を見せると、最初だけ笑っていた
お客さんも、最後のエンディング部分では
拍手に変わっていたので、口での演奏であったとしても
最高にかっこいいアレンジでしたね。

他にも小ネタは満載だったはずなんだけど、
月日が流れすぎて、じぇ~んじぇん覚えてなくて
取り敢えず、こんな感じのライブレポでした(苦笑)

次のカルテットライブも行きたいけど、
祝日ということもあり、息子を預けられる
保育園も少なくて、諦めることにしました。
でもCD出るから、それはGetしようと思っています!!

29周年の締めのバンドツアーは行きたいです!!(笑)

曲目
01. 50年後も
02. まゆみ
03. だいじょうぶ I'M ALL RIGHT
04. 世界でいちばん好きな人
05. Lady Madonna(The Beatles)
06. Why Judy Why(Billy Joel)
07. ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
08. Moon
09. はじまりはいつも雨(SKA)
10. 安息
11. REGRETS
12. よければ一緒に
13. Listen to the Music
14. 愛は勝つ
15. 永遠
〜encore〜
16. 寝てる間のLove Song

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

KAZ Thank You YEAR!

終了まで後1週間(苦笑)
タイトルのような思いで一年を
過ごしてきたようにも感じるんだけど
果たしてどれだけThank Youを言えただろうか?(汗)

私としては、年々ジャックナイフから
白髪とともに大人になってきたという
自負はあるものの、あくまでも自己申告だからのぉ~(苦笑)

振り返るには早いんだけど、
この一年も本当にいろいろありました(汗)

一番大きかったのは転職だろうけど、
それでも新たに受け入れてくれた
今の職場には感謝していますし
実力主義の会社だから、実力さえ伴っていれば
障がいあるなし関係ないという
言葉は久々に胸に突き刺さってきましたね。

当然仕事は大変なんだけど、
でも頑張る価値のある仕事をさせて
もらってるなって実感しています。
取り敢えず年末調整の仕事がメインなので
後数カ月は本当に大変なんだけど(汗)

仕事が見つかるまでは、やべぇ~どうしよう??
なんて少々焦りもあったけど・・・
だけど逆に心に余裕ができたこともあり、
息子と過ごす時間も増えたと思うし
きちんと成長を一緒に見守っていけるのは
やはり素直に親として嬉しく思いますね。


心の余裕は、音楽活動にも影響を与えて
今年もできないなと思ってた
チャリティーライブもすることができたし
多くの方々が、応援してくれてるのを
再実感できたし、NHKさんにも取材してもらえたし
Thank Youという言葉が相応しいなと思っています。

前向きに考えられるというのは
やっぱり生きていく上では大切だし
そういう想いが、良いことを引き寄せているのかな?
とも思うようになってきたので、
長年の私のモットーである
なんとかなるさ」という
ポジティブシンキングは
あながち外れてはいなかったように思います(苦笑)

冬の通勤に関しても、皆さんのご厚意により
今年も私を職場へ連れてってくださるようです(苦笑)
これも本当にThank Youという想いが強いし
改めていろいろな方に気にかけていただき
助けていただき、支えられているんだなと感じます。


本当に本当にThank You~でぇ~す!!

残りの30代を惜しみながら1週間を
過ごしていこうと思います(苦笑)

ではでは、意味なく日記をあげてみました(苦笑)
24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

本当にありがたいです

先日、冬の通勤のお手伝いを
募集しましたら、たくさんの方々から
協力できる日は手伝うよぉ~って
言ってくださる方がいらっしゃって
本当に助かります!!

なかなか曜日の固定は難しいようで
いろいろと調整は必要ですが
みなさんのおかげで何とか見えてきました。

改めてFacebookの威力も知ったし
皆さんの困ってるなら助けてあげなきゃ
という温かい心を感じることができまして
人と人の縁に感謝しているところです。

毎年、冬の通勤の件では悩まされるけど、
何だかんだ、いろいろな方に助けられて
通勤はできていますが、
東北以降の北の地域の車いすの人は
結局同じように悩まされているんだろうなぁ~
と感じるわけです。

まぁ~この地域に住んでいる者の
宿命なのかも知れませんが、
足が不自由な人や、車いすに乗っている人が
如何に雪道の移動が困難になるか
役所の人間には一切伝わらないみたいで
結局、移動支援という外出介助では
通勤の移動支援利用はダメとなっています。

-------------------

外出するの大変ですよね?

