eye.jpg

音楽ネタ 一覧

振り返れば

  • 音楽ネタ

5月3日は私の音楽記念日でして
人前で初めて路上ライブやった日でございます!
丸14年を迎え、15年目に突入しました!!
ある意味、記念Yearなんですな!
もう過ぎちゃったけど...(苦笑)

当時、赤頭だった私は、同僚の佐々木のよっし〜に
無理矢理ユニットを組ませ、一緒にライブやろうぜって
大通り公園に向かいました!(苦笑)

あの頃の私は、ドキドキしながら当日を迎え
朝から緊張し過ぎて腹壊してたけど
昨日と同じような快晴の中、ミニエレキを抱えて
大声で第一声を発しました。

今と比べればギターテクも音楽のセンスも、
歌い方も全てに置いて青臭い若僧でしたが
がむしゃらな音楽に対する姿勢というのは
純粋に真っ直ぐだった気がします!!

まぁ〜今は今なりに、音楽が好きという部分だけは
変わらないんだけど、練習の量だったり
求める欲求というのは、あの頃とは違ってるとは思います。
成長したのか、それとも止まったままなのかは
実際に見ているあなたに委ねたいと思います(苦笑)

5曲程度しかなかったオリジナル曲も
最近ペースは落ちつつも、今では57曲にまで増えました。
歌ってない曲も山程あるけど(汗)
色々な楽曲の影響を受けまくりだけども
創り出した曲は、全て確かに私が世に出したものたちです!
多分これからもスローペースながらも
曲を創っていくんだと思います。


幾つか変わらないことを決めているのは
一つは弾けないコードは使わない(苦笑)
二つは覚えやすいメロディーにする。

弾けないコードは、言うまでもなく
自分は基本はギターの弾き語りなので
自分で弾けないコード使ったら演奏ができないので
当然使うわけがない(苦笑)

覚えやすいメロディーは、老若男女に聴いてもらうには
小難しいメロディーは受け入れてもらえない気がするし
そもそも自分が分かりやすい曲しか
好きじゃないというのが前提にあるので
流行廃りはあるものの、自分が好きなメロディーは、
みんなも好きであろうという想いでやってます(苦笑)

だからちょいちょい、KAZさんの曲のジャンルは
何ですか?って聴かれたら大体王道のJ-POPですと
答えるようにしています。
だってそれしか浮かばないんだから仕方がない(笑)
歌謡曲世代なんでねぇ〜ブルースやヒップホップ
レゲエ、ジャズとか一切分からん(苦笑)
でもそれで私は良いと思ってるし
自分が好きでもない歌は歌いたくないよね(汗)
このスタンスは死ぬまで変わらんよ(笑)


唯一変わったのは、歌を歌う意義でしょうか?
やり始めた頃というのは、一曲で良いから
全国区に知れ渡るような、売れたいという願望はありましたが
今は別に売れることには意識はなく
自分が歌うことによって誰かのためになればという
気持ちで臨んでいます。

その想いはチャリティーライブに繋がってるし
15年の活動の中で出会ってきた、
いなむさんなどの大先輩の背中を見せてもらってきたので
自分よりも誰かのためにという想いが強いです。

自分が歌うことで、KAZでも頑張ってるしなぁ〜
俺も頑張るかと、誰かに思ってもらえたら嬉しいし
息子へ親父の生き様を見せることにも
繋がっていくのではないかと考えています!

ダメダメなライブになるときもあるんですけど(苦笑)
極力はそういう姿勢を見せられたらと思っています!


最近では、ギタリストでサウンドプロデューサーの
やまちゃんなども私に手を貸してくれるし
ありがたい仲間にも恵まれております!!
多くの方々の応援もあり、助けてもらいながら
20年〜30年へと繋げられるように
明日からも精進してまいりたいと思っております!
どうぞ、これからも応援の程、
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

まずは6月8日のサッポロファクトリーのライブに
集中しつつ、15th year anniversary CDを作れるように取り組み
今年のチャリティーライブも開催できるように
資金集めを頑張りたいと思います(苦笑)


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

オリジナルギター

  • 音楽ネタ

作ってもらっちゃいました(苦笑)

KAZ MODEL ONE (略してK-ONE)です(笑)

作ってくれた方に名前の依頼をお願いしたんだけど
本体作る方に情熱を注ぎ込み、名前まで考える
余裕がなかったんだそうだ(苦笑)
なので、自分で考えてみた(汗)

さてまずは事の発端から説明しますと
昨年の夏頃に、昔からの知り合いであります
宝島の店主が、今回お世話になったお店が
新しく開店するよ~と告知をしておりまして
内容を見るとギターなどのリペアをするということで、
非常に家から近いこともあり、様子見がてら
早速お邪魔してみることにしました。
それが以下のお店です↓

