eye.jpg

ムカついた事 一覧

全然明るいニュースがない

まぁ~そりゃぁ~そうだろう(苦笑)
日に日に小出しにされるように、
色々な事件が湧き出てくる。

専門家でもないから知識は浅いけど、
漏れた水からは1000ミリシーベルトが
検出されて、その次は原発内土壌から
プルトニウムが検出されて、
それでも安全だからとおそらく
報道規制をかけられて・・・
笑えるかって~の。

もうさ、原発付近の人は避難させてあげてよ。
ただの、トーシローさえ危険なのはわかるだろ。


本当は今日の日記で、

テレビ局スタッフもPTSDに…報道映像がトラウマ
http://tinyurl.com/6zskq5l

について語ろうと思ってたのですよ。
3月11日以来、どうなっていくのか
ただ見ていた俺でさえ、
ショッキングな映像を見過ぎて
若干気分が落ちてさぁ~
ちょっとおかしくなっていたと思うんです。

でもこれって、テレビで流されているのは
まだそれでも抑え気味の内容でしょ?
映像の編集にあたるスタッフが
見ることが出来ない映像が多々あったとしたら
自分らの比じゃないくらい
辛いことだと思うんだよなぁ・・・。

俺は回復してるから、
今日のスマスマ見てて笑えたりするけど、
ストレス障がいとかまでいくと、
回復って容易じゃないでしょ?

かといって現地の人たちは、
それが映像でもなくリアルに体験して
目にして、心を痛めている。


正直、こうなってくると
日本のどこにいても安全な場所がなく、
いつどこで何が起きてもおかしくないから、
どう頭を切り換えても、
人ごとでは済まないんだと思うんですよ。

だからこそ、政府には本当のことを
話してもらいたいと思う。
その上で緊急事態宣言をして
避難させてあげてほしいと思います。

本当に大切なのは・・・
地位や名誉や見栄や使えなくなった物じゃなく
まずは国民一人一人なんじゃないの??
情けなく、非情で、無責任で、
一切の信用のない政府になったもんだな日本は。


子どもたちは、未来を見据えて
日々辛くとも生きようと頑張ってるぞ。

そういう子どもたちを守っていける
俺も含めて大人たちでありたい・・・
と切に願う今日この頃です。

許せん

本日、夕方に車で買い物に行こうとした
奥さんから連絡が入り、
「車の右側ミラーが折られてる・・・」
とありまして、早速見に行くと、
辛うじてコードが繋がっているだけで、
見るも無惨な姿でした。

先週の路上ライブに行った時に、
乗った以来なので、今日までの間の
いつ破壊されたのかは分からないんだけど、
あまりにも酷くはないかね?
そして陰湿過ぎる・・・。

早速警察へ連絡し、見てもらうと
明らかに故意にやったのは分かると
言ってくれて「被害届」を
出すかと聞いてきました。

当然俺は「お願いします」と伝えると、
その場で手続きをしてくれて、
現場検証などが始まりました。
TVでよく見る指紋採取とかも、
やってくれて興味深かったです。

それにしても頭にくる。
犯人が見つかるのは相当稀なようなので、
見つからないかも知れないが、
泣き寝入りはイヤなので、
逮捕されることを祈っています!!

あでゅ~♪

意味が分からん

こんなニュースがあった↓

公務員の飲酒運転「原則懲戒免職」緩和の動き
http://mainichi.jp/select/today/news/20100627k0000m040077000c.html

