eye.jpg

大人だって移るんだも~ん

のんきなタイトルの割には、結構深刻だったんですよ(苦笑)
と言うわけで今回の救急車搬送からの緊急入院の
流れを説明しようかと思います(苦笑)


日曜日

夕方に食事のためにイオンへ行き
いつものごとく、家族でうどんを食べてましたが
その辺りから寒気に襲われ...珍しく早く帰ろうと提案。
家に帰るなり布団にこもり、激しい寒気と戦います。
寒気も行き着くところまで行き着くと
今度は体が熱くなってきて、取り敢えず熱を測ると
39度超えしてまして...(汗)
一旦家にあるボルタレンを服用します。

またさらに布団にこもり数時間後、
尋常ではない大量の汗が湧き出ていて
37度台まで下がりますが...すぐに寒気が(汗)

薬の効果が切れ始めると、今度は40度を超える。

月曜日

少し下がっても、38度後半を維持していて、
頭は朦朧気味になり、仕方ないから会社に休みを
お願いして、ひたすら布団にこもっていましたが、
改めて昼ごろに熱を測ると、また40度を超える(苦笑)
さすがに動くこともできなくなり、
過去の経験から早めに救急車を呼ぶことにして
奥さんに電話の依頼...。

救急車の中でも39度を超えていて、
過去にお世話になった病院への搬送をお願いして
引き受けの許可がでたので、五分程度で病院へ。

息子が先週、手足口病になっていたのもあり
その旨は伝えていたが、それらしい症状がないこと、
自分の自覚症状が喉の激痛、高熱のみなので
まずは脱水を抑えるため点滴、続いて検査のため
採血、レントゲン、CT、心電図、エコー、
尿検査、痰の検査、溶連菌検査、アデノウィルス検査、
一通り苦痛の検査を続けるも原因の特定に至らず
もっと詳しい検査が必要だと言うことで
検査入院させられることになる。

火曜日

比較的、熱に関しては下がりつつあり
やっと朦朧気味の意識も復活してきました。
この日も採血されて、それとは別に
太股のできものも皮膚科の先生に診てもらうとなり
綿棒を突っ込まれ、それを培養検査したりと
後は心エコーの検査もしました。
この時点でも体力激落ち中なので起き上がれず
ただただベッドの上で横になってました(汗)

水曜日

熱も平熱まで下がり、しんどい雰囲気もなくなり
後は高熱の原因がわかれば、その治療に入れるものの
未だにハッキリしないようで、この日も採血(苦笑)
まぁ~喉の激痛も治まってきたので
渋々食べてたお粥もイヤになり、
普通食に変えてもらい、元気になろうかと思ってた矢先
今度は喉ではなく舌が染みるようになり
ピリピリし始め、違和感満載になってきました。
同時に手の指先も発疹が出始め、
水疱らしきものも登場してきて、
素人目に見ても、やはり手足口病なんじゃ?
と思うようになる。

木曜日

朝から手が痛くて痛くて、見てみると発疹だらけ(汗)
両手共に発疹で赤く腫れ上がり、
ピリピリからビリビリへとランクアップして(苦笑)
足先にも発疹らしきものが出始め
改めて皮膚科の先生が見に来て、
すぐにまた採血され、やっと手足口病と診断される(苦笑)
結果が分かってしまえば、治療方法はなく
対症療法しかないので退院可能と言われ
なら退院すると、本日無事に退院させていただきました。


過去には胆石症しかり、心筋炎しかり
救急車呼んで良いんだよって結構言われたので
今回は動けない時点で、申し訳ない気持ち満載だけど
素直に救急車お願いして病院へ行きました。

救急の先生からは、良くここまで耐えてたね(汗)
と言われる辺り、本当にしんどいとき、
辛いときには救急車を呼んでも
バチは当たらないようです(苦笑)

こんなことで呼んで良いのか?って
いつもながら悩んだりするけど...
でも必要なことには必要なんだと思います。
今回も感謝しておりますm(_ _)m

救急隊員の皆様、救急病院の皆様
本当にありがとうございますm(_ _)m
また何かあれば助けてください(苦笑)

ちなみに、病棟の看護師さん方には
前にも救急に来た方ですよね??
って無駄に覚えられていて切なかったです(苦笑)


さて実際のところ、手足口病って何だ?
大人でもかかるの?
という疑問が沸いてくるとは思います。

手足口病は、簡単に言うと、手足口病のウイルスによって
病名の通り、手と足と口の中にできる
発疹や水疱が出てきて、痛みを伴う病気です!

