eye.jpg

何でもありな話 一覧

時間ができたので

日記を更新してみます(苦笑)

さすがに今日とか明日明後日までは暖かいらしく
こういう陽気な雰囲気はお出かけしたくなりますねぇ~。

まぁ~今日に至っては、月曜日までに作らなければ
ならない資料があるので、仕事をしているのですが
集中したくて、近所のファミレスに数時間こもって
資料作りしております(苦笑)

若干、どっかの学生さんみたいな状況になってますが
意外にもファミレスでの仕事も悪くない(笑)
小腹すけば飯も食えるし、ドリンクも飲み放題(苦笑)
至れりつくしとは、こういうことを言うんだろうけど
これで無料なら言うこと間違いなしだが、
いい大人なんだから、ちゃんと払えよって話ですな(汗)

ジュースのみでの長居は良い迷惑だろうけど(汗)
でも、ありがたい空間になっています。
4月以降の社会福祉主事の勉強もお世話になりそうだね(苦笑)
レポート書いたりするのは、静かな方が
良いのかもしれないけど、多分私はファミレス派になりそう。

社会福祉主事は16項目の勉強を
広く浅くするみたいなんだけど、法律とか、高齢福祉とか
私にわかるんだろうか・・・。
障がい福祉は、まぁ~当事者ですからわからないと
それもどうなのよ??って責められそうですが(苦笑)

でもどうせなら、もう少し早めに取り組んでいれば
良かったなぁ~って少し後悔しています。
というのも、ど~やら5日ほどの研修があるらしく
数年前までは、札幌でも受けられたらしいんだけど
需要が少ないのか、主事取ってもということなのか
現在では研修は神奈川では受けられられないらしいので、
本州への旅は必須になってきます(苦笑)

まぁ~たかだか5日間と言われれば、そうなんだけど
誰か付き添いを付けるわけにもいかないし
一人で行くことになるんですよねぇ・・・。
環境が整った中での生活は問題ないけど、
どこでも手を借りないで生活できるか?と言われれば
そういうわけにもいかないので、困ったもんです。

取り敢えず、早めに手を打とうとして、寝泊まりする
役所へ問い合わせると、受給者証もらっていて
居宅介護が使えるのであれば、札幌市から申請してもらえば
対応できるよって返事をもらったので、
何とかなりそうなので、ちょっと安心しています。
後は、朝7時半くらいに来てくれる事業所が
見つかれば良いだけなんですよねぇ~。
週2回の夜の風呂もだけど(苦笑)

降ってわいたような勉強を始めるもんだから
地味に旅費とかも真剣に考えなればならないし
そもそも受講料も必要だしね(苦笑)
勉強するって大変なんだなぁ~(笑)

今まで学生時代に真剣に勉強したことないし、
そもそも学校の勉強は嫌いだし、
それを避けたくて、最初は高校すら行かないって
言ってたのに、いろんな人に言いくるめられ
受験して、なぜか通って、高校行ったんですよねぇ(苦笑)
まぁ~想い出は楽しいんだけど(笑)

そんな私が給料アップ目指して勉強するんだから
如何に子どもの存在が大きいか、よくわかりますね(笑)
なので私に会った人は、主事ごときでと言わずに
偉いですねぇ~と褒めてやってください(苦笑)
褒められると伸びるタイプですから(笑)
それを元に1年勉強してみます。

まぁ~考えても無駄なので、取り敢えず勉強しますわ(苦笑)

24年目も~あでゅ~♪

あら今年初??

の日記になってますね(苦笑)
年末の「安心してください、振り返りますよ」してから
随分時間は経っちゃったもんですなぁ・・・。

うちの息子は元気にしてくれていますよ。
まぁ~2月頭には家族全員ノロでヤバかったけど
どうにか乗りきることができました(汗)
あれは本当にヤバかった・・・。

パソコンに向かってないわけではなかったんだけど
どうにも日記を書くまでには至っておらず。
気が付きゃ3月です(苦笑)

3月なもんだから景色は、すっかり春めいているかと
思いきや、1月くらいの真冬の景色が
北海道全体を覆っております(苦笑)
どうやったら、こんなに積もるんだか、
天達に直で聞きたいくらいですが、
まぁ~会うこともできなそうだ(苦笑)


はてさて、雪も溶けてくる季節なので
そろそろ音楽活動も再開していこうかなぁ~と
思ってはいるんですが、若干体力に余裕がないというのも
正直なところでして・・・。
仕事と家を往復するだけなんだけど
帰ってくるとグッタリしておりまして、
じぇ~んじぇんギターに触れておりません。
ちょっと弾いてみようかな?と思った頃には
紡久はねむネムの時間なので、ジャ~ンなんて弾けないし
身体もしんどくて結局一緒に寝ちゃう感じ(苦笑)

やっぱ年取ってきたんですかねぇ・・・(苦笑)
心だけは永遠の10代なんだけど(汗)
本来40代なんて、バリバリ元気な頃なんでしょうけど
私の場合には、人生グラフのように
キレイに折り返し地点に到着し、後は下降しかない状況で
どうしたもんか?と思いつつも
もう気合いしかないもんで(苦笑)
どうにか頑張ろうとは思っています!!(笑)


