eye.jpg

何でもありな話 一覧

無駄に田舎者

札幌市の障がいのある方や、高齢の方向けの
福祉乗車証、敬老パスという市が運営する
公共機関の乗り物が、無料または半額で乗れますよという
大変ありがた〜い制度があります。

今まではウィズユーカード的な改札機に通さなければ
ならないものでありましたが
時代の流れなのか、ICカードにしてくれと
要望があったのかは分かりませんが
今年度からICカードになりました!!

私も使わせていただいておりましたが
手が不自由である者にとって
やはり改札機にカードを通す作業というのは
結構大変でありまして、早くICカードへの
移行は素直に望んでおりました!

分かりづらいと思うんだけど
その日の手のコンディションによって
すんなり通すときもあれば
上手く入らないことも多々ありまして
引っかかって床へ落下することも良くあります。
加齢より動きが悪くなってきた説も
否定はしきれないところではありますが(苦笑)

ってなわけで、通す作業よりも
上にカードを置く方が、断然楽だし
落とす割合も減る気がします。

そういう意味ではICカードへの流れは
必須なんだろうし、文明の利器に感謝せざるを得ないのです(笑)

とは言え、手が不自由な方にとっては便利でも
目が不自由な方にとっては、逆に分かりづらくなるという
話もあったりするので一長一短ではあるようです(汗)


まぁ〜今回は自分目線での話なので
目が不自由な方の話は置いておいて
実際に初めてピッとした感想を述べてみます!


結論から言うと、まぁ〜楽(苦笑)


先日電子マネーのカードで自販機の
ジュースも小銭をちまちま入れなくても
買えるようになって凄く助かると
呟きをしましたが、まさにそれと同じ!!(笑)

タッチするところにカードを添えるだけなので
これはやっぱり便利だよ(苦笑)
慣れは必要だという声もあるけど
雑に扱っても反応してくれたけどな(笑)

何にしても、たかだか改札通るだけなのに
ピッとしただけで、随分ハイテクで都会っ子な
気分に浸れるのは、自分のことながら
やっすい男だなぁ〜と、つくづく思うのであった(苦笑)


後はデザインさえ、ダサくなければ
文句の付けようもないのに、やる気のない人が
5秒くらいでWordで作ったんでしょうねぇ〜
というようなダサさ...。

あれはど〜にかならなかったのですか?
札幌にはライラックなどのイメージフラワーなどもあるのに
ネタに困れば、それでも良かったろうに
なぜ初年度の札幌○○映画祭の
ポスターみたいになったのか不思議でしょうがない(汗)
見たい方は、私に会った際にお見せします(苦笑)

散々コケにしてますけど、辞める辞めると言われながらも
未だに福祉乗車証を発行してくれる
札幌市さんと、税金納めている皆様に
心より感謝申し上げ、本日も早う寝ようと思いますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

踏んだり蹴ったり

どうも今年に入ってから体調の良い日が少ない(汗)
年末の胃腸炎から、膝に水が溜まるだの
でっき〜だの、また胃腸炎だの、そして風邪だの...。
そして今、足の装具も壊れた...(汗)
何すかこれは??(苦笑)

会社も休みがちになっちゃうし、
イメージがよろしくないのぉ...(汗)
まぁ〜まだ心配されるだけ、真面目にやってきた
おかげなのだろうけども(苦笑)

別に独り暮らしのような適当な
食生活も、不摂生もしていないと思うんだが(苦笑)

やはり積もり積もった昔の不摂生の名残が
今になってやって来たのか?
それとも単純に年をとったのか?
厄年だからなのか??(苦笑)

こうなってくると、360度見渡しても
原因がチラホラ見えてくるようじゃ(苦笑)

何か、何かな...、どうしたもんじゃろのぉ...。
いろんな意味でびっくりぽんや!
朝ドラ三段活用したくなるほど、
今日は絶好調な日が何日あったことか(汗)
今も風邪で頭朦朧としてますが、
薬が多少効き始めたので、
スマホで日記を書いております(苦笑)


日々体調管理とは言うものの、
みんなどーやってんの??
どんだけならないようにしたって
なるものはなるやん!(苦笑)
防ぎようないやん!!!(笑)
一年風邪引かねぇ〜人をたまに見るけど
あんなもん奇跡やん!!
本当に不思議でしょ〜がない。

冬の期間は移動の制限もあるから
ストレスは溜まるとこは溜まるけど
3月に入ってからは、気分は良かったんだけどなぁ。
仕事でのストレスは感じてないし、
思い当たる節もないのよねぇ(苦笑)

今年は体調が微妙な年なんだと、
受け入れてれば良いんすかぇ(汗)
そういうもんなんだと思えば
多少は気が楽になるのかな??(笑)

困った40代突入だよ(苦笑)
まぁ〜二週間毎に熱が多発していた、
20代のでっき〜時代に比べれば、
まだ元気なんだけどさ(汗)
あの時は諦めて三週間の入院と手術したもんなぁ。