 飲酒運転した公務員を事故の有無にかかわらず「原則懲戒免職」としていた全国29自治体のうち、計10府県市が処分基準を見直すか、見直しを検討していることが毎日新聞の調べで分かった。06年8月に福岡市職員の飲酒運転で幼児3人が死亡した事故をきっかけに処分の厳罰化が広がったが、09年以降、「過酷だ」として免職を取り消した判決が最高裁で相次いで確定。厳罰化の流れに変化が生じている。
 基準が厳罰化された後、職員側が免職の取り消しを求めて各地で提訴していた。09年9月に兵庫県加西市の上告が棄却され、自治体敗訴が最高裁で初めて確定。その後、神戸市、佐賀県、三重県の敗訴が確定した。
 毎日新聞は5月までに、この4県市と、都道府県、政令指定市のうち、「原則懲戒免職」基準がある25府県市に司法判断の影響をアンケートした。回答によると、基準を「免職または停職」と緩やかに改めたのは、大阪府と、最高裁で敗訴した加西市。大阪府は「飲酒運転には厳正に対処すべきだが、最高裁の判断は尊重すべきだ」と指摘する。
 神戸市は検挙のみの場合などは「停職」とする新たな運用方針を定めた。市人事委員会は一連の司法判断を踏まえ、飲酒運転で横転事故を起こすなどした2人の懲戒免職を停職6カ月に軽減した。
 見直しを検討しているのは茨城、三重、滋賀県と、さいたま、岡山市の5県市。京都、長崎の2府県は見直すかどうかも含め検討中。さいたま市は「今後は、より一層慎重な判断が必要となる」。長崎県は「処分の取り消しについて国民の理解を得られるか今後の司法判断を注視したい」との姿勢を示した。
 一方、見直しの予定がないとしたのは19県市。福島県は「社会的非難が依然として高く、引き続き厳格に対処する必要がある」とする。福岡市は「変更が必要とは考えていないが、他都市の裁判例を注視していく」。佐賀県は「飲酒運転には厳罰で臨む姿勢に変わりはない」としている。


この動きは明らかに飲酒運転を
容認していると言うことになるよね?

飲酒運転は法律に違反しているはずなのに、
ちょっと飲んだくらいで厳しいよ
なんて良く言えたもんだ。

そもそも一歩間違えば車は凶器になる。
だからこそ最低限の飲酒の上での運転は
やめましょうよと言っているはず。

人が亡くならなければ良いのか?
って発想になりかけない動きには
相当の疑問と公務員の考え方の甘さが
イライラさせますね。

実際に飲酒運転による死亡事故は
正直なくなっていないでしょ?
そういう事実を踏まえた上で、
事が起きる前の事前に対策を練って
進めてきたはずなのに、
あまりにも、この流れが本当にがっかりする。

見直しに賛成したヤツは
飲酒運転の車に轢かれてしまえばいいんだ。
そうすれば如何に愚かなことを
言ってたんだと気付くでしょうよ。

ダメなことはダメ!!
子どもだって分かっていることを
大人が出来ないなんてバカばっかりだ。

お願いだから見直し賛成のヤツら死んでぇ~(苦笑)

あでゅ~_| ̄|○

Excelのバカぁ~(苦笑)

ある作業を1時間かけて作っていたのに、
しかも夜中に(汗)
保存押し忘れて違うことやってたら・・・
画面が真っ白になってしまい・・・
昔のPCとは違うから待てば復活するだろうと
ひたすら待つも回復せず・・・
しかたなく強制的に終わらせてみて、
最後の望みとして、復元してくれると思ったら、
違う意味での真っ白で・・・(苦笑)

久々に頭きた!!
くそーこの1時間の時間を返せぇ~(苦笑)
もうやめた(笑)

寝るっ!!(苦笑)

書きたいことは

山程あって、時間見つけて
書けばいいのだろうけど、
現時点では書けないこともあるし、
何かストレス満載だよ・・・。

楽しく働かせてくれよ。
意味なく職場に政治を持ち込むなよ。
ここは白い巨塔か!!
財前教授の回診ですかっ!!

俺等は俺等なりに、
今の環境を確保しようと必死なんだよ。

一緒に仕事をやっていけないなら
一人で勝手に出て行ってくれよ。
誰も止めやしないから。

誰のための職場なんだよ。
障がい当事者のための職場でしょ?

出来もしないくせに
最初から共生共同をうたうなっての。
そんなに殿様でいたいなら
何故最初から縦社会にしなかったのか?
そういうところだってわかってれば、
今更文句も言わないよ。

今回だけは本当にがっかりした。
先に辞めていった人たちは
ある意味正解なのかも知れない。

でもじゃぁ~辞めますとは言えないんだよ。
だから早く平和になるために出て行ってくれ。
俺等で何とかして頑張っていくよ。


すいませんグダグダと書いてしまいました。
要は今の職場環境は過去に例を見ないくらいに、
最悪な状況を迎えています。
それについての愚痴を書きたかったのですよ。

あぁ~現実逃避したい(汗)

