eye.jpg

振り返れば

  • 音楽ネタ

5月3日は私の音楽記念日でして
人前で初めて路上ライブやった日でございます!
丸14年を迎え、15年目に突入しました!!
ある意味、記念Yearなんですな!
もう過ぎちゃったけど...(苦笑)

当時、赤頭だった私は、同僚の佐々木のよっし〜に
無理矢理ユニットを組ませ、一緒にライブやろうぜって
大通り公園に向かいました!(苦笑)

あの頃の私は、ドキドキしながら当日を迎え
朝から緊張し過ぎて腹壊してたけど
昨日と同じような快晴の中、ミニエレキを抱えて
大声で第一声を発しました。

今と比べればギターテクも音楽のセンスも、
歌い方も全てに置いて青臭い若僧でしたが
がむしゃらな音楽に対する姿勢というのは
純粋に真っ直ぐだった気がします!!

まぁ〜今は今なりに、音楽が好きという部分だけは
変わらないんだけど、練習の量だったり
求める欲求というのは、あの頃とは違ってるとは思います。
成長したのか、それとも止まったままなのかは
実際に見ているあなたに委ねたいと思います(苦笑)

5曲程度しかなかったオリジナル曲も
最近ペースは落ちつつも、今では57曲にまで増えました。
歌ってない曲も山程あるけど(汗)
色々な楽曲の影響を受けまくりだけども
創り出した曲は、全て確かに私が世に出したものたちです!
多分これからもスローペースながらも
曲を創っていくんだと思います。


幾つか変わらないことを決めているのは
一つは弾けないコードは使わない(苦笑)
二つは覚えやすいメロディーにする。

弾けないコードは、言うまでもなく
自分は基本はギターの弾き語りなので
自分で弾けないコード使ったら演奏ができないので
当然使うわけがない(苦笑)

覚えやすいメロディーは、老若男女に聴いてもらうには
小難しいメロディーは受け入れてもらえない気がするし
そもそも自分が分かりやすい曲しか
好きじゃないというのが前提にあるので
流行廃りはあるものの、自分が好きなメロディーは、
みんなも好きであろうという想いでやってます(苦笑)

だからちょいちょい、KAZさんの曲のジャンルは
何ですか?って聴かれたら大体王道のJ-POPですと
答えるようにしています。
だってそれしか浮かばないんだから仕方がない(笑)
歌謡曲世代なんでねぇ〜ブルースやヒップホップ
レゲエ、ジャズとか一切分からん(苦笑)
でもそれで私は良いと思ってるし
自分が好きでもない歌は歌いたくないよね(汗)
このスタンスは死ぬまで変わらんよ(笑)


唯一変わったのは、歌を歌う意義でしょうか?
やり始めた頃というのは、一曲で良いから
全国区に知れ渡るような、売れたいという願望はありましたが
今は別に売れることには意識はなく
自分が歌うことによって誰かのためになればという
気持ちで臨んでいます。

その想いはチャリティーライブに繋がってるし
15年の活動の中で出会ってきた、
いなむさんなどの大先輩の背中を見せてもらってきたので
自分よりも誰かのためにという想いが強いです。

自分が歌うことで、KAZでも頑張ってるしなぁ〜
俺も頑張るかと、誰かに思ってもらえたら嬉しいし
息子へ親父の生き様を見せることにも
繋がっていくのではないかと考えています!

ダメダメなライブになるときもあるんですけど(苦笑)
極力はそういう姿勢を見せられたらと思っています!


最近では、ギタリストでサウンドプロデューサーの
やまちゃんなども私に手を貸してくれるし
ありがたい仲間にも恵まれております!!
多くの方々の応援もあり、助けてもらいながら
20年〜30年へと繋げられるように
明日からも精進してまいりたいと思っております!
どうぞ、これからも応援の程、
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

まずは6月8日のサッポロファクトリーのライブに
集中しつつ、15th year anniversary CDを作れるように取り組み
今年のチャリティーライブも開催できるように
資金集めを頑張りたいと思います(苦笑)


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4