eye.jpg

正直しんどい...

2カ月程前から、自分が働く部署の
新人さんへの指導係に、ど〜いうわけか任命され
それからというもの、日々多忙すぎて
へとへとの毎日を過ごしております(苦笑)

まぁ〜新人さんも頑張って覚えようとしていることも
よく分かるし、仕事内容的には
そんなに簡単ではないことも
私も1年もやってきているので、
それも重々よく分かる。
だからこそ、何でか指導係になってしまっていた
私なりにも質問には全て応えているつもり。

何度同じことを聞かれようとも、
自分のスタンスとして、嫌な顔せずに
対応させてもらっているつもりです。

とは言え、私が分かる範囲の範疇を超えての
質問には上司やリーダー的な人に
聞きに行かざるを得ないわけでして、
正直聞きに行くのも躊躇いたくなることもあります(苦笑)

上の人たちは私以上の多忙の業務を
こなしているのも見ていてよく分かるので
極力は話しかけない方が
良いんだろうねぇ〜って時がありますな(汗)
ピリピリしている空気感や、
余裕のない表情や態度を取られると
ちょっと心境的にげんなりするよねぇ...。

多分当人たちは、そんなつもりはないんだろうけども
直で対面するとリアルに伝わるのよ(苦笑)

でも分かる!分かるよ!!(苦笑)
今話しかけるタイミングじゃないのも
よく分かってるよ(笑)
たださぁ〜下っ端も困るわけよ(汗)
答えを出してあげないと、先に進まないわけよ。
だから内心はどう思っていても良いから
もう少し聞きやすい雰囲気を作ってくださいよ(苦笑)

望んでもいない中間管理職みたいな気分だよ(汗)

そこそこ公言しておりますが、
今の職場の前に働いていた、複数の職場では
責任者的な立場もあったので
それに疲れ切ったからこそ、
黙々と働ける仕事を探して、
今のところに辿り着いたわけですが、
まさかここでも、そういう立場に
させられるとは思ってもいなくて...。

正直、この時期は特にしんどい...(苦笑)

期待されていたり、あてにされていたりと
ポジティブに捉えれば、きちんと働きっぷりが
評価されていると思うんだけど、
なにぶん業務量が多すぎて、
現在キャパオーバーなわけです(汗)

それでも周りの人たちの、対応は素晴らしいので
それに応えたいという思いもあるので
頑張って働いております(苦笑)


そんな中、自分的にはあてにしていた人が
今月で終了するという話を聞き、
え〜〜〜って大声を出しそうになったり
結構ショックだったります。
そこら辺は一般の会社ってのは
シビアなんだなぁ〜と非常に残念な思いです。

入り自体は短期の人だったろうけども
働く意欲はあるんだから、
頑張ってもらえば良かったんじゃないなかなぁ〜
なんてことを考えながら、
何とか一週間働いておりました(苦笑)

今年もあとわずかだから、
残りの期間も頑張って働くことにします(汗)