お役所仕事

って完全に役所ではなくて、
JR札幌駅の駅員の話。

昨日、買い物があったので、
JRで札幌駅に向かったのですが、
琴似駅の対応は良かったけど、
札幌駅の対応が恐かった。

通常、車椅子を電車に乗せたり、
降ろしたりする際には、スロープを設置して、
転倒防止のために、必ず後ろに体重をのせるなりして、
ひっくり返らないようにするのが当たり前なのですが、
その駅員は降りる際に後ろ向きで降りようとする
俺の車椅子を支えることなく、
手を離しやがったんです(汗)

別にひっくり返ることはなかったけど、
これでひっくり返ってたら、
まぁ~間違いなく全治一ヶ月以上か、
下手したら打ち所が悪くて死ぬかも知れませんよ。

とっさに大声で、「ちゃんと後ろ掴んで!!!」
と叫んだから、その駅員は後ろを支えたけど、
あれは恐いって・・・(苦)

今回は面倒だったから、
スルーしたけど、次あぁ~いう対応だったら、
事務所に抗議しに行きますよ。

対応が分からないと言えば、
それまでなのかも知れないけど、
確か記憶では、電車の乗り降りの対応は、
責任をもって駅員が行うことになっていて、
付添人が行うことも禁止されているはず。
ってことは、逆に言えば駅員が、
その人の命を預かるわけですよね?

それがそんな中途半端な対応では、
乗る方も冷や冷やもんですよ・・・。

ちゃんとせぇ~よJR職員!!(怒)

本当に最低だ

このどうしようもない、ガキどものさばらせるなって。

知的障がい者ねらい暴行 少年グループ逮捕

 知的障がい者を狙い暴行や恐喝を繰り返したなどとして、警視庁少年事件課と青梅署は、いずれも東京都青梅市の無職少年(16)や中学3年の少年(14)ら14~16歳の少年8人を逮捕、13歳の少年を児童相談所に送致した。
 調べでは、少年らは今年1月12日午後1時ごろから約1時間にわたり、たまたま道で出会った青梅市の知的がい害の男性(20)に、「タイマンしろ」などと因縁をつけ、顔や腹を殴るなど暴行を加えた上、バッグから現金8万円を盗んだ疑い。少年らはその後も男性を呼び出し、通報しようとした携帯電話を強奪したり、「返してほしかったら1万円持ってこい」などとうそを言い、1万円をだまし取ったりした疑い。さらに5月31日にも、6時間以上にわたり、別の知がい障害を持つ少年(15)の頭をギターで殴るなどの暴行を加えた疑い。
 少年らは木の棒をマイクに見立て、暴行の様子を実況中継。殴られた男性に「痛いですか?」などと“インタビュー”していた。また、男性が警察に被害を訴え出ないよう、男性に「猫パンチ」と呼ばれる弱いパンチで自分たちを殴らせ、「お前も一緒だ」などと脅していた。
 脅し取った現金は健康ランドやゲーム代などに使っていた。
 中学3年の少年は、「自分より弱そうな相手を選んだ」と容疑を認めているが、「身体(障がい者)をいじめて何が悪い」と反省の態度はないという。

Yahoo記事より抜粋


どこまで腐っているんでしょうね、この国は。
自分の都合のためなら、何をしてもいいんですか??
あまりにも勝手すぎないかい?

時代が時代なだけに、
どんどん人の心は荒んでいき、
少しでも自分より弱い立場の人へ
危害を加えるのが仕方ないなんて言わせて良いのか?
良いわけないでしょう。

こういうニュースを見るたびに、
いつも書いてきているけど、モラルの欠片もない。
悲しい世の中になったもんだ・・・。
人の痛みさえも、感じれない程
腐敗していってるんでしょうね・・・。

そもそも、子供だから云々の話ではなく、
人に危害を加えることや、悪いことは悪いと、
親や、周りが教えることができないのであれば、
厳罰も必要になるのではないでしょうか?
結局、何をしても子供だから許されるという
認識が無駄にあるから、平気で何でもできるんですよ。
当然親にも責任を取らせるべきだとは思う。


めちゃくちゃに書いて良いなら、
書きたいけど・・・さすがに書けないよなぁ~(汗)
裏KAZの日記を作りたい気分だ・・・。


まぁ~でも、大人も対したことないんだよねぇ~。
大人の背中を見て育ったからこそ、
そういうモラルのない子供が沢山いるんですよ。
誰が悪いとかではなく、日本社会全体の問題なんですよね。

