eye.jpg

To a heart of children Vol.Ⅵ ライブレポ

既に数ヶ月経っておりますが、レポをまとめるには
少々お時間かかりましたこと、ご了承ください(汗)

ライブ日の前日から降り続いた雪は
なかなかの猛威を振るいながら、札幌の景色を
真っ白に染めてくれました(汗)

さすがに、この雪の量ではお客さんも
減るかもなぁ~と思いつつ、でも見に来てくれる方のために
良いライブをお見せできるように頑張ろうと思ってました!

kaz2017cl001.jpg

今回は初めての会場になる、かでる2.7の
レクレーション室を借りて行いました。
事前見学は二度ほどさせていただきましたが
どういう感じになるのかは、正直見えておらず(汗)
セッティングしていけば見えてくるだろうと
ある意味、PAさんや、みんなに託した感じでした(苦笑)

kaz2017cl002.jpg

一応、どこに何を置くとか、ステージはここら辺とかは
イメージしておりましたので、そのようにはなりましたが
音量についても部屋を借りる際に言われていたりしたので
そこら辺もハッキリしないまま、やっていましたが
結果そこそこな良い音量を出していても
問題なかったようですし、小さい子どもにも
大き過ぎず、大人には小さ過ぎず、
演者側としても、やりやすい音量だったと思います。

PAさんも機材に関しては考えてくれたようで
最新機器を持ち込みながら、コンパクトにまとめてくれて
スッキリしたステージになっていたと思います。

席配置も窮屈過ぎない配置だったと思うし
臨機応変に席移動もできていたので、
前に行きたくない人にも上手く対応していただきました(苦笑)
一派の皆さんにも感謝です!

その他に関しても、先日の日記でも触れましたが
子どもたちが自由に動き回れるスペースも確保できていたので
結構自由に遊んでくれていました(笑)

個人的には今後もやっていくにはアリだなと思いました。
料金面でも高くはないし、駐車場も完備していて
子どもも、障がいのある方も無理ない場所かなと。
なので今のところ、来年の予定はかでる2.7です(笑)


さて本題に入っていきますが、
まずはオープニングアクトの二人からレポしていきます。

一人目は、三浦里菜さん!

kaz2017cl003.jpg

受験真っ最中の高校生で、勢いでオファーしちゃったけど
実は大丈夫だったんだろうかと心配しておりました(苦笑)
でも、そんな雰囲気は表には出さず、一緒に盛り上げてくれました!

当日までオケを使って歌うと思っていたんですけど、
ギターの弾き語りでのライブを披露してくれました。

曲のセレクトも小さい子ども向けにしてくれていて
ドラえもんや、ちびまる子ちゃんなど
かわいらしく歌ってくれました!!
ライブでも触れましたが、雰囲気はおっとりしてますが
歌声はかわいらしく、しかも上手い!
声量もあると思います!

kaz2017cl004.jpg

いろいろ悩みながらセレクトしてくれたんだろうなと
息子と一緒に聴いておりました。
トップバッターをお願いしたので緊張もしてたと思うけど
本当にありがとうございましたm(_ _)m


二人目は、こうえいたさん!

kaz2017cl005.jpg

出会いは15年前にも遡ると思いますが
私が路上ライブを始めた頃に、同じように歌ってた方です!
当時からジャンケンの歌は歌っていて、
私も嫁も、気に入っている曲であって
今回オファーする際に、絶対歌ってくださいと
お願いしておりました!!(笑)

さすがに時間の都合上、実際のジャンケン大会には
なりませんでしたが(苦笑)
それでもあのイントロを聴いただけで、
懐かしさが込み上げてきました!(笑)

kaz2017cl006.jpg

一旦休止期間もあったようですが
復活後は、ネコの保護を目的とした
チャリティーイベントを開催したりして、
にゃんぱらの歌なども定番ソングになっているようです!

