eye.jpg

今日あった事 一覧

しぃ~

と静かにする今日(4月4日)・・・
爆弾低気圧なるものが北日本を襲い
当然ながら札幌も激しい暴風雪に
見舞われておりました・・・(苦笑)

TVを見ていたら、必要がない外出は
控えましょうと言ってたから、
さすがに今日は職場に来る人も
少ないであろうと思っていたら
結構普通にみんないた(苦笑)
まぁ~休んだ人もいたんだけどさ。

みんな家にいてもおそらく
暇なんだろうなぁ~って思う反面
いや、働きたいんだな!!
って勝手に思い込むようにしていました(笑)

札幌に関して言えば、既に峠は越えたようで
帰りは風も少々強いかな?
と思う程度だったので、あぁ~よかっぱ(苦笑)
ってな感じです(汗)

それにしても、この時期の横殴りの
暴風雪ってなんだったんだろうか??

新年度を迎えた新人に
舐めてると、しばき倒すぞぉ~ゴラァ~
という戒めだったのだろうか?

それとも春になったなんて
勝手に思い込む人たちへ、
ふはははははははぁ~~~~~~
人生そう簡単にはいかんのだよ
なんていう警告なんだろうか?

まぁ~どちらにせよ、
ほっとけボケっ、という気持ちには
変わりないのであ~~~る(苦笑)

明日には天気が回復しているらしいので
穏やかに過ごしていきたいですなぁ~。

春よ~、まだ見ぬ春~、
まぶた~閉じれば~そこにぃ~

・・・どこだ?(苦笑)

さっ、明日からも頑張って行こうっと。

20周年に突入~あでゅ~♪

ぶらり小樽の旅

本来であれば、10数年振りに
留寿都の温泉に行くという、
壮大なスペクタルを繰り広げる
はず・・・だったのですが・・・。

まず私が、お尻に出来物が
出来てしまったために、温泉に入れず(苦笑)
そして一緒に行くはずのRYOさんが
風邪を引いてしまい風呂は厳しそうだ
という理由から、通常の旅に出ることに(苦笑)

ここぞという時、私のタイミングの良さは
意味がないくらいに本領発揮され、
実に残念で仕方がない・・・_| ̄|○

でもせっかくみんなでいくのだから、
何かしようぜということで、
小樽の「新南樽市場」へ行って
海鮮系を食べることにしました。

牡丹エビウニいくら丼という
超豪華な丼を食べたにも関わらず
写メ撮るのを忘れてしまうほど、
速攻で手をつけてしまい・・・
頭の悪さを露呈してしまったようです(苦笑)

でもウニは二口で終わっちゃったな(笑)
あれは・・・寂しかった。
でもウニ丼は高かったし、
値段の割にウニが少なそうな
写真のイメージだったので、
恐れ多くて頼めなかったよ。

次は溢れんばかりの
ウニ丼が食べたいものである(^_^;)

その後、デザートを食べようということで、
ウイングベイの「美園」の
ソフトクリームを食べることに。

しかし・・・ここでも写メを
取り忘れるという失態(苦笑)

心のシャッターで記憶を残すための
旅だったのかも知れんのぉ。

後はウイングベイ内のニトリを散策したりして
今回のぶらり旅は終了でした。

余談ですが我々が小樽へ到着したのは
午後2時半過ぎだったけど、
どうやら今日我々が移動したルートを
奥さんのお母さんも2時間ほど早く
同じルートを歩んでいたらしい。
もうちょっと早けりゃぁ~会えたのにね。

私の親は元気かのぉ~??(苦笑)

あでゅ~♪

奥さん誕生日&結婚記念日

結婚して丸2年が経ちました。
早いですねぇ~(笑)

本当ならスーツなんざ着込んで、
グランドホテルの最上階で
フランス料理でも食べながら、
ワイン片手に夜景を眺めながら
愛をささやきたいところですが・・・


んなぁ~予算はねぇ~・・・

酒飲めねぇ~・・・

そもそも似合わねぇ~・・・(苦笑)


ということで、お花とケーキを買ってきて
それこそ、ささやかでゆる~い感じで
過ごしたいなぁ~と考えております(笑)

日々一緒に生活をしていくと
お互いに思うところは多々あるんだろうし、
多分、奥さんは俺以上にあるでしょう(苦笑)

でも縁があって一緒になったわけだし
ずっと一緒に過ごして行けたらとは
常々思うわけですよ。

日頃、感謝の言葉も言えてないだろうし、
ダメ旦那の典型的なパターンを
発揮しているような感じも最近はあるので、
最低でも奥さんに対して「ありがとう」と
言える日は、やっぱ俺には大事なんだな(笑)