頼むから弱い者を傷つけるのはヤメロ!!
それだけ願う・・・。

自分勝手な偏見

やっと今週も仕事が終わり、
帰る前に一服をしていた時のこと。

わんこを抱えた、おばちゃんが近寄ってきて、
疲れ切っている俺に話しかけてきました(苦笑)

おば「あんた、Lマンションに住んでいる人でしょ?」
KAZ「あっ、はい」

いきなり身元割れているので唖然(苦笑)
して興味津々な感じ(汗)

おば「独りで住んでいるの?それとも家族と住んでいるの?」
KAZ「いや、独りで住んでいますけど・・・」

ここら辺から、既にめんどくなる・・・

おば「あらっ、偉いわねぇ~」
KAZ「そんなことはありませんよ・・・」
おば「両親はどこにいるの?」
KAZ「北区ですけど・・・」

次の質問以降内心キレはじめる(苦笑)

おば「なんで一緒に住んでいないの?」
KAZ「ある程度年を取れば、親と住むのは面倒だし」
おば「・・・バカ、何て親でしょ?
   自分で産んだ子供なんだから責任持って
   育てなきゃダメでしょ」

知らん人に、いきなり両親否定に
本気で対抗しようか瞬間に悩むも、
あまりにも身元も割れているし、
どうでもいい人に、いちいち怒るのも
かなり面倒なんで自分の意思で
住んでいることを告げるも・・・

KAZ「いや、俺自身が独りで住みたかったんですよ」
おば「そうは言っても親は親でしょ?」

先日の東京の某電気街の事件を棚に上げ・・・

おば「殺人はいけないわよ。でもそれを作りだしたのは
   紛れもなく親や家族でしょ?そう思うでしょ?」
KAZ「・・・」
おば「だからちゃんと子供は育てないとダメなのよ」
KAZ「・・・・・・」

ひたすら会話を避けると

おば「あなたも大変でしょうけど頑張ってね」

といって去っていきました・・・。


結局なんですか?
障がいを持って生まれた子供に対して、
親は責任を持って死ぬまで面倒を見なきゃいけんのですか?
そこに俺の意見は聞いてもらえないのですか?

俺は自分の意思で、
親元を離れ一人で生きていく選択をしました。
それが自分で考えた道だし、
両親も真摯に受け止めてくれた上での独り立ちですよ。
障がいがあるだけで、近所のおばさんに
両親がバカにされる理由がどこにあるのでしょうか?

そりゃぁ~両親も心配はするさ。
何かあれば飛んでも来てくれるさ。
それでも、自分が決めた道を邪魔する程、
俺の両親は野暮な人ではないし、
尊重する心があるからこそ、
温かく見守ってくれているのだと思うんだよねぇ~。

そもそも、障がいがあるから何をやっても、
頑張っているんですね!!って何?

やりたいからやっているんでしょ?
普通の人が当たり前にやっていることを、
俺なりに当たり前にやっているんでしょ?

無駄に偏見や差別をするなよ!!
そういうのが一番頭にくる。
そういう人間が一番嫌い。
会話したり、顔を見るのもイヤになる。
くだらないことでしか、話しかけに来るなら来るな。

どうして、そういうくだらない考えしかもてない
人が多いんだろうか??

手を出したり、足で蹴るだけが暴力ではなく、
偏見や差別も充分に心に対しての暴力にあたると思いますよ。

俺に関わる人で、そういう人間がいないことを祈る。


せっかくの週末だったのにぃ~・・・
イライラで終わりそうだよ(苦笑)

長文・乱文失礼しましたm(_ _)m

イラッ

まぁ~仕事の鬱憤を日記で書く時点で、
大人げないんでしょうけど・・・。
最近温厚なキャラを売り出しているKAZです(苦笑)

先日の日記からあるように、
急な入力業務が入ったわけですよ。
あるアンケートの内容を数字に置き換えて、
最終的にはExcelのCSV形式で
当てはめていくんだろうと思うんですけどね。

