2017年11月の記事一覧

これでいいのだ!

どうやらバカボンのパパと
同じ年齢に達してしまったようだ(苦笑)

マジか!?
バカボンのパパは41歳の設定なのか?(苦笑)
何となく意外な展開でした(汗)


まぁ~でもこれでいいのだ!(笑)


と言うわけで、本日KAZは41歳になりました!!
立派なおじさんです(苦笑)

ほうれい線は目立ってくるし、
髪だって染めないと、結構な白髪だらけだし
髪だけに限らず、鼻毛も白髪だし
あそこの毛も白いの増えてきたし・・・
夕方にはパソコン見ていると眼がショボショボしてくるし
足がよろけて転倒するし(汗)
夜寝るのも早くなってきたし、体力も減ってきたし・・・
味濃いめの飯も受け付けなくなってきたし
若いって良いのぉ~って切に思ってるし
何をするにもあの頃は良かったって思っちゃうし
書けば書くほど切なくなってくるけど(苦笑)


だけど、やっぱりこれでいいのだ!(笑)


今更どうしようとも、若くなることはないし
人生グラフでも折り返しを過ぎただろうし
でも今は今なりに、息子との生活が楽しいし
一緒に喜怒哀楽を共有できる奥さんもいるし
たまに馬鹿言い合える仲間もいるし
音楽もやれているし、KAZ自身を応援してくれている
方々も大勢いることもありがたいし
仕事もしんどいけど充実はできているし
こんな素敵な人生を送れていることに
いったい何の不満があるというのだね?(苦笑)

何だかんだ言ったって、リア充な人生ですよ!!

障がいを持って生まれてしまったけど、
多分健常者よりも良い人生送っているんじゃないかな?
自分がやりたいなと思うことは大半ができていると思います。

強いてできていないことをあげるとすれば
車を自分で運転できないのと、
金持ちになれないことでしょうかね(苦笑)

車に関していえば、もう自動運転車が
そう遠くないうちに実用化されるんだろうから
自分での運転は諦めて、リーズナブルな値段になってきたら
購入して、車内爆音音楽でドライブしたいものです(笑)

金持ちは・・・まぁ~無理か(苦笑)


40歳の1年ってのは振り返ると・・・
病気と怪我が大半だったのぉ・・・(苦笑)
41歳になっても後厄が残っているから
充分に気をつけながら、息子の成長を見守りつつ
マイペースで、楽しく、くだらない毎日を
平穏で過ごせれば良いなと思っております!!

さぁ~この日記を読んでしまった皆さん!!
お祝いコメント待っております!(苦笑)
もしくは、同じように切ないエピソード待ってます(笑)

今後とも頑張って生きていきますので、
これからも、ケーエーゼットを温かく見守ってください(笑)
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


ということで、最後もこれでいいのだ!


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪でいいのだ!

毎年のことながら...

良く降る雪でごさんずね(苦笑)
先週のチャリティーライブ前後も降って
リアル困っておりましたが(汗)

もうこれは多少溶けたとしても寝雪パターンでしょうかね(汗)
仕方ないとは言え、また憂鬱な数カ月が始まります。

こうなってくると、困るのが当然通勤!
でも去年いろいろな方からの手助けがあって
何とか乗り切ったわけですが、
また今年も手伝いますよって言ってくださる方も
たくさんいらっしゃいまして、
本当にありがたいなと心より思っておりますm(_ _)m

さらに新しいところからも、協力しますという話もあり
近々打ち合わせをさせていただく予定です。


若い頃は、できないことは山程あったけど
それでも一人で何とかなるんじゃないかって
強がって生きていたこともあるんですが
この年になると、意味のない強がりは
自分を追い込むだけで、良いことはないんだなと
悟ってきまして...手を貸していただける方には
素直に甘えさせていただいても
良いんじゃないだろうか?って思うのです。

全部を甘えるってのは、また別の話になってきて
面倒くさくなりますけど、できない部分を
手を貸してくださいっていうお願いは
何ら恥じることではないと思います。

障がいがあろうがなかろうが、
自分ではできないってことはあるじゃないですか?
頼ることができない性格だったり、
どーしても頼れないってことはあれど、
頼って良い部分は、素直に甘えて良いと思う。


まぁ〜度を超すと嫌われますけど(苦笑)
そのさじ加減も分かりづらいけど...。
少なくとも家族を含めて、誰かしらの手を借りないと
自分は生きていくことも難しいのは
認める心持ちも必要なんだと思います。
だから私は素直に手を貸してくださいって
大声を出して、呼びかけております!