取り敢えず...季節外れの雪降るのはやめようか?(苦笑)
そして上着が軽くなる季節にしてもらおうかのぉ(笑)
そしたらちょっと元気になりそうな気がする。

そんなことを思いながら寝ることにします(汗)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

取り敢えず

今期の冬の送迎に関しては、皆さんのご協力のもと
無事に通勤することができました。
まぁ~体調不良でお休みすることも多々ありましたが
本当にご協力ありがとうございました。

毎年のことながら、北海道に住む宿命と言わざるを
得ないのでしょうが、雪が積もることは避けられないし
仕事をしなきゃならないってのも
避けられないので、同時にこなさなければならないので
車椅子に乗っている者、足が不自由な者というのは
大変なんですが、どうにか毎年助けられながら
通勤することができております。

数年前から、市の事業でもある
地域ぬくもりサポートを通して
有償ボランティアさんも頼んではおりましたが
それだけでは全ての通勤はカバーしきれず
かといって札幌市では移動支援という制度では
通勤は御法度ということもあり、
結局何かしらの方法で通勤手段を考えるしかありませんでした。

それが本当に大変で・・・(苦笑)
夏の終わり頃から、いろんなところへ問いかけをして
それでギリギリ何とかなってきましたが
直前まで決まらないと、やっぱストレスになってきますし
車椅子に乗っているだけで、なぜにこんなに
悩まされるのかと常に思っていたりします。

せめて少額であったとしても、仕事をしようと思う
人たちには、安全に快適に通勤ができるように
制度として真剣に考えていただきたいものです。
家族がやればいいじゃんってのは、論点が違います。
家族でもまかないきれない部分は必ずあるのです。
介護の世界だって家族がやればいいじゃんってのが
風潮としてあるから、疲れ切った家族が
超えてはいけない部分に踏み込んでしまい
凄惨な事件へと発展していくんですよ。

人によっては全てを無償でやってくれという
考えを持っている人もいるから
誤解も多いんだろうけども、少なくとも私は
必要な部分に関してはお金が発生することは
ありだと思っているので、タダでやってほしいなんて
一切思っていないです。

プライベートな時間を割いて、
手を差し伸べてくれる人に対しては
それなりの対価は必要なんだと思うのです。
さすがに高額な金額は払えないのが現状だから
述べている割には少ないかも知れないけど・・・。


今期に関して言えば、地域ぬくもりサポートさんとは別に
Facebookでも呼びかけをしたところ、
多くの方がシェアで呼びかけていただき
実際に送迎を手伝いますよという声が
たくさん届きまして、朝も夜も微妙な時間帯ですが
対応してくださいました。
本当に心より感謝申し上げますm(_ _)m

週一しかできないよという声であったとしても
私にとっては、救われるような思いでした。
昨年対応してくださった方も、私で良ければと
対応してくださいましたし、
あらためて人に恵まれているなぁ~と
しみじみ感じることができました。

至らない点や、急遽お願いするなど
臨機応変に対応してくださったことには
ありがたい限りでした。


来期の冬の送迎に関しても、
また声をかけさせていただくと思いますし
同じようにFacebookなどのSNSで
呼びかけをさせていただきますので
ご都合が合うようでありましたら
ご協力いただければ大変ありがたく思います。

簡単ではございますが、この場をお借りして
お礼の言葉に代えさせていただきます。
本当にありがとうございました。


やっと春になってきました!
自由に動き回れることに感謝しつつ
明日からも頑張って働こうと思います(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

今さらながら

こんな記事を見つけた↓

The Science Newsより
神経因性の先天性多発性関節拘縮症の原因解明
http://kaz-s.net/2maeJJh

これによると、どこだかのお偉い先生方が
先天性多発性関節拘縮症の原因と予想されている
原因遺伝子の変異が、実際に運動神経の異常を
呈することをマウスを用いて実証することに成功した。

とのこと。

昨年の3月くらいの記事です。
私の障がいというのも、なかなかの稀でして
10,000人に一人と言われております。

簡単に説明すると、上肢下肢問わず
関節の部分が一定のところで固まってしまい
動きが制限されるという障がいです。

さすがに40年も生きていますと、同じ障がいを
持つ人に会うことも多々ありました。
養護学校時代だけでも、4〜5人は会ってますし
一度だけ東京で同じ障がいの方々でオフ会もやりましたね(笑)
たまたま施設見学を兼ねて名古屋に行った時にも
同じ障がいの方にお会いしました。
ライブをやり始めてからも、出会うことはありましたね。
赤ちゃんの時に会ってる子は高校生になってますな(苦笑)


ただね、自分と同じ状態の人に会うことは
ないんですよねぇ。
何かしら症状が違うんですよ。
だから出会う人、出会う人で、こんなにも違うのかと
興味津々ではあるんですけど、
完治はしない(リハビリなどで改善して良くはなる)と
幼少期に理解はしていたので
原因を突き詰めようとしてる方々がいるとか
正直考えもしなかったんですよ。