本当にいつもありがとうね。
家のこと、仕事のこと、音楽のこと
迷惑をいぃ~~~っぱいかけていますが
これからもよろしくお願いします。

明日から3年目に突入する、
KAZ夫妻を皆様、今後とも温か~い目で
見守ってやってください。

あでゅ~♪

大通~札幌駅までの地下歩道

12月以来、一人で出掛けたのは
本当に久し振りで・・・(苦笑)

そんな中で変わった出来事は、
職場で障害者自立支援法の
就労継続支援B型が始まったのと、
4年振りにネットラジオ復活させたのと
大通から札幌駅までの地下歩道開通くらい(苦笑)

妙にテンションが上がった状態で
まずは地下鉄琴似駅まで向かいます。
駅員さんに大通まで行くと伝え
これまた久し振りに地下鉄に乗ります。
意味なく地下鉄に揺らされるのも
悪くないなぁ~なんて思ってると
あっという間に大通へ。

そして噂の地下歩道へ向かいます。

今まで向かう必要のない方向へ行くと
確かに新たな通路が出来ていました。

入り口がこれ↓

satutika01.jpg

んで進んでいくと・・・
まぁ~ただの・・・通路だね(苦笑)

途中見慣れないのもあったりもするけど
特別すげぇ~って思うのでもない↓

satutika02.jpg

ただ当初は地下にお店は置かない
みたいな話も聞いていたので、
銀だこなどがあって、
あぁ~やっぱり入るんだねぇとは思った(笑)

satutika03.jpg

信号がないぶん、あっという間に
札駅に着いてしまって・・・
もうちょっと冒険心を煽って欲しかったけど、
ありゃぁ~つまらんな(苦笑)

あと個人的には、途中で地上に上がる方法が
少ないのと、あそこまできっちり作るなら
階段で上れるところは一緒に
エレベータも設置して欲しかったなぁ。
ない訳じゃないけど少ないと思ったよ。

まぁ~それくらいかな。
所々で地上の光が入るので、
地下だって思う意識も少なかったです。

あとは、2カ所くらいは場所代払えば
ライブ的なことも出来そうですね。
HP見たら少々高かったけど・・・(苦笑)
いつか借りてやってみたいです。

本日のメインの一つが終わりを告げ
次は「SP革命編」を見ることに。

詳細は省くけど・・・
すっげぇ~面白かった(笑)
満足のいく映画だったなぁ。
是非今の政府に見せたい(苦笑)

映画については以上だけど、
札幌シネマフロンティアのスタッフに
AKB48の前田敦子にそっくりな人がいて
これは間違いはずだ(笑)
誰か証明してくれ!!(苦笑)


KAZ一派の仲間が入院していたので、
お見舞いにも行ってきました。
想像よりは元気そうで良かったです。
28日退院とのことで安心安心。
でも生活のために火曜から働くんですと(汗)
休んで欲しいが、それもまた現実なんだねぇ。
無理しませんように。

まっ、そんな休日でした(笑)

途中カフェクロワッサンに寄って
ついに喫煙席が別途出来て
そこに入るには段差を上るという
非常に残念なことになって悲しかったな・・・。
ちょっと要望だしてみよう(笑)

あでゅ~♪

やってみるもんだ

調子が悪い・・・
妙にネガティブな感じで始まりましたが
おそらくでっきぃ~のせいでしょう(苦笑)
ってか、激痛という訳ではなくて、
鈍~い痛みが早一週間です(泣)

まぁ~永遠とネガティブな話を
聞かされても困るでしょうから
\(・_\)それは(/_・)/おいといて(笑)

今日朝職場へ行くと、
ある用紙がプリントされていて
自立支援法の請求が上手くいき、
今月から振り込まれますよという
決定通知だった!!

本当に訳が分からないまま、
取り組んだ請求事務だったので、
正直嬉しかったよ(笑)

失敗すれば、どんどん遅れることになるからねぇ。
結構な責任重大だった俺とIさん(苦笑)

にしても、やってみれば何とかなるもんだ。
素直にそう思った(苦笑)
同じ職場の人はさぁ~
「大丈夫だって、簡単に出来るんでしょ?」
って軽く言うものの、俺はビビってたよ。
でも1月分も請求問題なさそうだったし、
人数少ない今だけかも知れないけど、
取り敢えずは出来そうです。

はぁ~安心した(*´∇`*;△

本当はラジオトーク部分だけ
録音しようと思ったけど、
体調悪いからベッドで横になろうっと(汗)