ただ逆に誰かが助けを求めていて、
私にできることがあるのなら、
そこは手を差し伸べたいと思っています!
お金の面は難しいけど...(苦笑)


人間、持ちつ持たれつの関係で成り立ってるでしょ?
窮地に追い込まれる前に、取り敢えず声を出してみましょうや。
誰かは気付いてくれるんじゃないかなぁ。

そんなことを思う、雪降りの夜でした(汗)

まだ連絡してない方もいらっしゃいますが
緊急要員として、ご連絡させていただきますので
今回も雪降りの期間、ご協力いただけましたら
大変ありがたく存じますので、
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

無事に終わりました

少し日数が経ってしまいましたが
まずはお礼を兼ねまして、日記を上げさせていただきます!

本番の前日から降り続けた雪は、札幌の景色を真っ白に染めて
当日になったら、うっすらどころか、
真冬ばりの積雪になっておりました(汗)

今までのパターンからいきますと、結構晴れ男で通ってきたのですが
今回ばかりは嵐が北海道にやってきたついでに
強い寒気まで連れてきてしまって、
ある意味、嵐旋風が巻き起こった感じでしたね(苦笑)

嵐のライブを蹴って、UHB主催のKANさんが出演するライブも蹴って
皆さんはKAZに会いに来てくれたんですよね?(苦笑)
大変光栄に思っております(笑)

でも本当に、足が不自由だったり、
車いすに乗っていたりすると、雪が積もっちゃうと
外に出るのが億劫になると思う中、
チャリティーライブに足を運んでくださったことは
心よりありがたく感じております。
あらためて本当にありがとうございましたm(_ _)m

kazcl_20171119.jpg

ライブレポは、別途上げたいと思いますので
この日記では割愛させていただきますが、
風邪を引いてしまったり、どーにも車いすで
外に出るには大変だったり、
体調が悪かったりする方など、
わざわざお詫びの連絡をいただきまして、
そんなこと気にしなくていいのに
逆に気を遣わせてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

私としては、そりゃ見て欲しいですけど
行きますよと意思表示を示していただくだけでも
充分嬉しく思っております。
それだけでも励みになります!!
次の機会にライブ会場で会えることを願ってます!


とは言え、余りの大雪には少々焦りもあり
みんな来てくれるだろうか?
などの心配は結構しておりました(汗)
でも蓋を開けてみれば、定員のほとんどの方が
来てくださりまして、大盛況の内に終えることができました。

行けないけど募金だけします!って言ってくれた人もいます!
お名前だけお知らせします。

・スライリィー基金様
・ポリープゆうぢ様

本当にありがとうございましたm(_ _)m


今回選んだ会場は、ライブをやるための場所では
ありませんでしたので、これはこれでどうなっちゃうのか
不安がなかった訳ではありませんでした。
ステージも段がある訳でもないし
目線は皆さんと一緒でしたし、照明も融通の利く
感じではありませんでした(汗)

ただただ縦に長い部屋という感じでしたので
どういう使い方をすればいいのか
当日皆さんに委ねるしかなかったです(苦笑)

でも人数制限があるというのは分かってたので
部屋全体が埋まることはないため
部屋の後ろ側は、退屈するであろう
我が子を始めとする、子どもたちの自由スペースにすることだけは
部屋を借りる際には決めておりました。

この点についてだけで言えば、上手い利用方法だったと思います。
親御さんからも、ありがたいという話も聞けましたので
素直に良かったなと思っています。
そこだけで言えば、照明の融通の利かなさも
ある意味功を奏したのかもしれませんね(苦笑)