だもんだから、この記事はカルチャーショック的な
驚きを持ってしまいました!(苦笑)

先天性多発性関節拘縮症に真摯に取り組んでいる方がいる!
それだけでも、大変ありがたいことだなぁ〜と思うわけです。
当事者の私は、治る治らないという次元では
考えてさえいないので(苦笑)
ただただ障がいを受け入れて生きていくしかないので
しかも私の年齢になってくれば
如何に老化に伴う動きの制限を減らせれるか?
という方に重点を置いてしまうので余計に
原因は何なんだ?というとこには行き着かないのです(苦笑)

話を戻すと(汗)
記事から察するに、この障がいの遺伝子に関しては
ある程度特定できてるということですよね?
専門家ではないので、素っ頓狂なことを言うかも知れないけど
今後の研究が進み、やっぱりこの遺伝子だ!と
限定できれば、その遺伝子に対しての
何かしらの治療が可能ならば、完治までは行かなくても
状態を良くすることは可能なのかなぁと
素人ながらに思っちゃうのでした。
ってか、そう願うべき!!(苦笑)

世の中、自分ら以上に稀な難病に苦しめられている
人がいることを考えれば、
まだマシなのかも知れないけど
それでもみんな苦労して生きてきたし、
何で自分がこんな目になんてことも
思った時期もありましたから、
少しでも同じ障がいを抱える人が
良くなればいいよねぇと思うのは当たり前なんですな。

私はもう良くなるとか対して望んじゃいないけど
今後若い子どもたちや、産まれてくる子どもたちが
この障がいにはならない世界を作っていただきたいですな。

頼むよ偉い先生方 ← (他人任せ(苦笑))

珍しく自分の障がいを考えてみました(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

Human dog

ってなわけで、定期健診は昨年もやったけど
人間ドックという名称で受けるのは初めてなので
ちょっくら感想をあげてみます(苦笑)

今年に入って、会社から3月末までに
全員定期健診受けるようにと指示があり
40歳過ぎは問答無用で人間ドックを
受けることになりますと宣告を受け
本日予約して行ってまいました(汗)

事前に何を受けるのかと調べてみると
今まで受けたことのないバリウム検査などがあり
バリウムは結構キツいって聞いていたので
参考までにネットで調べてみると
電動で起き上がってくる台座の上で
左向いたり右向いたりと忙しい感じだったので
会社の人に相談すると、難しそうなのは
受けなくても大丈夫と言ってもらえたので
素直に対象から外すことにした(苦笑)


そんなこんなで昨日バレンタインデーだったので
息子が寝た10時過ぎにチョコ食ってから

あっ、明日定期健診だった・・・

と頭の悪いところを露呈しながらも
まぁ~大丈夫だべという軽い気持ちのまま
JR札幌駅にある健診専門のクリニックへ
朝も早よから行ってみると、
既に大量の検査待ちの人で溢れかえっておりました。
これは結構長丁場になりそうだのぉ~と
この時点でテンションが下がり始めます(苦笑)

病衣的なものに着替えさせてもらい
最初の関門が、一番の難関である採血から(汗)

そもそも私は、体が細かったであろう
幼少期から採血には向かない身体でして
血管が細いということと、針を刺すと
自分の意思の如く逃げ回る血管を持っているようで
ある意味、看護師泣かせな患者でして・・・
ことある事に、看護師を困らせます(苦笑)
何回も刺される側からすると、
好き好んで逃げているわけではないんですが
どういう訳か、採血は難関です。

案の定、一回目は失敗し・・・選手交代(笑)
成功に導くために、手を温める作戦に入ります。
目覚めて二時間程度の人間の血液が
快適に動いているとも到底思えないんだが
ベテラン選手が温めた手を物色していきます(苦笑)
いけそうな血管を見つけてくれたようで
ためらいなくぶっさしていきます!!
刺した後で方向をいくつか変えていくと
す~っとどす黒い血液が流れ始めてきました。

心の中で、おめでとうベテランさん!

と、スタンディングオベーションしておりました(笑)

二回で採血が済むなら、私としては金メダル級な
快挙であって、大抵4~5回は刺されます(汗)
だから素晴らしいことなんですよ!!
上手くいかないというのは、看護師さん側にも
無駄にプレッシャーになるだろうから
少ない回数で終えるのはお互いにWin-Winなんですな(苦笑)


採血の後は、この年で身長なんて伸びないだろという
突っ込みたくなる衝動を抑えながら、素直に測って
同時に体重も量れちゃう優れものに
意味なく感心しちゃったりして(苦笑)

聴力検査して、視力検査して、問診を受けて、腹囲を測って、
心電図測って、超音波検査して、レントゲン撮って、
眼圧調べて、眼の写真撮られて、
肺活量チェックして、医者の診断を受けて終わりました。

