2017年5月の記事一覧

悩ましい・・・

私の膝(苦笑)

太股のできものでさえ困ってるのに(汗)
更には膝まで痛くなっているのは
本当にしんどいのぉ~。

1月の日記でも触れてはいるのですが
私の左膝は、軟骨が加齢によってすり減っているのと
水が溜まっているので、兎にも角にも痛い(苦笑)

そのために膝のサポーターはしていますし
同時に痛み止めを常に飲んで
乗り切っているところなんです。

それでも立ち上がり時には痛い・・・。
家での生活はヨボヨボながらも歩いているし
トイレ移乗にも立ち上がりは必須なので
立たなくて良い環境なんてない!(苦笑)
最近では膝自体に力も入りづらくなっている。

余りに辛いので、下肢装具の型取りも兼ねて
病院に行って医者に相談したら
取り敢えず注射するかとなり打ってもらいました。
注射内容としては軟骨がうんたらかんたらと
麻酔的な要素が入った薬だったということで
打った瞬間は劇的に痛みは抑えられたけど
時間が経てば、さほど効果は見られなくなっている辺り
やはり根本的解決の道のりは遠いようだ(汗)


んで話をいろいろ聞いてみた。
方法は流れに沿って3つ。

1つは、膝自体にがっちりと曲げることもできない
装具を作る

サポーターでは、やはり完全なるロックまでは
いかないので、まずは膝を曲げることをせずに
真っ直ぐにした状態で試してみるとのこと。
これは次の2つめのくだりにも関わってくるので
多分作ることになるかと思う。
万が一これで膝の痛みなども解消されるのであれば
それはそれで万々歳(苦笑)

膝の装具でどうにもならない場合は2つめ。
膝自体の関節を人工関節に入れ替える手術する

ただこれには条件があるらしく
そもそも膝を90度以上曲げられる人が該当で
私の場合障がいにより関節の可動範囲は制限されていて
せいぜい30度くらいしか稼働しないのです。
なので条件的には正直厳しいらしい(汗)

そして3つめ。
膝の曲げることは諦めて
真っ直ぐの状態する固定手術

装具がダメなら、どの道手術っていう
少々残念ではありますが(苦笑)
2と3については、医者が言うには
結局のところ私の障がいが特殊すぎて
膝を開けてみるまでは、どの手術になるかは
判断できないんだそうだ(苦笑)

膝を開けてみて、筋肉や筋などが思ったよりも
伸びるようであれば膝を90度の状態に曲げて
人工関節の可能性もあるし
やっぱダメだとなれば、固定手術しかないそうだ。

だから装具が上手く効いてくれると
手術はしなくて済むし、ダメなら手術ということらしい。

思った以上に選択肢少ねぇ~~~(汗)

手術した場合の完全社会復帰は試算として
手術・入院(ある程度の日常動作が
可能になるまで)が1か月程度。
そこから退院して日常生活を難なく可能になるまでの
期間として長くても2か月程度。
最長で3か月も仕事離脱になってしまう(汗)

だから、そこら辺も踏み込みづらい要素なんですよ。
3か月も休まれる会社も困るだろうし
その間の給料は無休になっちゃうし
生活どうすんの?って話になっちゃう(苦笑)


もうあれか?
いつものチャリティーライブとは別に
KAZ家の生活費カンパライブ開催するか?(苦笑)
誰もカンパしてくれないだろうな(笑)


というような現状が本日分かりまして・・・
ちょっと頭の痛い問題を抱えてしまいそうです・・・。

今の私のオアシスは、ママと息子の成長と
マイブーム中の塩パンくらいか(苦笑)

疲れたから寝よ(笑)
誰か改善できる良い案あったらおせ~てください(汗)
結構切実・・・(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

百合が原公園へGO

私自身は2度目となる百合が原公園への
訪問になりますが、息子とママは
先日も行った様子(苦笑)

まぁ~それはいいとして、
予報では晴れのはずだったんだが・・・
行き始める直前に、突然のスコール的な
通り雨が降ってきて・・・
前途多難な様子を醸し出してきましたが
すぐに収まったので、そのまま出発しました。

現地へ着くと、駐車場は満杯な様子で
うろうろしていたら辛うじて
1台が出るところだったので
素直にそこに止めさせてもらい
ある意味ラッキーでした(苦笑)
あれが空かなかったら・・・
下手したら撤退も考えていた(汗)


