eye.jpg

ライブ日誌 一覧

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

1カ月以上振りのライブでした。
そして1年振りのサッポロファクトリーでのライブ
やっぱり素敵な空間でした!!

朝から大雨降っていて、こりゃぁ~会場に
行くのもしんどそうだなぁ~と思っていたら
意外にも晴れとまではいかないけど
雨はやんでくれて良い感じの曇りになってくれました(笑)

今回は天候のせいなのか、多忙だったのか
面倒だったのか・・・敢えて伺いませんが
あんまり人は集まりませんでした(汗)
それでも来てくれた方々には有り難かったし
偶然通りかかった方々には
感謝の気持ちしかありません。
本当にありがとうございました。

20170608FACTORY.jpg

結構時間をかけて練習はしたつもりなのですが
なかなか満足のいく演奏はできなかったかなぁ~
と思っています(苦笑)

昨年のチャリティーライブ以降、
カラフルを歌っているのですが、
完璧に歌い切れた自信がなくて・・・
動画は毎回撮っているんですけど、
微妙に間違うからネットアップもできない(汗)
なんとも切ない話です(苦笑)

定番のカバー曲ですが、知っているんだけど
誰もカバーしない曲を考えてみて
セレクトしてみたんだけど、残念ながら
知ってもいなかった曲もチョイスしたみたいで
間違った感は満載な雰囲気が漂っていました(笑)

ココリコミラクルタイプから時給800円の「さくらいろ」と
織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」を
選んでみたんですけど・・・微妙だった(笑)
見てくれた客層が少々年齢高めだったのもあるので
特に時給800円は反応薄かった(苦笑)
あれは番組見てないと分かんないもんねぇ・・・。
でも良い曲なんですよ!
「180秒のさよなら」というコーナーで
いつも良いところで流れるんですよ(笑)
たまたまネットで見てしまったもんだから
あぁ~これを歌おうと思って練習したけど
もうちょい有名曲を選ぶべきだったかな?(苦笑)

後は久し振りに、いなむら一志さんを思い出し
イマジン音楽祭で作った曲も歌わせていただきました。
直前練習では、すげー綺麗に裏声出ていたのに
本番でちょいかすれる辺り、やっぱり残念な歌い手だった(苦笑)

歌い手あるあるだけど、練習の時に
ときたま最高に上手く歌える時があるんですよ。
演奏もそうなんだけど、本番になると
しくじり先生になったりするパターンですな(笑)
あぁ~いうとき本当に悔しいのです。
だから本番でも最高に良いコンディションに
持って行くのが、歌い手の使命なんだけど
それが一番難しかったりするんですよねぇ・・・。

次は良い歌声と演奏をお聴かせできるように
精進してまいりたいと思います(苦笑)


そう言えば少し話変わりますが、
偶然通りかかった方が、APシヴァーくんの
知り合いだったようで、その方からKAZさんが
チャリティーライブやっているのは
聴いたことがありますって話してくれて
全く繋がりのないところから、そういう話が聞けて
凄い嬉しかったんですよねぇ。
ちゃんと続けてこれた証だろうし
見てくれている人は見てくれているし
評価してくれているところは評価されている
毎回苦労はあれど、頑張ってきて良かったと思います!!

今年も日程は決まっておりませんが
開催しますので、ぜひよろしくお願い申し上げます。

ってなわけで、できは今ひとつでしたが
楽しかったし、ファクトリーで歌えて幸せだったし
良い話も聞けたし、今年の会場についても
上手くいけば見えてきたし
これからも頑張ろうと思えたので良しとします(笑)

見ていただけた方、見に来てくれた方、
エバタさん、ファクトリー関係者様、
本当にありがとうございました。
また懲りずに歌わせてください!!(苦笑)

曲目
01.もう一度
02.Overture
03.さくらいろ(時給800円)
04.いつまでも変わらぬ愛を(織田哲郎)
05.忘れてしまった大人たちへ
06.カラフル

