2017年11月の記事一覧

いやぁ〜参った(汗)

  • かなしい事

昨日の夜はKANさんのライブを見に行って
楽しすぎたけど、体力はへとへと状態でした(苦笑)

家に帰って、そっこーで休みましたが
連日の仕事の疲れと、チャリティーライブの練習と
そしてKANさんだったので、やっぱ限界だったんですかねぇ(汗)

今朝、仕事に行く前の用意する段階で
トイレに行って出ようとしたら、
足がもつれたようで、転倒しました...。
頭を壁に強打しながら、擦りつけてしまったようで
後頭部を5cm程度切ってしまい
気付けば血だらけになってました(汗)

さすがに転倒だけでも焦るけど
頭からの血が出ているのを見ると
ヤバイんじゃね?って思い、取り敢えず出勤済みの
奥さんの職場に電話をかけヘルプを求めました。

唯一の救いはスマホがテーブルの端っこにあったのと、
ストラップがだらーんとぶら下がっていたので
手を伸ばせば届いたことでしょうかね。
正直取れなかったら、夜まで気付いてもらえないかも(苦笑)

その後、横になっているのも微妙なので
多少座りたいので、ひたすら身体をずって動き
ベットのあるところまで辿り着き、
何とか少しは座る感じにまではもってこれました。
でももう動く気力もなく、奥さんが戻るまで
ただただ待ってました(苦笑)

あたり一面血だらけになっている状況を
察し救急車を手配してもらって
近くの脳外科へ搬送されます。

その後、CTやレントゲンを撮って
どちらも異常がないことを確認して
切れている部分を縫合することになり
ドクターXでは良く見る、医療用ホッチキスで
傷を縫合されました(苦笑)

あれはあれで結構な衝撃と痛さがあるよ(苦笑)
どっかの建築現場のような...バチンって音が
治療室に響き渡っていた(泣)
麻酔することも痛いらしいので
さっと終わらせるには仕方がないらしい...ホントか?(汗)

まぁ〜そこそこの出血だったけど、
言うほど異常がなかったのが救いですな...。

明日からは髪も洗って良いらしいし
日常は普通におくれそうです。

ただなぁ〜尾てい骨が、結構痛いのよぉ(汗)
搬送された際は、そこまでの痛さがなかったから
あまり強くは訴えなかったんだけど
明日も痛ければ、今度は整形外科かのぉ...。


何はともあれ...1年で二度も救急車を手配するのも
異常がなかったのを確認するまでの間や
カーペットの血だらけをキレイにせざるを得ない
奥さんにも本当に申し訳なかったのぉ...。

気を付けて歩くようにはしてたけど
疲れすぎて思考回路は回ってなかったのかもなぁ。

危うくチャリティーライブ
中止になってしまうところでしたが
開催はしますので、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

皆さんも転倒と頭の強打には気を付けてください(苦笑)

25周年も安心しづらいが、いつものぉ〜あでゅ〜♪

Another week

いよいよ来週の日曜日には、ひっさびさの
チャリティーライブが開催されますよ!!

取り敢えず、チケットも返事待ちを除けば
ほぼソールドアウト状態なので
本当にありがたい限りですm(_ _)m
貴重な休みの日に、お付き合いいただくこと
心より御礼申し上げます。

パンフの印刷も無事届きまして、
ある程度のモノは用意ができまして
後は練習と、MC用原稿だったり
自分用の原稿作りでしょうかね・・・(汗)

kazCL2017panfu.jpg

何はともあれ、来ていただける皆様に
楽しんでいっていただけるような
ライブにしたいと思って取り組んでおりますので
ぜひご期待いただけたらと思います!!

さて改めて細々とした説明をさせていただきますね。


●会場について

まずは会場である、かでる2.7のレクレーション室ですが
一階の入り口を入ったら右に狭い通路がありまして
そこのを奥まで進んでいただきますと
レクレーション室があります。
詳しくは下記の画像を参照願います!!

kaderu2_7_1f.jpg

ちょっと早めに着いてしまった方には
入り口正面にあります展示ホールスペースにて
お待ちいただくことは可能ですので、
暖をとってお待ちください。

それでも不明な場合は入り口横に
総合受付がありますので
お気軽にお問い合わせください。


●駐車場について

かでる2.7には駐車場があり、通常は有料ではありますが
車で来ていただき停めることは可能です。

車高の高さ制限があり2mまでになります。

但し、チャリティーライブ以外にも
かでるホールでも当日イベントがあり、
既に使われている可能性はあります。
しかも台数も機械の故障とかで現在29台までしか
停めることができないようです(苦笑)
本来は80台近く停められる設備らしいのですが
直すための予算が市から得られないらしく
仕方なく29台までらしいです・・・。