あまり見せるべきものではないかもですが
記録のために載せておきます(苦笑)

teasi.jpg

私の場合は上記の写真のようになっています(汗)
ちょい分かりづらかったらすいません。
どちらかと言えば、指先に集中して発疹が多発して
ところどころに水疱もあります。
これが痛み止め飲んでいても
なかなかリアルに痛いんですよ(汗)

多分足先にも発疹出てきてるので
明日以降は、足先も痛みを伴うので
正直恐ろしいような気もする(苦笑)


んで大人でもかかるの?というところでは
通常元気な大人であればかからないかと思います。
ただ疲労が溜まってたり、
体調が悪く免疫が下がってたりすると
大人でも容赦なく病気になるそうです。
私がそんな感じだったので...(汗)

兎にも角にも、現在手の痛みと、
足の痛みも出始め...退院したものの
苦痛の日々は、もう少し続きそうだ(苦笑)

皆様も本当に気を付けや~~~(汗)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [1]
  2. 2017年7月 [4]
  3. 2017年6月 [5]
  4. 2017年5月 [5]
  5. 2017年4月 [3]
  6. 2017年3月 [3]
  7. 2017年2月 [2]
  8. 2017年1月 [6]
  9. 2016年12月 [4]
  10. 2016年11月 [5]
  11. 2016年10月 [6]
  12. 2016年9月 [4]
  13. 2016年7月 [3]
  14. 2016年6月 [4]
  15. 2016年5月 [5]
  16. 2016年4月 [2]
  17. 2016年3月 [2]
  18. 2015年12月 [3]
  19. 2015年11月 [2]
  20. 2015年10月 [2]
  21. 2015年9月 [1]
  22. 2015年8月 [1]
  23. 2015年7月 [4]
  24. 2015年6月 [3]
  25. 2015年5月 [4]
  26. 2015年4月 [3]
  27. 2015年3月 [1]
  28. 2015年1月 [3]
  29. 2014年12月 [1]
  30. 2014年11月 [3]
  31. 2014年10月 [6]
  32. 2014年9月 [3]
  33. 2014年8月 [6]
  34. 2014年7月 [4]
  35. 2014年6月 [4]
  36. 2014年5月 [7]
  37. 2014年4月 [5]
  38. 2014年3月 [3]
  39. 2014年2月 [3]
  40. 2014年1月 [4]
  41. 2013年12月 [9]
  42. 2013年11月 [11]
  43. 2013年10月 [6]
  44. 2013年9月 [9]
  45. 2013年8月 [7]
  46. 2013年7月 [6]
  47. 2013年6月 [11]
  48. 2013年5月 [9]
  49. 2013年4月 [8]
  50. 2013年3月 [9]
  51. 2013年2月 [9]
  52. 2013年1月 [8]
  53. 2012年12月 [21]
  54. 2012年11月 [18]
  55. 2012年10月 [15]
  56. 2012年9月 [18]
  57. 2012年8月 [14]
  58. 2012年7月 [12]
  59. 2012年6月 [12]
  60. 2012年5月 [10]
  61. 2012年4月 [14]
  62. 2012年3月 [19]
  63. 2012年2月 [10]
  64. 2012年1月 [21]
  65. 2011年12月 [18]
  66. 2011年11月 [23]
  67. 2011年10月 [20]
  68. 2011年9月 [8]
  69. 2011年8月 [12]
  70. 2011年7月 [16]
  71. 2011年6月 [19]
  72. 2011年5月 [19]
  73. 2011年4月 [19]
  74. 2011年3月 [19]
  75. 2011年2月 [17]
  76. 2011年1月 [18]
  77. 2010年12月 [27]
  78. 2010年11月 [20]
  79. 2010年10月 [20]
  80. 2010年9月 [21]
  81. 2010年8月 [25]
  82. 2010年7月 [17]
  83. 2010年6月 [24]
  84. 2010年5月 [17]
  85. 2010年4月 [29]
  86. 2010年3月 [22]
  87. 2010年2月 [19]
  88. 2010年1月 [20]
  89. 2009年12月 [19]
  90. 2009年11月 [18]
  91. 2009年10月 [23]
  92. 2009年9月 [13]
  93. 2009年8月 [19]
  94. 2009年7月 [19]
  95. 2009年6月 [16]
