2017年6月の記事一覧

To a heart of children Ⅵ ~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

2017CL_ol.jpg

 おかげさまで本年も無事にチャリティーライブを開催させていただきます!!
 場所としては本格的なライブハウスではないため、照明灯は味気ない部分もあるかとは思いますが、初心に返るべく自分の身の丈に合った、
できる範囲のチャリティーライブを、やっていきたいなと思っています。アットホームな、でも演奏は本格的な、そんな素敵な空間を皆さんと
作り上げられたらいいなぁ~と今から楽しみにしています!!
 純粋にライブを楽しんでいただいて、少しだけ子どもたちのことを考えてもらえるきっかけになればと思います!
 市の建物を借りるため人数制限があったり、多少の制約などもあり、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
その際はご協力いただけたら幸いです。
 肌寒い季節での開催になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:現在依頼中

寄付先:現在検討中

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com
他にSNS経由でも予約の受付OK
TEL:090☆9083☆7040 ☆を消して電話してください(PM20:00~22:00まで可)

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

※お願い
・人数制限が施設運営上必須のため、予約されていない方の入場はできません
・車椅子使用の方向けですが、かでる2.7には地下に行く駐車場があります
 基本的に有料ですが、障がい者手帳を提示すれば免除されます
 ただし駐車場が空いている保証はありませんので、その場合は近隣の駐車場を
 使用せざるを得ないことは予めご了承ください(近隣の場合は有料です)
・付き添いの方につきましても、チケットは必要になります
 (チャリティーイベントのためご理解ください)
・レクレーション室に入る際には、施設管理側より車椅子のタイヤを軽く拭くように
 指示されていますので、ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします
・かでる2.7の自販機で購入した飲み物のみ持ち込み可(極力こぼさないでください(汗))

※お願い2
・積極的に募集はかけませんし、基本的には自分で払う予定ですが、もし場所代について
 協賛としてご協力いただける方がいらっしゃいましたら、改めてお願いできたらと思っております
・目標金額としては20,000円になります
 この金額を超えた場合には、児童養護施設への寄付に充てさせていただきます


後は今後詳細を詰めていきます・・・(汗)
兎にも角にも頑張っていきますので、よろしくお願い申し上げます!!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

チャリティーライブ開催場所決定!

と言うわけで今年も無事に開催させていただきます!
場所はいろいろ悩んだあげく、札幌市の建物で
かでる2.7の、レクレーション室を借りて
チャリティーライブを行うことにしました!!

ここに至るまでには結構悩みまして...
別に今まで通りのPATOSさんでも良かったんだけど
運営上の理由により箱代が値上げに踏み切りまして
そうなると今までの金額以上を求められることになり
協賛金を集めるにしても、正直厳しい状況になってきました(汗)

これはPATOSさんを責めるわけにもいかず
多分仕方のない決断であったんだと思います。
本音としてはもっと前に値上げに踏み切りたい
ところもあったんだと思うんですが、
ギリギリまで粘っていたんだろうと推測されます。

どの道、毎回協賛金を集めるのにも大変だったし
値上げ後の協賛金を集めたとして
箱代で集まった金額を寄付した方が
実はためになるのではないか?という
本末転倒なことも頭では浮かんできまして...(汗)

だったら無理はせずに自分の身の丈にあった
できることをしようという初心に帰り
箱代として支払えそうな場所での
開催をすることにしようと決断しました。

となると今度は、どこなら大丈夫なのか?を考えて
最低でも50人以上入ることができて、
支払い可能な金額で、利便性も良く、
車椅子用のトイレも完備されていてなど
様々な条件を元に、かでる2.7・ちえりあに
絞ることにして、両方とも実際に見てきました!

まずちえりあは、音楽研修室という部屋があり
防音設備も整っていて、条件的には悪くありませんでしたが
根本的な問題として、チャリティー名義での
貸し出しは不可と言われ、何かしらの講演の元で
音楽ライブをする分には大丈夫らしいのですが、
そもそもチャリティーライブの名前を出せないなら
やっぱり違う気がして、素直にお断りして
かでる2.7に全てを託し話を聞きました。

まぁ〜かでる2.7にも貸し出すに辺り
それなりの規制はあるんですけど(苦笑)
札幌市管理の建物である以上仕方ないみたい(汗)

不特定のお客さんを呼ぶライブ開催であると
その時点で料金は倍になるらしいんだけど...
児童養護施設へのチャリティーライブだし、
1円足りとも自分のところには残らないこと、
札幌市や教育委員会の後援を取っていること
何よりきちんとホームページ上で
お金に関しての報告を上げていることなどの
丁寧な説明を続けていくと無事に基本の金額で
レクレーション室を借りることができました!

ホームページリニューアルも功を奏して
見やすくしていたのも良かった(苦笑)

多少の音量制限もあるし、他にもいろいろ規制はあるけど
取り敢えずは条件に合う場所が確保できて良かったです!