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

とまと畑ライブ

  • ライブ日誌

2月のチカホでのライブ以来
久々のライブになるわけですが、
ここ数年は、ライブとなれば、やまちゃんに
サポートをお願いしておりましたが
如何せん頼り過ぎな部分も否定できないし
仕事の関係で遠くに行っちゃったもんだから
そろそろ一人でできるところは頑張れよ
と言われている気がして・・・
もうちょっと真面目に取り組んでいこうと
改めて決心するのでした(苦笑)

元々のスタイルとして、できる内容で歌っていくと
掲げて続けてきたのですが、それこそ歌い手としての
欲も出てくるようになりまして・・・(笑)
いつもは演奏できない曲なども
やまちゃんがいると素敵に演奏してくれるので
ちょっと一緒にやってよって頼ってしまうのですよ(苦笑)
んでそこに甘えちゃって、自分はさらっと
基本的なコードを追うだけの練習しかしないから
やっぱりギターテクとしては下手になってるなと
正直痛感しております(苦笑)

チャリティーライブなどに関しては
彼がいないと成り立たないくらいになってきたので
今後も絶対に参加してもらうんだけど
それ以外の部分では、初心に戻ってもうちょっと
真面目にやっていこうかと思っております。


そんな中でのとまと畑さんでのライブです(笑)


ここ数年はライブする際には
カバーを取り入れるようにして、
初めてKAZを見る方でも楽しんでいただけるように
意識してライブするようにしています。

とは言え、演奏方法でできることは限られるし
弾ける曲も結構限られてくる中でのカバーとなると
選ぶのが本当に難しいんだけど
ワンパターンもイヤじゃないですか(苦笑)

季節柄春ということもあり、やっぱ王道しか
ないのかなぁ~と思って悩んでいたら
ライブの前日にディズニーのシンデレラがやってたので
さすがにみんな見てるんじゃないかと思って
安易に歌詞にシンデレラが出てくる
H2Oさんの「想い出がいっぱい」をチョイス(苦笑)
時代的にフォーク系の曲なので演奏しやすい(笑)

もう一曲をどうしようかなぁ~と悩んで
カラオケにこもって練習繰り返し、
辿り着いた結果、福山さんの「桜坂」(苦笑)
イヤだと言いながらも、結局は王道に走るという
私らしいと言えばらしい(苦笑)

それでもスピッツとか桑田佳祐とか
いろいろ試しはしたんですよ!!
ただちょっと出来としていまいちだったので
自分で却下しましたけど・・・(汗)


そんなこんなで前日のシンデレラトークをするも
誰も見ていなかったり(苦笑)
息子がかわいいんです的なトークしかできませんでしたが
トップバッターとしては、
それなりにできたのではないかと思われます(苦笑)

他の出演者は、過去に共演した人もいたり
コールセンターあるあるが聞けたり、
マンション騒音あるあるが聞けたりと
歌もトークも充分楽しめました(笑)

ライブ後の雨さえなければ
楽しい一日だったことは言うまでもありません(笑)


お店の構造上、今までは誰かに付き添いを
お願いしていたんだけど、今回は誰もいなかったので
マスターに手伝いをお願いしたら
意外とすんなり物事が進んだので、
今後は一人でも可能かもなと思いました。

マスター、ご協力本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

共演者の皆さんもお疲れ様でした!!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

曲目
01.君がヒーローになれ
02.想い出がいっぱい(H2O)
03.桜坂(福山雅治)
04.桜の木の下で
05.カラフル

ご近所さんの手助け募集中 in チ・カ・ホ

  • ライブ日誌

このイベントは、私が冬の通勤で実際にお世話になっている
地域ぬくもりサポートという有償ボランティアさんを
広く知ってもらうためのPRイベントでした。

主催者側の方が、実際に利用している
私だからこそ声をかけていただけた
という素敵なつながりなんですねぇ。

でも主催者として市役所の人もいらっしゃるとは
正直思ってなくて、MC中に軽く役所に対する
ジャブを入れてしまったことは・・・
ちょっと反省しておりますが(苦笑)
とは言え、そういう現実も知ってもらうには
取り敢えず言うことができて良かったとは思っております(苦笑)

