2017年2月の記事一覧

ご近所さんの手助け募集中 in チ・カ・ホ

  • ライブ日誌

このイベントは、私が冬の通勤で実際にお世話になっている
地域ぬくもりサポートという有償ボランティアさんを
広く知ってもらうためのPRイベントでした。

主催者側の方が、実際に利用している
私だからこそ声をかけていただけた
という素敵なつながりなんですねぇ。

でも主催者として市役所の人もいらっしゃるとは
正直思ってなくて、MC中に軽く役所に対する
ジャブを入れてしまったことは・・・
ちょっと反省しておりますが(苦笑)
とは言え、そういう現実も知ってもらうには
取り敢えず言うことができて良かったとは思っております(苦笑)

私はたびたび、この日記でも訴えてきましたが
やはり車椅子や、足の不自由な方の
通勤に関する何かしらの補助は必要だと思っておりまして
そういう意味では、移動支援に限らず
有償ボランティアという新たな展開を
打ち出して事業として動き出してくれている
札幌市さんには感謝も当然しております。

なので、今回のPR活動も含めて
少しでも障がいのある方への理解と
多少ならお手伝いできるよと
仰って動いてくれる方が増えてくれたらという
思いも合わさって、貢献できたらと思って
出演させていただきました。


朝早くからPR活動はしていて
結構興味を持ってくれる人がいたという話を
聞けたのは、何となく素直に嬉しかったです。
私自身、この制度を利用して3年前から
通勤の送迎で利用させていただいておりまして
誰よりも助かっているという気持ちは強いです。
だから偶然通りかかった人たちが
少しでも興味を持ってくれる人がいることを
切に願っております!!


さて私のライブはどうだったかと言いますと
少しでも恥をかかないように
声出しとか頑張って練習していたんですけど
如何せん結局途中から声の出が悪かったのは
歌い手としてはいただけなかったのぉ。

せっかく実際に送迎のお手伝いをしてくださってる方々も
応援に駆けつけてくださったのに
良い声を聴かせられず残念でした(汗)
演奏も若干怪しかったしなぁ~(苦笑)

でも良かったと仰ってくださり
ただただありがたかったですm(_ _)m
役所の関係者の皆さんも、良かったと
仰ってくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

nukumori01.jpg

nukumori02.jpg

だけど歌っている間は、多くの方が足を止めて
聴いてくれていたのが、よく見えたし
小さいお子さんも最後まで付き合ってくれたし
暖かい空間だったなぁ~としみじみ思います。

我が息子も、ママが頑張って気を紛らわせてくれた
おかげもあって最後まで頑張ってました(笑)

私が出演してたイベントの向かい側で
出店の仕事があったのに、写真撮影してくださった
かじかわさんも本当にありがとうございました。

後、私が歌うからと応援に駆けつけてくれた
皆さんも、本当にありがとうございました。

わざわざ私を呼んでくださった
イベント関係者の皆さんも
本当にありがとうございました。

感謝感謝しかありません。

どうか少しでもボランティアに興味を持ってもらえますように!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.Yesterday
03.みんなおんなじ(森山直太朗)
04.カラフル
~encore~
05.Message

Human dog

ってなわけで、定期健診は昨年もやったけど
人間ドックという名称で受けるのは初めてなので
ちょっくら感想をあげてみます(苦笑)

今年に入って、会社から3月末までに
全員定期健診受けるようにと指示があり
40歳過ぎは問答無用で人間ドックを
受けることになりますと宣告を受け
本日予約して行ってまいました(汗)

事前に何を受けるのかと調べてみると
今まで受けたことのないバリウム検査などがあり
バリウムは結構キツいって聞いていたので
参考までにネットで調べてみると
電動で起き上がってくる台座の上で
左向いたり右向いたりと忙しい感じだったので
会社の人に相談すると、難しそうなのは
受けなくても大丈夫と言ってもらえたので
素直に対象から外すことにした(苦笑)


そんなこんなで昨日バレンタインデーだったので
息子が寝た10時過ぎにチョコ食ってから

あっ、明日定期健診だった・・・

と頭の悪いところを露呈しながらも
まぁ~大丈夫だべという軽い気持ちのまま
JR札幌駅にある健診専門のクリニックへ
朝も早よから行ってみると、
既に大量の検査待ちの人で溢れかえっておりました。
これは結構長丁場になりそうだのぉ~と
この時点でテンションが下がり始めます(苦笑)

病衣的なものに着替えさせてもらい
最初の関門が、一番の難関である採血から(汗)

そもそも私は、体が細かったであろう
幼少期から採血には向かない身体でして
血管が細いということと、針を刺すと
自分の意思の如く逃げ回る血管を持っているようで
ある意味、看護師泣かせな患者でして・・・
ことある事に、看護師を困らせます(苦笑)
何回も刺される側からすると、
好き好んで逃げているわけではないんですが
どういう訳か、採血は難関です。

案の定、一回目は失敗し・・・選手交代(笑)
成功に導くために、手を温める作戦に入ります。
目覚めて二時間程度の人間の血液が
快適に動いているとも到底思えないんだが
ベテラン選手が温めた手を物色していきます(苦笑)
いけそうな血管を見つけてくれたようで
ためらいなくぶっさしていきます!!
刺した後で方向をいくつか変えていくと
す~っとどす黒い血液が流れ始めてきました。

心の中で、おめでとうベテランさん!

と、スタンディングオベーションしておりました(笑)

二回で採血が済むなら、私としては金メダル級な
快挙であって、大抵4~5回は刺されます(汗)
だから素晴らしいことなんですよ!!
上手くいかないというのは、看護師さん側にも
無駄にプレッシャーになるだろうから
少ない回数で終えるのはお互いにWin-Winなんですな(苦笑)


採血の後は、この年で身長なんて伸びないだろという
突っ込みたくなる衝動を抑えながら、素直に測って
同時に体重も量れちゃう優れものに
意味なく感心しちゃったりして(苦笑)

聴力検査して、視力検査して、問診を受けて、腹囲を測って、
心電図測って、超音波検査して、レントゲン撮って、
眼圧調べて、眼の写真撮られて、
肺活量チェックして、医者の診断を受けて終わりました。

人が多いから結構待ったけど、
あそこは毎日たくさんの人が来るんだろうなぁ~と
看護師も大変ねって同情しちゃったよ(笑)


さて、医者の診断によると、
治療の必要はないけど、尿酸が少し高いのと
脂肪肝だねって言われたこと以外は
血液検査は全て標準ですって言われました(苦笑)

この体型のくせに、中性脂肪とか
コレステロール値は無問題らしいよ(苦笑)
自分でも不思議ではあるんだけど、
血液は嘘つかないだろうから、
結構健康の部類なんですよ私(笑)

あっでも、できものと格闘していたから
CRP値は高いけど、風邪引いている?
ってやっぱり言われた(苦笑)

CRPって身体に炎症を起こしていると
反応するらしく、現在炎症の真っ只中だから
反応があって当たり前なんですよねぇ(汗)
そういう意味でも血液は嘘つかない訳ですね(笑)

取り敢えず尿酸を下げるために
グレープフルーツジュースとか飲んでおこうかと思います(苦笑)


という感じで、無事に人間ドックも終わり
帰ろうと思ったら、大丸の飲食店で使える
1000円分の券がもらえました(笑)
良く採血頑張ったね!という労いなのか
何なのか分かりませんが、素直に頂戴して食べに行きましたとさ。

体調は不調だけど、検査では優良なKAZでした(苦笑)
矛盾だらけよのぉ・・・。

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4