Nobby's Guitar Service[ノビーズギターサービス]
http://nobbysgs.jimdo.com/
https://www.facebook.com/nobbysgs

店主さんは気さくな方で、いろいろとお話をしているうちに
楽器の相談などを持ち込むようになりまして
そんな中で、エレキを弾きたいけど
やっぱサイズ的に自分が持っているのも厳しいと
話していたら、作ってみるのもありですよねと
提案され、そんな簡単に作れるものかと聞いてみると
ショートスケールのネックが手に入れば
ボディは体に合わせて作れるというので、
お互いの意見が一致したので、
じゃぁ~作っちゃいましょ~となったのです(苦笑)

ギター歴20年近くの私ですが、ギターの知識なんて
皆無に近いので、弾きやすいことを条件に
構成などは全てお任せしました(苦笑)

デザインに関しては、これもお任せでした(汗)
そこで店主さんは知り合いのデザイナーさんへ
「座って弾けるギター」をテーマに
デザインしてもらったんだそうですが
意に沿うものが出てこなかったようで
結局自分で考えてくれました(苦笑)

せっかくだから他にはない珍しい形にしようとなり
今回のK-ONEみたいな独特なデザインになりましたが
私としては非常に気に入っております!!

できあがった状態だけ見ると、自分でも忘れそうですけど(汗)
結構な労力だったと思うんですよねぇ・・・(苦笑)
後に写真を見てもらいますが、ボディの形や
それに伴ってピックアップとピックアップの間を
演奏できるようにとか、セレクターヴォリュームの位置や
ヘッド自体の改造など、オリジナルだからこそ
ここまで拘ることができたわけですが
それも一つ一つ嫌な顔せずに最後まで付き合ってくれました。
本当に本当に感謝しております。
一生付き合っていく楽器にしたいと思います!!

値段は・・・お店に直で聴いてください(苦笑)

ではうんちくはここまでで、写真を見てもらいましょう~。

まずは全体像

DSC01340.jpg

全てにおいて私仕様になっているので、
サイズは小さめですが、アンプ通すと
気持ちの良い音が響いてくれてます。

続いてボディ部分

 

DSC01342.jpg

 

 

DSC01348.jpg

 

基本的には足に乗せて弾くので、
乗せる部分も少し前側に広めに作ってもらい
左腕を乗せる部分はピックアップの間を弾けるように
膨らませながらも余裕を持たせてくれました。

次にヘッドの部分

 

DSC01343.jpg

 

本当はペグが6個並んだ状態だったんだけど
間隔が狭くて、回しづらいので間隔を
空けて欲しいと無理矢理お願いしました。
実は一番大変だったとか(苦笑)
お陰様で回しやすくなりました。

最後にスイッチ系の部分

 

DSC01347.jpg

 

ヴォリュームやトーン、セレクターなどは
頻繁に使うだろうし、極端に遠い場所にあっても
切り返しづらいだろうということで、
一箇所に集約して、ジャック部分もボディの横よりは
面の部分にある方が自分で挿しやすいということで、
全部まとめてもらいました。

 

作るのは大変だったと思いますが
私からすると、ここまで自分仕様に
ギターを作れるものなのかというくらい
理想通りのギターができあがりました。
こんだけ作っておいて演奏が下手だったら
それは全て私が悪いということで(苦笑)
精進しようと思います(汗)

多分予算さえ積めば、ピックアップなども
自分の好きなもの組み込めるだろうし
ボディも自分が弾きやすいように
作れるはずなので、興味のある方や
理想のギター作りたーいという方は
ぜひお店に行って、相談してみてください。

何はともあれ、本当にお世話になりました!!

23年目も~あでゅ~♪

今頃?って言わないで・・・

  • 音楽ネタ

その昔、私KAZはTVの取材を受けたことがありまして
一度YouTubeにアップしたんだけど、
HBCさんから、ちょっとって言われて
一端削除したんだけど・・・(苦笑)

棚を整理していたら、録画してあるDVDが
出てきちゃったもんだから、
もう一回YouTubeにアップしてみました(苦笑)
もう6年も前だからいいかなぁ~なんて・・・。

放映されたのは2008年でして
この年のKAZはライブハウスでワンマンライブをやったり、
奥さんのお母さんに挨拶をして結婚を
OKしてもらったりと、プライベートで忙しい一年で
さらにTV取材を受けるなど
一番イケイケなKAZであったと思われます(苦笑)

何となくKAZって何者ですか?
と聴かれた際に、ミュージシャンですよって
言ったところでライブを見てもらわないと
ただのくだらないおっさんでしか見られないので
このTV取材は、分かってもらうには
とても分かりやすい内容になっているんですよ。

また何か言われちゃったら、
削除することも考えるけど・・・
取り敢えずは、自分の思い出と
KAZの参考資料として再度アップしておきます。

若干、若いのが笑えますが、
内容は素晴らしい人で通ってますので
お暇な方は見てみてください(苦笑)

車いすのシンガーKAZの生き方

22年目も~あでゅ~♪

Amazon mp3でも配信開始!