詳細については、これから詰めていきますが
まずは、11月19日(日)の夕方に開催しますので
皆様、その日は空けておいてください!!
人数制限もあるので、今のところ45名限定になりますので
完全予約制にさせていただきます!!

兎にも角にも、チャリティーライブは今年も開催しますので
ぜひとも皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

堂島ロール匠からのぉ~スライムROHTO

昨年から記念日認定を受けた
6/16は堂島ロールの日となっており
この時期限定の特別高級堂島ロール「匠」が
満を持して発売となりましたので
昨年の「極」に引き続きGetしてきました!!

美味しさを追求の上での高級志向なら
どうぞもっと極めていただきたいところではありますが
今年はデザイナーの山本寛斎とのコラボということで
いわゆるパッケージ系での高級路線なので
昨年よりも少々値段すらアップされておりました。

・・・いや良いんですけど(汗)

そもそも値段が倍近くの設定なので
余計なコラボなどせず、味だけで
追求してほしかったなぁ~というのが本音です(苦笑)

とは言え、私にとってのケーキの革命を起こしてくれた
堂島ロールは、やはり素晴らしいケーキであることには
一切変わることなく、多分来年以降も継続して
購入させていただくことになるんだと思います!!


では開封の儀式から(笑)

dojima2017takumi01s.jpg

今回から保冷バッグまで付くようになっちゃった(笑)

dojima2017takumi02s.jpg

更には立派な風呂敷的な布に包まれ

dojima2017takumi03s.jpg

「匠」という文字がドーンと姿を現します!!(笑)
相変わらずの檜のケースに入れられ
蓋を開けると・・・

dojima2017takumi04s.jpg

立派な堂島ロール登場!!

dojima2017takumi05s.jpg

そして大人仕様の断面図(苦笑)

dojima2017takumi06s.jpg

息子にも食べさせると「ぱくっ!!」

dojima2017takumi07s.jpg

んまぁ~~~い!!(笑)
良い笑顔で食べてくれました!

ケーキの仕様としては、烏骨鶏の卵に
和三盆の砂糖を使用して、しっとりと上品に
作られておりました。
生地も本当に美味しいし、生クリームも
甘すぎず本当に美味しかった!!

KAZ家、恒例の行事になりつつある
堂島ロール高級品!!
食べられることができて、本当に幸せです(笑)

また来年も期待しておりますので
美味しい美味しい堂島ロールを期待しております!!

そして話は、じぇ~んじぇん変わってくるけども
ドラッグストアーで偶然発見した
ROHTO Z!のスライム版を見つけてしまい
流行に乗って購入してしまった(苦笑)

目薬ケースからして本気度を窺えますが
仕様書も正にドラクエ(笑)

roto-z-01s.jpg

roto-z-02s.jpg

roto-z-03s.jpg

roto-z-04s.jpg

普段目薬なんてしたいけど、自分で注すには
横にならないとできないので、
ほとんどすることはないんだけど
取り敢えず帰ってきて、注してみたところ
まぁ~激しいこと(苦笑)
んで調べてみたら、一番爽快感MAXのものを
買ってしまったらしく、勢いだけで買ってしまったことが
よく分かってしまうのでした(汗)

眠気覚ましにはもってこいかも知れないけど(苦笑)
もうちょっと普通の爽快感で良かったな(笑)
でもせっかく買ったので、使い切ってインテリアにしてみます(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

1カ月以上振りのライブでした。
そして1年振りのサッポロファクトリーでのライブ
やっぱり素敵な空間でした!!

朝から大雨降っていて、こりゃぁ~会場に
行くのもしんどそうだなぁ~と思っていたら
意外にも晴れとまではいかないけど
雨はやんでくれて良い感じの曇りになってくれました(笑)

今回は天候のせいなのか、多忙だったのか
面倒だったのか・・・敢えて伺いませんが
あんまり人は集まりませんでした(汗)
それでも来てくれた方々には有り難かったし
偶然通りかかった方々には
感謝の気持ちしかありません。
本当にありがとうございました。

20170608FACTORY.jpg

結構時間をかけて練習はしたつもりなのですが
なかなか満足のいく演奏はできなかったかなぁ~
と思っています(苦笑)

昨年のチャリティーライブ以降、
カラフルを歌っているのですが、
完璧に歌い切れた自信がなくて・・・
動画は毎回撮っているんですけど、
微妙に間違うからネットアップもできない(汗)
なんとも切ない話です(苦笑)

定番のカバー曲ですが、知っているんだけど
誰もカバーしない曲を考えてみて
セレクトしてみたんだけど、残念ながら
知ってもいなかった曲もチョイスしたみたいで
間違った感は満載な雰囲気が漂っていました(笑)

ココリコミラクルタイプから時給800円の「さくらいろ」と
織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」を
選んでみたんですけど・・・微妙だった(笑)
見てくれた客層が少々年齢高めだったのもあるので
特に時給800円は反応薄かった(苦笑)
あれは番組見てないと分かんないもんねぇ・・・。
でも良い曲なんですよ!
「180秒のさよなら」というコーナーで
いつも良いところで流れるんですよ(笑)
たまたまネットで見てしまったもんだから
あぁ~これを歌おうと思って練習したけど
もうちょい有名曲を選ぶべきだったかな?(苦笑)