「当然大変です!!」

じゃぁ~移動支援の対象にしましょう!!

「ありがとうございますm(_ _)m
働いているので通勤でも利用したい!!」

それはできません!!!

「えっ、外出には変わりありませんよね?」

それとこれでは話が別です!!

「じゃぁ~冬の期間の通勤時の移動はどうすれば?」

分かりません!! 家族や、家族が難しければ
会社に掛け合うか、自分でボランティアさんでも
探してもらうしかありません!!

-------------------

おそらく役所に掛け合うと、こうなると思われます。
移動支援の範疇は各自治体となっているので、
私は札幌市在住なので、要は札幌市の判断です。

ちなみに他の自治体によっては、通勤OKさ!!
という自治体も存在します。
違いは何か?と言われたら、障がいのある方の
絶対数だという話があります。

札幌市に住んでいる方で、一般就労されている方が、
どれだけいるかはさすがに分かりませんが
仮に0.5%でも10,000人いるということになると
相当な金額がかかることになります。

まぁ~自治体の気持ちも理解できなくはない。
札幌市といえども財政は、
そこまで余裕があるとは思えませんので。

でも思うのは、冬のみの期間ならどうなんでしょうね?
特例措置という形で、12月~3月までの
期間くらいなら、年中OKだすよりは
まだかわいげがあるような気がするんですけど
これすらも、介護事業所と札幌市の年1、2の
全体研修会でも話は上がれど、
結局却下されて終わっちゃうんだそうです。

働いてるということは税金だって
きちんと払っているんですけどねぇ。
収入が上がれば、障がいがあろうがなかろうが
住民税の課税対象にもなるんだけど
どうにかしてよぉ~~~秋元市長~~(苦笑)


というわけで、私は毎年いろいろなところへ
交渉しては、何とか通勤を可能にしてきましたが
でも結局毎年お手伝いしてくださる方を、
探すという悩みは一向に終わらないんですよねぇ。
決まるまでの期間ってのは結構ストレスなんですよ。
決まらなかったら、下手したらタクシーとか
利用することになったりもしますからね(汗)
どんだけVIP通勤だ?という話ですな(苦笑)


だから手伝うよぉ~って仰ってくださる方々の
存在がどれだけありがたいか、
嬉しすぎて、涙ぐみました(苦笑)

本当に本当にありがとうございます。
冬の期間ですが、お世話になりますので
よろしくお願い申し上げます。

もし今年やってみて、嫌じゃなかったら
来年も声をかけさせてください(苦笑)

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

今回も無事に

チャリティーライブの売り上げを全額
寄付させていただきました!!

2016cl_kifus.jpg

動員数:26名(関係者購入分含む)
売上総額(募金、CD売上含む):33,500円

内訳
チケット売上:26,000円
CD売上:2,000円
募金:5,500円

寄付先児童養護施設 広安愛児園
    (熊本県上益城郡益城町古関73)
    寄付の使われ方は、子どもたちが参加する、
    行事やレクで必要な経費(飲食代など)に充てられる予定です。


少額がではありますが、皆さんの想いがこもった
大切なお金ですので、少しでも子どもたちのために
使われることを心より願っておりますし、
未だに続く地震からも、早く心が安らぐ時が
来ることを切に願っております。


どうしたら子どもたちが安心して生きてゆける
世界になっていくのだろうか?と
このイベントを通して、いつも考えさせられます。
答えは出ないし、有効な手段も思いつかないんだけど
まずは身近な大人たちが恥じぬ姿を
見せていくしかないんだろうなって感じます。

立派に生きれよって言ったって、
日々流れてくるニュースを子どもが見たとして
ははっって苦笑するような、ニュースしか流れてこなければ
そりゃぁ~無理ってもんです(苦笑)
だからせめて我々は、良い手本になるように
日々を生きていくしかないんだよねぇ。

と、自分に言い聞かせております(汗)

何はともあれ、少しでも被災した子どもたちが
笑顔になれることを願いながら、
今年のチャリティーライブの
売り上げの報告とさせていただきます。

ついでに先日のNHKさんの番組の件ですが
1週間でサイトから動画が消えちゃったので
あんなに良い特集を消してしまうのは
もったいないということで、Youtubeにアップしました(苦笑)

良ければ、また見てやってください!!

20161027_NHKの番組でKAZが特集される!
https://youtu.be/UmecANpsLko

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4