  • 音楽ネタ

若干のタイムラグはありましたが、
ありがたいことに「Amazon mp3」でも配信開始に
こぎつけることができました。

 

amazon-mp3-logo.jpg


http://www.amazon.co.jp/dp/B00JLGF6LW

 

今のところの予定では、後は「music.jp」だけですね。


さて、先日のKAZ一派の誕生祭で
iTunes Storeで販売始めたよと話しをすると
ケーエーゼットさんは購入されたんですか?
という質問が出て、俺はマスターデータも
持っているから買う理由はないかとと説明すると、
まずはケーエーゼットさんから購入して
ちゃんと聴けるよって示さないと言われ
そういうもんかのぉ~??と
言われるままに、先ほど購入してみました(苦笑)

購入した体で話しをしても信用薄そうなので・・・
素直に購入手順を記録しました(汗)

まずはiTunes Storeのアプリを立ち上げて
検索に「KAZ」と入力します。
(余談ですが、以前の日記で「K.A.Z」となっている
名前は無事に「KAZ」に直っておりました(苦笑))

真ん中あたりに「アルバム」の項目があり
そこに「Rainbow」のジャケが写ってますので
それをタップすると・・・

 

2014-04-14 01.47.59.png

 

Rainbowの曲の一覧が表示されます。
(これも余談ですが、3月31日になっていますけど、
ちゃんと発売が始まったのは4月1日です(汗))
そこからKAZ一押しの「トビラ」の横の
150をタップします。

 

2014-04-14 01.48.04.png

 

購入手続きをふんで、無事に終えると
「再生」という文字が出てきますので、
再生をタップすると・・・

 

2014-04-14 01.48.38.png

 

無事に再生してくれました(苦笑)

 

2014-04-14 01.49.11.png

 

改めて聴くと「トビラ」良い曲です(苦笑)
まぁ~全曲オススメなんですけど・・・(汗)

と言うわけで、ちゃんと聴けますので、
ちょいちょい宣伝していきますが、
RainbowのCD持ってない方は
是非、ご購入の程、よろしくお願い申し上げます。

22年目も~あでゅ~♪

嘘のような本当の話

  • 音楽ネタ

私KAZは、自分の楽曲を本日より
iTunesにて配信ることになりました!!

本当です・・・(苦笑)

KAZ iTunes Link → kaz_iTunes.jpg

https://itunes.apple.com/jp/artist/kaz/id855264943

 

ねっ、本当でしょ?(苦笑)
わざわざページを似せて作ったわけじゃないよ(汗)

iPhoneをご利用の方は、アプリのiTunesで
「KAZ」と検索していただき、アルバムの一覧から
探していただければ「Rainbow」の
アルバムが見つかるはずです!!

パソコンの方は、iTunesのソフトを立ち上げて
iTunes Storeを開き、右上の検索から
「KAZ」と検索をかけてもらえれば
上記のようにアルバム内で見つかります。

ただねぇ~何故か名前表記が変なんですよ。
これでも11年間「KAZ」でやってきたんですけど
iTunesでの表記は、「K.A.Z」
意味なく点が入ってるんですよ(苦笑)
これについては現在問い合わせ中なので、
修正できるようであれば、してもらう予定です(苦笑)


ここ1年以上前から、自力でiTunes販売ができないか
模索している中で、調べ上げた結果、
やはり自力では無理だったということと、
われわれアマチュアが販売できるようにするには
いわゆるアグリゲーターという中間業者的な
立場を通さないと行けないということで、
悩んで見つけたのが「Tunecore Japan」という
サイトにたどり着き、値段も納得できる内容だったので
お試しも兼ねて利用してみることにしました。

曲数が多いと入力項目が増えて
面倒な部分もあるけど、楽曲登録すると
最短で2~3日でiTunesで販売できるのが
相当魅力が高いのです。
他のアグリゲーターでは1~2カ月は
待たされることも多いらしいので、
思い立ったが吉日の人にはもってこいなのである。


パッケージも必死こいて販売しなきゃ
いけませんけど・・・(苦笑)
でも応援はしているけど、買いに行けないなど
興味を示していただいている
全国、いや全世界の皆様にお届けするには
iTunesなどを利用してのネット配信だと思うのです。

今後は積極的に活用していこうと考えているので
ぜひぜひ、試聴もできますので
まずは聴いていただいて、気に入っていただきましたら
購入していただけたらと思いますm(_ _)m