音量について言えば、当初ほどほどにしてくださいって
言われていたので、どこら辺が線引きなのか
分からないまま、突入してみたけど(汗)
意外に音量出せたし、終わってから鍵を返却する際に
大丈夫だったか聞いてみたけど、
特に問題はなさそうでした。
今回のライブでの音量がオッケーなら
私的には今後も使う場所としてはアリかなと思ってます。

ライブ自体に妥協はしたくない。
でも見に来る人に対しても、基本制限はしたくない。
車椅子だから入れませんとか、
子どもは声を上げるからダメとか、
何か理由つけて、制限するのはイヤだなと。
まぁ〜人数制限はありますがね(苦笑)

このチャリティーライブだけは、
見に行きたいなぁ〜と思ってくれるように
演者も頑張るし、見に来る人も自由であって欲しいのです。
その流れでライブ見たら、募金も自然にできてるし
ちょっとでも子どもたちのことを考える
きっかけを持っていただけたらと思って取り組んでいます。


今回も余計な話ばかりしちゃって
子どもたちのことを、きちんと話せたかは
正直怪しいんですけど...
しかも時間を押しに押してしまったし(汗)
そこら辺をカバーするためにパンフを作ってたりもするので
一回は読んでもらえれば、真剣に取り組んでいることは
理解していただけるのではないかと思っております。


何はともあれ、無事に終えることができて
心からホッとしております(苦笑)

PAのエバタさん、
KAZ一派のRYOさん、やってぃ、シヴァーP、ナベ、
ボランティアのOさん、
サポートのやまちゃん、大先生、キメラさん
MCミック、よっし〜
カメラマンの梶川さん、はるかさん、Eちゃん
オープニングアクトを務めてくれた
三浦里菜さん、こうえいたさん
いつも支えてくれている、ママ、
一緒に歌ってくれた、つむくん

そして何よりも、ご来場いただきました皆様に、
あらためて深く深く、厚く御礼申し上げますm(_ _)m


取り敢えず、10回の目標を目指して来年も開催しますので
今後とも応援していただけると大変嬉しく思います!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

いやぁ〜参った(汗)

  • かなしい事

昨日の夜はKANさんのライブを見に行って
楽しすぎたけど、体力はへとへと状態でした(苦笑)

家に帰って、そっこーで休みましたが
連日の仕事の疲れと、チャリティーライブの練習と
そしてKANさんだったので、やっぱ限界だったんですかねぇ(汗)

今朝、仕事に行く前の用意する段階で
トイレに行って出ようとしたら、
足がもつれたようで、転倒しました...。
頭を壁に強打しながら、擦りつけてしまったようで
後頭部を5cm程度切ってしまい
気付けば血だらけになってました(汗)

さすがに転倒だけでも焦るけど
頭からの血が出ているのを見ると
ヤバイんじゃね?って思い、取り敢えず出勤済みの
奥さんの職場に電話をかけヘルプを求めました。

唯一の救いはスマホがテーブルの端っこにあったのと、
ストラップがだらーんとぶら下がっていたので
手を伸ばせば届いたことでしょうかね。
正直取れなかったら、夜まで気付いてもらえないかも(苦笑)

その後、横になっているのも微妙なので
多少座りたいので、ひたすら身体をずって動き
ベットのあるところまで辿り着き、
何とか少しは座る感じにまではもってこれました。
でももう動く気力もなく、奥さんが戻るまで
ただただ待ってました(苦笑)

あたり一面血だらけになっている状況を
察し救急車を手配してもらって
近くの脳外科へ搬送されます。

その後、CTやレントゲンを撮って
どちらも異常がないことを確認して
切れている部分を縫合することになり
ドクターXでは良く見る、医療用ホッチキスで
傷を縫合されました(苦笑)

あれはあれで結構な衝撃と痛さがあるよ(苦笑)
どっかの建築現場のような...バチンって音が
治療室に響き渡っていた(泣)
麻酔することも痛いらしいので
さっと終わらせるには仕方がないらしい...ホントか?(汗)