ボチボチ声もかかってきているようなので、
できる限りは参加していきたいと思っていますが
それでも、もう一年はセーブしていくかも知れません。

というのも昨年の、どこかの日記で書いたと思うのですが
私サービス管理責任者を目指すべく、経験日数を
5年短縮できる、社会福祉主事の勉強を4月以降始めます。
ってことは、今まで以上に時間を取れなくなりそうな気がして・・・
しかも勉強に関しては要領悪いですから(苦笑)

軽く一年のロードマップを思い描くも
音楽に費やす時間は、極わずかな気がしますし
中途半端なチャリティーライブやっても
お客さんにも、みんなにも、寄付する子どもたちにも
失礼な気がするんですよねぇ・・・。

取り敢えず、6月くらいまでに自分の要領を
チェックしてみて、余裕があるなら本気で取り組みますが
無理そうだったら、勉強が終わる来年まで延期しようかと思ってもいます。

まずは、やってみないと分かんないんだよねぇ・・・。
なんせ一年もかけて、勉強するなんて
学生時代の私を知っている人からすれば
じぇじぇじぇって言いたくなるほど、
奇跡に近いことですから・・・(苦笑)


まぁ~福祉業界の人からすれば、主事ごときで
と言われそうですが、それでも私には大きなことなんですよ。
どうか簡単でありますように(苦笑)
誰かレポートの書き方の基礎をおせーてください(笑)


よし!!
まずは悩んでもしゃ~ないので、頑張ろう(苦笑)

次は、もうちょっと早めに日記書きますね(汗)
Twitterは呟いているので、そちらも見てみて下さい(苦笑)

@KAZ_SING
https://twitter.com/KAZ_SING

LINEスタンプも発売中なので、よろしくね(苦笑)
KAZぱん http://line.me/S/sticker/1107913
リトル・ねねちゃん's http://line.me/S/sticker/1093116

24年目も~あでゅ~♪

安心してください、振り返りますよ!!

ガキつか年末スペシャルに、堀北真希が出た瞬間に
テンションが上がってしまい、結婚しても、
まだファンだったことに安心しているKAZです(苦笑)

今年はじぇ~んじぇん日記も書けず、月記と化していた
KAZ日記ですが、取り敢えず今年を振り返るために
大晦日に頑張ってテレビ見ながら書いてみます!

と言っても、1月~12月まで振り返るには、
日記も定期的に書いてなかったり、記憶も曖昧なので
思い出せる範囲で、TOP9形式でお送りします!


第9位 MacBook Air購入

購入できたのは偶然ながらも、薄型の小型ノートPCは
個人的にもほしかったし、Windows8.1を同時に
インストールするBootCampも利用できて、
一台でMacとWindowsが両方使えるのは便利なんだよねぇ~(苦笑)
結構楽しんで使わせていただいております(笑)
ただ、容量が少なかったのと、メモリが少ないのは
後から随分後悔したねぇ~(苦笑)

第8位 Apple Watch購入

これは後々に出てくる、iPhone6s Plusを購入にあたり
付属アイテムという位置付けで購入しました(苦笑)

10数年も使い続けた腕時計を封印して
これを使っていますが、確かに便利なんだよねぇ。
ハンズフリー通話も気にならなければ、
Apple Watchでできてしまうので、
文明の利器に素直に感謝して利用しています(苦笑)
写メもリモートシャッターで撮りやすいし
時期尚早という話もありけりだが、
個人的には充分に満足できるアイテムです!

第7位 LINEスタンプ発売

奥さんが妊娠時代から、何とか小金を稼げないか?
という理由も相まって、スタンプ作ったらいけるような
気がして、つわり真っ最中ながら頑張って作ってくれました!
審査にも数カ月かかるなど待ったわりには
販売された時期には3万件のスタンプが登録されていて
なかなか景気よく売れるほどではございませんでした(苦笑)
でも何がヒットするかわからないから、現在も販売中ですので、
良ければ皆さん購入してくださいな(苦笑)

KAZぱん
http://line.me/S/sticker/1107913

リトル・ねねちゃん’s
http://line.me/S/sticker/1093116

第6位 iPhone6s Plus購入

これはもうiPhoneユーザーなら、新しいのが出たら
欲しくなるでしょうがという心境の元、
2年も我慢して使い続けて、やっと奥様のお許しが出た瞬間に
まずは予約するけども・・・なかなか連絡来ず(苦笑)
さてどうしようと思いながら、Appleショップへ足を運ぶと
希望の色はなかったが、Plusで128GBが売ってるということで
どうしてもGETしたくて予約をキャンセルし購入しました!
でも画面サイズはでかいし、電池の持ちもいいし
音楽も2000曲突っ込んでも、まだまだ余裕あるので、
購入できて本当に満足しているのです(苦笑)

第5位 社会福祉主事を目指すことを決める

やはりこれからの自分のキャリアも含めて
考えていくと、後6年も現場で粘るよりは
まずは短縮できる資格的なものがあるならば
そこは多少お金と時間がかかっても、
取り組みたいなと思うのです。
これを取ることによってサビ管が短縮で取れるので、
慣れない勉学になるとは思いますが、
給料アップも目指して来年頑張ってみます!!

