eye.jpg

新曲情報 一覧

新曲できた!!

  • 新曲情報

と言うわけで、メロディー構想2年
歌詞構想3カ月・・・おもいっきし
集中させてもらったら完成しました(苦笑)

我が息子に向けて作った曲になります!
いつか分かるようになったときに
喜んでくれると嬉しいんだけどなぁ~。

メロディーはチャリティーライブでお届けしますが
歌詞のみ先行して発表しちゃいます!!

ささやかながらパパからの願いを込めた
贈り物という感じですね。

ではでは、はりきってどうぞぉ~(笑)

カラフル  作詞・作曲:KAZ

その瞳には どんな景色が映るのだろう
色とりどりの キラキラした
この素晴らしい世界が 君を待っている


玄関の扉開けて 思い切り外へ駆けてゆく
胸のドキドキは 誰にも止められない

青い空 頬を流れていく風
その全てが 新しい感触 さぁ冒険が始まる

君の瞳には どんな未来が待ち受けるだろう
白いキャンバスに 君だけの
カラフルな色たちが 描かれていく


悲しくて泣いた日も 嬉しくて笑顔になる日も
一つ一つが想い出にかわる

広い大地 光に包まれ
真っ直ぐに 歩く道を照らす 冒険の続きが始まる

その瞳には どんな奇跡が煌めくのだろう
モノクロの日々に 暖かな
虹色を連れてくる 君の元へ


君次第で どんな色にも交わる
自由自在に思いの丈を描こう カラフルな日々が始まる

君の瞳には どんな奇跡が煌めくのだろう
モノクロの日々に 暖かな
虹色を連れてくる

僕たちの瞳には 素敵な未来が待ってるよ
そんなこと想い 毎日に感謝しながら

その瞳には どんな景色が映るの
誰のものでもない 君だけの色を探そう
世界はこんなにもカラフルに染まっている

幸せのメロディー

  • 新曲情報

新曲を作ってみました。
一応チャリティーライブ向けに作ったんだけど
特にこれと言ってテーマはないつもりだったのに
メロディーラインが、ちょっとほのぼのしていて
であれば、歌詞も優しい表現を意識するようにして
書いていきました。

2~3回は書き直したけど、
最終案が一番しっくりきたので、
これで歌っていきたいと思います。

自分で気に入っている部分は
「辛いことを乗り越えたら 幸せがやってくるからさ」
というサビの頭のフレーズでして
あるテレビCMで、「辛」という字に横棒を付け足すと
「幸」という字になるというのがあって
私の中では感心させられちゃったCMだったんです(苦笑)
まんま使ってるあたり、どうかと思うんだけど(汗)
でも今、必要なメッセージでもある気がして
ちょっと私的にも譲れなかったのかも知れません。

優しくなれる曲になったと思います。
チャリティーライブで初披露しますので、
この曲を聴くだけでも一見の価値有り!!
ぜひ、チャリティーライブに来て聴いてください!!

 

幸せのメロディー
作詞・作曲:KAZ

遠くから聴こえてくる 優しい歌声が
その声につられて 僕も足を止めた

誰でもない そこにいたのは自分自身
なんだか とても幸せそうに見えた

難しく考え過ぎる程 毎日に余裕はないけれど
たまには全て忘れて 大声で歌ってみよう
少し耳を傾けたら 幸せのメロディー溢れてる
だから明日も頑張れって 自分自身に歌っていた


遠くから聴こえてくる 力強い歌声
通りかかった人の 背中を押していた

未来は ちょっとのことで上手くいくんだ
だって君の笑顔で 僕も笑顔になれたから

辛いことを乗り越えたら 幸せがやってくるからさ
胸に抱えた想いを 声に出して話してごらん
周りに耳を傾けたら 希望のメロディーが溢れてる
きっと届くと信じて 君のために僕が歌うよ


幸せの このメロディーを 一緒に口ずさもうよ
今度は君が 愛する人に伝えて欲しいんだ

辛いことを乗り越えたら 幸せがやってくるからさ
胸に抱えた想いを 声に出して話してごらん
少し耳を傾けたら 幸せのメロディー溢れてる
きっと届くと信じて 君のために僕が歌うよ

 

21年目からのぉ~あでゅ~♪

もう一度

  • 新曲情報

すっげぇ~久し振りに新曲ができたので、
歌詞を発表します。
テーマは、ちょっとアップテンポで
原点に戻る感じで口ずさみやすいメロディーを
意識して作ってみました。

歌詞のテーマは、サビが歌詞と共に
メロディーが同時に出てきたので、
その路線で行ってみたら
随分諦めの悪い、未練たらたらで
何故ふられたのかも良く分かってない
男の設定になりました(苦笑)
なかなかない感じの歌詞になったので、
それなりに満足しております。
ちょべっと英語も混ぜられて
ふふ~んという心境です(笑)