ちなみに1。

パッケージなどのコストもかからないことから
CD全曲購入して下さる方には、1,200円になっております。
1曲単位でも販売していまして、1曲150円です。
アルバムの値段設定は、結構自由がきくけど
1曲単位では、一番安く設定できて
150円なので、その辺はご了承下さい。
単純に1曲で買うのであれば、アルバムで
購入いただいた方が、本当にお得です。

ちなみに2。

スマホはiPhoneじゃないという
Androidユーザーの方も諦めないで!!
家でパソコン使えるなら、パソコン版のiTunesで
購入いただいて、その後、mp3とかに
変換していただければ問題なく聴けるようになります。

家にパソコンもないよと言う人については
iTunes意外にも、現在、Amazon mp3や
music.jpにも申請しているところです。
それが通りましたら、別にiTunesだけだから
ということはなくなりますので、
決定しましたらお知らせしますので、
ご安心下さいますようよろしくお願い申し上げます。


なんにせよ、一つの夢が、こんなにあっさりと
通ると思ってなかったので、素直に喜んでいます。
まぁ~売れる売れないは、また別問題なんだけど
やる気が出た新年度でした!!

みんな今年の活動も、ボチボチスタートさせるんで
よろしくお願いしま~~~~~す!!

22年目も~あでゅ~♪

リアルのだめカンタービレ?

  • 音楽ネタ

なんか良く分かんないけど
今日はずっと具合が悪いです(苦笑)
寒暖の差が激しいのが原因かもなぁ。


まぁ~いいや。昨日の話。
KANオフのあちょみんから、ちえりあで
友人が出てる吹奏楽の演奏会があるから
行かんか?と言われ、一度も見たことが
なかったので、いろいろな音楽に触れたくて
見に行ってみました。

そもそもオーケストラ形式の
演奏会は生で見たこともないから
実際のところどうなんだろう?
眠くなってしまわないか?
と演奏会の素晴らしさよりも、
余計なところが気になってしまって
仕方がなかったのです(苦笑)

炎天下、現地に着くと手書きの
催し物のお知らせがありました。

ウインドアンサンブル☆ステラ

 

BMym9TACAAEiWgr.jpg

 

チケットも500円とあって
結構安いんだなぁ~というイメージでした。

中に入ると、よくテレビで見るような
演奏者がセッティングする配置になっていて
意外だったのは鉄琴とかもあるのね(苦笑)
実は知らなかった(汗)
管楽器が大音量を放つ中にも
鉄琴はしっかり自己主張していて
綺麗な音を響かせていました。

 

BMynZxqCcAAKmmD.jpg

 

タイトルの、リアルのだめカンタービレと
つけたのは、略してステラの見せ方が
のだめのライジング☆オーケストラに
似ているなぁ~と思って、
見る人を楽しませることに重点を置いているので
私のような初心者であっても
2時間は苦痛ではなかったんです。

鉄腕アトムや、グレンミュラーメドレーなど
知っている曲をふんだんに取り入れてました。
最後の曲の後のドリフメドレーでは
ひげダンサーが出てきて、剣に果物を刺す
くだりなどもあって、見ていて飽きなかった。

こういうオーケストラなら
また見てみたいって素直に思った。
来年もやるみたいなので行ってみます。

それにしても、ちえりあホールは高いよなぁ(苦笑)
裏では大変なんだと思います。
これからも頑張ってください!!

21年目からのぉ~あでゅ~♪

11年目に突入

  • 音楽ネタ

2003年5月3日に、佐々木のよっし~と
KAZというユニットを組んで
大通り公園で歌い始めてから
丸10年を迎えて、音楽活動も
今日からは11年目に突入したのです。

自分で作詞作曲はしていたとしても
施設のイベント以外のライブは
初めてであったこともあり
右も左もわからないまま、
歌っていたあの頃を思い出すと
なかなかの、はじゅかしさも
多々ありますが、それでも多くの人が足を止めて
仲間や友人も見に来てくれて
嬉しかったですねぇ~。

あれから10年・・・。
ありがたいことに多くの人たちに
応援してもらえることができて
今ではいろんなイベントや
学校、福祉や高齢者施設などでも
歌わせていただけるようになりました。

最初は、かっこつけで始めた部分もあって
無駄にいきがっていた時期もあったと思うけど
今では自分で企画をしたり
チャリティーライブなども続けてこられています。

音楽を通じて、どれだけの人に勇気や希望を
与えられるようになったのだろうか?と
ふと考えたりもしますが・・・
最終的には私自身が、皆さんから
勇気や希望をもらっているんですよね。
そういうことが理解できるようになっただけでも
10年歌い続けてきた意味もあるし
人間的にも成長できたんだろうなぁ~と思います。