第4位 オリジナルギター完成

ボディーのデザインも含め、フレットの長さなど
全てにおいて自分の注文を組み込んでいただき
完全オリジナルのギターを作っていただきました。
カラーは自分で指定して赤にしましたが
これも満足しています!
スイッチングの切り替えも操作しやすい位置にしてもらったし
ペグ部分も回しやすいように、わざわざ調整してくれました。
本当はもっとライブを重ねて披露したかったんですが
何とも次のランキングで出てきますが
病気をやらかして、じぇ~んじぇんライブができませんでした(汗)
来年は披露させていただきたいと思ってますので
楽しみに待っていてくださいね!!

第3位 心筋炎を発症する

詳細は日記を読んでいただくとして、
まさかの心臓病には本当に驚きました(苦笑)
心筋梗塞なら多少体系的にもあるのかなと思っていただけに
心臓の血管は非常にキレイと言われ、ホッとしながらも
それでも初めて聞く病名には人生積んだと一瞬思ったよ(汗)
奥さんと紡久には、ごめんと思ったのは覚えています・・・。
でも無事に治療を終えたのは、本当に良かったよ。
みんなも身体には気を付けてね(苦笑)

第2位 会社閉鎖

昨年末の段階で方向性は見えていたけど
やはり傷が浅いうちに終わらせるのも
一つの終焉な気がして、話し合いの元
会社を閉鎖することにしました。
借金もない状態で終われたので、それは良かったなと。
とは言え、何年も継続した会社を閉鎖するというのは
一抹の寂しさはありましたねぇ・・・。
その後、メンバーさんは元気かのぉ??(苦笑)

第1位 紡久誕生

待望の子どもということもあり、生まれた瞬間は
今でも鮮明に覚えているくらいです。
出産に立ち会えたことは本当に良かったです。
今や11カ月になりつかまり立ちを覚え、
声のボリュームもでかくなってきたし、
かわいい笑顔もたくさん見せてくれるし、
楽しい毎日を過ごさせてもらって幸せです!
でも時に具合悪そうな顔とかを見ると
かわいそうすぎて親として変わってやりたいわぁ~
と切に願ってしまうあたり、私も親になったんだと
しみじみ感じさせてもらってます。
まだまだペーペーの親ではありますが
同じように成長していこうと思うので
長い付き合いよろしくな紡久(苦笑)


とまぁ~振り返ってみましたが
来年もKAZ一家は楽しく明るく頑張っていきますので
どうぞ変わらず、皆さま仲良くしてやってください。
来年以降は紡久も出歩けるようになると思いますので、
紡久とも仲良くしてやってくださいな!!

ではでは、皆さま良いお年をお迎えくださいm(_ _)m

 

39(Thank You)

何も言わぁ~ず~に付き合ってくれてサンキュー♪

バタバタしながらの日々の中、
30代最後の誕生日を迎えました!!

ここまでくると、一年が本当に早いし、
20歳くらいになった時の、年を重ねると
一年は早いぞぉ~って楽しげに語っていた
周りの大人たちの言うことも今なら良く分かる(苦笑)

紡久も今日で早10カ月を迎えたということもあり
盛大にお祝いしたいところではありますが
昨日からパパはケツが痛い・・・(苦笑)
こ~いう感じも何か私らしいと言えばらしいので
素直に家で、ゆったりまったりして過ごします(笑)

食べ物に関しては、奥さんがリクエストを全て飲んでくれて
昼飯はマクドナルドのチキンタツタを買ってきてくれて
夜はKAZと言えば定番くらいのシ~ス~で
ケーキに関しては堂島ロールで、
食べたいもののオンパレードです!!(苦笑)
ホント感謝感謝感激雨嵐です(汗)

39歳の目標ですが、安易ながら年齢の通り
「サンキュー」をきちんと言える年にしようと思います!
自分としては言ってるつもりなんだけど
それでも伝わってないこともあるだろうし、
今まで以上に、みんなに手伝ってもらうことも
増えてくるだろうし、紡久にもきちんと、
お礼は言うんだよという姿勢も見せていきたいし、
たどり着いた目標が「サンキュー」なんですよね。

当たり前だと思っていることでさえ、
裏側では多くの人たちが、実は動いているからこそ
当たり前のように感じられるだけであって
振り返った時に、サンキュー、またはありがとうと
言える人でありたいと思うようになりました。
それを有言実行するべく、40になるまでの一年は
「KAZ Thank You YEAR!」とします!(笑)

まずは、いつも一緒にいてくれる奥さんや紡久にサンキュー!
職場の皆さまにも助けていただいてサンキュー!
KAZ一派のみんなにもサンキュー!
一緒に遊んでくれる友人の皆さまにもサンキュー!
近くから遠くからKAZを応援してくれるみんなにもサンキュー!