では、どうぞぉ~↓

もう一度
作詞・作曲:KAZ

いつかこんな日が来るとは思わずに
のんきに過ごしていたけど
それが突然急に 覚悟もないままに
別れを告げられるなんて

Why is the baby
いったい 何が どうなってんの?
I want you baby
こんなにも 心から 君を想っているのに

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
君のために頑張ってきたじゃない
憐れむような目で
この僕を見下げないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度

君が欲しいものは 少ない給料から
できるだけ望むように買ったけど
別にもので釣ろうと思ってはいないけど
あまりにも切なすぎて泣けてくる

Why is the baby
メールで別れいわなくても
I need you baby
そりゃダメなところもあったとは思うけど

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
優しさだけは誰にも負けないじゃない
軽蔑するような目で
この僕を見捨てないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度

Why is the baby
せめて最後に逢いたいんだ
I love you baby
さよならくらいは僕からいわせてくれよ

ちょっと待って もう一度
この僕にチャンスを
君のために頑張ってきたじゃない
憐れむような目で
この僕を見下げないで
僕のために微笑んでくれよ もう一度


21年目からのぉ~あでゅ~♪

忘れてしまった大人たちへ

  • 新曲情報

目を閉じて想像してみてよ
この世界を星空でうめつくして
そして遠い宇宙から見るの
今の地球を見下ろすと
そうしたら一番キレイなのは
星を見つめる僕らの瞳だろう

目を閉じて想像してみてよ
この世界を海と草原でうめつくして
そして遠い宇宙から見るの
今の地球を見下ろすと
そうしたら一番光っているのは
そこで遊ぶ僕らの汗だろう

目を閉じて想像してみてよ
この世界を多くの笑顔でうめつくして
そして遠い宇宙から見るの
今の地球を見下ろすと
そうしたら一番輝いているのは
きっとあどけない僕らの笑顔だろう

僕らは知っているよ
僕らはもっているよ
「笑顔」という最強の武器を
忘れないように
忘れないように

 

今年のイマジン音楽祭で
曲をつけた歌詞になります。

ちょびっと脚色したけど、
基本的には歌詞の世界観を
損なわないようにした程度です。

これは中学2年生の女の子が書いた詞なんだけど
タイトルも意味合いが深いし、
敢えて「僕」というキーワードを
使ってるあたりもいいなぁ~と思っています。

俺はメロディー先行型なので、
詞を元にメロディーをつけるって
相当しんどい作業なんだけど、
なんとか出来上がって満足はしています。

今まで「世界中に」や「紙ひこうき」などの
詞に曲をつけさせてもらったけど、
どの作品にも共通していることは
なんか優しいメロディーが
浮かんでくるということなんです。

逆に子どもの詞につけるべき
メロディーは「優しい」という
俺なりのこだわりがあるようです。

これはなんなんだろうね?(苦笑)
今年の詞に至っても、5曲くらい
メロディーを考えてみたけど、
雰囲気はどれも優しい曲なんだよねぇ。

思った以上に、今の子どもはしっかりしているし
下手な大人よりも大人だったりもするんだけど、
でもところどころに溢れてくる
平和への想いってのは純粋な気がしていて
だからこそ、俺たちがつけるべき
メロディーってのは重要な気がするんです。

まぁ~作詞者からすると、
そんなメロディーじゃねぇ~よぉ~
な~んてのもあるのかも知れないけど(苦笑)
酸いも甘いも知った大人なりの
アプローチだったりもするので、
イメージが違ったとしても
気に入ってもらえたらと思うなぁ~。


イマジン音楽祭は子どもたちから見た
目線での平和を音楽にしているので、
俺たちは本当に貴重な体験を
させてもらっていると思いますよ。
参加させてもらっていることに感謝だなぁ~。

本当は当日まで歌っちゃいけないんだろうけど、
せっかくなので、チャリティーライブで
フライング発表しますので、
イマジン音楽祭にも来てほしいけど、
そっちは行けないかも?という方が
いらっしゃいましたら、
ぜひチャリティーライブに
足を運んでもらえたらと思います。

良い宣伝方法だ(苦笑)

取り敢えず、明日から歌入れ頑張ります。
オケを数日で完成させてくれた
やまちゃんも本当に頑張ってくれたから
俺も頑張って良い曲にしなきゃね。

よしっ、iPhoneの情報は起きてから
仕入れるとして、寝るとするか(苦笑)

20周年に突入~あでゅ~♪

KAZ チャリティーライブ2012
To a heart of childrenⅢ

日時:2012年10月7日(日) OPEN~18:00 START~18:30
場所:札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット:1000円(18歳未満無料)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会
有限会社ことのは舎・わーく木の葉
Office夢羽