人が多いから結構待ったけど、
あそこは毎日たくさんの人が来るんだろうなぁ~と
看護師も大変ねって同情しちゃったよ(笑)


さて、医者の診断によると、
治療の必要はないけど、尿酸が少し高いのと
脂肪肝だねって言われたこと以外は
血液検査は全て標準ですって言われました(苦笑)

この体型のくせに、中性脂肪とか
コレステロール値は無問題らしいよ(苦笑)
自分でも不思議ではあるんだけど、
血液は嘘つかないだろうから、
結構健康の部類なんですよ私(笑)

あっでも、できものと格闘していたから
CRP値は高いけど、風邪引いている?
ってやっぱり言われた(苦笑)

CRPって身体に炎症を起こしていると
反応するらしく、現在炎症の真っ只中だから
反応があって当たり前なんですよねぇ(汗)
そういう意味でも血液は嘘つかない訳ですね(笑)

取り敢えず尿酸を下げるために
グレープフルーツジュースとか飲んでおこうかと思います(苦笑)


という感じで、無事に人間ドックも終わり
帰ろうと思ったら、大丸の飲食店で使える
1000円分の券がもらえました(笑)
良く採血頑張ったね!という労いなのか
何なのか分かりませんが、素直に頂戴して食べに行きましたとさ。

体調は不調だけど、検査では優良なKAZでした(苦笑)
矛盾だらけよのぉ・・・。

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

膝・VISA・ピザ

よく分かんないタイトルにしてみたけど
ここ数カ月続いていた膝の痛みは
膝の軟骨がすり減り、骨棘というトゲができてきて
膝の皿がうんたらかんたらで、
膝関節が本来動くことのない横移動をするもんだから
水が溜まってきて、痛みを伴うという理由らしい(苦笑)

すぐに水を抜くということではないにしろ
横移動はよろしくないということで
膝サポーターを日常付けるようになりました。
膝サポーターの左右にはしんちゅうだかいう
かったい鉄の棒が入っていて、後はベルトで押さえ込むことにより
確かに膝の痛みは意識することはなくなりました。

ただ…ただ…邪魔じゃのぉ(苦笑)

この手のものって、確かに効果は抜群なんだけど
思った以上にゴツいんすよ(汗)
写真がこちら↓

sougu.jpg

そもそも私は立つための補助として、
足先を支える下肢の装具を付けていて
それだけでも本音は鬱陶しいのに、
さらに膝を保護するためのサポーターまで
取り付けるとなると、左足全体を保護装置で
覆われいる状態になるのです(苦笑)

そりゃ邪魔に決まってます!(苦笑)
夏とか蒸れそうだし、暑そう…。

とは言え、痛いのも嫌(笑)
自然に水が抜けることはなさそうだし
悪化されても非常に困るので、
下肢の装具共々、渋々付けざるを得ないんでしょうね(汗)
こんだけ文明が発達していても、結局はアナログなわけで
邪魔だけど、慣れるしかないんでしょうなぁ。

あぁ~後、医者に言われたのが、座っていたとしても
膝の軟骨は加齢によっても減ってくるらしいので、
皆さんも膝には気を付けましょう(笑)

私の障がいは関節の障がいでもあるので、
マッサージとかもダメなんだそうだ…。
マッサージとかで楽になるんじゃないかって
思ってみて聞いてみたけど、
普通の人の膝とかなら効果はあれど、
私は特殊らしいので、きっぱりダメって言われました(汗)
友人でマッサージとかできる人がいるから
良いならお願いしようと思ってたんだけど
無理っぽいっす…申し訳ないm(_ _)m


それにしても、膝の痛みも加齢と言われ
会社の定期健診でも人間ドックの対象に入り
あらためて40歳を痛感させられるのぉ…(苦笑)
若いと思ってるのは精神面だけで、
身体はしっかりと年齢を重ねていることが
非常~~~に、悔しいですっ!!(苦笑)


我々のように身体に障がいがある中でも
動ける範囲で、それなりに工夫しながら
快適に過ごしているつもりなんだけど
例えば手を怪我したり、足を怪我したり
ちょっと背中が痛かったり、腰が痛かったりするだけで
本当に動くことに支障をきたします。
だからこそ、健康で動けることが
如何に大事なのかは分かってるはずなのに
健康なときには頭からすっぽり抜けてるから
無理をしたりする…学習能力ないのぉ(苦笑)


取り敢えず、皆さんも無理はせずに
痛みを感じたら、まず病院へGO!!(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

早半年

今の職場に来て、早というべきか
やっとと言うべきかは、人それぞれでしょうけども
私の中では、早と言うべきかなと(苦笑)

結構真面目に働いてきたので、
気付けば半年経ったかぁ~という意識なんだけどね。
この職場も出入りは多少多いようで
正社員であっても、4か月で辞めた人もいれば
2週間で来なくなった人もいたりして
事務仕事も、向き不向きがあるのかも知れないね。

