eye.jpg

何でもありな話 一覧

取り敢えず生きてます(苦笑)

事細か〜く説明したいけど、あまりにも長そうなんで、今なぜ入院に至ったのかだけ、端折って書いていきますね(汗)
そもそもの前提として、うちの息子(紡久)が急性胃腸炎で入院していたのがあります。
まず金曜日の朝から具合が悪い。
夕方に近所のクリニックへ受診。
迂闊に息子の件を話したもんだから、特に触診もせずに薬出されて終了。
家に戻って以降、39.0℃以上の熱が次の日の昼くらいまで続く。
この間に、クリニックでもらった薬の摂取を止め、解熱剤としては一級品のポルタレンを飲み始める。
徐々に効いてきて、熱が下がり始め安心する。
想像以上の高熱で体力を奪われ言うほど動けず。
それでも体調が良くならず、腹も壊し始める。
あぁ〜やっぱり胃腸炎かなぁ〜と思いつつ、この辺りから、胸の痛み、連動的に右肩の痛みが出てくる。
月曜日に息子が入院していた病院へ受診する
どこの科へ受診すればいいのかわからず、取り敢えず消化器内科へ受診。
今までの件を全て説明し、その上で血液検査などを依頼する。
最後の最後に医者への説明で、胸の痛みと肩の痛みがあることを伝えると一応心電図もとりましょうと言われる。
これが後に運命を左右する(苦笑)
一通り検査を終え、点滴の治療を受けていると、消化器内科の医者より、心電図に異常が見られるので、循環器内科の医者への代わってもらい、詳しく調べてもらいますと伝えられる。
すぐに循環器内科の医者がやってきて、KAZさんは心電図の波形に異常があり、心筋梗塞の疑いがあるので、これから心臓へカテーテルを通す検査をします。
この説明以降、心臓への負担軽減のために座ることも禁止し、横になったままでいてもらいますと伝えられる。強制入院です。
緊急を要するので家族もすぐに来てもらいましょう。
その後、有無を言わさず寝かせられERへ連行。
一通りの説明が済んだら、レントゲンを兼ねた、血管などが見れる特別室へ行き、足の付け根に局部麻酔を打たれ、カテーテルを通していき、心臓をくまなくチエックすると、医者たちの多少の安堵感が漂い、KAZさん心筋梗塞ではなかったようですよ、良かったですね。
ただ心臓のうごきが不安定なのと、胃腸炎での受診とあり、なんらかの菌が心臓へ入ってしまい、心臓の組織が炎症を起こし、不整脈を起こしたのかも知れません。
これから24時間単位で、心電図でチェックしていきますので、当面はベッドで安静、入院になりますと告げられる。
心筋炎って心筋梗塞に比べ、メジャーじゃないので、意味なく安心しちゃったんだけど、後に調べると、タイミング悪ければ、死んじゃうし、内容によっては心筋梗塞よりタチが悪そうだ…。
まぁ〜多分大丈夫だと思うんだけど、未だに救急病棟から抜け出せずにいます(苦笑)
でも今までもいろいろな病にはかかってますが、最初に心筋梗塞と言われた時は人生詰んだなと思ったよ…。
息子が産まれたばっかなのに、嫁にも苦労かけちゃうなぁ〜とか、軽く人生振り返りました(汗)
まぁ〜今も安心はできないらしいんだけど(苦笑)
取り敢えずは生きてますので、ご安心ください。

やっとこさ夏かのぉ~

気がつきゃぁ~7月に突入するも
朝夜の涼しさに、今年は冷夏かのぉ~
なんて呑気に構えておったら、
まぁ~今日の暑かったこと・・・(苦笑)
皆さま熱中症には充分にお気を付けください。

さて長い人生そうそう遭遇しないであろう
衝撃映像を目撃した話を書いていきますね(苦笑)

時は7/10夕方・・・

天気が良いもんだから外にいたわけですが
ふとした瞬間に「ガガッ」という大きな音がなり
その音の方へ振り向くと、7人乗りは可能な
大きな車が縁石を乗り越えてきました・・・。

この段間で、「えっ??」と頭が混乱し始めるも
察するに、スピードを出していたのか、
カーブを曲がりきれずに縁石を乗り越えてしまった様子。
百歩譲って、ここまでなら良くあることなんじゃ
ないかと思い、車傷つけて可哀相にと
若干呑気に見ておりましたが・・・
その車は止まるどころか、躊躇いなくアクセルを
踏み込んでいたようで、縁石を登り切ったら
そのまま真っ直ぐ突っ込んで建物の壁へ激突!!