でも実はバラードも素敵なんですな!
声がウエットな感じなので、スローなナンバーが
よく合うんですよ!!
だからそこら辺も今回聴くことができて嬉しかったです!
本当にありがとうございましたm(_ _)m


っで、ここからが私のレポです(苦笑)
MCから学生時代の出会いから、
MC夫婦のキューピット役の話など
面白おかしく紹介されながらスタートしました(笑)

kaz2017cl007.jpg

01.Message

今回全曲通して、私はギターが弾けない設定だったので
サウンドプロデューサーの、やまちゃんには
無駄に重圧を押し付けてしまっていたために
アレンジは本当に大変だった様子でした(汗)
その点は申し訳なかったです(苦笑)

ギター1本でやるよりは、ループ的な音を重ねながら
厚みを加えていくというアレンジになり
その場で複数の音をリアルタイムで録音するルーパーに
カッテング音や、ギター本体を叩きリズム音などの
音を重ねていき、演奏が始まるアレンジでした。

kaz2017cl008.jpg


kaz2017cl009.jpg

02.太陽が僕らを照らすから

もう一曲明るめの曲が良いよねという話から
選んでいた曲ですが、これも当初はやまちゃん一人で
演奏する予定でしたが、多少は私も演奏可能ということもあり
急遽参戦させていただきました(苦笑)

kaz2017cl010.jpg

03.紙ひこうき

今年札幌市では「平和都市宣言25周年」とのことで
運が良いことにHBC少年少女合唱団に
また歌っていただくことができまして
ならばセットリストに加えない訳にはいかず
しっとりと歌わせていただきました。

kaz2017cl011.jpg

うちの息子も大喜び?(苦笑)

04.空も飛べるはず(spitz)
05.白い恋人達(桑田佳祐)

ここからは怒濤の定番カバー曲コーナーに入ります。

サポートメンバーの、Bass:城禾乃さんと
Piano:春日舞さんとここから参加です!!

kaz2017cl012.jpg

カバー曲としては王道過ぎる程の
王道ではあったと思うのですが、
初めてのお客様も多かったこともあり
敢えての王道曲をセレクトしました!

みんなが知ってる曲というのは、
それだけでドキドキはするもんですが
知っていたら一緒に歌ってもらえるというのも
あると思うので、そこを期待していたりして(汗)

若干、私の歌が走ってしまい...
サポートメンバーは大変だったと思いますが
臨機応変に対応してくれました(苦笑)
ありがとうですm(_ _)m

06.カレーライス(KAN)

kaz2017cl013.jpg

私のライブでは、KANさんの曲の良さを広める
活動を勝手に行っており(苦笑)
毎回カバーさせていただいております。
今回はカレーライス!
過去に昼ドラのOP曲として使われていて
何人かは知っていたのは素直に嬉しかったです(笑)

07.勇気りんりん(アンパンマン)
08.アンパンマンマーチ(アンパンマン)

小さい子が結構集まってくれたこともあり
アンパンマンのカバー曲も複数取り入れました!

再度、三浦里菜さんに登場いただいて、
メインで歌っていただきました!

kaz2017cl014.jpg

kaz2017cl015.jpg

直前練習はしたけど、結構ぶっつけに近い中での
アンパンマ一緒に2曲はキツかったかも知れませんが
伸びのある歌声できっちり歌ってくれました。

kaz2017cl016.jpg

真剣に息子も一緒に歌ってくれました

09.幸せのメロディー

kaz2017cl017.jpg

本編最後の曲として、幸せのメロディーを歌いました。
曲自体は5年前に作った曲で、そこそこ歌ってるけど
音源化はされてないし、ライブ頻度は少ないので
ある意味新曲に近いかと(苦笑)

ちょっとだけ心に余裕を!
という意味合いの優しい曲になっています。
気持ちよく歌えたなと思っていますし、
数曲であれギターが自分でも弾けて良かったです(苦笑)

encore

10.カラフル

2段階構成のライブになっておりましたが・・・
どういうわけか、今回は喋りすぎたようで
アンコール曲含めると、1時間半も経っていました(汗)
これは本当に申し訳なかったです・・・。
以後、気をつけてまいります。

昨年のチャリティーライブSPのラストで
歌わせていただきましたが、ほとんどの方は
初めて聴くと思いますので、今回もラストにしました。

ライブ後の感想として、カラフルは良い曲だねって
言ってもらえて嬉しい限りでした。

kaz2017cl018.jpg

花束もらっちゃいました!!