そんなこんなで、まずは息子が
大好きなチューリップ畑へ行くと
やはり好きなだけあって、優しく触れに行きました。

201705yuriga01s.jpg

最近ではママの仕事帰りに
時間があれば花屋さんへ行きたがるほどだから
完全なるマイブーム中なのでしょう。
自然が好きなのは良いことだ。
パパはコンクリートジャングルが好きだが・・・(苦笑)

201705yuriga02s.jpg

ほら、もっと先に行こうよ!!
という言葉が当てはまりそうなほど
誘ってくれます(苦笑)

さすがに2歳児で自由に歩き回れると
写真を撮るのにも結構苦労して
良いのが、なかなか撮れません(汗)
もうちょっとカメラ好きでポーズとってくれると
パパとしては大変助かるのだが・・・(汗)

取り敢えず一通り見て回るとお腹が空いてきたので
持参した弁当を食べ、来る度に乗っているという
リリートレイン待ちの間にアイスをほおばり
とても嬉しそうにしておった(苦笑)

201705yuriga03s.jpg

アンパンマンウインナー食べて良いのかな?

201705yuriga04s.jpg

アイスはやっぱり美味いぜ!!


そして目的のリリートレイン!!
やっぱり花や木々が色づいていると
見応えありますよねぇ~。
この時期は、まだ虫も少ないから
個人的には助かるのぉ・・・(苦笑)

201705yuriga05s.jpg

201705yuriga06s.jpg

今日は車椅子に乗った人が多いね?(苦笑)

そう、私たちが乗った車両では
車いすに乗った人が4人もいました!!
偶然にしても、凄い確率だったな(笑)


その後、遠くから見えた八重桜を見に行き
しばしぼへーっとしてました(苦笑)

201705yuriga07s.jpg

201705yuriga08s.jpg

寝っ転がりからのぉ~~~

201705yuriga09s.jpg

アーンパンチー!!(笑)

最後の最後に、これまた突然のスコールに
見舞われ・・・行きの前途多難が
現実になってしまうという残念さはあるも
今日のもう一つの目的である塩パンGetのために
イソップベーカリーへも行ってきました!!

201705yuriga11s.jpg

左が塩パンで、右がクロワッサン!

塩パンは塩味が絶妙で、どんぐり超えましたね!(笑)
クロワッサンもボリュームあるし
サクサクで美味しかったなぁ~。
店が狭いのが難点だけど
あれは近くに行ったら寄っちゃうなぁ~(笑)

ってなわけで、塩パンランキング第2位へ
躍り出ました!!(苦笑)
おめでとう~イソップベーカリーさん(笑)
また行きますねぇ~。

という感じの一日でございやした(苦笑)
バーイセンキュー!!(笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

塩パンGetの旅

当初の目的は、じぇ~んじぇんそんなつもりはなく
単純に昼飯食べに発寒ジャスコへ行っていたんだけど
最近塩パンにはまっていることをふと思い出し
つぶやいてしまったのが、私のやる気スイッチが
入ってしまい・・・(苦笑)
ママと、息子が付き合わされる羽目に(汗)


そんな空気を察したのか、どっかの仕事人ばりの
ポージングを決め出す我が息子(苦笑)

siopan2017051301.jpg

そんなに塩パン興味ないし・・・

そもそも何で、塩パンにはまっているかと言いますと
ママが友人に会いに行った際に立ち寄った
HEART BREAD ANTIQUE 札幌南郷通店の
塩パンを食べたことにより、
それが余程美味しかったのか、
以降他のお店の塩パンも食べてみたくなったのが
始まりだったように思います(苦笑)

取り敢えず、「札幌・塩パン」でググってみると
どんぐりも美味しいとあったので、
家の近所のどんぐりへ買いに行き、
続いて、ステラプレイスの地下にある
カフェデンマルクも美味しいとあったので、
先日買ってみました。

勝手なイメージだけど、塩パンの美味しさは
焼き上がったパンの上に振りかけられた
塩加減と、パンの中のバターやマーガリンの
美味さがベストマッチしているかどうかというような
基準が私にはあります(苦笑)

そういう意味でいうと、どんぐりもカフェデンマルクも
非常に美味しい塩パンでした。

更なる欲求に期待を寄せ、昼間に塩パンの美味しい店を
呼びかけさせていただきました(笑)