おいおいただごとじゃねぇ~なぁ~と思いながらも
取り敢えず運転手も大丈夫なのか??と
運転席を見ると、ぶつかったことすらわかってないのか
そこそこの距離感のある場所から見ていた俺は
その運転手に一種の異様さを感じていました。

壁に激突した車は、何事もなかったかのように
今度は勢いよくバックし始め、駐車してあった車へ
容赦なく激突をし始める・・・。
そして平然とした顔で、また道路へ戻っていき
消えて行ってしまったのでした・・・。


もう何が起きたんだか理解に苦しむ状況でしたが
どういうわけか・・・とっさにナンバーを控えなきゃと
頭がフル回転したようで、バックし始めた瞬間には
ナンバーの下の部分をiPhoneにメモを取っていました。

すぐに警察へ連絡して、やってきた警察官に
車のナンバーや大きさ、運転手に関する情報を教えると
結構早い段階で犯人は見つかったようで
この犯人は他の場所でも当て逃げをやらかしていたとのことで
そっちの現場検証を終えてから、こっちに来るとなり
事故調査する隊員が来るまでに、結構待たされましたね(苦笑)


当初、犯人がこれから現場検証できますので、
面通しをお願いしますと言われたので
それは協力しますと話すも、
目の前で会ったとしたら、報復されるの嫌なんですけど
と説明したら、配慮しますと言っておきながら
普通に警察車両から出てくる犯人と対面しちゃったよ(苦笑)
あれだけは何だかなぁ~って不満だったわ。

んで先に書いた一種の異様さの正体がわかったんだけど
ある依存症だったようで、それのせいでどこにぶつかろうが
顔色一つ変えることがなかったみたい。
あの無表情については正直怖かったもの。
本当なら何やってんの?って注意して
発車を止めておこうかと思ったんだけど、
近寄ったら轢かれそうな気がして
怖くて近寄れなかったよ。
後に正解だったけどねぇ~・・・。

最終的に犯人が罪に問われるかどうなのかまでは
私にはわからないんだけど、取り敢えずは
誰も怪我をすることはなかったので良かったなと。
まぁ~車をボッコリ凹まされた当事者は
新車だったようで、それはそれで凹んでいましたが・・・。


何にせよ・・・多少のフィクションはあるも
私がリアルに目撃した瞬間の話でした(汗)
車を運転する皆さん、安全運転でお願いしますね(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

大変恐縮ながら・・・

ギターを教えることになりました(苦笑)

事の発端は、最近身内を亡くした
若い男の子がいまして、落胆振りが激しくて
その子を元気づけるために、何かできないか??となって、
ギターをやりたいと前々から話があったらしく
KAZ教えることはできないか?と提案され
やってみないとわからんけど、私でできるならと
ご協力させていただくことになりました。

ただ、その若い子も障がいがあって、
状況によっては私よりも身体の構造的に
厳しいものがあって、どうしようかと
悩んでいるところです(苦笑)

でもKAZがギターを教えてくれると話したところ
目を輝かせて喜んでくれたらしく
そういう想いは大事にしてあげたいなと
素直に思っております。

その子も周りから言われているらしいんだけど、
私自身も、最初は誰からもギターを弾くのは
無理だろうと言われておりまして・・・
スタートの入り口や、周りの雰囲気は似ていて
ちょっと余計に感情移入しちゃうんですよねぇ。

結果的に、私はどうすりゃぁ~いいか?と
悩み試行錯誤しながらも、独自で演奏方法を編み出し
何とかなる道を見つけたわけです。

世の中、物理的にできないことも、
そりゃぁ~多々あるわけですが、
それでも周りからの一方的なできないと
決めつけをされるのは、やはり納得がいかんのです。

せめて自分自身で、やり抜いてから
本当にダメなのかどうかを結論を出したいと考えます。
じゃないと、ずっと引きずっちゃうしねぇ~。

だから自分の経験も含めて、
協力できることがあるなら、やっぱ協力したいし
その子も諦めずに頑張ってほしいなって思う。


あらためて感じたのは、ギターを手にした
その子の目はキラキラしていて
とても笑顔で、やる気に満ちていた顔は
19年前に初めてギターを手にした自分も
こういう表情や気持ちでいたんだろなぁ~と思いました。

原点回帰じゃないけど、あの頃の気持ちを
思い起こさせてくれた、その子には感謝しております。


そもそも演奏方法なんてのは、基本フォーマットはあれど
どういうやり方でも音が奏でられたら
それが正解であって、何の問題もない。

さらに言えば、私なんてのは実際には
押さえられないコードも山程あるし、
でもそれだって、それっぽい音が出れば
成立しているんだよね。
実際に13年も人前で歌わせていただいてきたし
まぁ~耳の良い人であれば、あれ??って思うことはあれど
でも何とか成立させてきたんだから、
やっぱり何の問題もない(苦笑)

だから独特のやり方でも、不格好でも、
変なのって言われようが、これが私の演奏方法ですって
言い切ってしまえば良いんです!!