私はたびたび、この日記でも訴えてきましたが
やはり車椅子や、足の不自由な方の
通勤に関する何かしらの補助は必要だと思っておりまして
そういう意味では、移動支援に限らず
有償ボランティアという新たな展開を
打ち出して事業として動き出してくれている
札幌市さんには感謝も当然しております。

なので、今回のPR活動も含めて
少しでも障がいのある方への理解と
多少ならお手伝いできるよと
仰って動いてくれる方が増えてくれたらという
思いも合わさって、貢献できたらと思って
出演させていただきました。


朝早くからPR活動はしていて
結構興味を持ってくれる人がいたという話を
聞けたのは、何となく素直に嬉しかったです。
私自身、この制度を利用して3年前から
通勤の送迎で利用させていただいておりまして
誰よりも助かっているという気持ちは強いです。
だから偶然通りかかった人たちが
少しでも興味を持ってくれる人がいることを
切に願っております!!


さて私のライブはどうだったかと言いますと
少しでも恥をかかないように
声出しとか頑張って練習していたんですけど
如何せん結局途中から声の出が悪かったのは
歌い手としてはいただけなかったのぉ。

せっかく実際に送迎のお手伝いをしてくださってる方々も
応援に駆けつけてくださったのに
良い声を聴かせられず残念でした(汗)
演奏も若干怪しかったしなぁ~(苦笑)

でも良かったと仰ってくださり
ただただありがたかったですm(_ _)m
役所の関係者の皆さんも、良かったと
仰ってくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

nukumori01.jpg

nukumori02.jpg

だけど歌っている間は、多くの方が足を止めて
聴いてくれていたのが、よく見えたし
小さいお子さんも最後まで付き合ってくれたし
暖かい空間だったなぁ~としみじみ思います。

我が息子も、ママが頑張って気を紛らわせてくれた
おかげもあって最後まで頑張ってました(笑)

私が出演してたイベントの向かい側で
出店の仕事があったのに、写真撮影してくださった
かじかわさんも本当にありがとうございました。

後、私が歌うからと応援に駆けつけてくれた
皆さんも、本当にありがとうございました。

わざわざ私を呼んでくださった
イベント関係者の皆さんも
本当にありがとうございました。

感謝感謝しかありません。

どうか少しでもボランティアに興味を持ってもらえますように!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.Yesterday
03.みんなおんなじ(森山直太朗)
04.カラフル
~encore~
05.Message

第2回琴似バルーンフェスティバル

  • ライブ日誌

このライブに関しては、本当に酷いできでして・・・
ただただ主催者の皆様にも申し訳ございませんとしか
言いようのない出来栄えでした(汗)

取り敢えず、歌った曲目一覧だけUPしておきます(苦笑)
誠に申し訳ありません。

曲目
01.Rainbow
02.Santa Station~白ひげサンタの始発駅~
03.赤鼻のトナカイ
04.希望の灯

sing a song

少し遅くの報告となりますが、10/15無事に
KAZ Charity Live
To a heart of children SP ~やさしさに包まれたなら~
が、終了することができました!

2~3人は都合で来られなかったので
当日券を販売しても大丈夫な感じではございましたが
スペースを考えると、少し余裕が持てて良かったのかも知れません。


当日は天気も快晴で、しかも気温も高めで
ただただ気持ちの良い一日だったと思います。

あらためまして、ご来場いただいた皆さま
誠にありがとうございましたm(_ _)m

私としては、多くの皆さまに支えられ、見守られ
サブタイトルの如く、とても優しい空間に包まれたような
気がしてなりませんでしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?