でも今日は、そんな遠出をする気も起きなかったので
取り敢えず、発寒ジャスコに入ってる
パン工場で焼きたての塩パンをGetして
西野にあるベーカリーベル本店にて
同じく塩パンをGetしてまいりました!!(苦笑)

siopan2017051302.jpg

パン工場は塩加減が微妙だったなぁ(苦笑)
逆にベーカリーベルは塩が多すぎて
しょっぱかったかも(汗)

今のところランキングするなら

01.HEART BREAD ANTIQUE
02.どんぐり
03.カフェデンマルク
04.ベーカリーベル
05.発寒ジャスコパン工場

という感じでしょうか(苦笑)


今回つぶやいたことによって
いろいろ意見をもらえたので
言われた店を行ってみたいと思います!!
他にもありましたら参考にまでおせーてくださいm(_ _)m


せっかく出歩いていたので、
八重桜が見頃だという円山公園近くの
南4条通りの「桜通り」と農試
公園の桜も併せて見に行ってきました!!

siopan2017051303.jpg

天気がいまいちでぱっとしませんが
桜は八重桜が鮮やかで見ていて気持ちいいですな(笑)
来年は円山公園も息子と行きたいもんです。


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

あっという間の丸8年

今日はママの誕生日!
そしてパパとママの結婚記念日でもあります!

明日からは結婚9年目に突入です!
ついに付き合ってた期間と並んじゃったね(苦笑)
振り返ると早いなぁ〜って思うけど
出会って、付き合って、結婚しての期間だと
16年ですな(苦笑)

あと数年もすれば生きてる人生の半分を
ママと一緒にいることになるんですな(笑)
そうやって考えると何か凄いことに感じる(苦笑)

まぁ〜そんだけの期間一緒にいれば
いろいろなこともありましたけど
逆に良くそんだけ俺と過ごしてくれたなぁ〜って
意味なく関心したりもするんです(笑)
大変ありがたいことなんですけどね(苦笑)

ママはどちらかと言えば心配症だし
私はどちらかと言えば楽観的だから
そこら辺が上手くかみ合ってて
居心地の良い関係を築けたのかも知れませんね。


とは言え、毎日の家事全般、息子の育児、
ママ自身の仕事、所々の私の手伝いなど
普通のママであれば、そこまで気負わずに
生活できるはずが、苦労させてしまってることについては
やはり日々感謝の繰り返しなんです。
なかなか言葉にはできていないんだけど(汗)

息子が生まれからは更に多忙になったから
体力的にもキツいと思うんだけど
それでも毎日を楽しくしようという姿勢には
本当に凄いなど思うし、
根っからの優しい人なんだと思います。


私自身も極力は息子との時間は
取るように心がけてはいるけども
体調が悪かったりと、思うようには
協力する時間は取れていないかも知れません。
どっかで言いたいこともあるんだろうけど
何も言わずに頑張っているのは
改めて関心させられます(苦笑)


せっかくの記念日なので、息子には悪いなと思いつつも
病院が終わった後は、たまには二人で
デートでもしようかと札駅を中心にさまよってました(笑)
まぁ〜3年半も使い続けたiPhone5sに
別れを告げるという大きな目的があったので
最初にヨドバシに行くんですけどね(苦笑)
最新機種のiPhone7はやはり良いですなぁ(笑)
自分も欲しくなっちゃいました(汗)

その後は中華料理屋さんでランチを食べて
Instagramでアップした、ステラ7階の
ラ・メゾン アンソレイユターブルで、
ミルクティーイチゴタルトと、ピーチソーダなるものを
頼んでいて無駄に乙女セットでした(苦笑)
男は私一人だったし、浮いてはいたでしょうけども
そんなの関係ねぇ〜ばりに美味しくいただきました(笑)
こういう時じゃないと食べられないしねぇ(汗)

早めに息子を迎えに行って、家でワイワイするつもりも
iPhone5sからiPhone7への移行は
もっと簡単に考えていたけど、使ってるサービスの
パスワードを忘れているので、再設定に時間がかかり
一人パソコンに向かい四苦八苦しておりました(苦笑)
まぁ〜無事に全て復活できたけどね(汗)