週末万歳(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年12月 [3]
  2. 2017年11月 [5]
  3. 2017年10月 [5]
  4. 2017年9月 [6]
  5. 2017年8月 [3]
  6. 2017年7月 [4]
  7. 2017年6月 [5]
  8. 2017年5月 [5]
  9. 2017年4月 [3]
  10. 2017年3月 [3]
  11. 2017年2月 [2]
  12. 2017年1月 [6]
  13. 2016年12月 [4]
  14. 2016年11月 [5]
  15. 2016年10月 [6]
  16. 2016年9月 [4]
  17. 2016年7月 [3]
  18. 2016年6月 [4]
  19. 2016年5月 [5]
  20. 2016年4月 [2]
  21. 2016年3月 [2]
  22. 2015年12月 [3]
  23. 2015年11月 [2]
  24. 2015年10月 [2]
  25. 2015年9月 [1]
  26. 2015年8月 [1]
  27. 2015年7月 [4]
  28. 2015年6月 [3]
  29. 2015年5月 [4]
  30. 2015年4月 [3]
  31. 2015年3月 [1]
  32. 2015年1月 [3]
  33. 2014年12月 [1]
  34. 2014年11月 [3]
  35. 2014年10月 [6]
  36. 2014年9月 [3]
  37. 2014年8月 [6]
  38. 2014年7月 [4]
  39. 2014年6月 [4]
  40. 2014年5月 [7]
  41. 2014年4月 [5]
  42. 2014年3月 [3]
  43. 2014年2月 [3]
  44. 2014年1月 [4]
  45. 2013年12月 [9]
  46. 2013年11月 [11]
  47. 2013年10月 [6]
  48. 2013年9月 [9]
  49. 2013年8月 [7]
  50. 2013年7月 [6]
  51. 2013年6月 [11]
  52. 2013年5月 [9]
  53. 2013年4月 [8]
  54. 2013年3月 [9]
  55. 2013年2月 [9]
  56. 2013年1月 [8]
  57. 2012年12月 [21]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [15]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [14]
  62. 2012年7月 [12]
  63. 2012年6月 [12]
  64. 2012年5月 [10]
  65. 2012年4月 [14]
  66. 2012年3月 [19]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [21]
  69. 2011年12月 [18]
  70. 2011年11月 [23]
  71. 2011年10月 [20]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [12]
  74. 2011年7月 [16]
  75. 2011年6月 [19]
  76. 2011年5月 [19]
  77. 2011年4月 [19]
  78. 2011年3月 [19]
  79. 2011年2月 [17]
  80. 2011年1月 [18]
  81. 2010年12月 [27]
  82. 2010年11月 [20]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [21]
  85. 2010年8月 [25]
  86. 2010年7月 [17]
  87. 2010年6月 [24]
  88. 2010年5月 [17]
  89. 2010年4月 [29]
  90. 2010年3月 [22]
  91. 2010年2月 [19]
  92. 2010年1月 [20]
  93. 2009年12月 [19]
  94. 2009年11月 [18]
  95. 2009年10月 [23]
  96. 2009年9月 [13]
  97. 2009年8月 [19]
  98. 2009年7月 [19]
  99. 2009年6月 [16]
  100. 2009年5月 [22]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [20]
  103. 2009年2月 [16]
  104. 2009年1月 [16]
  105. 2008年12月 [20]
  106. 2008年11月 [20]
  107. 2008年10月 [12]
  108. 2008年9月 [10]
  109. 2008年8月 [23]
  110. 2008年7月 [27]
  111. 2008年6月 [25]
  112. 2008年5月 [25]
  113. 2008年4月 [18]
  114. 2008年3月 [17]
  115. 2008年2月 [19]
  116. 2008年1月 [21]
  117. 2007年12月 [13]
  118. 2007年11月 [22]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [19]
  121. 2007年8月 [21]
  122. 2007年7月 [27]
  123. 2007年6月 [21]
  124. 2007年5月 [23]
  125. 2007年4月 [23]
  126. 2007年3月 [27]
  127. 2007年2月 [26]
  128. 2007年1月 [17]
  129. 2006年12月 [21]
  130. 2006年11月 [16]
  131. 2006年10月 [22]
  132. 2006年9月 [22]
  133. 2006年8月 [20]
  134. 2006年7月 [11]
  135. 2006年6月 [22]
  136. 2006年5月 [14]
  137. 2006年4月 [13]
  138. 2006年3月 [14]
  139. 2006年2月 [14]
  140. 2006年1月 [21]
  141. 2005年12月 [21]
  142. 2005年11月 [10]
  143. 2005年10月 [14]
  144. 2005年9月 [17]
  145. 2005年8月 [16]
  146. 2005年7月 [15]
  147. 2005年6月 [16]
  148. 2005年5月 [18]
  149. 2005年4月 [24]
  150. 2005年3月 [22]
  151. 2005年2月 [20]
  152. 2005年1月 [17]
  153. 2004年12月 [20]
  154. 2004年11月 [7]
  155. 2004年10月 [10]
  156. 2004年9月 [11]
  157. 2004年8月 [10]
  158. 2004年7月 [10]
  159. 2004年6月 [9]
  160. 2004年5月 [10]
  161. 2004年4月 [7]
  162. 2004年3月 [8]
  163. 2004年2月 [8]
  164. 2004年1月 [11]
  165. 2003年12月 [13]
  166. 2003年11月 [13]
  167. 2003年10月 [1]
  168. 2003年9月 [2]
  169. 2003年8月 [1]
  170. 2003年7月 [2]
  171. 2003年6月 [6]
  172. 2003年5月 [6]
  173. 2003年4月 [3]
  174. 2003年3月 [5]
  175. 2003年2月 [3]
  176. 2003年1月 [6]
  177. 2002年12月 [5]
  178. 2002年11月 [5]
  179. 2002年10月 [6]
  180. 2002年9月 [5]
  181. 2002年8月 [5]
  182. 2002年7月 [6]
  183. 2002年6月 [7]
  184. 2002年5月 [2]
  185. 2002年4月 [4]
  186. 2002年3月 [6]
  187. 2002年2月 [5]
  188. 2002年1月 [11]
  189. 2001年12月 [7]
  190. 2001年11月 [3]
  191. 2001年10月 [2]
  192. 2001年9月 [3]
  193. 2001年7月 [1]
  194. 2001年6月 [2]
  195. 2001年5月 [2]
  196. 2001年4月 [2]
  197. 2001年3月 [4]
  198. 2001年2月 [2]
  199. 2001年1月 [4]
  200. 2000年12月 [6]
  201. 2000年11月 [9]
  202. 2000年10月 [3]
  203. 2000年9月 [4]
  204. 2000年8月 [4]
  205. 2000年7月 [7]
  206. 2000年6月 [8]
  207. 2000年5月 [8]
  208. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4