本当にいつもサンキュ~で~す!(苦笑)

先日のKAZ誕生祭でも、プレゼントに
電動歯ブラシをいただきました!

 

2015-11-27 18.39.53.jpg

 

これで私の重労働が一つ減ります(苦笑)
結構、歯を磨くって手が不自由な人間には大変なんですよ。
今までは若さだけの気合いで乗り切っていたけど
もう素直に文明の利器をフル活用することに決めました(苦笑)
良いじゃない楽したって(笑)
サンキュ~で~す! 大事に使わせていただきます!!

最後に息子から・・・
僕だって10カ月になったんだからね!!
おもちゃくれないと激怒ぷんぷん丸だよ!(苦笑)

 

2015-11-26 20.38.01.jpg

 

精一杯の笑顔に、23年目も~あでゅ~♪(苦笑)

Restart!

明日から正式に、正社員として働き始めることになりました!
正社員という響き久し振りです(苦笑)

今年の頭に、紡久が産まれたというのに
その直後に、職場閉鎖という思っても見ないような
展開になってしまい、さてどうしよう??
などと考えていながら、今日に至ってしまうわけですが
なんとか良い職場にも恵まれ、頑張っていけそうです。
ってか、頑張らないといかんのです!!(苦笑)

当面は、新規に就労継続支援B型を
立ち上げる予定になっていて、
準備段階に入っていくわけですが、
それまでの間は会計を含めた事務作業が
主となって進めていくことになりそうです。

私が働く会社の業務内容ですが、
車椅子に乗っている方へ向けた
保護ブーツ(足を保護したり、足を温めるなど)を
作ることが主な内容です。
他にも障がい居宅介護事業なども行っております。

さすがに縫製までの技術は私にはないので、
保護ブーツを一割負担で購入できる
日常生活用具という制度に対応した見積書作成や
請求書発行など、完全なる事務職ではあります(苦笑)
若干、知ってるようで知らない制度なので、
覚えることも多々ありそうで、覚えられっかなぁ~
と自分のキャパを心配しております(汗)


まぁ~今後働きながら、社会福祉主事取得を
目指そうとしているんだから、今さらキャパも何もないんだけど
あらためて気合いが必要になってきますね。


給料の面でも、以前の会社よりは高いし
社会福祉主事取ったら手当も付くようだし
少しでも奥さんや、紡久が楽に生活できるように
パパは頑張っていきますよ!!(苦笑)

一足早い誕プレでiPhone6s PlusもGETしたし
無事に正社員で働けるし、もう悩むことねぇ~な(笑)

でも体調にだけは気を付けていこうと思います(苦笑)
安心してください!無理はしませんよ!!
応援よろしくってばよ!!


23年目も~あでゅ~♪

ちょっくら気合いを入れて

将来を見越して、社会福祉主事という
資格的なものを取ってみようと考え中です。

というのも、これまでNOT資格というくらいに
無資格状態で仕事をしてまいりましたが
やはり福祉業界でしか、自分の働き口がないような
気がする今日この頃では、単に職業指導員という
何の役にも立たない肩書きでは
良い給料は望めないということが
より良く分かってきたのかも知れません。

しかし、福祉業界で生きていきたいという
考えであるならば、何はなくとも資格という
壁が私の前に立ちはだかってくるわけです(苦笑)

現時点で私がやってきたことと言えば、
全職場での4年3カ月の職業指導員のみ・・・。
さらに1ランクアップを望もうとすれば
事業所に必要な役職と言えば、
今のところ2年以上働いていた実績から
ただの管理者という位置付けにはなれど
これも別に資格がものを言うわけではないので、
サービス管理責任者(以下、サビ管)にはなっておきたいところ。

とは言え、サビ管になるための最低条件は
国家資格保持者が、実務経験5年で
やっと研修を受けられることになります。

そんな私は皆さんご存じ、国家資格など
持っているわけもなく・・・
ましてや勉強嫌いで広く知れ渡っているので、
どだい無理な話でありました。
じゃぁ~無資格者が、ど~やったらサビ管になれるかと言いますと
実務経験10年を積んで初めて研修を受けられる。

現時点でのキャリアが4年3カ月である以上
私に残された道は、残り5年9カ月の
実務経験をコツコツと積んでいくか、
何かしらの短縮できる資格のGETか、
二者択一でしかないわけです(苦笑)

基本どちらもハードルが高いのは確か(汗)
とは言え5年9カ月の下積みってのも
年齢的に微妙・・・(苦笑)
今から国家資格を取得できるほどの
学校へ行く時間も金もない!!(汗)
でも手っ取り早いのは、資格GET!!