様子見も含めて、締め切りが12日なので、
600件くらいが妥当であろうとのことで、
違う部署のちょっと立場が上の人間が受けたんですよ。
内容聞く程度では確かに行けるだろうとふみましたが、
実際にやってみると全然進まなくて(汗)
木曜・金曜でやるには1日300件入力すれば、
間に合う計算であったんです。
ただ木曜は入力内容を理解するのに、
時間がかかって、正直5~6人体勢でしたが、
200件が良いところでした。
んで金曜はさすがにスピードが上がると思ったけど、
思った程は伸びず・・・(初日よりは良いけどさ)
結局残業しても終わりませんでした・・・。
結果明日、雪中デモ前の午前中に仕事です(苦笑)

でもそれはいいんですよ。
仕事を引き受けた以上は、
終わらなければ終わらすようにする。
社会人であれば当然です。
別にそれに文句言うつもりないし、
管理させてもらってる立場上理解しています。

言いたいことはそこではなく、
違う部署のちょっと上の立場の奴のことです。
思った以上に作業が進まない俺達にも非はあると思いますが、
陰で更に違う部署の人間に
「あいつ等は使えねぇ~」とほざいていたり、
「俺は1日で200件は入力できるけど。」
などと神経を逆なでするような言い方をしたりする。

今日一日、本当にイライラした。
確かに奴なら出来るだろうさ。
だけど、お前の物差しで測るなっての。
仕事を受ける以上、お前基準じゃなく俺等じゃないの??
全員が全員仕事をそつなくこなせる、
メンバーではないのが、元々俺等の部署にいたんだから、
理解できるはずだと思うんだけどね。
何の為の共生・共同なんだか・・・。
障がいがあっても、どんな立場の人間でも、
共に働こうという主旨でやってるんでしょ俺達??
たかだか24~25才の人間に、
何故にそういう風に言われなきゃいけないんだか。

元々気に入らない人間でしたが、もっともっと嫌になった。
偶然にも昨年の9月以降、
俺等の部署からいなくなったから、随分助かったけど、
こういうことがあるとホントにキレそうになる。

こういう奴に限って周りから
嫌われていることに気付きもしないんだ。
羨ましい性格だよホント・・・。

あぁ~もう関わりたくない(苦笑)
そんなことは仕事をする以上無理ですけど・・・。

いつか代表とか、所長が引退した時に、
上手くやっていく自信はないな(苦笑)
俺がいる部署自体は、それなりに良い感じなんだけどね。
居心地も良いし、長く働きたいんですけどねぇ~(笑)


勢いで書いてしまいました・・・。
不快になったらごめんなさい。

若干スッキリしました(笑)

イライラしています(汗)

こういうことを書くと誰も読まなさそうですが(苦笑)
まぁ~たまには書かせて下さいな。

詳しくは書きませんけど、
ある業務について、連絡をすることなく
他部署に迷惑をかけてしまいました。

それだけ聞くと俺が悪いんでしょうが・・・。

俺は他の人が連絡したから、
連絡しなくても良いんだと思ってしなかったんです。
でも結局連絡してなかったんですって。

仕事の世界では、連絡を、する・しないと
良くあることなんですけど、
どうにも全て俺が悪いように言われるのが
非常に納得いかず、ここ2日程イライラしています。

これを読んでいる人は、どうでもいいんでしょうけど、
基本納得のいかないことには、
一切合切謝る気はない男でございます。
でも自分が悪いことには素直にお詫びします。

上の人間に、「いいから謝ってこい」と言われ、
渋々謝りに行ったら、
ヘラヘラして、謝り方が気に入らないと言われました。

謝れと言うから、謝ったら、
謝り方が気に入らないとは、どういうことですか?
誰がヘラヘラしたっつうの!!
こんなことなら謝らなければ良かったよ。

上の人間は、もう一度謝れと言ったけど、
絶対にもう謝らねぇ~!!
大人げないでしょう~えぇ~そうでしょう(苦笑)

そうは言ったって、まだまだ全体を把握できる程、
俺は有能でもないし、出来た人間でもないよ。
もう少し時間を下さいよ・・・。
任せてもらえるように頑張りますので(泣)

今回のことにも限らず、
俺のことを理解してくれる人もいます。
それだけが唯一の救いですな。

イライラしたり、凹んだり、
最近は精神的に忙しいです・・・。
明日も出勤しないといけないし、
はぁ~疲れる・・・。

日曜日のことだけ考えて寝ようっと。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4