eye.jpg

人の振り見て我が振り直せ

一体誰に対してのタイトルなんだか
よく分からなくなってきましたが(苦笑)

今年1年を振り返ろうと言うことで
振りという言葉を使うためのタイトルです(汗)


さらっと自分の日記を読み返すと...
おおよそ身体の不調だらけな内容でした(苦笑)
まぁ〜頭に浮かんでくることすら
今年は体調の悪い日ばっかりだったなぁ〜ってのは
言わずもがなですが(汗)

昨年末に胃腸炎になり、膝に水が溜まり痛い日々で、
左太股裏には手術するしかないくらい
皮膚がボロボロで、他の部分はでっき〜も
コンスタントに登場して悩まされて
手足口病にかかり入院して...
最近では部屋で転倒し、頭を4針縫う怪我をして
同時に尾てい骨強打による打撲が現在進行中という
若干呪われいるんじゃないかってすら思わされるね(汗)

1年の間に、救急車に2回も乗ったのは
初めてだったよ...(汗)
結果的に要請して問題ないみたいだけど
毎回呼んで良いんだろうか?と悩むんですよ。
でも隊員さんたちは優しい人ばかりで
遠慮なく辛かったら呼んでくださいと言われました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

みんな必要なときにだけ呼ぼうね!!
タクシーじゃないんだからね!!


音楽活動は、チカホで歌ったり、
とまと畑さんや、札幌ファクトリーで歌ったり
3年振りにナンバリングタイトルの
チャリティーライブを無事に開催できたりしました。

正直、手足口病の後遺症で、手の指の爪が
剥がれてくるという惨事に見舞われ
ほとんど自分でギターを弾くことはなかったです(汗)
それでも、やまちゃんを始め多くの方々に
助けてもらいながら、チャリティーライブは
無事に終えることができました!
この点に関しましても、改めて御礼申し上げますm(_ _)m


仕事に関して言えば、体調不良で休むことも
多すぎましたが...それでも業務内容には
手を抜くどころか、指導係にまで任命されて
10月以降は仕事量が増えすぎて
しんどい日々だったけど(苦笑)
取り敢えずは、教えてる人は何とか頑張ってくれてるし
愚痴を言いながらも、今後も頑張っていこうと思います(汗)

働き始めて二年目の冬を迎えましたが
ボランティアさんにも協力いただき
通勤はできていますし、職場のスタッフさんたちも
わざわざ付き添いカレンダーまで作ってくれていて
私自身をサポートして働く環境を
作ってくれています。
ありがたいことだなと、胸が熱くなります。

何となく私という存在も、今の職場では
確立されてきたのかな?と思っています。

同僚からしたら、手のかかるところもあるだろうけど
でも業務内容は、人並み以上だし
多少責任もある立場だし、まぁ〜大変だけど
みんなと違うところは、車椅子に乗っていて
身体が不自由なだけで、やることはみんなと
同じなんですよねぇ(苦笑)

来月には、また新しい人がくるらしいので
大変さは増えるけど、上手くいけば
仕事を任せられることに繋がるので
ど〜にか戦力になってもらえるように
私も頑張るしかなさそうです(苦笑)


息子も、いろいろ病気もらってきて
パパに移してくれるけど、
体力がついてきたのか、入院とかはなくなりましたね。
親としては安心できた1年でもありました。
言葉も理解してきて、会話も成立するし
パパのお手伝いもしてくれるし、
成長度はハンパないです!!
まぁ〜物事の判別がつくようになってきたので
嫌なときの拒絶感もハンパないですけど(汗)
来月には3歳になるしね。
どうかこのまま、すくすくと育ってほしいですな!

ママも仕事に家事に育児に、多少の私の介助にと
誰よりも大変な日々ですけど、頑張ってくれています。
いつも本当にありがとうm(_ _)m


この年末年始の連休は、パパママともに
身体を休めることに集中しそうですが(汗)