ってなわけで話に上がってきたのが
社会福祉主事という資格的なものをGETするということです。

では社会福祉主事は何ぞや?ということで
ネットで調べてみると以下の感じらしい。

社会福祉主事の職務は、生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法に定める援護、育成又は更生の措置に関する事務を行うことである(社会福祉法第18条第3項、第4項)。

要は相談業務的なことができるようになるんだと思う。
これを取得すれば、残りの5年分が免除され
あと9カ月分実務経験を積めば、
晴れてサービズ管理責任者になれるということです。

この社会福祉主事を取得するには
大学などで学ぶ必要があるんだそうだ。
とは言え働きながら取得することを考えると、
通信制の大学で1年かけて学ぶことになります。

今回に至っては私は本気だ!!(苦笑)

若干、勉強嫌いの不安要素はあるものの
少しでも収入をアップさせるため、
息子に恥じない人生を歩むため、
当事者が少しでも過ごしやすい社会を作るために
パパは頑張ってみます!!(苦笑)

思い立ったが吉日なんだが・・・
今年の秋の受付は終了しており
来年春の募集に参加して、晴れて通信制の学生を
謳歌しながら、必死に食らいついてみようと思います(汗)

取り敢えず、挫けないように発破かけてください(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

退院しました!

みなさま、大変ご心配をおかけしまして、この場をお借りして、お詫び申し上げますm(_ _)m
そして、励ましのコメントいただけたことにつきましては、お礼申し上げますm(_ _)m
心筋炎による強制入院から連日の血液検査や、心電図の検査を繰り返していき、どうやら数値も落ち着いてきて、退院となりました。
退院前日に、これまでの経緯を医者から教えてもらうと、自分の状態が如何に大変だったのかもよくわかりましたね(汗)
心臓って、4つの部屋に分かれていて、心電図でも4つに分けられています。
んで、その内の一つが細菌による炎症をおこし、動きを鈍くしていたようなんです。それが心電図の検査では心筋梗塞に状態が似ていたので、まずは心臓へのカテーテル検査をして、本当に心筋梗塞なのか調べたんですね。
取り敢えずは血管は詰まっていなくて心筋梗塞ではなかった。それだけでもホッと一安心でした(汗)
とは言え、後は大丈夫か?となると、すぐにそういうわけにはいかず、不整脈と心不全の傾向があるのかチェックするため、24時間監視の心電図を装着され、ひたすら身体への負担を抑えるために安静を余儀なくされ、ただただベッドで横になり、iPadで漫画を読む生活になっておりました(苦笑)
実際のところ、強制入院でしたが、具合の悪い期間というのは、2日もなくて、後半は地味に暇な感じでした(汗)
でもねぇ…心臓に負担をかけないように、入院中は塩分控えめの特別食になっちゃうし、心電図つけっぱなしだから、一階のコンビニすら行けない環境だし、そもそも要注意の患者だから救急病棟にいるんだけど、イマイチ自分の状況が飲み込めていない私は、救急病棟にいていいんだろうか??などと、よくわからん葛藤をしておりました(苦笑)
取り敢えずは、退院できましたが、さすがに心臓ということもあり、当面(数カ月)は身体に負担をかけないようにと、医者からの指示もあり、何個か音楽のオファーもあったけど、全てキャンセルさせていただきました。
その点に関しましても、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんm(_ _)m
私の場合だけの話ですが、心筋炎は軽症だったようで、無理さえしなければ、音楽活動も問題ないみたいですし、日常生活も送れるとのことでしたので、そこも一安心でした。
でも同じような、心筋炎になってしまった人が軽症とは限らないので、風邪の状態が続き、胸の痛みがある場合には、違ったっていいんだから、病院への受診時に医者へ必ず伝えください。痛みが強い場合にはためらいなく救急車を呼んでください。
一歩間違えば、私もどうなっていたかわからないので、いつもと違う辛さが身体にあったら、すぐに病院へ行ってくださいね。命あってこそなんで!
まずは退院できたことを報告させていただきました。
取り敢えずは大丈夫ですので、みなさまご安心くださいね(苦笑)

取り敢えず生きてます(苦笑)

