eye.jpg

無事に終わりました

少し日数が経ってしまいましたが
まずはお礼を兼ねまして、日記を上げさせていただきます!

本番の前日から降り続けた雪は、札幌の景色を真っ白に染めて
当日になったら、うっすらどころか、
真冬ばりの積雪になっておりました(汗)

今までのパターンからいきますと、結構晴れ男で通ってきたのですが
今回ばかりは嵐が北海道にやってきたついでに
強い寒気まで連れてきてしまって、
ある意味、嵐旋風が巻き起こった感じでしたね(苦笑)

嵐のライブを蹴って、UHB主催のKANさんが出演するライブも蹴って
皆さんはKAZに会いに来てくれたんですよね?(苦笑)
大変光栄に思っております(笑)

でも本当に、足が不自由だったり、
車いすに乗っていたりすると、雪が積もっちゃうと
外に出るのが億劫になると思う中、
チャリティーライブに足を運んでくださったことは
心よりありがたく感じております。
あらためて本当にありがとうございましたm(_ _)m

kazcl_20171119.jpg

ライブレポは、別途上げたいと思いますので
この日記では割愛させていただきますが、
風邪を引いてしまったり、どーにも車いすで
外に出るには大変だったり、
体調が悪かったりする方など、
わざわざお詫びの連絡をいただきまして、
そんなこと気にしなくていいのに
逆に気を遣わせてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

私としては、そりゃ見て欲しいですけど
行きますよと意思表示を示していただくだけでも
充分嬉しく思っております。
それだけでも励みになります!!
次の機会にライブ会場で会えることを願ってます!


とは言え、余りの大雪には少々焦りもあり
みんな来てくれるだろうか?
などの心配は結構しておりました(汗)
でも蓋を開けてみれば、定員のほとんどの方が
来てくださりまして、大盛況の内に終えることができました。

行けないけど募金だけします!って言ってくれた人もいます!
お名前だけお知らせします。

・スライリィー基金様
・ポリープゆうぢ様

本当にありがとうございましたm(_ _)m


今回選んだ会場は、ライブをやるための場所では
ありませんでしたので、これはこれでどうなっちゃうのか
不安がなかった訳ではありませんでした。
ステージも段がある訳でもないし
目線は皆さんと一緒でしたし、照明も融通の利く
感じではありませんでした(汗)

ただただ縦に長い部屋という感じでしたので
どういう使い方をすればいいのか
当日皆さんに委ねるしかなかったです(苦笑)

でも人数制限があるというのは分かってたので
部屋全体が埋まることはないため
部屋の後ろ側は、退屈するであろう
我が子を始めとする、子どもたちの自由スペースにすることだけは
部屋を借りる際には決めておりました。

この点についてだけで言えば、上手い利用方法だったと思います。
親御さんからも、ありがたいという話も聞けましたので
素直に良かったなと思っています。
そこだけで言えば、照明の融通の利かなさも
ある意味功を奏したのかもしれませんね(苦笑)


音量について言えば、当初ほどほどにしてくださいって
言われていたので、どこら辺が線引きなのか
分からないまま、突入してみたけど(汗)
意外に音量出せたし、終わってから鍵を返却する際に
大丈夫だったか聞いてみたけど、
特に問題はなさそうでした。
今回のライブでの音量がオッケーなら
私的には今後も使う場所としてはアリかなと思ってます。

ライブ自体に妥協はしたくない。
でも見に来る人に対しても、基本制限はしたくない。
車椅子だから入れませんとか、
子どもは声を上げるからダメとか、
何か理由つけて、制限するのはイヤだなと。
まぁ〜人数制限はありますがね(苦笑)

このチャリティーライブだけは、
見に行きたいなぁ〜と思ってくれるように
演者も頑張るし、見に来る人も自由であって欲しいのです。
その流れでライブ見たら、募金も自然にできてるし
ちょっとでも子どもたちのことを考える
きっかけを持っていただけたらと思って取り組んでいます。