まぁ〜そこそこの出血だったけど、
言うほど異常がなかったのが救いですな...。

明日からは髪も洗って良いらしいし
日常は普通におくれそうです。

ただなぁ〜尾てい骨が、結構痛いのよぉ(汗)
搬送された際は、そこまでの痛さがなかったから
あまり強くは訴えなかったんだけど
明日も痛ければ、今度は整形外科かのぉ...。


何はともあれ...1年で二度も救急車を手配するのも
異常がなかったのを確認するまでの間や
カーペットの血だらけをキレイにせざるを得ない
奥さんにも本当に申し訳なかったのぉ...。

気を付けて歩くようにはしてたけど
疲れすぎて思考回路は回ってなかったのかもなぁ。

危うくチャリティーライブ
中止になってしまうところでしたが
開催はしますので、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

皆さんも転倒と頭の強打には気を付けてください(苦笑)

25周年も安心しづらいが、いつものぉ〜あでゅ〜♪

Another week

いよいよ来週の日曜日には、ひっさびさの
チャリティーライブが開催されますよ!!

取り敢えず、チケットも返事待ちを除けば
ほぼソールドアウト状態なので
本当にありがたい限りですm(_ _)m
貴重な休みの日に、お付き合いいただくこと
心より御礼申し上げます。

パンフの印刷も無事届きまして、
ある程度のモノは用意ができまして
後は練習と、MC用原稿だったり
自分用の原稿作りでしょうかね・・・(汗)

kazCL2017panfu.jpg

何はともあれ、来ていただける皆様に
楽しんでいっていただけるような
ライブにしたいと思って取り組んでおりますので
ぜひご期待いただけたらと思います!!

さて改めて細々とした説明をさせていただきますね。


●会場について

まずは会場である、かでる2.7のレクレーション室ですが
一階の入り口を入ったら右に狭い通路がありまして
そこのを奥まで進んでいただきますと
レクレーション室があります。
詳しくは下記の画像を参照願います!!

kaderu2_7_1f.jpg

ちょっと早めに着いてしまった方には
入り口正面にあります展示ホールスペースにて
お待ちいただくことは可能ですので、
暖をとってお待ちください。

それでも不明な場合は入り口横に
総合受付がありますので
お気軽にお問い合わせください。


●駐車場について

かでる2.7には駐車場があり、通常は有料ではありますが
車で来ていただき停めることは可能です。

車高の高さ制限があり2mまでになります。

但し、チャリティーライブ以外にも
かでるホールでも当日イベントがあり、
既に使われている可能性はあります。
しかも台数も機械の故障とかで現在29台までしか
停めることができないようです(苦笑)
本来は80台近く停められる設備らしいのですが
直すための予算が市から得られないらしく
仕方なく29台までらしいです・・・。

車椅子利用の方には優先的に利用していただきたいのですが
先着順らしく状況によってはかでる2.7の駐車場は
使用できない可能性もあることだけは
申し訳ないのですが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
私自身も使えない可能性もあります(汗)

一番近場で、YAMADA電機に駐車場が有料ですがあります。
どうしようもない場合は、そちらの利用をお願いします。

一応利用できたときの話をしますと、
障がい者手帳をお持ちの方であれば
駐車料金は免除されますので、駐車場の受付さんに
手帳を提示してください。


●定員について

施設利用に当たり人数制限がありますので
予約されていない方の入場はできませんので
予めご了承ください。


●お子様連れの方

私も2歳児の親なのでよく分かりますが
さすがに2時間も大人しくしているのは
難しいかと思います(汗)
なので会場を自由に動き回っていただいて構いません(笑)
泣いても、大声出しても問題ありません(苦笑)
無理強いはしないでください。

一応、私含めて歌い手は、小さい子向けの
曲を用意していますので、
何かしら反応してもらえると思っています(苦笑)