当時・・・26歳。
現在・・・36歳(苦笑)

若者だったKAZは、ただのオッサンに
なってしまいましたが・・・
誰かの為に歌いたいという想いだけは
若い時のまま気持ちは続いております。

振り返ると、CDは6枚も発売させていただきました。
「Message」と「君ヘノ贈リモノ」の
CDに関していえば、両方とも300枚以上は
いろいろな方々に購入していただきました。
素人同然の音楽を聴いて気に入ってもらえて
CDまで購入していただけるとは
本当にありがたいことなんだと思います。

その恩返しを、やはり歌を通じて
次の世代の子どもたちへ
私は返していきたいと思っています。


この10年で唯一たくましく成長したのは
舞台度胸と、無駄なくだらないトークです(苦笑)
始めた頃は人見知り満載でしたし
MCも全然できなくて、曲作りも未熟すぎて
つまらないライブを見せてきたと思います。

しゃべれないのはダメだと指摘を受けて
何でも良いから身の回りで起きたことを
少しずつ、しゃべるようにしていき
そこから更に面白くなるように研究していき
今のスタイルが面白いかは別にしても・・・
無駄に、しゃべるようになりました(苦笑)

MCはくだらなく、曲は真剣に
多分このスタイルは今後も続くと思いますので
嫌がらず見に来てやってください(汗)

歌う場所によってカバーも少しずつですが
取り入れるようになってきました。
結構、最初の頃は頑なに拒んできたんですけどね。
まずは足を止めないと始まらないわけですから。
そういう意味では、知ってる曲が1曲でもあれば
ふと足を止めてくださる方も
確かにいるので、なんでもかんでも
あれはダメだと自分で幅を狭めては
ダメなんだろうなぁ~と考えるようになったんです。


まっ、これからも応援してくれる人がいる限り
マイペースではありますが、
歌っていきたいと思っておりますので、
応援していただけたら幸いです。

まずは平日だけど、11年目一発目の
サッポロファクトリー・ウィークデーライブに
足を運んでくださ~い(苦笑)

サッポロファクトリー・ウィークデーライブ
5月9日(木) 19:00-START
場所:札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリーアトリウム
チケット:無料
共演者:なし

ライラック音楽祭
5月23日(木) 時間未定
場所:札幌市中央区大通公園6丁目
チケット:無料
共演者:多数

とまと畑ライブ
5月25日(土) 19:00-OPEN 19:30-START
場所:札幌市中央区南4条東3丁目 ピープルIII 1階
チケット:1500円(1ドリンク付)
共演者:ヤマガタユウジ 他

まるやまミュージクソン
6月23日(日) 時間未定
場所:未定
チケット:無料
共演者:未定

全久寺まつり2013
6月30日(日) 9:30-START KAZは昼頃の予定
場所:石狩郡当別町対雁41
チケット:無料
共演者:未定

21年目からのぉ~あでゅ~♪

Taylor GS Mini

  • 音楽ネタ

土曜日には入荷した旨の
連絡をもらってたけど、外に一人では
出ることができず・・・。

やまちゃんに連絡して都合を聞いてみると
今日なら良いですよということで、
ケンタ号で札駅まで行ってきました。

いっつも試演する際に付き合ってくれた
担当の方は外出だかでいらっしゃらず
1年越しのお礼を述べることができませんでしたが
いざ目の前にTaylor GS Miniが現れると
やはり感慨深い想いになり
頑張ってお金貯めて良かったなぁ~
と意味なく自分を褒めてやりました(苦笑)

アンプを通して聴くGS Miniも
実は初めて聴くので、噛みしめるように
演奏させてもらいました。
ボディーが大きくなった分、
音に迫力と厚みが増したようで
気持ちよく音色を楽しめました。

今さらながらボディーの大きさは
音に関しては重要なんだなぁ~
と感じさせてくれるものでした。
まぁ~一番は通常サイズの
ギターが抱えられたらいいんだろうけど。
それでも最近はミニギターも
一つのブランド的なものになってきていて
色々なメーカーさんが作ってくれるので
それはそれで今後の選択肢も増えそうだけど
これから当面はTaylor GS Miniと
上手く付き合っていけたらと思います。

まだまだ弾き慣れてないから
しっかりと良い音が出ないけど
これは単純に慣れだと思うので
少しずつ毎日弾いていこうと思います。

雪が溶けたら、CATWORKSに持っていって
調整してもらおうと思っています。

以下はギターの画像です。

 

taylor 008.JPG

 

Taylor GS Mini

 

taylor 004.JPG

 

ギターケース

 

taylor 005.JPG

 

ヘッドの部分

 

taylor 006.JPG

 

ホール部分(PUはホールに設置)