私個人としては、今までの経験が活かされているので、
苦手意識もないし、他のスタッフからも
嫌われていないようだし(苦笑)
居心地も悪くはないから、特に不満もないんだよねぇ。
女性社会だから嫌われたら終わりと理解はして、
日々過ごしているから、余計な一言も言わないようにして
黙々と与えられた仕事に取り組んでいる
そんな毎日を過ごしております(笑)

冬の送迎もボランティアさんのおかげで
滞りなく通えていますし、職場側も道が酷いときには
地下まで付き添ってもらえているし
本当に感謝する気持ちしかありません。

そもそもデスクワークくらいしか
働くことはできなそうだから、
私には事務という仕事が向いているのかも知れません。


私の業務は、基本は年調に関する業務がメインだけど
他にも他部署の面倒そうな業務を引き受けていたり
ところどころ便利屋さんになっていると思います。
別にそれも嫌ではないし、必要とされていることは
肌で実感できているので、それすらありがたく感じています。

この前、契約更新もあって
年調で私は役に立ってますか?と
質問してみたところ、いないと困ります!と
言ってもらえたし、センター長からは
KAZさんは評判も良いですよと言ってもらえているので、
そこら辺も仕事への意欲につながっております。

ふとしたときの、こういう言葉ってのは
働く上では、やっぱり必要だなぁ~って
しみじみ感じさせられますね(笑)
仕事自体は、パソコン使っての業務だから
データ打ち込んでいくことが、ほとんどだけど
最後の最後って対人だから、そこが上手くいかないと
頑張ろうという気持ちには
繋がっていかないと思うんですよねぇ。
だから私自身も、他の人の良いところは
凄いっすねぇ~と褒めるようにはしております(苦笑)


金曜日からは新たな仕事も覚えさせられ
ベテランの人からは、その業務だけで
理解するまでに半年くらいかかったという
話を聞くと、なかなかの無謀的な要素も
感じてくることはありますが(汗)
まぁ~頑張って覚えていくしかないのでしょう(苦笑)


ところどころ、風邪だの胃腸炎だの
膝が痛いだの・・・休みがちになっていますが
今後も働く気持ちは変わっておりませんので
どうぞ温かい目で、見守っていただけると助かるのぉ(苦笑)


半年経ったから、有給も付くだろうし
これでGWくらいは休んでも良いかなぁ~と
勝手に思っている今日この頃(苦笑)

月曜日、吹雪予報だけど(汗)
来週からも頑張って、これからも必要な人材として
働くようにしていきます!!(苦笑)

さっ、寝るか(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

まさかの二回目の成人

今日は札幌では成人式をやっていたようで、
若いってええのぉ〜なんて思ってたら
よく考えたら私二回目の成人じゃん!(苦笑)
昨年の11月に40歳になってたんだった(汗)

改めると、来るのは分かりきってながら
まるで他人事のように思ってたけど
ふと我にかえると、年取ったのぉ〜って感じるね(笑)

確か自分の20歳の時は、仕事もしてなくて
家にいても仕方ないということから、
一時的に施設にいた頃で、そこで成人式も
やってくれたから、地元の成人式には
参加してなかったんですよねぇ〜。

後の噂でバブルははじけたくせに
札幌市は景気が良かったのか、
電子辞書もらえたという話があって
それなら無理にでも参加すれば良かったなという
想い出だけは覚えております(苦笑)


最近の成人式は、やんちゃという言葉で
片付けていいんだか分からんけど
一時期ほどは荒れなくなってきたようで
平和に終わるんだそうだ(苦笑)
まぁ〜当たり前なんだけどね(汗)


一度目の成人式から早20年...私はパパになって
次は後18年後に、自分の息子の成人式を
見る立場になるというのは、多分感慨深いんだろうねぇ。
まだイマイチ想像がつかんけど(苦笑)

良くも悪くも自分が歩んできた道のりを
全く違う視点で、息子も歩んで行くのかと思うと
不思議な感覚だよねぇ(苦笑)
その頃には、どんな時代になっているのか、
全然分かんないけど、それなりに楽しめる
世の中であることを願うばかりですな(苦笑)


次の20年後も、三回目の成人じゃんって
言ってる自分でありたいです(苦笑)
良い意味で変わんねぇ〜なぁ〜KAZは!
ってツッコミを受けたいです(苦笑)

そんなこんなで言いたいことが
まとまらなかったけど、取り敢えず成人の皆さま
おめでとうございます!!
少しでも良い世の中にしていってください!(苦笑)

25周年記念になっても、いつも通りの〜あでゅ〜♪

I will do my best this year too

今年も頑張りますという意味です。
2017年も、あっけなく始まり、明日から仕事再開ですな(苦笑)

今回の年末年始は胃腸炎に始まり、それを治すのに
専念するみたいな残念な休みではありましたが
久々に息子と遊べる時間がとれたので
まぁ〜長期休みもありがたいなぁ〜という気持ちです。