飲食も基本はアレですが、掃除は我々スタッフが行いますので
気になさらずに、飲み物やお菓子は食べさせてあげてください。

荷物に関しては、50人分のロッカーも完備されていますので
身を軽くしたいときには自由にお使いください。
鍵はあるので大丈夫だと思いますが
貴重品については各自で責任を持って扱ってください。
後、鍵はなくさないでください(苦笑)


●車椅子を利用されている方

面倒だとは思われますが、レクレーション室が
元々裸足でも使用できる部屋として設定している関係上
歩いている方にはスリッパに履き替えていただき
車椅子利用の方にはタイヤを拭いてから入るように
施設側より指示を受けておりますので
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

そしてトイレについてですが、車椅子用のトイレは
同じ1階にはありますが、ホール側の方にありますので
少々離れていますが、その点もご了承ください。


取り敢えず説明としては、こんなところでしょうか?(汗)

何はともあれ、今回は小さいお子さんの参加が多く
多分私のチャリティーライブとしては初だと思われますが
どうにか2時間楽しんでいただけるように
頑張っていきますので、見に来てくださる皆様も
どうぞ楽しみにしてくださいね!!

私含めて風邪などを引きませんように・・・(苦笑)

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年12月 [6]
  2. 2017年11月 [5]
  3. 2017年10月 [5]
  4. 2017年9月 [6]
  5. 2017年8月 [3]
  6. 2017年7月 [4]
  7. 2017年6月 [5]
  8. 2017年5月 [5]
  9. 2017年4月 [3]
  10. 2017年3月 [3]
  11. 2017年2月 [2]
  12. 2017年1月 [6]
  13. 2016年12月 [4]
  14. 2016年11月 [5]
  15. 2016年10月 [6]
  16. 2016年9月 [4]
  17. 2016年7月 [3]
  18. 2016年6月 [4]
  19. 2016年5月 [5]
  20. 2016年4月 [2]
  21. 2016年3月 [2]
  22. 2015年12月 [3]
  23. 2015年11月 [2]
  24. 2015年10月 [2]
  25. 2015年9月 [1]
  26. 2015年8月 [1]
  27. 2015年7月 [4]
  28. 2015年6月 [3]
  29. 2015年5月 [4]
  30. 2015年4月 [3]
  31. 2015年3月 [1]
  32. 2015年1月 [3]
  33. 2014年12月 [1]
  34. 2014年11月 [3]
  35. 2014年10月 [6]
  36. 2014年9月 [3]
  37. 2014年8月 [6]
  38. 2014年7月 [4]
  39. 2014年6月 [4]
  40. 2014年5月 [7]
  41. 2014年4月 [5]
  42. 2014年3月 [3]
  43. 2014年2月 [3]
  44. 2014年1月 [4]
  45. 2013年12月 [9]
  46. 2013年11月 [11]
  47. 2013年10月 [6]
  48. 2013年9月 [9]
  49. 2013年8月 [7]
  50. 2013年7月 [6]
  51. 2013年6月 [11]
  52. 2013年5月 [9]
  53. 2013年4月 [8]
  54. 2013年3月 [9]
  55. 2013年2月 [9]
  56. 2013年1月 [8]
  57. 2012年12月 [21]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [15]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [14]
  62. 2012年7月 [12]
  63. 2012年6月 [12]
  64. 2012年5月 [10]
  65. 2012年4月 [14]
  66. 2012年3月 [19]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [21]
  69. 2011年12月 [18]
  70. 2011年11月 [23]
  71. 2011年10月 [20]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [12]
  74. 2011年7月 [16]
  75. 2011年6月 [19]
  76. 2011年5月 [19]
  77. 2011年4月 [19]
  78. 2011年3月 [19]
  79. 2011年2月 [17]
  80. 2011年1月 [18]
  81. 2010年12月 [27]
  82. 2010年11月 [20]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [21]
  85. 2010年8月 [25]
  86. 2010年7月 [17]
  87. 2010年6月 [24]
  88. 2010年5月 [17]
  89. 2010年4月 [29]
  90. 2010年3月 [22]