今回も余計な話ばかりしちゃって
子どもたちのことを、きちんと話せたかは
正直怪しいんですけど...
しかも時間を押しに押してしまったし(汗)
そこら辺をカバーするためにパンフを作ってたりもするので
一回は読んでもらえれば、真剣に取り組んでいることは
理解していただけるのではないかと思っております。


何はともあれ、無事に終えることができて
心からホッとしております(苦笑)

PAのエバタさん、
KAZ一派のRYOさん、やってぃ、シヴァーP、ナベ、
ボランティアのOさん、
サポートのやまちゃん、大先生、キメラさん
MCミック、よっし〜
カメラマンの梶川さん、はるかさん、Eちゃん
オープニングアクトを務めてくれた
三浦里菜さん、こうえいたさん
いつも支えてくれている、ママ、
一緒に歌ってくれた、つむくん

そして何よりも、ご来場いただきました皆様に、
あらためて深く深く、厚く御礼申し上げますm(_ _)m


取り敢えず、10回の目標を目指して来年も開催しますので
今後とも応援していただけると大変嬉しく思います!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [4]
  2. 2017年10月 [5]
  3. 2017年9月 [6]
  4. 2017年8月 [3]
  5. 2017年7月 [4]
  6. 2017年6月 [5]
  7. 2017年5月 [5]
  8. 2017年4月 [3]
  9. 2017年3月 [3]
  10. 2017年2月 [2]
  11. 2017年1月 [6]
  12. 2016年12月 [4]
  13. 2016年11月 [5]
  14. 2016年10月 [6]
  15. 2016年9月 [4]
  16. 2016年7月 [3]
  17. 2016年6月 [4]
  18. 2016年5月 [5]
  19. 2016年4月 [2]
  20. 2016年3月 [2]
  21. 2015年12月 [3]
  22. 2015年11月 [2]
  23. 2015年10月 [2]
  24. 2015年9月 [1]
  25. 2015年8月 [1]
  26. 2015年7月 [4]
  27. 2015年6月 [3]
  28. 2015年5月 [4]
  29. 2015年4月 [3]
  30. 2015年3月 [1]
  31. 2015年1月 [3]
  32. 2014年12月 [1]
  33. 2014年11月 [3]
  34. 2014年10月 [6]
  35. 2014年9月 [3]
  36. 2014年8月 [6]
  37. 2014年7月 [4]
  38. 2014年6月 [4]
  39. 2014年5月 [7]
  40. 2014年4月 [5]
  41. 2014年3月 [3]
  42. 2014年2月 [3]
  43. 2014年1月 [4]
  44. 2013年12月 [9]
  45. 2013年11月 [11]
  46. 2013年10月 [6]
  47. 2013年9月 [9]
  48. 2013年8月 [7]
  49. 2013年7月 [6]
  50. 2013年6月 [11]
  51. 2013年5月 [9]
  52. 2013年4月 [8]
  53. 2013年3月 [9]
  54. 2013年2月 [9]
  55. 2013年1月 [8]
  56. 2012年12月 [21]
  57. 2012年11月 [18]
  58. 2012年10月 [15]
  59. 2012年9月 [18]
  60. 2012年8月 [14]
  61. 2012年7月 [12]
  62. 2012年6月 [12]
  63. 2012年5月 [10]
  64. 2012年4月 [14]
  65. 2012年3月 [19]
  66. 2012年2月 [10]
  67. 2012年1月 [21]
  68. 2011年12月 [18]
  69. 2011年11月 [23]
  70. 2011年10月 [20]
  71. 2011年9月 [8]
  72. 2011年8月 [12]
  73. 2011年7月 [16]
  74. 2011年6月 [19]
  75. 2011年5月 [19]
  76. 2011年4月 [19]
  77. 2011年3月 [19]
  78. 2011年2月 [17]
  79. 2011年1月 [18]
  80. 2010年12月 [27]
  81. 2010年11月 [20]
  82. 2010年10月 [20]
  83. 2010年9月 [21]
  84. 2010年8月 [25]
  85. 2010年7月 [17]
  86. 2010年6月 [24]
  87. 2010年5月 [17]
  88. 2010年4月 [29]
  89. 2010年3月 [22]
  90. 2010年2月 [19]
  91. 2010年1月 [20]
  92. 2009年12月 [19]
  93. 2009年11月 [18]
  94. 2009年10月 [23]
  95. 2009年9月 [13]
