2017年8月の記事一覧

水族館へ連れてって

  • KAZ Jr

別に息子に言われたわけじゃないんだけど(汗)
今年に限って、アンパンマンの映画以外
私が風邪引いたり・・・手足口病にかかり
入院していたり・・・と、思った以上に
どこにも連れて行ってあげられてないのを考えると、
体力なくてしんどい!!
なんて言ってられないので、まずは近場の?
小樽水族館へ1年振りに訪れてみました!!

2017_otaru_sea01s.jpg

昨年は、ようやっと歩き回れるようになっていて
動き回れることが嬉しくて仕方ない時期だったので
魚そっちのけで、走り回っていて
水族館の醍醐味はイルカのジャンプくらいでしたが(汗)
今回は結構魚や他の生き物にも食いついて見入っておりました。

2017_otaru_sea02s.jpg

大群の魚の群れや

2017_otaru_sea03s.jpg

ザリガニさんや

2017_otaru_sea04s.jpg

見せたことないけどファイティングニモさんや(汗)

2017_otaru_sea05s.jpg

ペンギンさんにも挨拶ができました(笑)

その後オタリアとイルカショーを見るために
早めに席を確保しに行ったけど
2歳児に後20分も待てというのは
無理なのは承知だったが・・・
案の定始まるまで暇そうでした(苦笑)

2017_otaru_sea06s.jpg

2017_otaru_sea07s.jpg

オタリアの飛び込みや

2017_otaru_sea08s.jpg

イルカの大ジャンプ!!

2017_otaru_sea09s.jpg

最後のお別れに近くまで来て挨拶

2017_otaru_sea10s.jpg

昨年よりは見入ってくれていたと思います(苦笑)

ちょうど昼時だったので、定番のご飯食べて
パパと一緒にアイスを買いに行って
気分が良くなったのか、まさかの2巡目をするとなり
既にぐったりして帰りたい親二人は
マジか?という気分の中、2巡目を回りましたとさ(汗)

今年は、後は秋に動物園かのぉ・・・。
そういやぁ~関係ないけど、うちの親父は大工業の人なんですが
今は円山動物園のゾウのエリアを作っているらしいよ(苦笑)
ってことは、そう遠くないうちにゾウが登場するのかな?
ってことで、ゾウが来たら動物園だな(笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

職場のリフォーム

この一カ月半くらい、職場のリフォームというか
拡張工事というか、同じグループ会社の
事務所に動いてもらい、工事をしてスペース確保に伴い
広くなっていきました。

本当は壁をぶち抜いて、更に広くする予定だったらしいんだけど
耐震構造の問題もあって、それは頓挫したらしいが
何はともあれ広くなりました(苦笑)

それと同時に、事務所に入るドアなどは
横にスライドさせるものになったり
セキュリティカードをかざす位置も
低くしてくれたり、車椅子の私でも働きやすい
環境になってきました。

人が増えたからというのが今回の工事の
大前提だろうけども、私のことも気にかけてくださり
工事担当者にいろいろ提案してくれたようです。

改めてなんてありがたい職場なんだろうと
しみじみ感じております。
求められる仕事に対して労力を
発揮するのが従業員の務めであるんだけど
その労力を発揮しやすい環境を整えてもらえてこそ、
特に我々障がいのある者にとっては
非常に重要なことだったりします。

単純にドア一つとってみたって、
人の手を借りなきゃ開け閉めができないのは
毎回頼むのも気が引けるし、その事自体も
小さなストレスになります。
気にしすぎと言われれば、それまでかも知れないけど
積もり積もれば、苦痛にもなってくる。
だからこそ、ちょっと無理して無理矢理自分で
やってみたりするわけですが、
大変なのは、やはり大変なんですな(苦笑)

だから今回みたいに、どういうドアなら
楽に開け閉めできます?って聞いてもらえたり
セキュリティカードの高さは、どれくらいが良いですか?
って聞いてくれる、上司は本当にありがたいです。

それに広くなったことで、移動の面で違う部署の
一角にいた私は、席も替わることができて
やっと同じ部署の方々とコンタクト取りやすくもなったし
仕事をしていく上でもメリットでしかないです。

まぁ〜違う部署の方々とも話はできていたから
離れるのは少々寂しいもんだけど(苦笑)


話が逸れ始めてきましたが(汗)
障がい者雇用を目的として、立ち上がっていた
会社ではなかったけども、多少なりとも
私が働かせていただくようになってからは
障がいがある人も能力があれば
受け入れられるということが実感してもらえて
将来的に考えても、多少のバリアフリー化は
働く人にとっても、会社にとっても
良いことなんじゃないかって思います!!


結局のところ、今まで以上に、
真面目に働かなきゃなぁ〜って
ふと思った、職場のリフォーム話でした(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

クーラーの素晴らしさにクーラクラ

どうでもいいダジャレですが(苦笑)

手足口病の影響で手の指の皮が剥けまくりで
ドン引き中ですが、皆さま如何お過ごしですか?(汗)

この家に引っ越して早9年...幾度となく
クーラー設置議論が交わされてきましたが
何だかんだ秋になると、まぁ~いいか?
となり、ごまかして参りましたが
さすがに夏の暑さに勝てる年齢でもなくなり
今年の10日連続の真夏日に嫌気がさし
しんどくなり、クーラー購入することを
決意したのが7月中頃...。

自分たちと同じような想いをした人が多く
設置までに三週間待たされましたが...(汗)
やっと本日クーラーが設置されました!!

kaz_eacon01.jpg

ビフォー

kaz_eacon02.jpg

アフター

本体に関してはヨドバシにて購入しておりましたが
工事費に関しては、当日業者さんの判断になると
軽く脅されておりましたが...思ったよりは
安く済んでホッとしているところであります(苦笑)

なんか10年くらい前から、クーラーも通常の
コンセントでの使用が禁止されたようで
設置に至っては、ブレーカー部分に新たに
専用のコンセントを付け加えなければならなくなり
その工事を行ってなければ、当然の如く
しなければならなくなり、
一手間も二手間もかかるようになりました(苦笑)

最近のマンションとかなら、設置を見込んで
工事済みらしいんだけど、そこそこ良いマンションで
あったとしても古めなので、やはり別途工事は必要でした(汗)

我が家の構造上、ブレーカーの場所と
クーラー設置場所には距離があり
壁をぶち抜くしかないねぇ~と言われ...
結構大変になりそうだったけど、
天井裏から配線を引っ張れることがわかり
穴開けも必要最低限で済むことができて
いつかの退居時にも、少しは助かりそうです。

無事に我が家にもクーラーが設置され
スイッチオンの時の反応は、当たり前だけど
涼しい...だった(笑)

自然が一番とか言うけどね、昨今の気温の上昇を考えれば
文明の利器に頼るのは仕方ないわけよ(苦笑)
体が持たないんだから(汗)
ぶっ倒れるくらいなら多少のお金払ってでも
クーラーの設置は視野に入れた方が良いです!

夏になると家に帰りたくねぇ~って
切ない感じだったけど、これからは早く家に帰ろう
ってなるかと思われます(苦笑)

まぁ~でも言ったって、今年の夏は終わりが見えてきたから
本格的な大活躍は来年の夏になるかとは思いますが
大いに役に立つことと思われます(笑)

後はクーラーに頼りすぎて、風邪を引かないことが
これからの課題になりそうです(汗)
イマイチね、まだよく分かってないのよ(苦笑)
だから気を付けよ~っと(汗)

兎にも角にも、クーラー万歳!!!(笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [6]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4