 

CL12p.jpg

 

チケット予約も随時受付中です!!
ほんと、よろしくお願いしま~す。

太陽が僕らを照らすから

  • 新曲情報

チャリティーライブ用の新曲です。
やっと歌詞が書けた・・・(苦笑)
今回は神が降りてきたというよりかは
ない頭を振り絞った感が強いので、
ちょい王道な曲になっています(汗)

でも久々にアップテンポなナンバーになっているので、
今後ずっと歌っていけそうな曲だと思います。

あぁ~頑張った俺(笑)
披露は当然ながらチャリティーライブにて。


太陽が僕らを照らすから
作詞・作曲:KAZ


疲れたなら 少しくらいは
遠回りでも気にしないで
よくみて見なよ みんなも同じくらいに
悩んでいるから

止むことのない 雨に打たれながら
微かな光に また希望を探してる

太陽が この街を照らすから
なんでもないことが嬉しくて
僕らは何度でも立ち上がれるさ
諦めない限り どんなときも
明日はきっとくる

やり場のない この想いは
どこへぶつければいいの?
苦しいなら思い切って
声を吐きだしてみるといいよ

雨上がりの空は とてもきれいで
胸のつかえが少し 解き放たれる

太陽が僕らを照らすから
ちょっとしたことが ただ嬉しくて
いつの時代も 立ち上がってきたから
だから大丈夫 願っていれば
明日はきっとくる

明けない夜はないと知ってるから
それを信じて今日も駆け抜けるんだ

太陽が僕らを照らすから
ちょっとしたことが ただ嬉しくて
いつの時代も 立ち上がってきたから
だから大丈夫 願っていれば
明日はきっとくる
だからもう一度 明日を信じて
生きていこう




KAZ チャリティーライブ2011
To a heart of childrenⅡ


日時:2011年10月23日(日) OPEN~18:00 START~18:30
場所:札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台2Fホール
チケット:1000円(18歳未満無料)
主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会
有限会社ことのは舎・わーく木の葉
Office夢羽・CATWORKS
協力:英国式リフレクソロジー かもみぃる
オープニングアクト:ヤマガタユウジ

是非、よろしくお願いしますm(_ _)m

あでゅ~♪

Such is life

  • 新曲情報

うまくいかないことが 人生の大半だよって
わかっていても 今更どうしようもない

困っている人がいても 手も差しだせないんだ僕は
周りの視線が気になって進めない

都合が悪くなると すぐに逃げ出したくなるんだ
過剰な期待が心締め付けてく

完璧を求めることに
そんなものに何の意味があるのかな?

考えが違ったとしても何か問題あるの?
いつしか流されることに慣れていた

悩みごとは増えてくばかり何重にも重なって
誰かに頼ることもできなくなってた

理想ばっかおいかけては
自分らしい想いを見失いはじめてく

生きてくのって そんなに簡単なことじゃない
現在では死ぬことも楽なことじゃない

辛くても苦しくても明日を生きていくんだ
一度きりの人生だから進もう

東から昇る太陽に背を向けない
明日は今日よりもいいことがあるさ
うまくいかないことも それがすべてさ

 

人生なんて、そんなもの・・・そういうタイトルの意味です(苦笑)

あでゅ~♪

Yesterday

  • 新曲情報

そっと静かに 瞳を閉じてみると
描いた 自分になれているのかな?

きっと悩みながら 毎日をもがいてた
無情にも 時間は過ぎていくばかり

多くの後悔と 無力さを知ったあの頃
昨日の君にサヨナラを
振り返ることなく手を振った

吹き抜ける春の風に
背中押されて 君はバスに乗り込む
明日からは 自分で決めた道 信じてく
光り輝く あの道へ

長い年月を 乗り越えてきたんだね
だから今だけは 寄り添っていいんだ

多くの悲しみと 絶望を繰り返した
昨日の君にサヨナラを
流す涙に別れを告げた

走り出したバスは トンネルの先にある
希望の出口へ向かう
新しい自分を 待ってる人がいる
誰でもない 君を待ってる

吹き抜ける春の風に サヨナラを告げて
バスを降りていく
明日からは 自分で決めた道 信じてく
光り輝く あの道へ

誰でもない 君を待ってる



3月の看護学生向けに作った新曲の歌詞でした(笑)

あでゅ~♪

I'm Home

  • 新曲情報

作詞:HALL・作曲:KAZ

「ただいま」と言える場所が きみを待っているのなら
喜びの灯りともすために 今日もここへ帰ろう

夕焼け空が この町を 紅く包み
一番星が 空の果て 照らしてる

とても静かな 夕凪に紛れて
夕飯のいい匂い 僕ら家へ誘う

本当に必要なもの みんなの優しい笑顔
静かに食べても美味しくないよ だから一緒に笑おう

自分勝手な 恋や遊びもいいけれど
きみを待ってる そんな人はいないのかい?