何にせよ本当に珍しく二人だけで
過ごすことができたのは貴重な時間でしたね。
たまにはできたら良いんだろうけども
我々には更に大切な息子もいるので
三人で過ごすことが今は一番大切なんですな。


誕生日おめでとう!
そして結婚記念日おめでとう!
また明日からもよろしくお願いしますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

振り返れば

  • 音楽ネタ

5月3日は私の音楽記念日でして
人前で初めて路上ライブやった日でございます!
丸14年を迎え、15年目に突入しました!!
ある意味、記念Yearなんですな!
もう過ぎちゃったけど...(苦笑)

当時、赤頭だった私は、同僚の佐々木のよっし〜に
無理矢理ユニットを組ませ、一緒にライブやろうぜって
大通り公園に向かいました!(苦笑)

あの頃の私は、ドキドキしながら当日を迎え
朝から緊張し過ぎて腹壊してたけど
昨日と同じような快晴の中、ミニエレキを抱えて
大声で第一声を発しました。

今と比べればギターテクも音楽のセンスも、
歌い方も全てに置いて青臭い若僧でしたが
がむしゃらな音楽に対する姿勢というのは
純粋に真っ直ぐだった気がします!!

まぁ〜今は今なりに、音楽が好きという部分だけは
変わらないんだけど、練習の量だったり
求める欲求というのは、あの頃とは違ってるとは思います。
成長したのか、それとも止まったままなのかは
実際に見ているあなたに委ねたいと思います(苦笑)

5曲程度しかなかったオリジナル曲も
最近ペースは落ちつつも、今では57曲にまで増えました。
歌ってない曲も山程あるけど(汗)
色々な楽曲の影響を受けまくりだけども
創り出した曲は、全て確かに私が世に出したものたちです!
多分これからもスローペースながらも
曲を創っていくんだと思います。


幾つか変わらないことを決めているのは
一つは弾けないコードは使わない(苦笑)
二つは覚えやすいメロディーにする。

弾けないコードは、言うまでもなく
自分は基本はギターの弾き語りなので
自分で弾けないコード使ったら演奏ができないので
当然使うわけがない(苦笑)

覚えやすいメロディーは、老若男女に聴いてもらうには
小難しいメロディーは受け入れてもらえない気がするし
そもそも自分が分かりやすい曲しか
好きじゃないというのが前提にあるので
流行廃りはあるものの、自分が好きなメロディーは、
みんなも好きであろうという想いでやってます(苦笑)

だからちょいちょい、KAZさんの曲のジャンルは
何ですか?って聴かれたら大体王道のJ-POPですと
答えるようにしています。
だってそれしか浮かばないんだから仕方がない(笑)
歌謡曲世代なんでねぇ〜ブルースやヒップホップ
レゲエ、ジャズとか一切分からん(苦笑)
でもそれで私は良いと思ってるし
自分が好きでもない歌は歌いたくないよね(汗)
このスタンスは死ぬまで変わらんよ(笑)


唯一変わったのは、歌を歌う意義でしょうか?
やり始めた頃というのは、一曲で良いから
全国区に知れ渡るような、売れたいという願望はありましたが
今は別に売れることには意識はなく
自分が歌うことによって誰かのためになればという
気持ちで臨んでいます。

その想いはチャリティーライブに繋がってるし
15年の活動の中で出会ってきた、
いなむさんなどの大先輩の背中を見せてもらってきたので
自分よりも誰かのためにという想いが強いです。

自分が歌うことで、KAZでも頑張ってるしなぁ〜
俺も頑張るかと、誰かに思ってもらえたら嬉しいし
息子へ親父の生き様を見せることにも
繋がっていくのではないかと考えています!

ダメダメなライブになるときもあるんですけど(苦笑)
極力はそういう姿勢を見せられたらと思っています!


最近では、ギタリストでサウンドプロデューサーの
やまちゃんなども私に手を貸してくれるし
ありがたい仲間にも恵まれております!!
多くの方々の応援もあり、助けてもらいながら
20年〜30年へと繋げられるように
明日からも精進してまいりたいと思っております!
どうぞ、これからも応援の程、
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

まずは6月8日のサッポロファクトリーのライブに
集中しつつ、15th year anniversary CDを作れるように取り組み
今年のチャリティーライブも開催できるように
資金集めを頑張りたいと思います(苦笑)


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [4]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4