eye.jpg

彼方からの返信

ちょい前に、朝の地下鉄に乗る際に、
大通駅の駅員が対応できずに待たされるという
愚痴をつぶやき、その後続くもんだから
札幌市交通局へ、少々お怒りのメールを送った件です(苦笑)

送った詳細は以下の感じ。

連日二本〜三本、乗れるはずの地下鉄に
大通駅の駅員が人員不足で対応できずに乗れない
少なくとも一本は待たされることを含めて
余裕を持って早めに駅には着いている
遊びではなく仕事に通うために利用している
8時台のラッシュではなく、ラッシュ過ぎの
9時台を利用している
昔に比べ車椅子の方の利用者が増えている
駅同士の連絡の記録は取っているから車椅子の人が
乗る時間帯のシミュレーションは可能のはず
そもそも駅員自身が待たせることに対して
当たり前にしか思っているように感じられない
正直、この内容は障害者差別解消法の案件に当たると思っている
大通駅の駅員の人員を増やすように要望する
少なからず同じように待たされている人は他にもいる

などのことを、交通局へメールしてみました。
送信後、一週間程度経ち、やっと返信がきました。


これも抜粋すると。

まずはお詫びから
朝の9時台と、夜の5時台〜7時台に着いては
利用者が多いのは把握しており、人員は増やしている
その上でも利用者が多い場合は、対応がすぐにはできず
お待ちいただかざるを得ないこともある
要望としては受け止め、努力はしていく

こんな内容でした。
何となく、さらっとした返信だったので
なんだかなぁ〜という心境ではありますが
取り敢えずは、返信が来ただけでも
よしとするべきなんだろうとは思います。

とは言え、結局のところは、無理なときは無理だから
大人しく待っとれという、何の解決にも至ってないのは
多分間違ってはいないんだと思う(苦笑)


最近は乙武のせいで、文句を言える障がい者は
プロ障がい者と言われるらしく、
まさしく私は、その部類なんだろうとと思います(汗)
まぁ〜別に呼ばれても良いけど、至極まっとうなことを
伝えても、プロと言われるのは心外だのぉ(苦笑)

市の管轄の交通局だから、市長のFacebookに
直接書き込んでも良いかなと思ってるけど
コメントは消されて終わりかなぁ(笑)

そもそも公共機関としてであれば
バリアフリー法では、障がい者に限らず、高齢者や
妊婦さん等の方が、円滑に移動が行えるようにしなさいと
定められているが、基本罰則はない。
障害者差別解消法に至っても、敢えて記載したけど
これについても結局のところは罰則はない(苦笑)

なんのための法律なんだか...。
世の中、所詮口先だけだもんなぁ。

よくこれで東京パラリンピックをする気になるもんだ。
札幌市だって冬季オリンピックを招致しようとしてるらしい。
冬の移動なんて、足の不自由な人はさらに困難なのに
招致したところで、恥をさらすだけじゃないの?


私は地下鉄を利用するようになってから
独り言のように提言しているんだけど(苦笑)
羽田空港のモノレール駅のように、ホーム側で乗り場の部分が
自動でスロープが出るように作れば良いと思ってます。
全乗車口じゃなくたっていい。
一番前と、一番後ろだけでも良いと思う。
それだけでも自分たちで勝手に乗り降りできるし、
ストレスはは大幅になくなるし、
高齢者も、子育て中のママたちも楽に乗れる。
駅員さんの手を煩わせることは減るから、駅員さんも楽になる。
意外にWIN WINじゃないの?