「たった独りだ」と 寂しげに言うけど
誰だって生まれつき 孤独を背負っている

本当に必要なもの 血の繋がりなんかじゃない
互いに想いあって過ごす 日々を積み重ねて

人は誰もが 帰る場所探して
悩んだり もがいたり 闘っているのだろう

「ただいま」と言える場所が きみを待っているのなら
苦しくて傷付いたとしても 涙流さないで

「ただいま」と言える場所が きみを待っているのなら
明日もきっといいことあると 張り切って出掛けよう

 

あでゅ~♪

君がヒーローになれ

  • 新曲情報

やっと書けたよ・・・_| ̄|○
最近作詞やってないから、
久々すぎて無駄に考え込んじゃった(苦笑)
チャリティーライブに向けた新曲を作る目的で、
自分に課題を2曲も与えてしまったんだけど、
それにしても詞を作るって大変だよね(汗)

題材は「ヒーロー」にしたくて、
かっちょいいヒーロー像を作るのか、
妙に情けないヒーロー像にするのかで、
随分悩みましたが、
もっと単純に、みんなが勝手に描くような
「都合のいいヒーローなんていない」と
バサッと一刀両断してみました(苦笑)
ヒーローは憧れではなくて、
自分の中にあるのではないか?
ということを子どもたちに託して
いけたらと思いました。

メロディーは時計台で発表しますので、
お楽しみにしてくださいな(汗)



君がヒーローになれ

都合のいいヒーローなんて
どこにもいないから
君がヒーローになれ

友だちが悩んで困ってたら
手を差し伸べてあげなきゃダメさ
君も助けが必要な時には
友だちが手を差し伸べるよ

少しだけ勇気をもって
その一歩を大きな力にかえて

都合のいいヒーローなんて
現れないから
悔し涙が溢れてくる
いつか大切な人を守るような
そんなヒーローになれ

悲しいニュースの繰り返しでも
現実から眼をそむけちゃダメさ
誰かがやるからなんて思っては
目の前の人も守れない

君にだってプライドがあるだろう
その想いを大きな力にかえて

都合のいいヒーローなんて
存在するのかな?
何かに追いすがりたくなる
強い人なんていないから
君だけは優しいヒーローになろう

涙をこらえて生きてく
困難を乗り越えていく
その胸に刻んだ
優しい気持ちと強い心があればいいさ

都合のいいヒーローなんて
本当はいないから
真実を知る時もくる
みんなが描く本当のヒーローは
君の中にあるヒーロー
君の心にあるヒーロー




まぁ~王道だな(苦笑)
あでゅ~♪

風に乗せて

  • 新曲情報

こっちの歌詞はまじめ(苦笑)

せっかくユニットを結成したので、
2人で作品を作っていくのが良いと思っていて、
先に曲を先行して作って、
歌詞をHALLさんにお願いしました。

歌詞のテーマは当初「桜」と「卒業・入学」
というイメージがあったようで、
何度も何度も読んでいくうちに
「桜の木から目線での歌詞はどうだろう?」と
始めて書いた詞に、いきなりちゃちを
入れちゃったりしてかわいそうだったかなぁ~?
って思ったりもしたけど、メロディーに合わせて歌うと、
これが想像以上に素敵SONGになったのですよ。

正直、自分自身で「う~に~ずのテーマ」を
作った人物と同じなんだろうか?(苦笑)
と思ってしまうほど、良くできています。
う~に~ずライブでしか披露しませんので、
是非う~に~ずライブがあったら来てやって下さいね。


作詞:HALL・作曲:KAZ

三度目の春が来て 卒業したきみは
もうすぐこの町を 離れるのだろう

学び舎の中庭に 雪解けを待ってる
白くて淡い花を 咲かす桜の木

今も少しも色褪せない
あの頃の思い出
術はないけど ほんの少しでも
感謝の気持ちを きみに伝えたい

もうこれからは 会えないけど
ここを忘れずにいて ずっと
祈り込めて 風に乗せて
花びらを届けよう きみに きっと

この春も嬉しさと たくさんの希望
抱いて 校門をくぐる きみがいる

新しいきみは 知らずにいる
たくさんの後悔を
三年間は あまりに短く
後戻りすらも 許されはしない

季節過ぎて 全て散っても
見守り続けるから ずっと
信じているよ 迷わぬよう
もしも泣きたいのなら ここで そっと

同じように見えていても
きみだけの桜がある きっと
咲き誇れる時はそこに
だから愛し続ける みんな

萌黄色と 真白い花
咲かせられる限り ずっと
真新しい制服着た
子供達を励ますだろう きっと

花びらを届けよう きみに そっと



あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4