後は久し振りに、いなむら一志さんを思い出し
イマジン音楽祭で作った曲も歌わせていただきました。
直前練習では、すげー綺麗に裏声出ていたのに
本番でちょいかすれる辺り、やっぱり残念な歌い手だった(苦笑)

歌い手あるあるだけど、練習の時に
ときたま最高に上手く歌える時があるんですよ。
演奏もそうなんだけど、本番になると
しくじり先生になったりするパターンですな(笑)
あぁ~いうとき本当に悔しいのです。
だから本番でも最高に良いコンディションに
持って行くのが、歌い手の使命なんだけど
それが一番難しかったりするんですよねぇ・・・。

次は良い歌声と演奏をお聴かせできるように
精進してまいりたいと思います(苦笑)


そう言えば少し話変わりますが、
偶然通りかかった方が、APシヴァーくんの
知り合いだったようで、その方からKAZさんが
チャリティーライブやっているのは
聴いたことがありますって話してくれて
全く繋がりのないところから、そういう話が聞けて
凄い嬉しかったんですよねぇ。
ちゃんと続けてこれた証だろうし
見てくれている人は見てくれているし
評価してくれているところは評価されている
毎回苦労はあれど、頑張ってきて良かったと思います!!

今年も日程は決まっておりませんが
開催しますので、ぜひよろしくお願い申し上げます。

ってなわけで、できは今ひとつでしたが
楽しかったし、ファクトリーで歌えて幸せだったし
良い話も聞けたし、今年の会場についても
上手くいけば見えてきたし
これからも頑張ろうと思えたので良しとします(笑)

見ていただけた方、見に来てくれた方、
エバタさん、ファクトリー関係者様、
本当にありがとうございました。
また懲りずに歌わせてください!!(苦笑)

曲目
01.もう一度
02.Overture
03.さくらいろ(時給800円)
04.いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)
05.忘れてしまった大人たちへ
06.カラフル

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

ホームページリニューアル

  • オタッキ~

約10日程かかりました(苦笑)
合間合間にか取りかかれないってのもあるけど
テンプレートがあるとはいえ、未知の領域である、
HTML5とCSS3を確認しながら作業を進めるのは
なかなか骨が折れました(汗)

今回のリニューアルの大きな目的は
どのデバイスから見ても最適化された
ページを作ることにあったのです!!
(どのデバイスってのはPC・スマホ・タブレット等です)

まぁ〜かと言って、真っ白な状態から作るわけではないから
無謀な取り組みでもないんだけど、
ところどころは自分仕様に変更は必要なので
テンプレを壊さずにやるのは結構大変(苦笑)

ただ苦労しただけ、勉強になったなぁと思います。
画像サイズはPC版で用意するのに、
CSS3の設定するだけで、スマホでもサイズが
最適化されたりするのは、素直にすげーって感心した(笑)
ここら辺を自分で一から作れたら
そこそこ商売できそうなのにって思いつつも
最終的にはめんどくせーってなるから
やることはない(苦笑)

でもHTMLだったり、Javascriptだったり
画像編集の知識なども多少持ち合わせているので
下手なホームページ作成ソフトを使わずに
作れるのは、まだまだ現役ではあるのかなと(汗)

ちまちま秀丸のノートパッドで作ってるのは
面倒ではあるけど嫌いじゃないから
意外と楽しく取り組める(苦笑)
そして理想通りの ページができると
気分が非常に良いものである(笑)


今回作ってて思ったけど、スマホ用のページになると
無駄に縦長のページになっちゃうのね(苦笑)
PC用のページ設定が二段落になっていて
それをスマホ用に変換すると段落がなくなり
一列になっちゃうから仕方ないんだろうけども
スマホで見る人には、ただただ縦スクロールを
求めてしまうことになるのです。

だから今回は少しでも楽になるように、
ページ内に簡易リンクを設定したんだけど、
多分これに一番時間がかかったかも(苦笑)

後、これは自分のせいだけど、
コンテンツが無駄に多すぎてページがたくさんある(苦笑)
その全ページを作り直すんだから、
そりゃ誰でも時間はかかるわなと自分にがっかりした(汗)
なので似た内容のページは統合させて、
極力ページ数を抑えるようにしました。
まぁ〜それでも多いかなとは思うんだけど
これ以上の統合は難しかった(苦笑)

多分、数年はリニューアルしないと思われ(汗)
だってぇ、めんどくせーんだもん(苦笑)
視力も老眼入ってきたし、小さな文字読むのも
苦労するようになってきたから
もう当面いいや(苦笑)

ってなわけで、取り敢えず、15th anniversary yearには相応しい
ホームページリニューアルだったのではないかと思います!
私としては非常に満足しています(笑)

これからもKAZのホームページをよろしくお願いします!
http://kaz-sing.com/


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [4]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4