年賀状は、まだ作れてません(汗)
気長に作りますので、今しばらくお待ちくださいますよう
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


はてさて、今年の目標でもと考えておりましたが
思ったようには浮かばず、無理矢理考えるとすれば
「きちんと働く」ということでしょうか?(苦笑)

いい大人が当たり前のことをと思いでしょうが
一昨年は会社閉鎖になり、昨年はいろいろあって
自分から辞めたことを振り返ると、
想像以上に、ちゃんと1年を通して
働いてないなと思っちゃうわけですよ(苦笑)

そもそも子ども産まれてからの、二度の転職は
前代未聞なのではなかろうか??(汗)
まぁ〜どっちも好き好んで辞めることを
決めたわけではないけど、結果論としては
そうなっちゃったわけだから、
まずは1年をしっかり働こうかなと思ってます(苦笑)


でも仕事仕事ってスタンスは、基本的には私は
好きではないので、プライベートも充実させることは
大事だと思うんですよね。

家では良き夫、良きパパとなれるように精進し
合間合間でマイペースに音楽活動も続けていこうと思います。
チャリティーライブも継続させていきます!


ってな感じで、当たり前のことを
さぞ大袈裟な感じで目標にしてしまう辺りは
私の文才能力のなせる技かとご理解ください(苦笑)

ではでは、本年もKAZと、妻と紡久を
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年記念になっても、いつも通りの〜あでゅ〜♪

大晦日過ぎた日本○ね!!

まぁ~過ぎてしまったのは、自分のせいなんですが(汗)

日記書いている、この時点で2017年になってますが
取り敢えずは2016年を振り返らないと
前には進めないではないか??ということで、
ちゃらっとランキングで振り返ってみます(苦笑)

とは言え、どういう一年だったのかを
調べるところから始まるので、
年明けにやる作業では一切ないんだけど・・・
それを毎年の課題としている自分としては
やらざるを得ない(汗)


過去日記見ても多忙で、じぇ~んじぇん書けてないから
Twitterも全チェックしてみたけど、
これもどっちかと言えば宣伝が多くて
読む気が失せてきたので・・・(汗)
記憶にある内容でランキングしていきますな(苦笑)


第七位 新しいPC購入

結婚した年に自作で作ったPCは、気が付きゃ8年も
使い続けておりましたが、安易にWindows 10に
更新しちゃったもんだから、相性の悪いところが
あったらしく、以降ちょっとの作業でPCが
勝手に落ちるようになり限界と感じ奮発気味で
新しいPCを購入しちゃいました!

今では快適にサクサク動いてくれていて
何一つストレスなく操作できるのは
時代の進化を感じながら、大変有り難く使っております!!


第六位 チャリティーライブ開催

なんだかんだと直前までライブを開催するか
本当に悩んでいたんだけど、いろいろな人に
背中を押してもらいながら、無事に開催することができました。

当たり前だけど、やってよかったなぁ〜って
素直に思っていて、規模は縮小して取り組みましたが
見に来てくれたお客さんとの距離も近かったし
アットホームな環境で楽しかったです。

多忙な中でも開催できることは、ある程度理解できたから
大変だろうけど続けられそうなのが
分かっただけでも良かったです。
来年も頑張りますので、ぜひよろしくお願いします。


第五位 ついに40代突入

いつかは来るものってのは、充分理解しておりますが
実際に訪れると、あっという間だったし
こんなもんか?という感情でもあるんだけど
頭の中は対して、昔からと変わってないのが残念である(笑)
取り敢えずエセダンディーを意識しながら
40代を駆け抜けていきたいとおもいます(苦笑)


第四位 新曲「カラフル」完成

ずっと紡久が産まれてから、曲を作りたいなって
思っていたんだけど、多忙なのとタイミングなどで
全然作れていませんでした(汗)
メロディーに関しては数年前から眠っていたんだけど
それを形にすることも、なかなかできなくて
どうしたもんじゃろのぉ〜と悩んでいたけど、
ライブで歌うとなると、新曲を入れたいと思って
苦労しながらも頑張って新曲ができました。

子どもの瞳に映るもの全てはカラフルな
世界を見せてくれている気がして、
それをテーマにしたら素敵な歌詞が書けたんですよねぇ。

曲調は優しいメロディーながらも、
覚えやすいキャッチーな感じを意識しているので
長く歌い続けていける曲になったと思います。
後は余裕があれば音源化したいと考えています。


第三位 紡久さんといろいろお出かけ

1歳過ぎた頃から、 体力もついてきたので、
以前よりは出歩くことも可能になり、
少しでも一緒に遊びに行こうと、パパは極力頑張ってます(苦笑)

さすがに雪が降ってると選択肢は減るから
毎回ジャスコとか、ヨーカドーとかに篭ってますけど(笑)
春以降は、百合が原公園に行ったり、動物園に行ったり
小樽水族館にも行ったし、ファクトリーも行ったし
パパのライブにも来てくれたし、逆にパパは
つむの運動会に行ったりもしました!
来年は、もうちょっと遠いところとかにも
行けるようになるといいなと思っとります!!