  91. 2010年2月 [19]
  92. 2010年1月 [20]
  93. 2009年12月 [19]
  94. 2009年11月 [18]
  95. 2009年10月 [23]
  96. 2009年9月 [13]
  97. 2009年8月 [19]
  98. 2009年7月 [19]
  99. 2009年6月 [16]
  100. 2009年5月 [22]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [20]
  103. 2009年2月 [16]
  104. 2009年1月 [16]
  105. 2008年12月 [20]
  106. 2008年11月 [20]
  107. 2008年10月 [12]
  108. 2008年9月 [10]
  109. 2008年8月 [23]
  110. 2008年7月 [27]
  111. 2008年6月 [25]
  112. 2008年5月 [25]
  113. 2008年4月 [18]
  114. 2008年3月 [17]
  115. 2008年2月 [19]
  116. 2008年1月 [21]
  117. 2007年12月 [13]
  118. 2007年11月 [22]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [19]
  121. 2007年8月 [21]
  122. 2007年7月 [27]
  123. 2007年6月 [21]
  124. 2007年5月 [23]
  125. 2007年4月 [23]
  126. 2007年3月 [27]
  127. 2007年2月 [26]
  128. 2007年1月 [17]
  129. 2006年12月 [21]
  130. 2006年11月 [16]
  131. 2006年10月 [22]
  132. 2006年9月 [22]
  133. 2006年8月 [20]
  134. 2006年7月 [11]
  135. 2006年6月 [22]
  136. 2006年5月 [14]
  137. 2006年4月 [13]
  138. 2006年3月 [14]
  139. 2006年2月 [14]
  140. 2006年1月 [21]
  141. 2005年12月 [21]
  142. 2005年11月 [10]
  143. 2005年10月 [14]
  144. 2005年9月 [17]
  145. 2005年8月 [16]
  146. 2005年7月 [15]
  147. 2005年6月 [16]
  148. 2005年5月 [18]
  149. 2005年4月 [24]
  150. 2005年3月 [22]
  151. 2005年2月 [20]
  152. 2005年1月 [17]
  153. 2004年12月 [20]
  154. 2004年11月 [7]
  155. 2004年10月 [10]
  156. 2004年9月 [11]
  157. 2004年8月 [10]
  158. 2004年7月 [10]
  159. 2004年6月 [9]
  160. 2004年5月 [10]
  161. 2004年4月 [7]
  162. 2004年3月 [8]
  163. 2004年2月 [8]
  164. 2004年1月 [11]
  165. 2003年12月 [13]
  166. 2003年11月 [13]
  167. 2003年10月 [1]
  168. 2003年9月 [2]
  169. 2003年8月 [1]
  170. 2003年7月 [2]
  171. 2003年6月 [6]
  172. 2003年5月 [6]
  173. 2003年4月 [3]
  174. 2003年3月 [5]
  175. 2003年2月 [3]
  176. 2003年1月 [6]
  177. 2002年12月 [5]
  178. 2002年11月 [5]
  179. 2002年10月 [6]
  180. 2002年9月 [5]
  181. 2002年8月 [5]
  182. 2002年7月 [6]
  183. 2002年6月 [7]
  184. 2002年5月 [2]
  185. 2002年4月 [4]
  186. 2002年3月 [6]
  187. 2002年2月 [5]
  188. 2002年1月 [11]
  189. 2001年12月 [7]
  190. 2001年11月 [3]
  191. 2001年10月 [2]
  192. 2001年9月 [3]
  193. 2001年7月 [1]
  194. 2001年6月 [2]
  195. 2001年5月 [2]
  196. 2001年4月 [2]
  197. 2001年3月 [4]
  198. 2001年2月 [2]
  199. 2001年1月 [4]
  200. 2000年12月 [6]
  201. 2000年11月 [9]
  202. 2000年10月 [3]
  203. 2000年9月 [4]
  204. 2000年8月 [4]
  205. 2000年7月 [7]
  206. 2000年6月 [8]
  207. 2000年5月 [8]
  208. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4