サピカのようにガラパゴス化してるICカードに
お金かけるなら、誰もが助かるバリアフリー化を
真剣に考えて欲しいもんだ。


正直、仕事に間に合うかどうかの問題は
リアルに困るから、今回の要望には真摯に
向き合って改善していただきたいもんです。

とまぁ〜珍しく真面目に綴ってみました(汗)
どうかどうか頼んますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年10月 [3]
  2. 2017年9月 [6]
  3. 2017年8月 [3]
  4. 2017年7月 [4]
  5. 2017年6月 [5]
  6. 2017年5月 [5]
  7. 2017年4月 [3]
  8. 2017年3月 [3]
  9. 2017年2月 [2]
  10. 2017年1月 [6]
  11. 2016年12月 [4]
  12. 2016年11月 [5]
  13. 2016年10月 [6]
  14. 2016年9月 [4]
  15. 2016年7月 [3]
  16. 2016年6月 [4]
  17. 2016年5月 [5]
  18. 2016年4月 [2]
  19. 2016年3月 [2]
  20. 2015年12月 [3]
  21. 2015年11月 [2]
  22. 2015年10月 [2]
  23. 2015年9月 [1]
  24. 2015年8月 [1]
  25. 2015年7月 [4]
  26. 2015年6月 [3]
  27. 2015年5月 [4]
  28. 2015年4月 [3]
  29. 2015年3月 [1]
  30. 2015年1月 [3]
  31. 2014年12月 [1]
  32. 2014年11月 [3]
  33. 2014年10月 [6]
  34. 2014年9月 [3]
  35. 2014年8月 [6]
  36. 2014年7月 [4]
  37. 2014年6月 [4]
  38. 2014年5月 [7]
  39. 2014年4月 [5]
  40. 2014年3月 [3]
  41. 2014年2月 [3]
  42. 2014年1月 [4]
  43. 2013年12月 [9]
  44. 2013年11月 [11]
  45. 2013年10月 [6]
  46. 2013年9月 [9]
  47. 2013年8月 [7]
  48. 2013年7月 [6]
  49. 2013年6月 [11]
  50. 2013年5月 [9]
  51. 2013年4月 [8]
  52. 2013年3月 [9]
  53. 2013年2月 [9]
  54. 2013年1月 [8]
  55. 2012年12月 [21]
  56. 2012年11月 [18]
  57. 2012年10月 [15]
  58. 2012年9月 [18]
  59. 2012年8月 [14]
  60. 2012年7月 [12]
  61. 2012年6月 [12]
  62. 2012年5月 [10]
  63. 2012年4月 [14]
  64. 2012年3月 [19]
  65. 2012年2月 [10]
  66. 2012年1月 [21]
  67. 2011年12月 [18]
  68. 2011年11月 [23]
  69. 2011年10月 [20]
  70. 2011年9月 [8]
  71. 2011年8月 [12]
  72. 2011年7月 [16]
  73. 2011年6月 [19]
  74. 2011年5月 [19]
  75. 2011年4月 [19]
  76. 2011年3月 [19]
  77. 2011年2月 [17]
  78. 2011年1月 [18]
  79. 2010年12月 [27]
  80. 2010年11月 [20]
  81. 2010年10月 [20]
  82. 2010年9月 [21]
  83. 2010年8月 [25]
  84. 2010年7月 [17]
  85. 2010年6月 [24]
  86. 2010年5月 [17]
  87. 2010年4月 [29]
  88. 2010年3月 [22]
  89. 2010年2月 [19]
  90. 2010年1月 [20]
  91. 2009年12月 [19]
  92. 2009年11月 [18]
  93. 2009年10月 [23]
  94. 2009年9月 [13]
  95. 2009年8月 [19]
  96. 2009年7月 [19]
  97. 2009年6月 [16]
  98. 2009年5月 [22]
  99. 2009年4月 [17]
  100. 2009年3月 [20]
  101. 2009年2月 [16]
  102. 2009年1月 [16]
  103. 2008年12月 [20]
  104. 2008年11月 [20]
  105. 2008年10月 [12]
  106. 2008年9月 [10]
  107. 2008年8月 [23]
  108. 2008年7月 [27]
  109. 2008年6月 [25]
  110. 2008年5月 [25]
  111. 2008年4月 [18]
  112. 2008年3月 [17]
  113. 2008年2月 [19]
  114. 2008年1月 [21]
  115. 2007年12月 [13]
  116. 2007年11月 [22]
  117. 2007年10月 [20]
  118. 2007年9月 [19]
  119. 2007年8月 [21]
  120. 2007年7月 [27]
  121. 2007年6月 [21]
  122. 2007年5月 [23]
  123. 2007年4月 [23]
  124. 2007年3月 [27]
  125. 2007年2月 [26]
  126. 2007年1月 [17]
  127. 2006年12月 [21]
  128. 2006年11月 [16]
  129. 2006年10月 [22]
  130. 2006年9月 [22]
  131. 2006年8月 [20]
  132. 2006年7月 [11]
  133. 2006年6月 [22]
  134. 2006年5月 [14]
  135. 2006年4月 [13]
  136. 2006年3月 [14]
  137. 2006年2月 [14]
  138. 2006年1月 [21]
  139. 2005年12月 [21]
  140. 2005年11月 [10]
  141. 2005年10月 [14]
  142. 2005年9月 [17]
  143. 2005年8月 [16]
  144. 2005年7月 [15]
  145. 2005年6月 [16]
  146. 2005年5月 [18]
  147. 2005年4月 [24]
  148. 2005年3月 [22]
  149. 2005年2月 [20]
  150. 2005年1月 [17]
  151. 2004年12月 [20]
  152. 2004年11月 [7]
  153. 2004年10月 [10]
  154. 2004年9月 [11]
  155. 2004年8月 [10]
  156. 2004年7月 [10]
  157. 2004年6月 [9]
  158. 2004年5月 [10]
  159. 2004年4月 [7]
  160. 2004年3月 [8]
  161. 2004年2月 [8]
  162. 2004年1月 [11]
  163. 2003年12月 [13]
  164. 2003年11月 [13]
  165. 2003年10月 [1]
  166. 2003年9月 [2]
  167. 2003年8月 [1]
  168. 2003年7月 [2]
  169. 2003年6月 [6]
  170. 2003年5月 [6]
  171. 2003年4月 [3]
  172. 2003年3月 [5]
  173. 2003年2月 [3]
  174. 2003年1月 [6]
  175. 2002年12月 [5]
  176. 2002年11月 [5]
  177. 2002年10月 [6]
  178. 2002年9月 [5]
  179. 2002年8月 [5]
  180. 2002年7月 [6]
  181. 2002年6月 [7]
  182. 2002年5月 [2]
  183. 2002年4月 [4]
  184. 2002年3月 [6]
  185. 2002年2月 [5]
  186. 2002年1月 [11]
  187. 2001年12月 [7]
  188. 2001年11月 [3]
  189. 2001年10月 [2]
  190. 2001年9月 [3]
  191. 2001年7月 [1]
  192. 2001年6月 [2]
  193. 2001年5月 [2]
  194. 2001年4月 [2]
  195. 2001年3月 [4]
  196. 2001年2月 [2]
  197. 2001年1月 [4]
  198. 2000年12月 [6]
  199. 2000年11月 [9]
  200. 2000年10月 [3]
  201. 2000年9月 [4]
  202. 2000年8月 [4]
  203. 2000年7月 [7]
  204. 2000年6月 [8]
  205. 2000年5月 [8]
  206. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4