少しでも楽しんでいただけたなら幸いですm(_ _)m


集まった売上や、募金等の合計額は、
33,500円になりました!!
これはチケット売上だけではなく、当日行けないけど
募金に参加したいという方々からの
ありがたい申し出も加わった金額になっております。
本当にありがとうございますm(_ _)m

お預かりしたお金は確実に、子どもたちにお届けします。
お届けした時点で報告もさせていただきますので
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


では当日の様子を書いていこうと思います。

最近のチャリティーライブの流れになっている
オープニングアクトで、二組登場していただき、
最後に私KAZが登場するというパターンで進めていきました。

今回オープニングアクトをお願いした一組目は
Twinkle★Twinkleというアイドルユニットです!

kaz_cl20161015_01.jpg

kaz_cl20161015_01_1.jpg

通常のライブの他に、医療系、福祉系、教育機関系などにも
積極的に歌いに行ってるという話を聞き、
珍しいなぁ~と思ってたけど、
どうやら彼女ら当事者が、そういう学校に行き
学んでる最中だったようです。
勉強も大変だろうにって、おじさんは関心しちゃったけど(苦笑)

曲のセレクトも、アイドル曲から童謡まで幅広くて、
童謡は自分がやるときにもアリだなって思った(笑)

歌も上手だったし、ほんわかしてかわいかったです!

でも顔合わせから途中まで、本当に10代だと思ってたけど
20歳を過ぎてたのにはマジ驚いた(苦笑)
今頃ですが大変失礼いたしました(汗)

お礼も兼ねて、一回はライブに行きたいと思ってます。
アールワイオーに連れてってもらおう(苦笑)

時間的には短かったと思いますが
参加していただけて本当にうれしかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

オープニングアクト二組目は、わたなべゆうじです。

kaz_cl20161015_02.jpg

kaz_cl20161015_02_1.jpg

彼は昔の路上時代からの付き合いで
一時期共演がなかったけど、最近は顔を良く合わすから
妙に懐かしいのもあって、ボサノバというジャンルも
あまり生で聴くこともないだろうから
是非とも歌って欲しくてお願いしました!

ライブのMCでも私が話したけど
雰囲気も、音楽のスタイルも、上手さも変わらないのよねぇ(苦笑)
曲調もあるんだろうけど、甘酸っぱい空間にする
音楽のスタイルは素敵なんですよねぇ(笑)
一切私にはない要素ですな(苦笑)

チョコレートという曲が私は好きなんですけど、
私にくれないだろうか??(笑)
でもKAZが歌っても甘酸っぱくはならないんだろうなぁ~残念(苦笑)

仕事帰りに駆けつけてくれて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて本編のKAZでございますが
今回は、お借りしたお店の都合や、車椅子用のトイレが
近くにないということもあり
全部で二時間で納める構成にしていたので
ちょっと少なめの一時間に終わらせる内容にしました。
アンコール含めて全9曲でした。

ちなみに、今回もヤマガタユウジくんに全面的に
依存しまくりで、全曲のサポート、曲順、
アレンジなど頼りっきりでした(苦笑)
彼の才能の一部がほしいくらいではありますが、
それは物理的に無理ということで、
毎回チャリティーライブでは、甘えまくりです(汗)
本当にいつもすいませんm(_ _)m
おかげで毎回素敵なライブができています。

ちなみに当日の会場の様子がこちら↓

kaz_cl20161015_03.jpg

満員御礼でした!!

では、気を取り直し、
ここからは曲の解説も含めてのレポです!


01.晴れた空の下

全体の構成からいくと、ゆったりめの曲が多めだったので
トップにくる曲は明るめにしようと決めました。

やまちゃんのカッティング気味の、
心地よい演奏から始まり、私のいつも通りの
ストロークが合わさり、格好いいオープニングの予定が
入りをいきなり私が間違うという、一番やってはいけない
パターンをお披露目しちゃいましたが、
そこは13年のベテランですから
鋼の心臓を持ってますので、何かありましたか?
的な顔をしながら、無理矢理演奏を継続しました(苦笑)

連日の練習のし過ぎもあり、私の声が軽くしゃがれていましたが、
でも声は良く出ていたように思います。

正に快晴の一日だったライブの
オープニングナンバーとしては、
ぴったりだったのではないでしょうか?