まずは春以降の活動に向けて
曲作りをはじめてみようと思います。

 

taylor 011.JPG

 

最後に、ついでに買ったドラクエ7と
ニンテンドー3DSです(苦笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

やっと・・・

  • 音楽ネタ

先週の土曜日に映画を見に行ったついでに
昨年からずっと目をつけていた
Taylor GS Miniというギターの
予約をしてまいりました。

Taylor GS Mini
http://www.taylorguitars.com/guitars/acoustic/gs-mini

 

gs_mini.jpg

 

ということは、やっとお金が貯まった
ということになるのですよ奥さん(苦笑)

俺のギター歴史では、まぁ~それなりに
ミニギターはちょろちょろ買ってますけど
メインギターが新しくなるというのは
やっぱ大きいわけで・・・
今まで頑張ってくれていた
Little Martin LXMEも、まだまだ現役ではあるけど
音楽活動も11年目に突入する意味では
ギターも新たなステージへ昇ったということです。

元々、ピックアップは搭載していませんが
Taylorは専用のピックアップを用意していて
購入と同時に搭載するなら
取り付け料は無料ということで
それは素直にありがたくお願いしました。

届くまでには2週間近くはかかるので
まだ手元にはありませんが
新しいギターというのは
テンションが上がりますよねぇ~。
アゲぽよぉ~~~!!
って感じです(苦笑)

ミニギターよりも大きくて
通常サイズよりも小さい。
この絶妙なサイズは、当面現れなさそうなので
及川光博から、成宮寛貴に変わった
相棒のように、これからのKAZを
支えてくれるギターだと思います。

最近、仕事もやることが多くて
忙しい日々も続いておりますが
これで少しは、曲作りも進んでいきそうな
気がしていますので、4月か5月の
ライブにはお披露目できると思います。

早く来い来い、GS Mini!!


余談ですが・・・思った以上に
安く済んだこともあり・・・
ドラクエ7も買えそうです(苦笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

平和都市宣言20周年記念イベント

  • 音楽ネタ

尖閣諸島に乗り込まれ
竹島にも乗り込まれ
更には言いたい放題言われ
北方領土問題も抱えて
隣国から圧力を掛けられて
何となくニュースを見ていると
平和とはほど遠い感じもするし、
個人的には日記では書けない感情も
多々あったりますが、
それでも終戦記念日くらいは
本当に平和を願いたいものです。

そんな中、昨日札幌では
市のイベントとして
平和都市宣言20周年記念イベントが
札幌市民ホールで行われました。

昼間10区巡りをやっている間に
Twitterなどで、大元は書いちゃったけど
まぁ~まとめる意味でも書いてみます。

2週間くらい前に連絡があって
作曲者として関係者扱いで入れるから
11時くらいに来てという話もあり、
素直に、その時間に入らせてもらいました。

会場に入らせていただくと、
既に合唱団のリハが始まっていて
残念ながら、この時点での
紙ひこうきの歌は聴くことが出来ず(苦笑)

その代わりに、リハが終わった段階で
合唱団に挨拶をさせていただきました。
一応、作ったときの想いなどを
述べさせていただきました。
総勢30数名もいて、どっちかというと
女の子が多かった気がします。

挨拶を終えると、いなむらさんの
リハも見ることが出来て、
こっちは羨ましく見てました(苦笑)
だって、内容がぎっしりだということで、
KAZくんは無理だったよって話だったので。

 

2012-08-14 11.41.42.jpg

 

全リハを終えると控え室があるんだと
思ってたら、階段しかない2階だったようで
いなむらさんや、イマジンの森さん
ちえりあの関係者の方も
一緒になって廊下にいてくれました(苦笑)

全リハやったから終わりだと思ってたら
通しリハやるとなって、
いなむらさんは焦ってましたが(笑)
合唱団の歌声が聴けると楽しみにしていると
イントロと一小節しかやらず、
ここでも結局、全部は聴けないのであった(汗)

本番が始まると車椅子の方の
専用席に連れて行かれ、
早速、市長の挨拶からスタートし、
今年度の平和へのメッセージ受賞者への
表彰式や、平和訪問団派遣報告があり、
その後、合唱団が登場しました。

会場について初めて分かったんだけど
今回は平和都市宣言20周年もあって
合唱団も普通の子どもたちからじゃなく、
HBC少年少女合唱団だったんです。
まさかの大物が出てきて
実は正直驚いたのでした(苦笑)
リハの段階で編曲者の方とも挨拶を
させていただいていて、
予想を遙かに超えた大事になってました。

