eye.jpg

本当にありがたいです

先日、冬の通勤のお手伝いを
募集しましたら、たくさんの方々から
協力できる日は手伝うよぉ~って
言ってくださる方がいらっしゃって
本当に助かります!!

なかなか曜日の固定は難しいようで
いろいろと調整は必要ですが
みなさんのおかげで何とか見えてきました。

改めてFacebookの威力も知ったし
皆さんの困ってるなら助けてあげなきゃ
という温かい心を感じることができまして
人と人の縁に感謝しているところです。

毎年、冬の通勤の件では悩まされるけど、
何だかんだ、いろいろな方に助けられて
通勤はできていますが、
東北以降の北の地域の車いすの人は
結局同じように悩まされているんだろうなぁ~
と感じるわけです。

まぁ~この地域に住んでいる者の
宿命なのかも知れませんが、
足が不自由な人や、車いすに乗っている人が
如何に雪道の移動が困難になるか
役所の人間には一切伝わらないみたいで
結局、移動支援という外出介助では
通勤の移動支援利用はダメとなっています。

-------------------

外出するの大変ですよね?

「当然大変です!!」

じゃぁ~移動支援の対象にしましょう!!

「ありがとうございますm(_ _)m
働いているので通勤でも利用したい!!」

それはできません!!!

「えっ、外出には変わりありませんよね?」

それとこれでは話が別です!!

「じゃぁ~冬の期間の通勤時の移動はどうすれば?」

分かりません!! 家族や、家族が難しければ
会社に掛け合うか、自分でボランティアさんでも
探してもらうしかありません!!

-------------------

おそらく役所に掛け合うと、こうなると思われます。
移動支援の範疇は各自治体となっているので、
私は札幌市在住なので、要は札幌市の判断です。

ちなみに他の自治体によっては、通勤OKさ!!
という自治体も存在します。
違いは何か?と言われたら、障がいのある方の
絶対数だという話があります。

札幌市に住んでいる方で、一般就労されている方が、
どれだけいるかはさすがに分かりませんが
仮に0.5%でも10,000人いるということになると
相当な金額がかかることになります。

まぁ~自治体の気持ちも理解できなくはない。
札幌市といえども財政は、
そこまで余裕があるとは思えませんので。

でも思うのは、冬のみの期間ならどうなんでしょうね?
特例措置という形で、12月~3月までの
期間くらいなら、年中OKだすよりは
まだかわいげがあるような気がするんですけど
これすらも、介護事業所と札幌市の年1、2の
全体研修会でも話は上がれど、
結局却下されて終わっちゃうんだそうです。

働いてるということは税金だって
きちんと払っているんですけどねぇ。
収入が上がれば、障がいがあろうがなかろうが
住民税の課税対象にもなるんだけど
どうにかしてよぉ~~~秋元市長~~(苦笑)


というわけで、私は毎年いろいろなところへ
交渉しては、何とか通勤を可能にしてきましたが
でも結局毎年お手伝いしてくださる方を、
探すという悩みは一向に終わらないんですよねぇ。
決まるまでの期間ってのは結構ストレスなんですよ。
決まらなかったら、下手したらタクシーとか
利用することになったりもしますからね(汗)
どんだけVIP通勤だ?という話ですな(苦笑)


だから手伝うよぉ~って仰ってくださる方々の
存在がどれだけありがたいか、
嬉しすぎて、涙ぐみました(苦笑)

本当に本当にありがとうございます。
冬の期間ですが、お世話になりますので
よろしくお願い申し上げます。

もし今年やってみて、嫌じゃなかったら
来年も声をかけさせてください(苦笑)

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4