時代とともに便利になっていたり
豊かさもあると思うにも関わらず
子どもたちの置かれている現状は
正直そんなに良くなっていなくて、
児童養護施設の現状を知れば知るほど、
大人のダメさが目立ってしまいます。

とは言え、自分たちができることなんて
些細なことしかできないのが現実で
時に無力感に苛まれます。

でもほんのちょっとでも、笑顔になれる
手助けができるならと今後も活動は続けていきたいと
心より思っています。

私には歌うことしかできませんが
せめてライブを通じて、参加してくれた皆さんが
楽しんでもらえて、そして少しでも想いを
共有してもらえたら本望です。


あらためて仲間を始め、多くの皆さんのご協力に
深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
どうかこれからも応援していただけたら幸いです。

取り敢えず10回目指して、今年も開催しますので
よろしくお願い申し上げます。

追記:集まった寄付金は、11月30日に寄付させていただいております

26年目も調子乗っちゃって! あでゅ~♪

(All Photo by office seAsOw Hidekazu&Haruka Kajikawa)

曲目
01.Message
02.太陽が僕らを照らすから
03.紙ひこうき
04.空も飛べるはず(Spitz)
05.白い恋人達(桑田佳祐)
06.カレーライス(KAN)
07.勇気りんりん(アンパンマン) with 三浦里菜
08.アンパンマンマーチ(アンパンマン) with 三浦里菜
09.幸せのメロディー
encore
10.カラフル