ぜひ諦めずに続けていってほしいと願っております!!
ふぁいてぃん!! 先生って言われちゃったけど
おじさんも全力でサポートしていきまっせぇ~(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

LINEスタンプはじめました

1月の頭に申請して以来...苦節4カ月...(苦笑)
随分時間をかけられてしまいましたが
お陰様で、やっと審査が通りまして
KAZぱん、リトル・ねねちゃん'sが
発売されることになりましたぁ~♪

個人で作れるようになって、1年くらいでしょうか?
私がよく使う単語をスタンプにしたら
売れるんじゃね?という超ポジティブ発想から
妊娠で具合の悪い奥さんの、調子の良い合間をぬって
イラストを描いてもらって、私が販売用に
データ加工して、審査を出したのが
今年の1月でした...(苦笑)

いやぁ~本当に長かった(汗)
紡久も産まれるから、少しでも生活費を稼ごうと
稀に見る夫婦の一致団結で臨んでいましたが
申請を出してからというものの、
あの部分はダメぇ~と2回くらいダメ出しをされ
その都度待たされるもんだから
丁度忙しい時期でもあって、記憶から飛んで
いってましたが、奥さんがまだなの?
と何気なく聞いてきたこともあってか
突然、昨日審査が通ったとのメールが来ました!

ある意味タイムリーな情報に
意味なく喜びまくってしまっておりますが
やっと販売されただけです(苦笑)

問題は、ここからなんですよ!!
売れなきゃ意味がないということで
今後はどんどん宣伝していきますので、
皆さんも紡久のおむつ代になると思って
ぜひ購入いただきまして、拡散の程
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


では、今回販売させていただくスタンプを紹介します。

まずはKAZが普段からよく使う言葉シリーズに
特化しまくったスタンプです。

KAZぱん http://line.me/S/sticker/1107913

kaz_pan.jpgのサムネール画像

画像を見ていただくと良く分かりますが
本当に毎日のように使う単語が並んでおります(苦笑)
ただ、それなりに会話としては使いやすそうなものを
チョイスしていますので、日常で使って欲しいです。
一緒にあでゅ~♪を広めようぜ(苦笑)


そして奥さんが当時全勢力を注ぎ込んだ
スタンプがこちらです↓

リトル・ねねちゃん's http://line.me/S/sticker/1093116

nenechan.jpgのサムネール画像

こちらはKAZ要素が一切入ってませんので(苦笑)
可愛いという理由でも構いませんので、
購入していただけると本当にありがたいです。

ちなみに私がプロデュースしたスタンプも別にありまして
シュールがウリの妖怪の「はごいたさん」と
まり姉さん's」という虹色のキャラもありますので、
良ければ検討してみてください(苦笑)

はごいたさん http://line.me/S/sticker/1087734
まり姉さん's http://line.me/S/sticker/1089496

併せて、よろしくお願い申し上げます。
23年目も~あでゅ~♪

はてさて

やっとうるさい、選挙カーも治まり
投票結果を見る限りでは、へーと言いたくなる
今回の統一選挙ですが・・・
なんだろう、別にドキドキワクワクという
訳ではないんだけど、盛り上がりには
欠けた感じがします(苦笑)

まぁ~知り合いがどうなったのかは
知りたいところなんだけど、
じぇ~んじぇん情報が出てきませんので、
気長に明日チェックすることにします(苦笑)


話は変わり、明日はひっさびさの
雇用保険説明会に朝もはよから行ってきます。
午後から職安に行った、元同僚は説明会も午後からだよ
と言われてしまい、私も午後から行けば良かったと
心から悔やんでいるところではあるのですが(苦笑)

この説明会用に撮影した証明写真を見て
若い若いと思っていても、全てにおいて
表情に表れてくるんだなぁ~と
意味なく老けてきた自分に笑えます(苦笑)
でも、そりゃぁ~そうだよ!!
今年39歳になるんだし、来年40歳ですよ!(苦笑)
いつまで若いつもりでいるんだって
突っ込まれても仕方がないほどの
リアル中年になってしまいました(汗)

自分らが若い頃なんてのは、
40代なんて本当にオッサンで、
全てにおいて疲れ切った人にしか見えてなかったし
まさか自分も、その年齢になろうとは
夢にも思わなかったけど(汗)
なってみると、案外発想は子どもだし
大人になりきれてない部分も多々あるんだけど
疲れるなぁ~ってのだけ、唯一昔の
イメージのまま理解できます(苦笑)


でもねぇ~子ども産まれたばっかなんですよ(苦笑)
疲れたぁ~って言って良いのはママさんだけで
パパは何が何でも金を稼がなくてはいけないので、
とっとと次のところに行けるように
頑張って行きたいと思います(苦笑)
老けた自分に笑ってる場合じゃないんですよ(汗)

同世代の皆さん・・・日記読んで苦笑してるかも
知れませんが、一昔前の写真をご覧なさい。
私と同じことを思うはずだから(苦笑)