kaz_cl20161015_04.jpg

02.regrets(KANカバー)

セットリスト考えるときに、やっぱりKANさんの
曲はやりたいなぁ~と思ってて提案したら
KANさんの弾き語りライブで印象に残った曲を
選んでくださいとなり、この曲を選びました!
この前の弾き語りライブでは、妙に心に残ったんですよねぇ。

私は自分が歌いたいってのもあるけど、
そこそこ昔からKANさんの良さを伝える
布教活動を行っておりますので(苦笑)
やはり、これからもKANさんのカバーは
続けると思われます(笑)

でもピアノ曲をギターでやるって大変よね(汗)
やまちゃんもアレンジ大変だったと思うけど、
私も結構大変だったよ(苦笑)
案の定間違えてたし..._| ̄|○

kaz_cl20161015_05.jpg

03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)

ゲスなことだらけの今年の芸能界だったけど
一番のびっくりポンはSMAPの解散でした。
噂はありつつも、仲良さそうに見えていたので
本当に残念に思います。

やはり名曲の多いSMAPですから
誰かが継続して歌わないとということで、
今後は私がカバーして歌っていきます!!(苦笑)

ギターアレンジは、スガシカオ風になっていました。
歌は最後の最後で、うわずっちゃって
そこが上手く歌えていたら完璧だったのになぁ(笑)


04.もう一度

これは単純に、SMAP解散 → ちょ、まてよ! → もう一度という
私なりに上手く繋がったように感じましたが、
ちょ、まてよの物まねが失笑されながらも
やりきった感はあるので、満足しています(苦笑)

これは最近結構歌っている曲だったし、
間違える要素は一切ないはずなんだけど、
練習ではカウント取ってから始まっていたのに
本番でいきなりスタートさせたので
やまちゃんは焦ったと思います(苦笑)

最近の自作曲では好きな曲でございました。

kaz_cl20161015_05_1.jpg

05.君がヒーローになれ

MCを挟まずに連続で歌わせていただきました。
まぁ~カポの交換時間の無音はあったとは思うけど(汗)

この曲に関していえば、最近歌ってない曲を
選んでみようと思いセレクトしました。
RainbowのCDにも入ってることもあり
やまちゃんのアレンジは仕上がっていたので
唯一安定感のある一曲だったかも知れません。

個人的にも好きな曲なんですよ。

kaz_cl20161015_06.jpg

奇跡の親子共演も果たしました(笑)

kaz_cl20161015_07.jpg

06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)

子どもが聴きに来てくれた時を想定して
いろいろ悩んだんだけど、ジブリ系なら知ってるんじゃね?となり
歌えもしないのに、もののけ姫とか適当なこと
ばっかり言ってましたが(苦笑)

トトロは前にやったし、ナウシカやラピュタって感じでもなくて
結局魔女宅だなとなり、この曲をセレクトしました。

そして決まってしまえば、一番サブタイトルに
相応しいと思い、そのままタイトルにしちゃいました。

アレンジも、ちょっとカントリー調のアルペジオで
やまちゃんのみで演奏して、私は歌のみにしました。
良く出来たかなと思ってます。

kaz_cl20161015_08.jpg

07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)

今年のニュースに絡めたカバーを
もう一曲ほしいとなり、永六輔さんが亡くなったというのと、
実は作詞家でもあったというのが結びついて
みんなも知ってるし歌ってくれると思い、
この曲を選びました。

やまちゃんに頼りっぱなしなので、
この曲はコードも簡単ということで
KAZ一人でギター弾き、やまちゃんには
ギターでパーカッションしてもらってました。

意味なくTwinkle★Twinkleに呼びかけたり
わたなべゆうじにも無理矢理歌わせました(苦笑)
でも、みんなで歌うと一体感でますよねぇ(笑)