事細か〜く説明したいけど、あまりにも長そうなんで、今なぜ入院に至ったのかだけ、端折って書いていきますね(汗)
そもそもの前提として、うちの息子(紡久)が急性胃腸炎で入院していたのがあります。
まず金曜日の朝から具合が悪い。
夕方に近所のクリニックへ受診。
迂闊に息子の件を話したもんだから、特に触診もせずに薬出されて終了。
家に戻って以降、39.0℃以上の熱が次の日の昼くらいまで続く。
この間に、クリニックでもらった薬の摂取を止め、解熱剤としては一級品のポルタレンを飲み始める。
徐々に効いてきて、熱が下がり始め安心する。
想像以上の高熱で体力を奪われ言うほど動けず。
それでも体調が良くならず、腹も壊し始める。
あぁ〜やっぱり胃腸炎かなぁ〜と思いつつ、この辺りから、胸の痛み、連動的に右肩の痛みが出てくる。
月曜日に息子が入院していた病院へ受診する
どこの科へ受診すればいいのかわからず、取り敢えず消化器内科へ受診。
今までの件を全て説明し、その上で血液検査などを依頼する。
最後の最後に医者への説明で、胸の痛みと肩の痛みがあることを伝えると一応心電図もとりましょうと言われる。
これが後に運命を左右する(苦笑)
一通り検査を終え、点滴の治療を受けていると、消化器内科の医者より、心電図に異常が見られるので、循環器内科の医者への代わってもらい、詳しく調べてもらいますと伝えられる。
すぐに循環器内科の医者がやってきて、KAZさんは心電図の波形に異常があり、心筋梗塞の疑いがあるので、これから心臓へカテーテルを通す検査をします。
この説明以降、心臓への負担軽減のために座ることも禁止し、横になったままでいてもらいますと伝えられる。強制入院です。
緊急を要するので家族もすぐに来てもらいましょう。
その後、有無を言わさず寝かせられERへ連行。
一通りの説明が済んだら、レントゲンを兼ねた、血管などが見れる特別室へ行き、足の付け根に局部麻酔を打たれ、カテーテルを通していき、心臓をくまなくチエックすると、医者たちの多少の安堵感が漂い、KAZさん心筋梗塞ではなかったようですよ、良かったですね。
ただ心臓のうごきが不安定なのと、胃腸炎での受診とあり、なんらかの菌が心臓へ入ってしまい、心臓の組織が炎症を起こし、不整脈を起こしたのかも知れません。
これから24時間単位で、心電図でチェックしていきますので、当面はベッドで安静、入院になりますと告げられる。
心筋炎って心筋梗塞に比べ、メジャーじゃないので、意味なく安心しちゃったんだけど、後に調べると、タイミング悪ければ、死んじゃうし、内容によっては心筋梗塞よりタチが悪そうだ…。
まぁ〜多分大丈夫だと思うんだけど、未だに救急病棟から抜け出せずにいます(苦笑)
でも今までもいろいろな病にはかかってますが、最初に心筋梗塞と言われた時は人生詰んだなと思ったよ…。
息子が産まれたばっかなのに、嫁にも苦労かけちゃうなぁ〜とか、軽く人生振り返りました(汗)
まぁ〜今も安心はできないらしいんだけど(苦笑)
取り敢えずは生きてますので、ご安心ください。

やっとこさ夏かのぉ~

気がつきゃぁ~7月に突入するも
朝夜の涼しさに、今年は冷夏かのぉ~
なんて呑気に構えておったら、
まぁ~今日の暑かったこと・・・(苦笑)
皆さま熱中症には充分にお気を付けください。

さて長い人生そうそう遭遇しないであろう
衝撃映像を目撃した話を書いていきますね(苦笑)

時は7/10夕方・・・

天気が良いもんだから外にいたわけですが
ふとした瞬間に「ガガッ」という大きな音がなり
その音の方へ振り向くと、7人乗りは可能な
大きな車が縁石を乗り越えてきました・・・。

この段間で、「えっ??」と頭が混乱し始めるも
察するに、スピードを出していたのか、
カーブを曲がりきれずに縁石を乗り越えてしまった様子。
百歩譲って、ここまでなら良くあることなんじゃ
ないかと思い、車傷つけて可哀相にと
若干呑気に見ておりましたが・・・
その車は止まるどころか、躊躇いなくアクセルを
踏み込んでいたようで、縁石を登り切ったら
そのまま真っ直ぐ突っ込んで建物の壁へ激突!!

おいおいただごとじゃねぇ~なぁ~と思いながらも
取り敢えず運転手も大丈夫なのか??と
運転席を見ると、ぶつかったことすらわかってないのか
そこそこの距離感のある場所から見ていた俺は
その運転手に一種の異様さを感じていました。

壁に激突した車は、何事もなかったかのように
今度は勢いよくバックし始め、駐車してあった車へ
容赦なく激突をし始める・・・。
そして平然とした顔で、また道路へ戻っていき
消えて行ってしまったのでした・・・。


もう何が起きたんだか理解に苦しむ状況でしたが
どういうわけか・・・とっさにナンバーを控えなきゃと
頭がフル回転したようで、バックし始めた瞬間には
ナンバーの下の部分をiPhoneにメモを取っていました。

すぐに警察へ連絡して、やってきた警察官に
車のナンバーや大きさ、運転手に関する情報を教えると
結構早い段階で犯人は見つかったようで
この犯人は他の場所でも当て逃げをやらかしていたとのことで
そっちの現場検証を終えてから、こっちに来るとなり
事故調査する隊員が来るまでに、結構待たされましたね(苦笑)


当初、犯人がこれから現場検証できますので、
面通しをお願いしますと言われたので
それは協力しますと話すも、
目の前で会ったとしたら、報復されるの嫌なんですけど
と説明したら、配慮しますと言っておきながら
普通に警察車両から出てくる犯人と対面しちゃったよ(苦笑)
あれだけは何だかなぁ~って不満だったわ。

んで先に書いた一種の異様さの正体がわかったんだけど
ある依存症だったようで、それのせいでどこにぶつかろうが
顔色一つ変えることがなかったみたい。
あの無表情については正直怖かったもの。
本当なら何やってんの?って注意して
発車を止めておこうかと思ったんだけど、
近寄ったら轢かれそうな気がして
怖くて近寄れなかったよ。
後に正解だったけどねぇ~・・・。