それで紙ひこうきの歌についてですが
実際に聴いてもらいのですが
こっそり録音はしたけど
勝手にUPしていいのか判断しづらいので
今は止めておきますが・・・
どっちかというと、
スローなナンバーにしたので
そういうテイストで行くと思ったら
イントロからして軽快な感じで、
ちょっと意外な感じでした。
あらっ、本当に紙ひこうきか?
とさえ思っちゃったので(苦笑)
でも歌が入ると、まさにそれでした(笑)

30数名の構成から成り立つ合唱は
一言でいうと圧巻でした。
おそらく三部編成だったと思うんだけど、
まず一人一人の声が良いのと、
ハーモニーが素敵すぎました。
合唱というだけあって
主の歌声に、重ねていく歌い方など
あの歌が本当に合唱になっていると
感動して泣けてきました(苦笑)

これは音楽やっていて
そうそう経験できることではないので
生きてて良かったなぁ~。

本番が終わって合唱団の指揮者の方と
お話をさせてもらったんですが
紙ひこうきについては
編曲される前の曲も、じっくりと聴いていて
3曲歌った中で一番気に入ってくれたようで、
練習も一番楽しそうにしていて、
大好きな歌だったんですよと教えてくれました。

選んでもらえたことは本当に光栄だし
音楽家冥利に尽きる話なんだけど
実際に歌う子どもたちは
どうだったのかってのは
作り手として気になっていたので、
これは素直に嬉しい言葉でした。

イベント後には市長とも話が出来て
KAZの歌が良いって俺が押したんだって
言ってたし、選ぶ際みんなが満場一致で
選ばれた曲だったんだと言われ
余計に嬉しくなりました。

老若男女問わず、耳にスーッと入ってくる
音楽をやろうと思って活動しているから
改めて、それが評価されたのは
心より感謝申し上げたいです。

音楽やっていて本当に良かったよ。
これからも頑張れそうだ(笑)

まぁ~どうせなら、作詞者はこの子で
作曲者はこの人ですよって
みんなの前で紹介してもらえたら
尚嬉しかったけど(苦笑)


最後に、渡部陽一さんの講演について書くと
やっぱりあの口調だったし、
しゃべり慣れているのが良く分かるし、
質疑応答の返し方もプロでした(笑)
でも訴えたいことなどは
言葉に重みもあったし、胸に刺さる感じもあった。
素晴らしい講演でした。

どうせ裏側にいたんだから
写メ撮らせてもらえば良かったよ(苦笑)