第二位 NHKの取材

長らく細々と音楽活動を続けておりますと
いろいろなところで目にかけていただけるようで
数年前にチャリティー目的での路上ライブを
目撃してもらっていて、取材する機会を伺っていたという
大変有り難い話があって、とんとん拍子で本取材が始まり
その取材も一つのきっかけとして、チャリティーライブを
開催しようとも思いました!!

内容に関しましては、皆さん見てもらったと思いますし
アレだったらYouTubeにもありますので、
見てみてくださいね!!(苦笑)

でも本当に素敵な構成と演出を組んでいただきまして
息子も登場するなど、何一つ文句のつけようのない
素晴らしい特集でございました!!
自分の説明に悩むことがあったら、
あの特集を見てもらうことにしようと思います(笑)

人の縁の深さを感じた取材でもありました。
取材していただき、改めて心より御礼申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m


第一位 退職からの転職

やはり今年を語る上では避けて通れないのが
前職を退職し、苦労の末の転職でしょうね(汗)

未だに本音を吐き出すことはできませんが
後味の悪い辞め方をせざるを得なかったことから
それだけ追い込まれていたことだけは
ご理解いただけたらなと思っております。
ただなんの後悔もしていないのが自分でも笑えます(苦笑)

とは言え次の転職先が見つかるまでの期間は
みんなから早かった方だよって言われても
やっぱり焦っていたのは否定はできません(汗)
週3のペースで面接もやってたし、それとは別にも
履歴書大量に送ってたし、でもなかなか決まらなくて
マジで結構焦っていた(苦笑)

40手前の車椅子では、それは条件としては
厳しいと言わざるを得ないのは、理解はしていても
それでも雇ってよぉ〜〜〜と声を上げていくしかなかった(苦笑)

こんな厳しい人材でも、一緒に働きましょう!
って言ってくれた今の会社には、
感謝してもしきれないほど、本当に感謝しています!
お役に立てるように精進していきますので
どうか、来年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

通勤の面でも、いろいろな方に協力呼びかけたら
手伝うよって多くの方が言ってくださったり、
職場の方でも、手伝いますよって言ってくださったり
ここでも人の心の温かさを感じることができ感謝しかないです。
こちらも本当にありがとうございますm(_ _)m

 

というわけで振り返ってみると、
なかなか激動の1年だったことは言うまでもないようである(苦笑)
人の関わりで疲れ果て、人の関わりに救われている。
何となく皮肉にも感じるけど、生きていく上では
誰もが通る道なんだろうなぁ〜って思うし
それを経験させるための1年でもあったのかも知れないね(苦笑)

来年は、もうちっと楽に過ごせる1年でありますように!