  96. 2009年5月 [22]
  97. 2009年4月 [17]
  98. 2009年3月 [20]
  99. 2009年2月 [16]
  100. 2009年1月 [16]
  101. 2008年12月 [20]
  102. 2008年11月 [20]
  103. 2008年10月 [12]
  104. 2008年9月 [10]
  105. 2008年8月 [23]
  106. 2008年7月 [27]
  107. 2008年6月 [25]
  108. 2008年5月 [25]
  109. 2008年4月 [18]
  110. 2008年3月 [17]
  111. 2008年2月 [19]
  112. 2008年1月 [21]
  113. 2007年12月 [13]
  114. 2007年11月 [22]
  115. 2007年10月 [20]
  116. 2007年9月 [19]
  117. 2007年8月 [21]
  118. 2007年7月 [27]
  119. 2007年6月 [21]
  120. 2007年5月 [23]
  121. 2007年4月 [23]
  122. 2007年3月 [27]
  123. 2007年2月 [26]
  124. 2007年1月 [17]
  125. 2006年12月 [21]
  126. 2006年11月 [16]
  127. 2006年10月 [22]
  128. 2006年9月 [22]
  129. 2006年8月 [20]
  130. 2006年7月 [11]
  131. 2006年6月 [22]
  132. 2006年5月 [14]
  133. 2006年4月 [13]
  134. 2006年3月 [14]
  135. 2006年2月 [14]
  136. 2006年1月 [21]
  137. 2005年12月 [21]
  138. 2005年11月 [10]
  139. 2005年10月 [14]
  140. 2005年9月 [17]
  141. 2005年8月 [16]
  142. 2005年7月 [15]
  143. 2005年6月 [16]
  144. 2005年5月 [18]
  145. 2005年4月 [24]
  146. 2005年3月 [22]
  147. 2005年2月 [20]
  148. 2005年1月 [17]
  149. 2004年12月 [20]
  150. 2004年11月 [7]
  151. 2004年10月 [10]
  152. 2004年9月 [11]
  153. 2004年8月 [10]
  154. 2004年7月 [10]
  155. 2004年6月 [9]
  156. 2004年5月 [10]
  157. 2004年4月 [7]
  158. 2004年3月 [8]
  159. 2004年2月 [8]
  160. 2004年1月 [11]
  161. 2003年12月 [13]
  162. 2003年11月 [13]
  163. 2003年10月 [1]
  164. 2003年9月 [2]
  165. 2003年8月 [1]
  166. 2003年7月 [2]
  167. 2003年6月 [6]
  168. 2003年5月 [6]
  169. 2003年4月 [3]
  170. 2003年3月 [5]
  171. 2003年2月 [3]
  172. 2003年1月 [6]
  173. 2002年12月 [5]
  174. 2002年11月 [5]
  175. 2002年10月 [6]
  176. 2002年9月 [5]
  177. 2002年8月 [5]
  178. 2002年7月 [6]
  179. 2002年6月 [7]
  180. 2002年5月 [2]
  181. 2002年4月 [4]
  182. 2002年3月 [6]
  183. 2002年2月 [5]
  184. 2002年1月 [11]
  185. 2001年12月 [7]
  186. 2001年11月 [3]
  187. 2001年10月 [2]
  188. 2001年9月 [3]
  189. 2001年7月 [1]
  190. 2001年6月 [2]
  191. 2001年5月 [2]
  192. 2001年4月 [2]
  193. 2001年3月 [4]
  194. 2001年2月 [2]
  195. 2001年1月 [4]
  196. 2000年12月 [6]
  197. 2000年11月 [9]
  198. 2000年10月 [3]
  199. 2000年9月 [4]
  200. 2000年8月 [4]
  201. 2000年7月 [7]
  202. 2000年6月 [8]
  203. 2000年5月 [8]
  204. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4