23年目も~あでゅ~♪

あっという間の

5年間だったような気がします。

利用者一人からスタートした
就労継続支援B型わーく木の葉は
4年の歳月を経て本日無事に終了しました。

どういうわけか最終日も
てんやわんやな感じで、あっという間に
帰る時間になっていました。
午後からは全員でお別れ会をしたので、
若干の寂しさがこみ上げてきましたが
終わる最後の最後に大爆笑できたあたりは
自分たちらしいかなと無駄に苦笑でした(笑)

わーく木の葉は、障がいの種別を問わず
一緒に働くことができる事業所作りを目指して
始まったわけですが、蓋を開けてみると
働くというよりは、他にはない
ゆったりした事業所ということで、
主に精神の方々に人気があったように思います。

当然、ゆったりした事業所ということは
仕事はあまりせず、工賃は低くても構わない
という人が集まってきていました。
だから自分たちも、そういう事業所でいいんだと
シフト変更していったと思うし
当初の想いとは違ってきたかな?
と感じてはいたと思っています。

そんな中、スタッフの一人が病に倒れ
職場復帰は難しい状態になり、
その時にも閉鎖せざるを得ないのではないか?
という感覚にも陥りましたが
上手い具合に仕事を引き継いでいたこともあり
自分たちだけでもやっていけるとなり
継続させていこうとなりました。

まぁ~仕事量は凄く増えたので、
一杯一杯だったことを思い出します。
印刷の仕事だって全部を一人でこなしたことはないし
利用者との話し相手や相談にのったり
B型の事務仕事、給料計算から、
日常の会計処理、年末調整、決算の処理など、
少人数な職場だけあって、一人で抱える業務は
やはり多いのですよ(苦笑)
割り振れば良かっただろうけど、
割り振れる環境でもなかったからねぇ~。
結局誰かが引き受けるしかないんですよ。

そういう意味ではストレスも余計にかかる
職場だったかも知れませんね。


あと、工賃の低さがワースト2~3位を
うろつきし過ぎたせいか、
ついには行政指導が入り工賃を上げなさいと
怒られたこともありました(苦笑)
仕方ないから、ゆったりモードも終了し
いろいろと軽作業を引き受けていくと
そもそも仕事を、そんなにしたくない人が
集まってるもんだから、考え方の相違もあり
利用を辞めていく人も多数いました。

本当は、そこら辺で運営も厳しいことに
気付くべきだったんでしょうが・・・
なんせ会計はトーシローに毛が生えた程度で
気付いた時には後の祭りでしたね(苦笑)

だから今回の閉鎖に関していえば
若干の責任も感じていたりするんですよねぇ。
就労継続支援B型の意義としては
ステップアップの場所ですから、
旅立つことは良いことなんですよね。
次の場所へ行くとなれば、笑顔で送り出さなければならない
そういう制度なんですよ。

とは言え、利用者が減るということは
入ってくる収入も減るということになるから
一人辞めたら、補充するための
営業活動も必要だったのを、多少怠っていたのは
やはり否めないわけです(汗)
なので、もっと取り組めたよなぁ~と
反省や後悔もあったります。

 

良かった点でいえば、スタッフ側の力量が
足りなかったとしても、うちの事業所に
出会えたことが良かったという声や、
すぐ辞めちゃうんじゃないかと思っていた人が
長く通うことができて、更には成長していく姿を
見ることができたのは、声には出さないが
実は素直に嬉しかったりもしたのでした(苦笑)


ってか、みんなのサポートとしては
話し相手くらいしかできなかった私を
ちゃんと職員としてみてくれて、頼ってくれて、
一緒に成長させてもらえたことが
私の人生での財産になったし、
これからの経験として活かしていけるように
次の場所でも頑張って行きたいなと思っています。

 

あらためて、わーく木の葉を利用してくれた
みんなには心より感謝申し上げます。
新しいところへ行っても頑張れると
自信を持って言えますので、前に突き進んでください!!
本当にありがとうございました。


有限会社ことのは舎、
並びに就労継続支援B型わーく木の葉を
支えて下った、数え切れない多くの皆さま
ありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。


さっ次は私の番ということで、
新しいところへ気持ちを徐々に切り替えていこうと思います。
頑張っていきまっしょい!!


23年目も~あでゅ~♪

いつの間にか3月・・・

月日が過ぎるのは早いもので
「姉さん、事件です。札幌の雪は大きい通りは
溶けてしまいました」(ドラマHOTELの高嶋政伸風)

とボソッと言いたくなるほど、2月が過ぎていました。
忙しいっちゃぁ~忙しかったけど
別に日記が書けないほどではなかったわけですが
月日だけがあっさり過ぎていきました(苦笑)


さてKAZ Jrである紡久が産まれてから
1カ月半くらい経ちまして、
奥さんの退院後は実家へ戻っているので、
実際のところ、どこまで成長しているのか
あまり理解できていないところですが
毎日写メを送ってもらっているので、
顔つきの変化や、愛くるしさなどを感じながら
写メを見ては、ニヤニヤ変態のように
過ごしております(苦笑)

一応、今週の土曜から一緒の生活が始まる予定でして
念願のパパをしていくことになります。
ママである奥さんからのメッセや
子育て先輩方のご意見を聞く限りでは
寝れなくなるぜぇ~と脅されておりますので、
そこに関しては覚悟して待っている状態です。
どの道、自分の寝る時間なんてのは
大体2~3時で、起きるの8時過ぎなんで
その合間で起きるんだろうなぁ~と思っているので
余裕かましているわけですが・・・
ただ経験していないだけと言われてしまえば
それまでだったりして(苦笑)

でも本当に紡久に会えるのが楽しみです。
いろいろなことがあるんだろうけど
紡久と奥さんと成長していけたらと思っています。


えぇ~っと実は報告が2点ほどあります!