  96. 2009年8月 [19]
  97. 2009年7月 [19]
  98. 2009年6月 [16]
  99. 2009年5月 [22]
  100. 2009年4月 [17]
  101. 2009年3月 [20]
  102. 2009年2月 [16]
  103. 2009年1月 [16]
  104. 2008年12月 [20]
  105. 2008年11月 [20]
  106. 2008年10月 [12]
  107. 2008年9月 [10]
  108. 2008年8月 [23]
  109. 2008年7月 [27]
  110. 2008年6月 [25]
  111. 2008年5月 [25]
  112. 2008年4月 [18]
  113. 2008年3月 [17]
  114. 2008年2月 [19]
  115. 2008年1月 [21]
  116. 2007年12月 [13]
  117. 2007年11月 [22]
  118. 2007年10月 [20]
  119. 2007年9月 [19]
  120. 2007年8月 [21]
  121. 2007年7月 [27]
  122. 2007年6月 [21]
  123. 2007年5月 [23]
  124. 2007年4月 [23]
  125. 2007年3月 [27]
  126. 2007年2月 [26]
  127. 2007年1月 [17]
  128. 2006年12月 [21]
  129. 2006年11月 [16]
  130. 2006年10月 [22]
  131. 2006年9月 [22]
  132. 2006年8月 [20]
  133. 2006年7月 [11]
  134. 2006年6月 [22]
  135. 2006年5月 [14]
  136. 2006年4月 [13]
  137. 2006年3月 [14]
  138. 2006年2月 [14]
  139. 2006年1月 [21]
  140. 2005年12月 [21]
  141. 2005年11月 [10]
  142. 2005年10月 [14]
  143. 2005年9月 [17]
  144. 2005年8月 [16]
  145. 2005年7月 [15]
  146. 2005年6月 [16]
  147. 2005年5月 [18]
  148. 2005年4月 [24]
  149. 2005年3月 [22]
  150. 2005年2月 [20]
  151. 2005年1月 [17]
  152. 2004年12月 [20]
  153. 2004年11月 [7]
  154. 2004年10月 [10]
  155. 2004年9月 [11]
  156. 2004年8月 [10]
  157. 2004年7月 [10]
  158. 2004年6月 [9]
  159. 2004年5月 [10]
  160. 2004年4月 [7]
  161. 2004年3月 [8]
  162. 2004年2月 [8]
  163. 2004年1月 [11]
  164. 2003年12月 [13]
  165. 2003年11月 [13]
  166. 2003年10月 [1]
  167. 2003年9月 [2]
  168. 2003年8月 [1]
  169. 2003年7月 [2]
  170. 2003年6月 [6]
  171. 2003年5月 [6]
  172. 2003年4月 [3]
  173. 2003年3月 [5]
  174. 2003年2月 [3]
  175. 2003年1月 [6]
  176. 2002年12月 [5]
  177. 2002年11月 [5]
  178. 2002年10月 [6]
  179. 2002年9月 [5]
  180. 2002年8月 [5]
  181. 2002年7月 [6]
  182. 2002年6月 [7]
  183. 2002年5月 [2]
  184. 2002年4月 [4]
  185. 2002年3月 [6]
  186. 2002年2月 [5]
  187. 2002年1月 [11]
  188. 2001年12月 [7]
  189. 2001年11月 [3]
  190. 2001年10月 [2]
  191. 2001年9月 [3]
  192. 2001年7月 [1]
  193. 2001年6月 [2]
  194. 2001年5月 [2]
  195. 2001年4月 [2]
  196. 2001年3月 [4]
  197. 2001年2月 [2]
  198. 2001年1月 [4]
  199. 2000年12月 [6]
  200. 2000年11月 [9]
  201. 2000年10月 [3]
  202. 2000年9月 [4]
  203. 2000年8月 [4]
  204. 2000年7月 [7]
  205. 2000年6月 [8]
  206. 2000年5月 [8]
  207. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4