eye.jpg

君の名は。

えっ? ケーエーゼットですけど(苦笑)

とまぁ~どうでもいい入りでしたが
結構な人が見ていたのではないでしょうか?
我が家は取り敢えず録画はしておいて、
後でCM削除して、一気に見れる環境にしてから
見ようかなぁ~なんて目論んでいます(苦笑)

さて明日から仕事再開です!
本当は明日くらいまで休みがほしかったけど
年末の時点で年明け多忙なのは見えすぎていたので
諦めて明日から働くことにしようと思います(笑)

でも明日と、明後日休みにした人は
長い連休になって、ちょっと羨ましかったりもしますが
みんながみんな休めるわけではないから
そういう意味では、仕方ないけど、
また頑張っていきましょうや(苦笑)


年末年始は、年末に一回イオンに行った以外は
完全に引きこもっておりました。
身体を休めるには、良い休息期間でしたが
息子には退屈な期間であったかも知れませんね(汗)

テレビも特番ばっかりで、さほど面白くなかったし
っで息子のためという名目のもと、
溜まってたポイントを使って、Apple TVなるものを
ゲットしてみました(苦笑)

apple-tv-hero-select-201709.jpg

動画配信サービスを契約していると、
スカパーみたいな時間に関係なく見たいときに、
いつでも大画面のテレビで動画が見れるものになります。

最近はアンパンマンに限らず、
ドラえもんも好きになってきた息子にとっては
まぁ~夢のようなアイテムであったと思います。

元々Amazonプライムには契約があったので
パソコンでは動画が見れる環境にはあったんですが
息子が見られる環境ではなかったんですよねぇ。
なので、この暇になるタイミングで、Fire Stickを
手に入れるべきかどうか悩んでいたんですけど
もうちょっと色々と順応できるものがほしくて
HuluやNETFLIX、dTVなど豊富なのは分かっていたので
敢えてのApple TVにしてみました。

後、私と奥さんのスマホもiPhoneなので
iCloudを使っていれば、写真や動画も大画面で
見ることも可能なので、都合が良かったのもあります。

取り敢えず、Amazonプライムと、dTVを契約していれば
アニメは大半はクリアできているし、
他の配信サービスもアニメだけで見れば
結構かぶっているのもあるので、無駄に契約する必要もない。

使用してみて3日くらい経った感想としては
息子にとっても、親にとっても充分使えます(苦笑)

Amazonプライムのドラえもん制約は
理由がよく分からんけど、それでも見られる
話数は多いので、見応えはあるし、
dTVではアンパンマンの映画が、ほぼ見られるので
こっちも見応えは充分にあります。
dTVは昔のアニメも豊富なので私も楽しめる(笑)

もっと早くゲットしておけば良かったとさえ思える(苦笑)


欲を言えば、もうちょっとアプリ増やしてほしいかなと。
家庭内ネットワークの保存してある動画とかも
見られるようになれば、良いかなぁ~と思ってるけど
調べ方が悪いのか、いまいちヒットしてくれないです。
何か情報あったら、おせ~てください(苦笑)

何はともあれ、冬の引きこもりに関しても
私が体調不良で寝込んだときも・・・
少しでも退屈しのぎにはなるので、
有効活用はできそうです(苦笑)