一つ目は・・・
私、転職することにしました!(苦笑)

そこそこ情報が、漏れ出してきているので
もういいかと素直に公表してしまうのですが
法人である会社と、就労継続支援B型の
事業所がなくなります。
単純に運営が厳しいからです。
最後の最後まで、継続できないかと
試行錯誤してきましたが、これ以上マイナスになる前に
早めに手を打つべきだという結論に至りまして
頑張って参りましたが閉鎖となりました。

事業を続けていくことは、当然のことながら
簡単なことではありませんでした。
分かんないこと山程あったし、日々の業務も多忙だったし
逆に良くここまで持ったなというのが
個人的な感想です(苦笑)

これまで多くの方々にご支援をいただきまして
本当に感謝しきれないのですが、
今までご協力いただきまして
誠にありがとうございましたm(_ _)m

一応5月から新しいところへの就職も予定していますので、
子ども産んだばっかりなのにぃ~ということには
ならないようにしておりますので、
どうか新しいところで働き出しましたら
ご指導・ご鞭撻、ご協力していただけたら幸いです。

新しい職場は公表できるようになったら
お知らせしようかなと思っています(苦笑)


そして二つ目。
今年のチャリティーライブである
To a heart of childrenを休止します!!

最初に誤解しないでください!
来年は、どうやってでも開催します!
今年だけ休ませてくださいという話です(汗)

これは実は紡久が産まれるまでは、
特に考えていなかったことです。
ただ実際に出産に立ち会い、産まれた瞬間を
見届けた後で、ふと頭に浮かんだのです。

まずは奥さんの精神的な支えになりたいということ。
そして子育てを通して、子どもたちへの支援ということを
あらためて真剣に考えたいということ。


前半の奥さんの支えの部分ですが、
まぁ~私が子育てに参加する部分というのは
やはり人よりは少ないであろうと思うのです。
だけど遊び相手や、話し相手、見守りくらいは
私にもできます。
そして奥さんが子育てを通して疲れてきたなとか、
ストレスを感じているなというときに、
話し相手になったり、相談にのったりしていきたいのです。
家族にとっての精神的な柱になりたいなと思いました。

私も奥さんもパパママ一年生ですから
お互い悩んだり苦労したりすることは必ずあります。
肝心な時に頼るべき存在が近くにいないというのは
極力避けたいなと考えています。
まぁ~どうしようもない時も、あると思うんですけどね(汗)

そういうことから、今年の音楽活動をセーブしようかと。
ただ、こんな私でも必要とされる部分も
あったりするので、全部セーブではなくて、
オファーがある分については、
検討させていただけたらと思います。


後半の部分については、私はチャリティーライブを
立ち上げるに至っては、奥さんと二人で
音楽を通して誰かの為に
活動できたらいいよねと結構な議論を重ね
その上で、子どもたちのためにということから
児童養護施設で暮らす子どもたちを
支援していこうという想いから活動を始めました。
中途半端な気持ちで決断したわけではありません。

当然のことながら、毎回ライブの時は全力で取り組みましたし、
子どもたちのことを考えるきっかけになればと
真剣に取り組んでまいりました。
これまでの活動自体は支援になっているという
自負も持ち合わせております。

だからこそ、親となった今、子どもたちへの支援を
できる限り継続できるようにするためにも
あらためて真剣に向き合い、考える期間が必要だという
結論に至りました。

なので、来年の秋に開催予定の
チャリティーライブまでの一年半の期間で
子どもと一緒に成長していく中で
自分なりの答えを導き出して行こうと思っています。


というわけで、今年も楽しみにしてくださった皆さま
実行委員会、並びにボランティアさんの皆さま
少しだけお休みの期間をください。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 


でも、かっちょいいこと言いながらも
実は紡久が産まれる前後に、イベントの
オファーを受けておりましたので、
こちらに関しましては頑張って歌わせていただきたいと思います!!