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [4]
  2. 2017年12月 [6]
  3. 2017年11月 [5]
  4. 2017年10月 [5]
  5. 2017年9月 [6]
  6. 2017年8月 [3]
  7. 2017年7月 [4]
  8. 2017年6月 [5]
  9. 2017年5月 [5]
  10. 2017年4月 [3]
  11. 2017年3月 [3]
  12. 2017年2月 [2]
  13. 2017年1月 [6]
  14. 2016年12月 [4]
  15. 2016年11月 [5]
  16. 2016年10月 [6]
  17. 2016年9月 [4]
  18. 2016年7月 [3]
  19. 2016年6月 [4]
  20. 2016年5月 [5]
  21. 2016年4月 [2]
  22. 2016年3月 [2]
  23. 2015年12月 [3]
  24. 2015年11月 [2]
  25. 2015年10月 [2]
  26. 2015年9月 [1]
  27. 2015年8月 [1]
  28. 2015年7月 [4]
  29. 2015年6月 [3]
  30. 2015年5月 [4]
  31. 2015年4月 [3]
  32. 2015年3月 [1]
  33. 2015年1月 [3]
  34. 2014年12月 [1]
  35. 2014年11月 [3]
  36. 2014年10月 [6]
  37. 2014年9月 [3]
  38. 2014年8月 [6]
  39. 2014年7月 [4]
  40. 2014年6月 [4]
  41. 2014年5月 [7]
  42. 2014年4月 [5]
  43. 2014年3月 [3]
  44. 2014年2月 [3]
  45. 2014年1月 [4]
  46. 2013年12月 [9]
  47. 2013年11月 [11]
  48. 2013年10月 [6]
  49. 2013年9月 [9]
  50. 2013年8月 [7]
  51. 2013年7月 [6]
  52. 2013年6月 [11]
  53. 2013年5月 [9]
  54. 2013年4月 [8]
  55. 2013年3月 [9]
  56. 2013年2月 [9]
  57. 2013年1月 [8]
  58. 2012年12月 [21]
  59. 2012年11月 [18]
  60. 2012年10月 [15]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [14]
  63. 2012年7月 [12]
  64. 2012年6月 [12]
  65. 2012年5月 [10]
  66. 2012年4月 [14]
  67. 2012年3月 [19]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [21]
  70. 2011年12月 [18]
  71. 2011年11月 [23]
  72. 2011年10月 [20]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [12]
  75. 2011年7月 [16]
  76. 2011年6月 [19]
  77. 2011年5月 [19]
  78. 2011年4月 [19]
  79. 2011年3月 [19]
  80. 2011年2月 [17]
  81. 2011年1月 [18]
  82. 2010年12月 [27]
  83. 2010年11月 [20]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [21]
  86. 2010年8月 [25]
  87. 2010年7月 [17]
  88. 2010年6月 [24]
  89. 2010年5月 [17]
  90. 2010年4月 [29]
  91. 2010年3月 [22]
  92. 2010年2月 [19]
  93. 2010年1月 [20]
  94. 2009年12月 [19]
  95. 2009年11月 [18]
  96. 2009年10月 [23]
  97. 2009年9月 [13]
  98. 2009年8月 [19]
  99. 2009年7月 [19]
  100. 2009年6月 [16]
  101. 2009年5月 [22]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [20]
  104. 2009年2月 [16]
  105. 2009年1月 [16]
  106. 2008年12月 [20]
  107. 2008年11月 [20]
  108. 2008年10月 [12]
  109. 2008年9月 [10]
  110. 2008年8月 [23]
  111. 2008年7月 [27]
  112. 2008年6月 [25]
  113. 2008年5月 [25]
  114. 2008年4月 [18]
  115. 2008年3月 [17]
  116. 2008年2月 [19]
  117. 2008年1月 [21]
  118. 2007年12月 [13]
  119. 2007年11月 [22]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [19]
  122. 2007年8月 [21]
  123. 2007年7月 [27]
  124. 2007年6月 [21]
  125. 2007年5月 [23]
  126. 2007年4月 [23]
  127. 2007年3月 [27]
  128. 2007年2月 [26]
  129. 2007年1月 [17]
  130. 2006年12月 [21]
  131. 2006年11月 [16]
  132. 2006年10月 [22]
  133. 2006年9月 [22]
  134. 2006年8月 [20]
  135. 2006年7月 [11]
  136. 2006年6月 [22]
  137. 2006年5月 [14]
  138. 2006年4月 [13]
  139. 2006年3月 [14]
  140. 2006年2月 [14]
  141. 2006年1月 [21]
  142. 2005年12月 [21]
  143. 2005年11月 [10]
  144. 2005年10月 [14]
  145. 2005年9月 [17]
  146. 2005年8月 [16]
  147. 2005年7月 [15]
  148. 2005年6月 [16]
  149. 2005年5月 [18]
  150. 2005年4月 [24]
  151. 2005年3月 [22]
  152. 2005年2月 [20]
  153. 2005年1月 [17]
  154. 2004年12月 [20]
  155. 2004年11月 [7]
  156. 2004年10月 [10]
  157. 2004年9月 [11]
  158. 2004年8月 [10]
  159. 2004年7月 [10]
  160. 2004年6月 [9]
  161. 2004年5月 [10]
  162. 2004年4月 [7]
  163. 2004年3月 [8]
  164. 2004年2月 [8]
  165. 2004年1月 [11]
  166. 2003年12月 [13]
  167. 2003年11月 [13]
  168. 2003年10月 [1]
  169. 2003年9月 [2]
  170. 2003年8月 [1]
  171. 2003年7月 [2]
  172. 2003年6月 [6]
  173. 2003年5月 [6]
  174. 2003年4月 [3]
  175. 2003年3月 [5]
  176. 2003年2月 [3]
  177. 2003年1月 [6]
  178. 2002年12月 [5]
  179. 2002年11月 [5]
  180. 2002年10月 [6]
  181. 2002年9月 [5]
  182. 2002年8月 [5]
  183. 2002年7月 [6]
  184. 2002年6月 [7]
  185. 2002年5月 [2]
  186. 2002年4月 [4]
  187. 2002年3月 [6]
  188. 2002年2月 [5]
  189. 2002年1月 [11]
  190. 2001年12月 [7]
  191. 2001年11月 [3]
  192. 2001年10月 [2]
  193. 2001年9月 [3]
  194. 2001年7月 [1]
  195. 2001年6月 [2]
  196. 2001年5月 [2]
  197. 2001年4月 [2]
  198. 2001年3月 [4]
  199. 2001年2月 [2]
  200. 2001年1月 [4]
  201. 2000年12月 [6]
  202. 2000年11月 [9]
  203. 2000年10月 [3]
  204. 2000年9月 [4]
  205. 2000年8月 [4]
  206. 2000年7月 [7]
  207. 2000年6月 [8]
  208. 2000年5月 [8]
  209. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4