最終的に犯人が罪に問われるかどうなのかまでは
私にはわからないんだけど、取り敢えずは
誰も怪我をすることはなかったので良かったなと。
まぁ~車をボッコリ凹まされた当事者は
新車だったようで、それはそれで凹んでいましたが・・・。


何にせよ・・・多少のフィクションはあるも
私がリアルに目撃した瞬間の話でした(汗)
車を運転する皆さん、安全運転でお願いしますね(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

大変恐縮ながら・・・

ギターを教えることになりました(苦笑)

事の発端は、最近身内を亡くした
若い男の子がいまして、落胆振りが激しくて
その子を元気づけるために、何かできないか??となって、
ギターをやりたいと前々から話があったらしく
KAZ教えることはできないか?と提案され
やってみないとわからんけど、私でできるならと
ご協力させていただくことになりました。

ただ、その若い子も障がいがあって、
状況によっては私よりも身体の構造的に
厳しいものがあって、どうしようかと
悩んでいるところです(苦笑)

でもKAZがギターを教えてくれると話したところ
目を輝かせて喜んでくれたらしく
そういう想いは大事にしてあげたいなと
素直に思っております。

その子も周りから言われているらしいんだけど、
私自身も、最初は誰からもギターを弾くのは
無理だろうと言われておりまして・・・
スタートの入り口や、周りの雰囲気は似ていて
ちょっと余計に感情移入しちゃうんですよねぇ。

結果的に、私はどうすりゃぁ~いいか?と
悩み試行錯誤しながらも、独自で演奏方法を編み出し
何とかなる道を見つけたわけです。

世の中、物理的にできないことも、
そりゃぁ~多々あるわけですが、
それでも周りからの一方的なできないと
決めつけをされるのは、やはり納得がいかんのです。

せめて自分自身で、やり抜いてから
本当にダメなのかどうかを結論を出したいと考えます。
じゃないと、ずっと引きずっちゃうしねぇ~。

だから自分の経験も含めて、
協力できることがあるなら、やっぱ協力したいし
その子も諦めずに頑張ってほしいなって思う。


あらためて感じたのは、ギターを手にした
その子の目はキラキラしていて
とても笑顔で、やる気に満ちていた顔は
19年前に初めてギターを手にした自分も
こういう表情や気持ちでいたんだろなぁ~と思いました。

原点回帰じゃないけど、あの頃の気持ちを
思い起こさせてくれた、その子には感謝しております。


そもそも演奏方法なんてのは、基本フォーマットはあれど
どういうやり方でも音が奏でられたら
それが正解であって、何の問題もない。

さらに言えば、私なんてのは実際には
押さえられないコードも山程あるし、
でもそれだって、それっぽい音が出れば
成立しているんだよね。
実際に13年も人前で歌わせていただいてきたし
まぁ~耳の良い人であれば、あれ??って思うことはあれど
でも何とか成立させてきたんだから、
やっぱり何の問題もない(苦笑)

だから独特のやり方でも、不格好でも、
変なのって言われようが、これが私の演奏方法ですって
言い切ってしまえば良いんです!!