26年目も調子乗っちゃって! あでゅ~♪

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [3]
  2. 2017年12月 [6]
  3. 2017年11月 [5]
  4. 2017年10月 [5]
  5. 2017年9月 [6]
  6. 2017年8月 [3]
  7. 2017年7月 [4]
  8. 2017年6月 [5]
  9. 2017年5月 [5]
  10. 2017年4月 [3]
  11. 2017年3月 [3]
  12. 2017年2月 [2]
  13. 2017年1月 [6]
  14. 2016年12月 [4]
  15. 2016年11月 [5]
  16. 2016年10月 [6]
  17. 2016年9月 [4]
  18. 2016年7月 [3]
  19. 2016年6月 [4]
  20. 2016年5月 [5]
  21. 2016年4月 [2]
  22. 2016年3月 [2]
  23. 2015年12月 [3]
  24. 2015年11月 [2]
  25. 2015年10月 [2]
  26. 2015年9月 [1]
  27. 2015年8月 [1]
  28. 2015年7月 [4]
  29. 2015年6月 [3]
  30. 2015年5月 [4]
  31. 2015年4月 [3]
  32. 2015年3月 [1]
  33. 2015年1月 [3]
  34. 2014年12月 [1]
  35. 2014年11月 [3]
  36. 2014年10月 [6]
  37. 2014年9月 [3]
  38. 2014年8月 [6]
  39. 2014年7月 [4]
  40. 2014年6月 [4]
  41. 2014年5月 [7]
  42. 2014年4月 [5]
  43. 2014年3月 [3]
  44. 2014年2月 [3]
  45. 2014年1月 [4]
  46. 2013年12月 [9]
  47. 2013年11月 [11]
  48. 2013年10月 [6]
  49. 2013年9月 [9]
  50. 2013年8月 [7]
  51. 2013年7月 [6]
  52. 2013年6月 [11]
  53. 2013年5月 [9]
  54. 2013年4月 [8]
  55. 2013年3月 [9]
  56. 2013年2月 [9]
  57. 2013年1月 [8]
  58. 2012年12月 [21]
  59. 2012年11月 [18]
  60. 2012年10月 [15]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [14]
  63. 2012年7月 [12]
  64. 2012年6月 [12]
  65. 2012年5月 [10]
  66. 2012年4月 [14]
  67. 2012年3月 [19]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [21]
  70. 2011年12月 [18]
  71. 2011年11月 [23]
  72. 2011年10月 [20]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [12]
  75. 2011年7月 [16]
  76. 2011年6月 [19]
  77. 2011年5月 [19]
  78. 2011年4月 [19]
  79. 2011年3月 [19]
  80. 2011年2月 [17]
  81. 2011年1月 [18]
  82. 2010年12月 [27]
  83. 2010年11月 [20]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [21]
  86. 2010年8月 [25]
  87. 2010年7月 [17]
  88. 2010年6月 [24]
  89. 2010年5月 [17]
  90. 2010年4月 [29]
  91. 2010年3月 [22]
  92. 2010年2月 [19]
  93. 2010年1月 [20]
  94. 2009年12月 [19]
  95. 2009年11月 [18]
  96. 2009年10月 [23]
  97. 2009年9月 [13]
  98. 2009年8月 [19]
  99. 2009年7月 [19]
  100. 2009年6月 [16]
  101. 2009年5月 [22]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [20]
  104. 2009年2月 [16]
  105. 2009年1月 [16]
  106. 2008年12月 [20]
  107. 2008年11月 [20]
  108. 2008年10月 [12]
  109. 2008年9月 [10]
  110. 2008年8月 [23]
  111. 2008年7月 [27]
  112. 2008年6月 [25]
  113. 2008年5月 [25]
  114. 2008年4月 [18]
  115. 2008年3月 [17]
  116. 2008年2月 [19]
  117. 2008年1月 [21]
  118. 2007年12月 [13]
  119. 2007年11月 [22]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [19]
  122. 2007年8月 [21]
  123. 2007年7月 [27]
  124. 2007年6月 [21]
  125. 2007年5月 [23]
  126. 2007年4月 [23]
  127. 2007年3月 [27]
  128. 2007年2月 [26]
  129. 2007年1月 [17]
  130. 2006年12月 [21]
  131. 2006年11月 [16]
  132. 2006年10月 [22]
  133. 2006年9月 [22]
  134. 2006年8月 [20]
  135. 2006年7月 [11]
  136. 2006年6月 [22]
  137. 2006年5月 [14]
  138. 2006年4月 [13]
  139. 2006年3月 [14]
  140. 2006年2月 [14]
  141. 2006年1月 [21]
  142. 2005年12月 [21]
  143. 2005年11月 [10]
  144. 2005年10月 [14]
  145. 2005年9月 [17]
  146. 2005年8月 [16]
  147. 2005年7月 [15]
  148. 2005年6月 [16]
  149. 2005年5月 [18]
  150. 2005年4月 [24]
  151. 2005年3月 [22]
  152. 2005年2月 [20]
  153. 2005年1月 [17]
  154. 2004年12月 [20]
  155. 2004年11月 [7]
  156. 2004年10月 [10]
  157. 2004年9月 [11]
  158. 2004年8月 [10]
  159. 2004年7月 [10]
  160. 2004年6月 [9]
  161. 2004年5月 [10]
  162. 2004年4月 [7]
  163. 2004年3月 [8]
  164. 2004年2月 [8]
  165. 2004年1月 [11]
  166. 2003年12月 [13]
  167. 2003年11月 [13]
  168. 2003年10月 [1]
  169. 2003年9月 [2]
  170. 2003年8月 [1]
  171. 2003年7月 [2]
  172. 2003年6月 [6]
  173. 2003年5月 [6]
  174. 2003年4月 [3]
  175. 2003年3月 [5]
  176. 2003年2月 [3]
  177. 2003年1月 [6]
  178. 2002年12月 [5]
  179. 2002年11月 [5]
  180. 2002年10月 [6]
  181. 2002年9月 [5]
  182. 2002年8月 [5]
  183. 2002年7月 [6]
  184. 2002年6月 [7]
  185. 2002年5月 [2]
  186. 2002年4月 [4]
  187. 2002年3月 [6]
  188. 2002年2月 [5]
  189. 2002年1月 [11]
  190. 2001年12月 [7]
  191. 2001年11月 [3]
  192. 2001年10月 [2]
  193. 2001年9月 [3]
  194. 2001年7月 [1]
  195. 2001年6月 [2]
  196. 2001年5月 [2]
  197. 2001年4月 [2]
  198. 2001年3月 [4]
  199. 2001年2月 [2]
  200. 2001年1月 [4]
  201. 2000年12月 [6]
  202. 2000年11月 [9]
  203. 2000年10月 [3]
  204. 2000年9月 [4]
  205. 2000年8月 [4]
  206. 2000年7月 [7]
  207. 2000年6月 [8]
  208. 2000年5月 [8]
  209. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4