あでゅ~♪

イメチェン

と言っても少々髪を切っただけ(苦笑)
どこかの誰かがワカメちゃんカットをしたから、
KAZはカツオカットせぇ~と言われてたけど、
できるか~い(ノ-_-)ノ ~┻━┻ ☆`(苦笑)

俺は髪型の失敗には誰よりも
恐怖感を持っていて・・・
中学の時に5分刈りの意味を知らずに、
お願いをしてしまったために、
ほぼボーズを経験して以来、
一度はやってみたいと思ってるパーマさえも、
未だに挑戦することが出来んのだ(苦笑)

そんなこんなで無難な髪型で終了し、
少し憂さ晴らしをすべく
カラオケに行ってきました。

最初の数曲だけ歌いたいのを歌ってたけど、
途中から何故かRYOさんの恋を応援する
歌にばかりはしってしまい、
「恋をした夜は」「僕のキモチ」
「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」
多分最後に歌ったのはドンピシャだと思うな(笑)

いやぁ~彼にはホントに
幸せになって欲しいよぉ~(苦笑)
まぁ~余計なお世話かも知れんが_| ̄|○


それにしても本年も、
もう少しで終わっちゃうねぇ。

振り返るのは年末恒例の
1年をサラッと振り返る日記に託すとして、
春から秋にかけて多忙すぎたので、
今年の印象がざっくばらん過ぎてねぇ。
正直良く覚えてないのも確かなんです。

そんな中だからこそ、
親友の恋の話を聞けるのが
嬉しくて・・・嬉しくて・・・(苦笑)
頑張って欲しいなぁ~と思っております。

もうすぐクリスマスだしね。
やっぱ「君の恋のフラペチーノを頼むよ
なんて松方弘樹風に渋く言っちゃうんだろうなぁ~(苦笑)

あぁ~妄想だ(笑)
はよ寝よっ(苦笑)

あでゅ~♪

緊急・特急・京急・・・速報

それは突然やってきた・・・。
明け方の眠りほど気持ちの良いことはない。
にも関わらず、あまりにも突然だった(苦笑)

静寂を打ち破るように、
6時44分に地下から「ドンッ」と
体を揺らされ、次第に横の動きへと
変化をしていくのを理解できないのは、
頭の思考回路が停止している
寝起きでは仕方あるまい。

それにしても一番驚いたのは、
携帯電話が奏でる天国の階段を
上らせる為のレクイエムの
激しいこと激しいこと・・・(苦笑)

ネットでは緊急地震速報の内容は
知っていたとしても音までは知らんもんね。

ファンファンファン・・・

よくビルなどで聞く、
火災の時の音にも似ていて、
朝から部屋中に響き渡れば、
そりゃぁ~誰でも驚くって。

その後、震度3で速報を流すのは、
どうなんだ?とネットで流れていましたが、
教えてくれないよりは
当然教えてくれた方が良いので、
俺は別に流れても良いと思うさ(苦笑)

しかし・・・地震って何で朝が多いんだろうね。

怖い怖い、恐ろしやぁ~(笑)
みんなも気をつけてね!!

あでゅ~♪

Song fo Love-君こそ我が行くべき人生-

今日はKANオフのメンバーの
「かものはし&ちふみん」の結婚式でした。

 

kamotihu01.JPG

 

KANオフがスタートしてから
早4年経つらしいのですが、
結構早い段階で惹かれあってたらしく
最初は頑固として誰にも言ってないうちに
交際になっていたようですが、
結構周りではバレバレで(苦笑)

相談を受けなかったのが残念で残念で(笑)
↑これはいつまでも言ってる気がする(苦笑)

でも仲間内で、結婚する人が増えてきて
素直に嬉しかったりして、
大事な式に立ち会えることが
それも素直に嬉しいのですよ。

まずは本当におめでとう。

人前式は自分たちもやったので、
準備に至るまでの期間は
マジで大変だったと思いますが、
今日の式が終わってしまえば
あっという間だと思うんですよねぇ~。

にしても最近の結婚式の傾向としては
ビデオ映像の演出が多くなってるんだね。
ちょっとだけ自分たちも
やればよかったなんて思ってしまった(笑)

映像も式の内容もとても印象的でした。
人の幸せな顔を見れるのは
いいもんだよねぇ~(笑)

俺は歌を唄うという大役を託されて
まぁ~曲自体は「トビラ」を
歌うのはいいとして、
実は新婦より新郎が来週誕生日だから
サプライズで「ハッピーバースデー」を
歌って欲しいと依頼されていました。

でも細かい打合せをしてないもんだから、
余計なことを口ずさんでしまって、
あやうくKYになるところでした(苦笑)
あれはスマンm(_ _)m
不可抗力と言うことで(汗)

 

kamotihu02.JPG

 

諸事情により2次会以降は
参加できませんでしたが
どうやら5次会まで行ったんだとか(苦笑)
みな元気だのぉ~・・・(笑)

末永くお幸せにね!!