まぁ~そんな感じです(笑)
20周年に突入~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年7月 [1]
  2. 2017年6月 [5]
  3. 2017年5月 [5]
  4. 2017年4月 [3]
  5. 2017年3月 [3]
  6. 2017年2月 [2]
  7. 2017年1月 [6]
  8. 2016年12月 [4]
  9. 2016年11月 [5]
  10. 2016年10月 [6]
  11. 2016年9月 [4]
  12. 2016年7月 [3]
  13. 2016年6月 [4]
  14. 2016年5月 [5]
  15. 2016年4月 [2]
  16. 2016年3月 [2]
  17. 2015年12月 [3]
  18. 2015年11月 [2]
  19. 2015年10月 [2]
  20. 2015年9月 [1]
  21. 2015年8月 [1]
  22. 2015年7月 [4]
  23. 2015年6月 [3]
  24. 2015年5月 [4]
  25. 2015年4月 [3]
  26. 2015年3月 [1]
  27. 2015年1月 [3]
  28. 2014年12月 [1]
  29. 2014年11月 [3]
  30. 2014年10月 [6]
  31. 2014年9月 [3]
  32. 2014年8月 [6]
  33. 2014年7月 [4]
  34. 2014年6月 [4]
  35. 2014年5月 [7]
  36. 2014年4月 [5]
  37. 2014年3月 [3]
  38. 2014年2月 [3]
  39. 2014年1月 [4]
  40. 2013年12月 [9]
  41. 2013年11月 [11]
  42. 2013年10月 [6]
  43. 2013年9月 [9]
  44. 2013年8月 [7]
  45. 2013年7月 [6]
  46. 2013年6月 [11]
  47. 2013年5月 [9]
  48. 2013年4月 [8]
  49. 2013年3月 [9]
  50. 2013年2月 [9]
  51. 2013年1月 [8]
  52. 2012年12月 [21]
  53. 2012年11月 [18]
  54. 2012年10月 [15]
  55. 2012年9月 [18]
  56. 2012年8月 [14]
  57. 2012年7月 [12]
  58. 2012年6月 [12]
  59. 2012年5月 [10]
  60. 2012年4月 [14]
  61. 2012年3月 [19]
  62. 2012年2月 [10]
  63. 2012年1月 [21]
  64. 2011年12月 [18]
  65. 2011年11月 [23]
  66. 2011年10月 [20]
  67. 2011年9月 [8]
  68. 2011年8月 [12]
  69. 2011年7月 [16]
  70. 2011年6月 [19]
  71. 2011年5月 [19]
  72. 2011年4月 [19]
  73. 2011年3月 [19]
  74. 2011年2月 [17]
  75. 2011年1月 [18]
  76. 2010年12月 [27]
  77. 2010年11月 [20]
  78. 2010年10月 [20]
  79. 2010年9月 [21]
  80. 2010年8月 [25]
  81. 2010年7月 [17]
  82. 2010年6月 [24]
  83. 2010年5月 [17]
  84. 2010年4月 [29]
  85. 2010年3月 [22]
  86. 2010年2月 [19]
  87. 2010年1月 [20]
  88. 2009年12月 [19]
  89. 2009年11月 [18]
  90. 2009年10月 [23]
  91. 2009年9月 [13]
  92. 2009年8月 [19]
  93. 2009年7月 [19]
  94. 2009年6月 [16]
  95. 2009年5月 [22]
  96. 2009年4月 [17]
  97. 2009年3月 [20]
  98. 2009年2月 [16]
  99. 2009年1月 [16]
  100. 2008年12月 [20]
  101. 2008年11月 [20]
  102. 2008年10月 [12]
  103. 2008年9月 [10]
  104. 2008年8月 [23]
  105. 2008年7月 [27]
  106. 2008年6月 [25]
  107. 2008年5月 [25]
  108. 2008年4月 [18]
  109. 2008年3月 [17]
  110. 2008年2月 [19]
  111. 2008年1月 [21]
  112. 2007年12月 [13]
  113. 2007年11月 [22]
  114. 2007年10月 [20]
  115. 2007年9月 [19]
  116. 2007年8月 [21]
  117. 2007年7月 [27]
  118. 2007年6月 [21]
  119. 2007年5月 [23]
  120. 2007年4月 [23]
  121. 2007年3月 [27]
  122. 2007年2月 [26]
  123. 2007年1月 [17]
  124. 2006年12月 [21]
  125. 2006年11月 [16]
  126. 2006年10月 [22]
  127. 2006年9月 [22]
  128. 2006年8月 [20]
  129. 2006年7月 [11]
  130. 2006年6月 [22]
  131. 2006年5月 [14]
  132. 2006年4月 [13]
  133. 2006年3月 [14]
  134. 2006年2月 [14]
  135. 2006年1月 [21]
  136. 2005年12月 [21]
  137. 2005年11月 [10]
  138. 2005年10月 [14]
  139. 2005年9月 [17]
  140. 2005年8月 [16]
  141. 2005年7月 [15]
  142. 2005年6月 [16]
  143. 2005年5月 [18]
  144. 2005年4月 [24]
  145. 2005年3月 [22]
  146. 2005年2月 [20]
  147. 2005年1月 [17]
  148. 2004年12月 [20]
  149. 2004年11月 [7]
  150. 2004年10月 [10]
  151. 2004年9月 [11]
  152. 2004年8月 [10]
  153. 2004年7月 [10]
  154. 2004年6月 [9]
  155. 2004年5月 [10]
  156. 2004年4月 [7]
  157. 2004年3月 [8]
  158. 2004年2月 [8]
  159. 2004年1月 [11]
  160. 2003年12月 [13]
  161. 2003年11月 [13]
  162. 2003年10月 [1]
  163. 2003年9月 [2]
  164. 2003年8月 [1]
  165. 2003年7月 [2]
  166. 2003年6月 [6]
  167. 2003年5月 [6]
  168. 2003年4月 [3]
  169. 2003年3月 [5]
  170. 2003年2月 [3]
  171. 2003年1月 [6]
  172. 2002年12月 [5]
  173. 2002年11月 [5]
  174. 2002年10月 [6]
  175. 2002年9月 [5]
  176. 2002年8月 [5]
  177. 2002年7月 [6]
  178. 2002年6月 [7]
  179. 2002年5月 [2]
  180. 2002年4月 [4]
  181. 2002年3月 [6]
  182. 2002年2月 [5]
  183. 2002年1月 [11]
  184. 2001年12月 [7]
  185. 2001年11月 [3]
  186. 2001年10月 [2]
  187. 2001年9月 [3]
  188. 2001年7月 [1]
  189. 2001年6月 [2]
  190. 2001年5月 [2]
  191. 2001年4月 [2]
  192. 2001年3月 [4]
  193. 2001年2月 [2]
  194. 2001年1月 [4]
  195. 2000年12月 [6]
  196. 2000年11月 [9]
  197. 2000年10月 [3]
  198. 2000年9月 [4]
  199. 2000年8月 [4]
  200. 2000年7月 [7]
  201. 2000年6月 [8]
  202. 2000年5月 [8]
  203. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4