車椅子利用の方には優先的に利用していただきたいのですが
先着順らしく状況によってはかでる2.7の駐車場は
使用できない可能性もあることだけは
申し訳ないのですが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
私自身も使えない可能性もあります(汗)

一番近場で、YAMADA電機に駐車場が有料ですがあります。
どうしようもない場合は、そちらの利用をお願いします。

一応利用できたときの話をしますと、
障がい者手帳をお持ちの方であれば
駐車料金は免除されますので、駐車場の受付さんに
手帳を提示してください。


●定員について

施設利用に当たり人数制限がありますので
予約されていない方の入場はできませんので
予めご了承ください。


●お子様連れの方

私も2歳児の親なのでよく分かりますが
さすがに2時間も大人しくしているのは
難しいかと思います(汗)
なので会場を自由に動き回っていただいて構いません(笑)
泣いても、大声出しても問題ありません(苦笑)
無理強いはしないでください。

一応、私含めて歌い手は、小さい子向けの
曲を用意していますので、
何かしら反応してもらえると思っています(苦笑)

飲食も基本はアレですが、掃除は我々スタッフが行いますので
気になさらずに、飲み物やお菓子は食べさせてあげてください。

荷物に関しては、50人分のロッカーも完備されていますので
身を軽くしたいときには自由にお使いください。
鍵はあるので大丈夫だと思いますが
貴重品については各自で責任を持って扱ってください。
後、鍵はなくさないでください(苦笑)


●車椅子を利用されている方

面倒だとは思われますが、レクレーション室が
元々裸足でも使用できる部屋として設定している関係上
歩いている方にはスリッパに履き替えていただき
車椅子利用の方にはタイヤを拭いてから入るように
施設側より指示を受けておりますので
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

そしてトイレについてですが、車椅子用のトイレは
同じ1階にはありますが、ホール側の方にありますので
少々離れていますが、その点もご了承ください。


取り敢えず説明としては、こんなところでしょうか?(汗)

何はともあれ、今回は小さいお子さんの参加が多く
多分私のチャリティーライブとしては初だと思われますが
どうにか2時間楽しんでいただけるように
頑張っていきますので、見に来てくださる皆様も
どうぞ楽しみにしてくださいね!!

私含めて風邪などを引きませんように・・・(苦笑)