あでゅ~♪

季節の変わり目

って変わりすぎだし(苦笑)
どうなっているんですか北海道は??
まだ10月ですよ!!
雪降るの早いんじゃ~ないですか??(苦笑)

とまぁ~愚痴をこぼしても
どうにか変わるわけでもなく、
ただの現実逃避になってしまうので、
そろそろ諦め頃ですが・・・(笑)

今更なんだけどさぁ~
今まで雪が降ったとしても、
基本的に諦めて傘なんて
ささなかったんですよぉ。

積もったら積もったで仕方ないし、
そんなに長い期間外にいることも
なかったりするので気付かなかったんです。

・・・何が??

雪が重いことに・・・(苦笑)

しかも今日なんて一番
嫌なタイプの雪でしょ?
ベタ雪っていうんでしょうか?

数秒単位で傘が、ズシッ・・・
ズシッ・・・て重くなっていき、
大げさでしょうけど、
傘を抱えてられなくなってきたんです。
そもそも風も強いから、
掴んでいても飛んでいきそうだし、
全てにおいて必死に食らいついていたら
更に重量が増えていくワケ・・・_| ̄|○

多分、たかだか7~8分ですよ・・・。
ちょっとだけ挫けようと思いました(笑)

あともう少し・・・もう少し・・・
と自分に言い聞かせマンションへ向かいます。

やっとの思いでマンションの駐車場に
入った直後の出来事は、
あまりに傘が重くなり過ぎて・・・
傘が自然と角度を変え始め
必死だった手が堪えられなくなり、
腕ごと持って行かれ、一瞬だけ腕が
あらぬ方向へ曲がりました・・・。
とっさにすぐ離すことが出来たので、
何とか大丈夫でしたが・・・
一歩間違えば変な方向に曲げられ
靱帯くらいはいったかも知れませんねぇ(汗)

腕が使えないこと程、寂しいことはない(苦笑)
自由にならない入院程、つまらないことはない(笑)

腕が無事で良かった(^_^;)

雪の恐ろしさを33年生きてきて、
ひっさ~びさに味わった初雪でした(苦笑)

あでゅ~♪

ありがたい

本当にそう思います。

本日、北海道で活動中の
人生の先輩であり、音楽の先輩でもある
いなむら一志さんに会ってきました。

自身のチャリティーライブに
客観的な位置で見れる
お客として来てほしい旨を
数日前に連絡していて、
今日会うことになりました。

長髪のイメージだったのに、
えらい短髪な人になっていました(苦笑)

改めてチャリティーライブの
主旨を説明させていただき、
少しでも協力して欲しいと伝えました。

そしたら快く引き受けてくれて
チケットも購入してくれました。
更にはラジオ番組(いなむら一志のBeat Radio)でも
宣伝してくれることになりました。
来週の生放送内でディレクターに
内緒で言ったもん勝ちとばかりに、
宣伝してくれることを約束してくれました。

昨年、イマジン音楽祭で
偶然にも共演させていただき、
その後の交流も持たせていただき、
俺の中では大きな存在になっています。

言ってしまえば、今回のチャリティーライブを
やってみようと背中を押してくれたのは
いなむらさんでしたから。

続けることに意味が出てくる。
やろうと思ったら、やってみればいい。

漠然と頭の中で浮かべていた
チャリティーライブが
明確になった瞬間でした。

あの年代の方々が積み上げてきたものを
次は俺等の世代が引き継いでいくべきだと
色々な意味で思っていたので、
俺は「平和」をテーマにするわけではないけど、
今の混沌とした時代や世間に対して、
ただじっと耐えている子どもたちに
何かしていきたいと考えて
チャリティーライブを選択しました。
まぁ~俺が出来そうなのは音楽くらいだしね(汗)

そう言う意味では、いなむらさんのような
歌い手と交流を持てる環境にあるのは、
素直に喜ばしいことだなと思う。

良くも悪くも、経験豊富だから
方向性を示してくれる。

1から新しいことを始めようとする
人にとっては本当にありがたいですよ。

俺は俺なりのやり方で
世の中に訴えていこうと思います。
正しいと信じて!!

まずは来週の「いなむら一志のBeat Radio」を
聞いてみましょう~(笑)

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4