そこからつながる音楽ライブ
4月5日(日) 14:30-OPEN 15:00-START
場所:札幌市中央区大通西19丁目1-1 札幌社会福祉総合センター4階 大研修室
チケット:500円(2歳以下無料)※要予約:連絡先参照(KAZへの連絡でもOK)
共演者:サルーキ=、神田直樹
連絡先:星野:090-1385-6264、森元:FAX011-786-1621
協力:ほっかいどうタンポポ水泳療育札幌コース、ラジオカロスサッポロ

 

img066.jpg

 

お時間あったら見に来てくださいな。
子ども大歓迎! 大人も大歓迎! 中年も大歓迎(苦笑)
よろしくお願い申し上げます。

ではでは、久々なのに長文過ぎる、けーえーぜっとでした(苦笑)
23年目も~あでゅ~♪

既に正月終わりモード?

え~年末の恒例であった
一年間を振り返るコーナーも
とぼけた顔して、すっ飛ばしてしまい
気が付けば、年も明けまして・・・
新年の挨拶すらしていない
この体たらくっぷり・・・
ダメ人間になってしまいそうだのぉ(苦笑)

若干なりかけているのはスルーしていただきたい(汗)

まぁ~それは置いとくとして、
何はともあれ、皆様今年もどうぞ、
けーえーぜっとと、その奥さんと、
産まれてくる気まんまんのJrを
よろしくお願い申し上げます。

多分だけど・・・Jrは早く出てきそうな
気がするなぁ~胎動が激しいらしいし
来週には36週になるので、
それ以降であれば、いつ産まれても
不思議ではないんだそうだ。
すげー期待はしているんだけど
実際に陣痛が来た時に落ち着いて
対応できるのか妙に不安である(苦笑)

ってか、私がいる時になってくれたらいいけど
いない時の一人でってのは不安だろうなぁ~って思います。
まぁ~私がいたとしても、深夜とかだったりしたら
すぐには動けないこともあるので、
できるなら朝仕事に行く前が一番ありがたいのぉ~(苦笑)
そう素直に思い通りにはいかないんでしょうけども(汗)
何であれ、元気に産まれてくれば
それだけでいいや(笑)

 

はてさて、一応軽くさらっと
昨年を振り返ってみますと(苦笑)

1月

久々の長期休みと言うこともあり、
ドラクエ三昧の日々を過ごす。
尊敬していた、いなむら一志さんが
亡くなったことを知る。
お別れ会に参加したかったが
熱が出るほどのでっき~に痛めつけられ
参加できずに終わってしまった。
どうやらテープ起こしで忙しかったみたい(苦笑)

2月

お尻に長い期間居座っていた
良性の腫瘍が壊死して勝手にちぎれる(苦笑)
日帰り手術の予定だったので、
手術しなくなって無駄に喜ぶ。
いつもしょっているショルダーバッグの
世代が3世代目に突入する。
メーカーがPORTERで、バッグの種類は違えど
やまちゃんとおそろいになる(笑)
KAZHPをリニューアルする。

3月

この年にして、スマホを職場に忘れる(苦笑)
次の日にないよう確認するも着信も着メもなく
不人気振りを発揮する(苦笑)
職場に入った新しいパソコンを見て
無駄に新しいのがほしくなる。

4月

KAZのアルバムRainbowがiTunes Storeで
配信される(最初しか売れんかった(汗))
インフルエンザで振り替えになった
KANさんのバンドツアーに行く。
意味なく昔取材された番組をYouTubeにアップする(苦笑)

5月

ネットラジオの帰ってきた気ままにMy Lifeをアップ。
三越の黄金展を見に行って、
海洋堂のフィギュア展を見に行って、
ガンダム展を見に行って
奥さんと旭山記念公園にも行きました。
始めて家族写真も撮ったんですよねぇ~。
まさかこの時点で命が誕生しているとは
全く思っていなかった(苦笑)
ライブもスタートしはじめて来て
札幌人図鑑に出演しましたね。

6月

とまと畑や、札幌ファクトリーや、
札幌サンプラザなどでも歌わせてもらいました。
この時期に妊娠が発覚して、奥さんの悪阻も酷くて
入院しておりましたね。

7月

ライブも重なっていた時期だし、
仕事も冊子を作らなきゃならなかったし
奥さんのお見舞いにも、ほぼ行っていたし
本当に多忙な毎日でありました。
でも思ったよりも早い段階で
退院できたのが素直に嬉しかったです。

8月

やっと日記でパパになることを発表して
みんなからおめでとうと祝福される。
その後、ライブ三昧(苦笑)

9月

軽作業強化月間に入り、朝帰りも普通にあり
日記を書いていないことを知る(苦笑)
本当にしんどい日々でした(汗)

10月

相変わらずの多忙な日々の中で
チャリティーライブの練習や、営業活動などを
何とかこなしていき、無事に本番を迎える。
みんなに助けてもらったライブになりました。

11月

実はこの時期も軽作業が忙しくて
ばたばたばかりしておりました(苦笑)
そんな中でも、皆さんからお預かりさせていただいた
募金を岩見沢の光が丘学園さんに寄付してきました。
レポートは必ず書きますので、
今しばらくお待ちください(汗)
38歳にもなりました(苦笑)