08.希望の灯

本編最後の曲ということで、やはり今年は
地震で被災した熊本の児童養護施設に
寄付すると決めたこともあり
この曲しかなかったと思います。

この5年で、ある意味一番歌ってるかも知れないですね。
それだけ思い入れもあるし、メッセージ性もあるし
伝えるということを考えると最適な曲だと思います。

神戸の震災はある程度復興したと言えるのかなと思うけど、
東日本大震災は、未だに帰れない人が
沢山いらっしゃる中で、気が休まることなく、
今年の熊本地震は、いつどんな時でも
危険と隣り合わせなんだなと再認識させられました。

必ずそこには、小さな子どもがいるわけで
不安だろうし、怖いだろうし...。
直接手を差し伸べられる訳ではないけど
何か出来ることはあるはずと信じて、
この活動を続けています。

そういう想いを胸に、心を込めて歌わせていただきました。
少しでも皆さんと共有できたら嬉しく思います。


encore 09.カラフル(新曲)

先日の日記でも歌詞を先行で、発表させていただきましたが
息子への想いを込めた曲ができました。

最後の最後だから、きっちり歌い上げたかったけど
入りを間違えたのよねぇ...(苦笑)

ライブの10日くらい前にできあがり
それを無理矢理やまちゃんにアレンジをお願いして
アンコールに持ってくるんだから無謀と言えば無謀だったけど
どーしても歌いたかったんですよねぇ。

ミディアムなナンバーになりましたけど
聴きごたえある曲になったと思います。

子どもの目線でありつつも、最後には温かく見守る
親目線の歌詞を織りまぜられたのは、
珍しく上手く出来たなとは思いました(笑)

kaz_cl20161015_09.jpg

ライブ後には、新曲良かったですねという声が
聴けたので、3年ぶりの新曲の発表としては、
ドキドキしていましたので、ありがたいかぎりですm(_ _)m
音源化希望のの声も聞けたので、余裕ができましたら、
真剣に考えたいと思いますので、
本当に気長~~~~~~にお待ちくださいm(_ _)m


現在NHKさんの取材を受けていまして、
ライブも撮影していただいていますので、
その時に少しお聴かせできるかも知れません!
なので、放送を楽しみにしていてくださいね!!

kaz_cl20161015_10.jpg

kaz_cl20161015_11.jpg

余談ではありますが、前日練習の帰りに夜空を見上げていたら
人生で初めての流れ星を見たんですよねぇ。
本当に初めて見たから、なんか妙に嬉しくなって
明日のチャリティーライブは成功すると
勝手ながら思ってました!!
これはライブのMCで話そうと思ってたけど、
結局忘れちゃって、今更の話題になっちゃうんだけど(苦笑)


ではでは長くなりましたが、チャリティーライブの様子と
見に来てくれたお客様、協力してくれた皆様、
そしてKAZ一派へのお礼を兼ねた、ご報告でございました!!

本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

24年目も~あでゅ~♪

(All Photo by office seAsOw Hidekazu&Haruka Kajikawa)

セットリスト
01.晴れた空の下
02.regrets(KANカバー)
03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)
04.もう一度
05.君がヒーローになれ
06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)
07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)
08.希望の灯
~encore~
09.カラフル(新曲)

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

これも少々時期が大幅に過ぎてしまいましたが、
簡潔に写真付きで振り返ってみます(苦笑)

以前、ファクトリーで歌わせていただいた際に
サポートでヤマガタ君も呼んでも大丈夫だよと
言われていたのを素直に思い出し(苦笑)
ならば一緒に出てもらった方が安定感もあるということで
平日にも関わらずお願いして一緒に出演していただきました。

20160713_factory01.jpg

20160713_factory02.jpg

振り返ってみると、やはり安定感あったのぉ(笑)
そもそも一人で出演するとなると
演奏方法はストロークに限られちゃうし
歌いたい曲があったとしても、
コードが押さえられなかったりするので、
そういう意味では、段違いに自由に曲選びが
できるのは、彼のサポートがあってこそなんですよねぇ(苦笑)