来年も変わらずに頑張っていこうと思いますので
私をはじめ、ママと息子についても
どうぞ温かい目で見守っていただけると幸いです。


来年は健康であり続けたいのぉ...(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年12月 [6]
  2. 2017年11月 [5]
  3. 2017年10月 [5]
  4. 2017年9月 [6]
  5. 2017年8月 [3]
  6. 2017年7月 [4]
  7. 2017年6月 [5]
  8. 2017年5月 [5]
  9. 2017年4月 [3]
  10. 2017年3月 [3]
  11. 2017年2月 [2]
  12. 2017年1月 [6]
  13. 2016年12月 [4]
  14. 2016年11月 [5]
  15. 2016年10月 [6]
  16. 2016年9月 [4]
  17. 2016年7月 [3]
  18. 2016年6月 [4]
  19. 2016年5月 [5]
  20. 2016年4月 [2]
  21. 2016年3月 [2]
  22. 2015年12月 [3]
  23. 2015年11月 [2]
  24. 2015年10月 [2]
  25. 2015年9月 [1]
  26. 2015年8月 [1]
  27. 2015年7月 [4]
  28. 2015年6月 [3]
  29. 2015年5月 [4]
  30. 2015年4月 [3]
  31. 2015年3月 [1]
  32. 2015年1月 [3]
  33. 2014年12月 [1]
  34. 2014年11月 [3]
  35. 2014年10月 [6]
  36. 2014年9月 [3]
  37. 2014年8月 [6]
  38. 2014年7月 [4]
  39. 2014年6月 [4]
  40. 2014年5月 [7]
  41. 2014年4月 [5]
  42. 2014年3月 [3]
  43. 2014年2月 [3]
  44. 2014年1月 [4]
  45. 2013年12月 [9]
  46. 2013年11月 [11]
  47. 2013年10月 [6]
  48. 2013年9月 [9]
  49. 2013年8月 [7]
  50. 2013年7月 [6]
  51. 2013年6月 [11]
  52. 2013年5月 [9]
  53. 2013年4月 [8]
  54. 2013年3月 [9]
  55. 2013年2月 [9]
  56. 2013年1月 [8]
  57. 2012年12月 [21]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [15]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [14]
  62. 2012年7月 [12]
  63. 2012年6月 [12]
  64. 2012年5月 [10]
  65. 2012年4月 [14]
  66. 2012年3月 [19]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [21]
  69. 2011年12月 [18]
  70. 2011年11月 [23]
  71. 2011年10月 [20]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [12]
  74. 2011年7月 [16]
  75. 2011年6月 [19]
  76. 2011年5月 [19]
  77. 2011年4月 [19]
  78. 2011年3月 [19]
  79. 2011年2月 [17]
  80. 2011年1月 [18]
  81. 2010年12月 [27]
  82. 2010年11月 [20]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [21]
  85. 2010年8月 [25]
  86. 2010年7月 [17]
  87. 2010年6月 [24]
  88. 2010年5月 [17]
  89. 2010年4月 [29]
  90. 2010年3月 [22]
  91. 2010年2月 [19]
  92. 2010年1月 [20]
  93. 2009年12月 [19]
  94. 2009年11月 [18]
  95. 2009年10月 [23]
  96. 2009年9月 [13]
  97. 2009年8月 [19]
  98. 2009年7月 [19]
  99. 2009年6月 [16]
  100. 2009年5月 [22]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [20]
  103. 2009年2月 [16]
  104. 2009年1月 [16]
  105. 2008年12月 [20]
  106. 2008年11月 [20]
  107. 2008年10月 [12]
  108. 2008年9月 [10]
  109. 2008年8月 [23]
  110. 2008年7月 [27]
  111. 2008年6月 [25]
  112. 2008年5月 [25]
  113. 2008年4月 [18]
  114. 2008年3月 [17]
  115. 2008年2月 [19]
  116. 2008年1月 [21]
  117. 2007年12月 [13]
  118. 2007年11月 [22]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [19]
  121. 2007年8月 [21]
  122. 2007年7月 [27]
  123. 2007年6月 [21]
  124. 2007年5月 [23]
  125. 2007年4月 [23]
  126. 2007年3月 [27]
  127. 2007年2月 [26]
  128. 2007年1月 [17]
  129. 2006年12月 [21]
  130. 2006年11月 [16]
  131. 2006年10月 [22]
  132. 2006年9月 [22]
  133. 2006年8月 [20]
  134. 2006年7月 [11]
  135. 2006年6月 [22]
  136. 2006年5月 [14]
  137. 2006年4月 [13]
  138. 2006年3月 [14]
  139. 2006年2月 [14]
  140. 2006年1月 [21]
  141. 2005年12月 [21]
  142. 2005年11月 [10]
  143. 2005年10月 [14]
  144. 2005年9月 [17]
  145. 2005年8月 [16]
  146. 2005年7月 [15]
  147. 2005年6月 [16]
  148. 2005年5月 [18]
  149. 2005年4月 [24]
  150. 2005年3月 [22]
  151. 2005年2月 [20]
  152. 2005年1月 [17]
  153. 2004年12月 [20]
  154. 2004年11月 [7]
  155. 2004年10月 [10]
  156. 2004年9月 [11]
  157. 2004年8月 [10]
  158. 2004年7月 [10]
  159. 2004年6月 [9]
  160. 2004年5月 [10]
  161. 2004年4月 [7]
  162. 2004年3月 [8]
  163. 2004年2月 [8]
  164. 2004年1月 [11]
  165. 2003年12月 [13]
  166. 2003年11月 [13]
  167. 2003年10月 [1]
  168. 2003年9月 [2]
  169. 2003年8月 [1]
  170. 2003年7月 [2]
  171. 2003年6月 [6]
  172. 2003年5月 [6]
  173. 2003年4月 [3]
  174. 2003年3月 [5]
  175. 2003年2月 [3]
  176. 2003年1月 [6]
  177. 2002年12月 [5]
  178. 2002年11月 [5]
  179. 2002年10月 [6]
  180. 2002年9月 [5]
  181. 2002年8月 [5]
  182. 2002年7月 [6]
  183. 2002年6月 [7]
  184. 2002年5月 [2]
  185. 2002年4月 [4]
  186. 2002年3月 [6]
  187. 2002年2月 [5]
  188. 2002年1月 [11]
  189. 2001年12月 [7]
  190. 2001年11月 [3]
  191. 2001年10月 [2]
  192. 2001年9月 [3]
  193. 2001年7月 [1]
  194. 2001年6月 [2]
  195. 2001年5月 [2]
  196. 2001年4月 [2]
  197. 2001年3月 [4]
  198. 2001年2月 [2]
  199. 2001年1月 [4]
  200. 2000年12月 [6]
  201. 2000年11月 [9]
  202. 2000年10月 [3]
  203. 2000年9月 [4]
  204. 2000年8月 [4]
  205. 2000年7月 [7]
  206. 2000年6月 [8]
  207. 2000年5月 [8]
  208. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4