12月

さすがに、もう休める体制になるだろうと思ったら
仕事の終わる日の前日まで軽作業ラッシュだった(苦笑)
休みに入ってからはドラクエばっかりしているな・・・。


とまぁ~さらっと振り返りましたが
要約すると、子どもができてあたふたしていて
仕事も軽作業であたふたしていて
音楽も時間がなさ過ぎてあたふたしていて
年末になって、まったりとドラクエをする。
と言うことでしょうか?(苦笑)

何だかんだと、ゆったり過ごせる
長期連休は今回で当面なくなりそうなので
それを極力満喫しようかなと思っております。

仕事が始まっていくと、会計処理もあるし
年末調整の手続きもあるし、
冊子の仕事もあるし、また忙しくなりそうです。

子どもも産まれるし、いろいろ変化のある年にもなりそうなので
取り敢えず、子どもに恥じないパパになろうと思います(苦笑)

そんなこんなで、今年も皆様、
よろしくお願い申し上げます。

23年目も~あでゅ~♪

クリスマスイブであります!

最近、日記書かないんですねと
言われてしまって、言われてみればと
ふと思い出したので、書いてみます(苦笑)

仕事的には、そこまで多忙ではなかったので
日記くらい書けそうな感じもしていたんだけど
いかんせん、パソコン部屋が例年まれに見る
寒さが続いていたりして、
用事がないとその部屋にもいかなかったりして(汗)
何だかんだと、遠ざかったことにより
PCも付けない日々も続き、当然日記も
書けなかったりしておりました(汗)

とはいえ、iPadは普通に使っているので
ネットをしていないというわけでもないので
ちょっくら日記を書く気力がないのかも知れません。

でも考えてみると、書かなきゃならないことは
多々あるので、完全に休みに入ったら
ちょっくら気合いを入れて取り組みたいと思います。


さて季節はすっかり冬になってしまって
12月に、こんなに雪を降らせなくてもいいだろうにと
車椅子ユーザーとしては文句を言いたいわけですが
どこに言えばいいんだか?(苦笑)

そういえば、先週の水曜・木曜と
北海道の札幌を除く地域では
近年まれに見る爆弾低気圧が来るぜって
TVを始め、ラジオでも散々言うもんだから
通勤は大丈夫なのかと、札幌管区気象台に
実は問い合わせていたのですよ。

こちらとしては天候次第では
休むことも視野に入れていたので
ちゃんと聞いておこうと思いまして(苦笑)

聞いたこと↓

1.車椅子に乗っているが、札幌も大変なことになるのか?
2.どの時間帯が厳しいのか?

返答↓

1について
第一声が、あぁ~そうですかぁ~と心配そうな声になった。
私たちとしては、必要がなければ外出は
控えるように促していますとのこと。
視界も悪くなるだろうし、足下も危険になると思う。
吹きだまりができたら一瞬で埋まる可能性もある。

2について
症候状態もあると思うが、いつ急激に変化しても
おかしくない低気圧であるため
どの時間帯とはハッキリ言えないが
午後くらいからは気を付けた方がいい。

要は、仕事だろうが何だろうが、命が惜しければ
必要のない外出はするんじゃないという
超丁寧に説明を受けました。

と言うわけで、出れる人だけ出るということで
私は水曜日は休むことにしました。


そして次の日・・・。
どんだけ外が荒れているのかと、おそるおそる
窓を開けたら、太陽光がピカーッと私を照らす(苦笑)
ちょっ!! まさかの想像していない光(汗)
念のためテレビを付けてみると、
どうやら道東の方はリアルに凄かったようで
低気圧と低気圧がぶつかる位置にあった札幌は
台風の目に入ったような状態で
凄い平穏な陽気になっておりました。

私は前日の段階で、送迎をキャンセルしていたので
今さら行くとも言えないので、
ただただ太陽が私を照らしながら、
テレビを見ているしかありませんでした(苦笑)

それでも午後から悪くなるのではないか?
とも思っていたので、どの道、休むことには
変わりはなかったのだが・・・
結果的に、午後からも晴れてしまいまして、
意味なく休んだ男、けーえーぜっとということでした(苦笑)

ちなみに、次の日は札幌も天候が最悪になるという
予報であったので送迎をキャンセルするか
悩んでおりましたが、これは多分外れると
自分なりに予想して、朝を迎えると想像通りでしたので
素直に仕事に行きましたとさ(苦笑)


まぁ~ここまでは笑い話になりますが
道東とかでは、本当に酷い天気で
高潮により街が水浸しだったり
大雪になっていたりしたので、
過去の経験から、あれだけの煽りニュースは
正解ではあったと思います。

でもせめて・・・北海道も広いからさぁ
4ブロックくらいに分けて気を付けましょう
とはならなかったのかねぇ~。
移動が大変な人は結構振り回されたとは思うよ。
とは言え平穏なら、それが一番ですがね(苦笑)

 