本当にいつも感謝しておりますm(_ _)m

ってなわけで、ユニットでやるからこそ
やってみると楽しそうなカバー曲として
Something Elseの「ラストチャンス」や、
井上陽水と安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」を
セレクトして、結構真面目に練習した気がします(笑)
ラストチャンスは勢いでいけちゃうけど、
夏の終わりのハーモニーは、ハモりをしっかりしないと
めちゃくちゃになる要素満載だったので
お互い頑張ったところだと思います(汗)

でも頑張っただけあって、聴き応えはあったんじゃないかと
勝手ながら思っております。

20160713_factory04.jpg

今回は写真を、かじかわさんに撮っていただけたので、
素敵な写真が多くて、後のチャリティーの
ポスターにも、このライブから使わせていただきました!
改めて、本当にありがとうございました。

私のギター奏法も良い写真があったので、
敢えて載せておきますね。

上から、こうやってコードを押さえております。
これはレギュラーコードを、そのまま工夫して
押さえております!

20160713_factory03.jpg

最後に、多分パパがステージで歌う姿を見るのは
初めてであろう息子の拍手する姿も載せておきます(笑)

20160713_factory05.jpg

やっぱりかわいいのぉ(笑)

平日の中、お付き合いいただいた、やまちゃん、
かじかわさん、見に来てくれた皆様
本当にありがとうございました。

24年目も~あでゅ~♪

曲目
01.太陽が僕らを照らすから
02.幸せのメロディー
03.ラストチャンス(Something Else)
04.夏の終わりのハーモニー(井上陽水・安全地帯)
05.Rainbow
06.希望の灯
07.バイバイ

Mellow~札幌キャンドルナイト2016~

  • ライブ日誌

6/17の話。

今年に至っては、じぇ~んじぇんライブ活動できていない中
わざわざご連絡をくださり、歌わせていただけることに
MellowのKenさん、本当にありがとうございました。

ライブ直後のTwitterでも呟いたように
まぁ~4曲しか歌わないのに、ペース配分を間違ったのか
3曲目にして喉をつぶすという、
長年やってきて一番恥ずかしいオチを披露してしまいましたが
でもそれをはね除ける程の、共演者の方々の
素晴らしいパフォーマンスに私は救われた気がします(苦笑)

20160617_mellow01s.jpg

今回はMellowオープン5周年記念と
キャンドルナイトを組み合わせてのイベントでした。
そんな大事なイベントであるにも関わらず失態を(苦笑)

先程、長年やってきてと書きましたが
自分が歌い始めた時期の仲間も一緒に出演していて
私の中では、さらに一つ同窓会的な位置付けもありました。
ジャンケンソングの「こうえい」さんや、
独特のボサノバテイストを醸し出す「渡辺ゆうじ」も
共演者にいて、懐かしくて嬉しかったなぁ~。
私らもアラフォーな訳で、この年齢になってくると
おもてだった活動している声が少なくなるので
やはり音楽を続けていてくれているのが
素直に嬉しいんですよねぇ~。


珍しく全員の出演者撮ったのでUPします(苦笑)

渡辺ゆうじ

20160617_mellow02s.jpg

久々にチョコレート聴けて嬉しかったです!
前回のとまと畑で共演したときにも話していたけど
ちょっと一緒にライブをやってみたいなと思った。
こうえいさんも含めて、昭和50年代前半ライブみたいな(苦笑)

志斉ゆき

20160617_mellow03s.jpg

初めて聴いたけど、イメージと声が全然違っていて
格好良かったっす!!

こうえいた

20160617_mellow04s.jpg

まさに、ジャンケンの歌が聴けて良かったし
Aメロ聴いたら、ふわぁ~っと記憶が蘇り
サビとか普通に歌えてる自分が凄いと勝手に思ってた(苦笑)
パフォーマンスもパワーアップしていて
現在は、にゃんぱらというコンセプトでライブやっていて
常ににゃんにゃんって言っていたくなる
不思議な覚えやすいメロディーだった!(笑)
今度一緒にやりましょう~!!