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [4]
  2. 2017年12月 [6]
  3. 2017年11月 [5]
  4. 2017年10月 [5]
  5. 2017年9月 [6]
  6. 2017年8月 [3]
  7. 2017年7月 [4]
  8. 2017年6月 [5]
  9. 2017年5月 [5]
  10. 2017年4月 [3]
  11. 2017年3月 [3]
  12. 2017年2月 [2]
  13. 2017年1月 [6]
  14. 2016年12月 [4]
  15. 2016年11月 [5]
  16. 2016年10月 [6]
  17. 2016年9月 [4]
  18. 2016年7月 [3]
  19. 2016年6月 [4]
  20. 2016年5月 [5]
  21. 2016年4月 [2]
  22. 2016年3月 [2]
  23. 2015年12月 [3]
  24. 2015年11月 [2]
  25. 2015年10月 [2]
  26. 2015年9月 [1]
  27. 2015年8月 [1]
  28. 2015年7月 [4]
  29. 2015年6月 [3]
  30. 2015年5月 [4]
  31. 2015年4月 [3]
  32. 2015年3月 [1]
  33. 2015年1月 [3]
  34. 2014年12月 [1]
  35. 2014年11月 [3]
  36. 2014年10月 [6]
  37. 2014年9月 [3]
  38. 2014年8月 [6]
  39. 2014年7月 [4]
  40. 2014年6月 [4]
  41. 2014年5月 [7]
  42. 2014年4月 [5]
  43. 2014年3月 [3]
  44. 2014年2月 [3]
  45. 2014年1月 [4]
  46. 2013年12月 [9]
  47. 2013年11月 [11]
  48. 2013年10月 [6]
  49. 2013年9月 [9]
  50. 2013年8月 [7]
  51. 2013年7月 [6]
  52. 2013年6月 [11]
  53. 2013年5月 [9]
  54. 2013年4月 [8]
  55. 2013年3月 [9]
  56. 2013年2月 [9]
  57. 2013年1月 [8]
  58. 2012年12月 [21]
  59. 2012年11月 [18]
  60. 2012年10月 [15]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [14]
  63. 2012年7月 [12]
  64. 2012年6月 [12]
  65. 2012年5月 [10]
  66. 2012年4月 [14]
  67. 2012年3月 [19]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [21]
  70. 2011年12月 [18]
  71. 2011年11月 [23]
  72. 2011年10月 [20]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [12]
  75. 2011年7月 [16]
  76. 2011年6月 [19]
  77. 2011年5月 [19]
  78. 2011年4月 [19]
  79. 2011年3月 [19]
  80. 2011年2月 [17]
  81. 2011年1月 [18]
  82. 2010年12月 [27]
  83. 2010年11月 [20]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [21]
  86. 2010年8月 [25]
  87. 2010年7月 [17]
  88. 2010年6月 [24]
  89. 2010年5月 [17]
  90. 2010年4月 [29]
  91. 2010年3月 [22]
  92. 2010年2月 [19]
  93. 2010年1月 [20]
  94. 2009年12月 [19]
  95. 2009年11月 [18]
  96. 2009年10月 [23]
  97. 2009年9月 [13]
  98. 2009年8月 [19]
  99. 2009年7月 [19]
  100. 2009年6月 [16]
  101. 2009年5月 [22]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [20]
  104. 2009年2月 [16]
  105. 2009年1月 [16]
  106. 2008年12月 [20]
  107. 2008年11月 [20]
  108. 2008年10月 [12]
  109. 2008年9月 [10]
  110. 2008年8月 [23]
  111. 2008年7月 [27]
  112. 2008年6月 [25]
  113. 2008年5月 [25]
  114. 2008年4月 [18]
  115. 2008年3月 [17]
  116. 2008年2月 [19]
  117. 2008年1月 [21]
  118. 2007年12月 [13]
  119. 2007年11月 [22]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [19]
  122. 2007年8月 [21]
  123. 2007年7月 [27]
  124. 2007年6月 [21]
  125. 2007年5月 [23]
  126. 2007年4月 [23]
  127. 2007年3月 [27]
  128. 2007年2月 [26]
  129. 2007年1月 [17]
  130. 2006年12月 [21]
  131. 2006年11月 [16]
  132. 2006年10月 [22]
  133. 2006年9月 [22]
  134. 2006年8月 [20]
  135. 2006年7月 [11]
  136. 2006年6月 [22]
  137. 2006年5月 [14]
  138. 2006年4月 [13]
  139. 2006年3月 [14]
  140. 2006年2月 [14]
  141. 2006年1月 [21]
  142. 2005年12月 [21]
  143. 2005年11月 [10]
  144. 2005年10月 [14]
  145. 2005年9月 [17]
  146. 2005年8月 [16]
  147. 2005年7月 [15]
  148. 2005年6月 [16]
  149. 2005年5月 [18]
  150. 2005年4月 [24]
  151. 2005年3月 [22]
  152. 2005年2月 [20]
  153. 2005年1月 [17]
  154. 2004年12月 [20]
  155. 2004年11月 [7]
  156. 2004年10月 [10]
  157. 2004年9月 [11]
  158. 2004年8月 [10]
  159. 2004年7月 [10]
  160. 2004年6月 [9]
  161. 2004年5月 [10]
  162. 2004年4月 [7]
  163. 2004年3月 [8]
  164. 2004年2月 [8]
  165. 2004年1月 [11]
  166. 2003年12月 [13]
  167. 2003年11月 [13]
  168. 2003年10月 [1]
  169. 2003年9月 [2]
  170. 2003年8月 [1]
  171. 2003年7月 [2]
  172. 2003年6月 [6]
  173. 2003年5月 [6]
  174. 2003年4月 [3]
  175. 2003年3月 [5]
  176. 2003年2月 [3]
  177. 2003年1月 [6]
  178. 2002年12月 [5]
  179. 2002年11月 [5]
  180. 2002年10月 [6]
  181. 2002年9月 [5]
  182. 2002年8月 [5]
  183. 2002年7月 [6]
  184. 2002年6月 [7]
  185. 2002年5月 [2]
  186. 2002年4月 [4]
  187. 2002年3月 [6]
  188. 2002年2月 [5]
  189. 2002年1月 [11]
  190. 2001年12月 [7]
  191. 2001年11月 [3]
  192. 2001年10月 [2]
  193. 2001年9月 [3]
  194. 2001年7月 [1]
  195. 2001年6月 [2]
  196. 2001年5月 [2]
  197. 2001年4月 [2]
  198. 2001年3月 [4]
  199. 2001年2月 [2]
  200. 2001年1月 [4]
  201. 2000年12月 [6]
  202. 2000年11月 [9]
  203. 2000年10月 [3]
  204. 2000年9月 [4]
  205. 2000年8月 [4]
  206. 2000年7月 [7]
  207. 2000年6月 [8]
  208. 2000年5月 [8]
  209. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.3.6