話は変わり・・・久し振りだから
そこそこ書いてしまうよね(苦笑)

我が家の息子ちゃんも、奥さんのお腹の中で
すくすく育っているようでして
気が付けば予定日まで1カ月ちょいとなりました。
週数で行くと1月に入ってしまえば
36週を突破するので、実はいつ産まれても
おかしくないそうなので、パパとしては
ワクワクドキドキ、ソワソワアセアセと
元気に産まれてくることを願っています。

しかし今年は時が経つのが早くて
5月に妊娠判明して、6月に奥さんが悪阻で入院して
8月~10月中旬まで仕事が忙しくて
11月に入っても仕事は忙しくて
気が付けば既に年末モードまっしぐらで
年明けには念願の子どもが誕生する。
あっという間だったな(苦笑)

もうちょっと手伝えることがあればと思うんだけど
結局奥さんが頑張るしかない状況は
申し訳ないなぁ~って思ってしまうね(苦笑)

雪が降っちゃったから、買い物すら行けなくなって
我が家もついに、ネットスーパーを利用することになり
明日初の買い物が届くはずです。
そういう意味では、妊婦さんだけにあらず
障がいがある我々にも、ありがたいサービスだなって思う。


友人の情報から、妊婦さん専用のタクシーもあるって
聞いたから調べていたら確かにあって
そういう視点でのサービスも本当にありがたいです。

というわけで、来年以降も忙しくなりそうですな(苦笑)
頑張って行こうっと。
大抵の人は金曜で仕事納めでしょうから
残り頑張っていきっまっしょい!!

ではでは、22年目も~あでゅ~♪

追記:諸事情で車用のチャイルドシートが
もらえなくなってしまいまして・・・
誰か使ってないよぉ~などの情報がありましたら
おせ~てくださ~い(苦笑)

38歳ですぅ~

気が付けば、誕生日も終わってしまい
全くもって何の日でもない日になっちゃったけど
私が、この世に誕生してから
38年目になったというめでたい日なのですぅ~。

意味なくタラちゃんテイストで書いておりますが・・・。
KAZがタラちゃん風にしゃべったのを
想像してみると楽しいでしょ?(苦笑)

それにしてもKAZ日記とありながら
前に書いたのが、11/3ということで
じぇ~んじぇん日記になっておらず
書けそうな時に書く記にした方が
良いのじゃないかとすら思ってしまいます(苦笑)

少々忙しさが続いていたので、
その回復に時間がかかっているようで、
そのあたりでも、年を取っていることが
よ~く分かってしまいますね(汗)
まっおいおい元気になっていけたらと思います(笑)

今日の朝起きたら、冷蔵庫が装飾されていた↓

 

2014-11-29 11.04.52.jpg

 

そして夜の、すき焼きの後のケーキを乗せた皿の
装飾も素敵に作られていました↓

 

2014-11-29 21.02.23.jpg

 

あらためて家族のありがたみが、しみじみ感じられます。
お腹も大きくなって大変だろうに
寝ている間に、頑張って用意してくれていて
私は本当に幸せ者です。

皆さんからのメッセージも
本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

 

さて38歳ということで、さすがにリアル40歳を
目前に迫ってきますと、本当におっさんに
近づいてきたなぁ~としみじみ感じさせられます。

だけど、それは年齢や体力的な問題だけで
頭の中身は、格段10代でも通るような
単純さなので、話したり考えていることは
多分これからも、とんちんかんなことばかり
発していくんだと思います(苦笑)

とはいえ年が明けたら、我が家にも
新たな家族が増えるわけでして、
さすがに息子の前では、こうビシッとクールで
格好良く、ダンディーなパパでありたいわけなんで
くだらないことを言い続けることもできません(苦笑)

と言うわけで、パパになったら言うべき言葉を上げてみます。

パパ:朝は時間通りに起きなさい。
息子:パパだって起きてないじゃん!

パパ:勉強しなさい。
息子:パパは勉強嫌いって言ってたじゃん!

パパ:食べ物の好き嫌いはやめなさい。
息子:パパの好き嫌いをなおせば??

パパ:夜は早く寝なさい。
息子:パパこそ早く寝たら?

・・・ダメパパの典型で、全然あかん(苦笑)
世の中のお父さんは、そんな立派じゃなきゃならんのか?
俺みたいな、朝は苦手、勉強嫌い、好き嫌い多い、
夜型人間じゃダメなのか??(苦笑)

やべぇ~ぜぇ~(汗)
このままじゃ、息子に諭していけん(苦笑)

せめて息子が生まれる頃には
朝くらいは起きれるようになっておこうかな(汗)
どれか一個くらいは説得力ないとね(苦笑)

38歳の目標は、良いパパになるために
朝10分ほど、早く起きるようになりたいです(苦笑)


ってなわけで、8カ月に突入した奥さんと
大人げない38歳のKAZと、来年生まれる息子共々
これからも、よろしくお願い申し上げます。

22年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4