耕平

20160617_mellow05s.jpg

実は、イマジン音楽祭で共演していたという
忘れていてすいません・・・(汗)
Let It Beからのオリジナルソングへの繋げ方が
自然すぎて、素直に聴き入っていました!
ちょっと格好良かったですわぁ~(苦笑)

ヤマガタユウジ

20160617_mellow06s.jpg

私個人としては、本当に過去見てきたライブでは
No.1だったと思うくらい、気持ちよく歌っていました。
声のパワーも、演奏も半端なかった!!
あんだけ声出たらスカッとするだろうなぁ~。
新曲も、やまちゃんらしいぶっ込んでいく爽快感もあれば
逆に歌詞はちょいネガティブで、これも正直らしいと思う(笑)
今回のライブ見てたら女だったら惚れるね(苦笑)
それくらいカッコいいライブでした!

KAZ

20160617_mellow07s.jpg

まぁ~私は、じぇ~んじぇん声が出なかったし
ちょいと練習不足も否めず、記念すべき5周年記念に
呼んでもらった割には不甲斐ない内容でした(苦笑)
精進します(汗)
あぁ~でも最近頭にリピートしていた
反町隆史のPOISONはウケが良かったのぉ・・・(笑)
意外に企画ものがウケるのは良しとするべきか(苦笑)

新田いっとく

20160617_mellow08s.jpg

オープニングからのEaglesのDesperadoを
良い声で歌われた日には、やんなっちゃう(苦笑)
そして最後の曲のBilly JoelのPIANOMANを
弾き語りされてしまうと、リアルに格好良すぎて
Billy Joel縛りのライブやってほしいです!
AllentownとかHonestyとか聴いてみた~い(笑)
アマチュアの人間で、あれだけ流暢に
Billy Joelを弾きこなす人は見たことないので、
それこそ札幌シティージャズとか出たら
喜ばれそうなになぁ~としみじみ感じておりました。
またの共演楽しみにしております(苦笑)


多種多様な出演者の中、自分のふがいなさを感じつつも
参加できたことは、ただただ嬉しかったです!

Kenさんありがとうございました。
出演者の皆さんも、お疲れ様でした!!
見に来てくれたお客様も、本当にありがとうございました。

24年目も~あでゅ~♪

曲目
01.Rainbow
02.POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~(反町隆史)
03.500マイル(佐野さくら)
04.幸せのメロディー

とまと畑ライブ

  • ライブ日誌

月日が流れすぎて・・・内容を一切覚えておりませんので、
取り敢えず、歌った曲目一覧だけUPしておきます(苦笑)
誠に申し訳ありません。

曲目
01.もう一度
02.Yesterday
03.YELL(コブクロ)
04.海の声(桐谷健太)
05.Message

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ

  • ライブ日誌

このライブも月日が流れすぎて
記憶がぶっ飛んでおりまして・・・
ただ覚えているのは、このライブの後に
緊急入院する羽目になるのですが
ライブ自体は楽しかった記憶があります。

自分としては、山下達郎や、山本彩がCMで歌ってる曲を
カバーするなど、それなりに新しいことに
挑戦してみたライブだったと思います。
頑張りすぎてウイルスもらったのかも知れませんが(汗)

20150721_kaz_factory.jpeg

まぁ~そんな感じです(苦笑)
23年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

曲目
01.なくしちゃいけないモノ
02.夏の贈りもの
03.ひといきつきながら(山本彩)
04.さよなら夏の日(山下達郎)
05.真夜中の訪問者
06.もう一度
07.希望の灯

花フェスタ フラワーステージ

  • ライブ日誌

月日が流れすぎて・・・内容を一切覚えておりませんので、
取り敢えず、歌った曲目一覧だけUPしておきます(苦笑)
誠に申し訳ありません。

曲目
01.Rainbow
02.あの頃の夢
03.STORY(AI)
04.Imagine(いなむら一志訳)
05.Message

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [3]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4