ぜひ諦めずに続けていってほしいと願っております!!
ふぁいてぃん!! 先生って言われちゃったけど
おじさんも全力でサポートしていきまっせぇ~(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [1]
  2. 2017年12月 [6]
  3. 2017年11月 [5]
  4. 2017年10月 [5]
  5. 2017年9月 [6]
  6. 2017年8月 [3]
  7. 2017年7月 [4]
  8. 2017年6月 [5]
  9. 2017年5月 [5]
  10. 2017年4月 [3]
  11. 2017年3月 [3]
  12. 2017年2月 [2]
  13. 2017年1月 [6]
  14. 2016年12月 [4]
  15. 2016年11月 [5]
  16. 2016年10月 [6]
  17. 2016年9月 [4]
  18. 2016年7月 [3]
  19. 2016年6月 [4]
  20. 2016年5月 [5]
  21. 2016年4月 [2]
  22. 2016年3月 [2]
  23. 2015年12月 [3]
  24. 2015年11月 [2]
  25. 2015年10月 [2]
  26. 2015年9月 [1]
  27. 2015年8月 [1]
  28. 2015年7月 [4]
  29. 2015年6月 [3]
  30. 2015年5月 [4]
  31. 2015年4月 [3]
  32. 2015年3月 [1]
  33. 2015年1月 [3]
  34. 2014年12月 [1]
  35. 2014年11月 [3]
  36. 2014年10月 [6]
  37. 2014年9月 [3]
  38. 2014年8月 [6]
  39. 2014年7月 [4]
  40. 2014年6月 [4]
  41. 2014年5月 [7]
  42. 2014年4月 [5]
  43. 2014年3月 [3]
  44. 2014年2月 [3]
  45. 2014年1月 [4]
  46. 2013年12月 [9]
  47. 2013年11月 [11]
  48. 2013年10月 [6]
  49. 2013年9月 [9]
  50. 2013年8月 [7]
  51. 2013年7月 [6]
  52. 2013年6月 [11]
  53. 2013年5月 [9]
  54. 2013年4月 [8]
  55. 2013年3月 [9]
  56. 2013年2月 [9]
  57. 2013年1月 [8]
  58. 2012年12月 [21]
  59. 2012年11月 [18]
  60. 2012年10月 [15]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [14]
  63. 2012年7月 [12]
  64. 2012年6月 [12]
  65. 2012年5月 [10]
  66. 2012年4月 [14]
  67. 2012年3月 [19]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [21]
  70. 2011年12月 [18]
  71. 2011年11月 [23]
  72. 2011年10月 [20]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [12]
  75. 2011年7月 [16]
  76. 2011年6月 [19]
  77. 2011年5月 [19]
  78. 2011年4月 [19]
  79. 2011年3月 [19]
  80. 2011年2月 [17]
  81. 2011年1月 [18]
  82. 2010年12月 [27]
  83. 2010年11月 [20]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [21]
  86. 2010年8月 [25]
  87. 2010年7月 [17]
  88. 2010年6月 [24]
  89. 2010年5月 [17]
  90. 2010年4月 [29]
  91. 2010年3月 [22]
  92. 2010年2月 [19]
  93. 2010年1月 [20]
  94. 2009年12月 [19]
  95. 2009年11月 [18]
  96. 2009年10月 [23]
  97. 2009年9月 [13]
  98. 2009年8月 [19]
  99. 2009年7月 [19]
  100. 2009年6月 [16]
  101. 2009年5月 [22]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [20]
  104. 2009年2月 [16]
  105. 2009年1月 [16]
  106. 2008年12月 [20]
  107. 2008年11月 [20]
  108. 2008年10月 [12]
  109. 2008年9月 [10]
  110. 2008年8月 [23]
  111. 2008年7月 [27]
  112. 2008年6月 [25]
  113. 2008年5月 [25]
  114. 2008年4月 [18]
  115. 2008年3月 [17]
  116. 2008年2月 [19]
  117. 2008年1月 [21]
  118. 2007年12月 [13]
  119. 2007年11月 [22]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [19]
  122. 2007年8月 [21]
  123. 2007年7月 [27]
  124. 2007年6月 [21]
  125. 2007年5月 [23]
  126. 2007年4月 [23]
  127. 2007年3月 [27]
  128. 2007年2月 [26]
  129. 2007年1月 [17]
  130. 2006年12月 [21]
  131. 2006年11月 [16]
  132. 2006年10月 [22]
  133. 2006年9月 [22]
  134. 2006年8月 [20]
  135. 2006年7月 [11]
  136. 2006年6月 [22]
  137. 2006年5月 [14]
  138. 2006年4月 [13]
  139. 2006年3月 [14]
  140. 2006年2月 [14]
  141. 2006年1月 [21]
  142. 2005年12月 [21]
  143. 2005年11月 [10]
  144. 2005年10月 [14]
  145. 2005年9月 [17]
  146. 2005年8月 [16]
  147. 2005年7月 [15]
  148. 2005年6月 [16]
  149. 2005年5月 [18]
  150. 2005年4月 [24]
  151. 2005年3月 [22]
  152. 2005年2月 [20]
  153. 2005年1月 [17]
  154. 2004年12月 [20]
  155. 2004年11月 [7]
  156. 2004年10月 [10]
  157. 2004年9月 [11]
  158. 2004年8月 [10]
  159. 2004年7月 [10]
  160. 2004年6月 [9]
  161. 2004年5月 [10]
  162. 2004年4月 [7]
  163. 2004年3月 [8]
  164. 2004年2月 [8]
  165. 2004年1月 [11]
  166. 2003年12月 [13]
  167. 2003年11月 [13]
  168. 2003年10月 [1]
  169. 2003年9月 [2]
  170. 2003年8月 [1]
  171. 2003年7月 [2]
  172. 2003年6月 [6]
  173. 2003年5月 [6]
  174. 2003年4月 [3]
  175. 2003年3月 [5]
  176. 2003年2月 [3]
  177. 2003年1月 [6]
  178. 2002年12月 [5]
  179. 2002年11月 [5]
  180. 2002年10月 [6]
  181. 2002年9月 [5]
  182. 2002年8月 [5]
  183. 2002年7月 [6]
  184. 2002年6月 [7]
  185. 2002年5月 [2]
  186. 2002年4月 [4]
  187. 2002年3月 [6]
  188. 2002年2月 [5]
  189. 2002年1月 [11]
  190. 2001年12月 [7]
  191. 2001年11月 [3]
  192. 2001年10月 [2]
  193. 2001年9月 [3]
  194. 2001年7月 [1]
  195. 2001年6月 [2]
  196. 2001年5月 [2]
  197. 2001年4月 [2]
  198. 2001年3月 [4]
  199. 2001年2月 [2]
  200. 2001年1月 [4]
  201. 2000年12月 [6]
  202. 2000年11月 [9]
  203. 2000年10月 [3]
  204. 2000年9月 [4]
  205. 2000年8月 [4]
  206. 2000年7月 [7]
  207. 2000年6月 [8]
  208. 2000年5月 [8]
  209. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4