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [2]
  2. 2017年10月 [5]
  3. 2017年9月 [6]
  4. 2017年8月 [3]
  5. 2017年7月 [4]
  6. 2017年6月 [5]
  7. 2017年5月 [5]
  8. 2017年4月 [3]
  9. 2017年3月 [3]
  10. 2017年2月 [2]
  11. 2017年1月 [6]
  12. 2016年12月 [4]
  13. 2016年11月 [5]
  14. 2016年10月 [6]
  15. 2016年9月 [4]
  16. 2016年7月 [3]
  17. 2016年6月 [4]
  18. 2016年5月 [5]
  19. 2016年4月 [2]
  20. 2016年3月 [2]
  21. 2015年12月 [3]
  22. 2015年11月 [2]
  23. 2015年10月 [2]
  24. 2015年9月 [1]
  25. 2015年8月 [1]
  26. 2015年7月 [4]
  27. 2015年6月 [3]
  28. 2015年5月 [4]
  29. 2015年4月 [3]
  30. 2015年3月 [1]
  31. 2015年1月 [3]
  32. 2014年12月 [1]
  33. 2014年11月 [3]
  34. 2014年10月 [6]
  35. 2014年9月 [3]
  36. 2014年8月 [6]
  37. 2014年7月 [4]
  38. 2014年6月 [4]
  39. 2014年5月 [7]
  40. 2014年4月 [5]
  41. 2014年3月 [3]
  42. 2014年2月 [3]
  43. 2014年1月 [4]
  44. 2013年12月 [9]
  45. 2013年11月 [11]
  46. 2013年10月 [6]
  47. 2013年9月 [9]
  48. 2013年8月 [7]
  49. 2013年7月 [6]
  50. 2013年6月 [11]
  51. 2013年5月 [9]
  52. 2013年4月 [8]
  53. 2013年3月 [9]
  54. 2013年2月 [9]
  55. 2013年1月 [8]
  56. 2012年12月 [21]
  57. 2012年11月 [18]
  58. 2012年10月 [15]
  59. 2012年9月 [18]
  60. 2012年8月 [14]
  61. 2012年7月 [12]
  62. 2012年6月 [12]
  63. 2012年5月 [10]
  64. 2012年4月 [14]
  65. 2012年3月 [19]
  66. 2012年2月 [10]
  67. 2012年1月 [21]
  68. 2011年12月 [18]
  69. 2011年11月 [23]
  70. 2011年10月 [20]
  71. 2011年9月 [8]
  72. 2011年8月 [12]
  73. 2011年7月 [16]
  74. 2011年6月 [19]
  75. 2011年5月 [19]
  76. 2011年4月 [19]
  77. 2011年3月 [19]
  78. 2011年2月 [17]
  79. 2011年1月 [18]
  80. 2010年12月 [27]
  81. 2010年11月 [20]
  82. 2010年10月 [20]
  83. 2010年9月 [21]
  84. 2010年8月 [25]
  85. 2010年7月 [17]
  86. 2010年6月 [24]
  87. 2010年5月 [17]
  88. 2010年4月 [29]
  89. 2010年3月 [22]
  90. 2010年2月 [19]
  91. 2010年1月 [20]
  92. 2009年12月 [19]
  93. 2009年11月 [18]
  94. 2009年10月 [23]
  95. 2009年9月 [13]
  96. 2009年8月 [19]
  97. 2009年7月 [19]
  98. 2009年6月 [16]
  99. 2009年5月 [22]
  100. 2009年4月 [17]
  101. 2009年3月 [20]
  102. 2009年2月 [16]
  103. 2009年1月 [16]
  104. 2008年12月 [20]
  105. 2008年11月 [20]
  106. 2008年10月 [12]
  107. 2008年9月 [10]
  108. 2008年8月 [23]
  109. 2008年7月 [27]
  110. 2008年6月 [25]
  111. 2008年5月 [25]
  112. 2008年4月 [18]
  113. 2008年3月 [17]
  114. 2008年2月 [19]
  115. 2008年1月 [21]
  116. 2007年12月 [13]
  117. 2007年11月 [22]
  118. 2007年10月 [20]
  119. 2007年9月 [19]
  120. 2007年8月 [21]
  121. 2007年7月 [27]
  122. 2007年6月 [21]
  123. 2007年5月 [23]
  124. 2007年4月 [23]
  125. 2007年3月 [27]
  126. 2007年2月 [26]
  127. 2007年1月 [17]
  128. 2006年12月 [21]
  129. 2006年11月 [16]
  130. 2006年10月 [22]
  131. 2006年9月 [22]
  132. 2006年8月 [20]
  133. 2006年7月 [11]
  134. 2006年6月 [22]
  135. 2006年5月 [14]
  136. 2006年4月 [13]
  137. 2006年3月 [14]
  138. 2006年2月 [14]
  139. 2006年1月 [21]
  140. 2005年12月 [21]
  141. 2005年11月 [10]
  142. 2005年10月 [14]
  143. 2005年9月 [17]
  144. 2005年8月 [16]
  145. 2005年7月 [15]
  146. 2005年6月 [16]
  147. 2005年5月 [18]
  148. 2005年4月 [24]
  149. 2005年3月 [22]
  150. 2005年2月 [20]
  151. 2005年1月 [17]
  152. 2004年12月 [20]
  153. 2004年11月 [7]
  154. 2004年10月 [10]
  155. 2004年9月 [11]
  156. 2004年8月 [10]
  157. 2004年7月 [10]
  158. 2004年6月 [9]
  159. 2004年5月 [10]
  160. 2004年4月 [7]
  161. 2004年3月 [8]
  162. 2004年2月 [8]
  163. 2004年1月 [11]
  164. 2003年12月 [13]
  165. 2003年11月 [13]
  166. 2003年10月 [1]
  167. 2003年9月 [2]
  168. 2003年8月 [1]
  169. 2003年7月 [2]
  170. 2003年6月 [6]
  171. 2003年5月 [6]
  172. 2003年4月 [3]
  173. 2003年3月 [5]
  174. 2003年2月 [3]
  175. 2003年1月 [6]
  176. 2002年12月 [5]
  177. 2002年11月 [5]
  178. 2002年10月 [6]
  179. 2002年9月 [5]
  180. 2002年8月 [5]
  181. 2002年7月 [6]
  182. 2002年6月 [7]
  183. 2002年5月 [2]
  184. 2002年4月 [4]
  185. 2002年3月 [6]
  186. 2002年2月 [5]
  187. 2002年1月 [11]
  188. 2001年12月 [7]
  189. 2001年11月 [3]
  190. 2001年10月 [2]
  191. 2001年9月 [3]
  192. 2001年7月 [1]
  193. 2001年6月 [2]
  194. 2001年5月 [2]
  195. 2001年4月 [2]
  196. 2001年3月 [4]
  197. 2001年2月 [2]
  198. 2001年1月 [4]
  199. 2000年12月 [6]
  200. 2000年11月 [9]
  201. 2000年10月 [3]
  202. 2000年9月 [4]
  203. 2000年8月 [4]
  204. 2000年7月 [7]
  205. 2000年6月 [8]
  206. 2000年5月 [8]
  207. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4