eye.jpg

ふと思う事 一覧

そういう意味では

  • ふと思う事

アールワイオーとの付き合いも、早いもので10年になるんだそうだ(苦笑)
タイトルの意味は、どういう意味なんだか、わかってないけど(汗)

仕事終わりで、しかも数時間後には予定もあるというところ
介護職員初任者研修の資格取得のお祝いを兼ねて
無理矢理呼び出して、少々トークしておりました。

お互いアラフォーで・・・いやあの人はアラフィフか(苦笑)
この年から畑違いの勉強をするというのは
本当に大変なんだということは充分理解できます。
それだけに親友の私としては、取得できたというか
まずは諦めなかったということが感慨深いものがありまして
ちょいっとお祝いしたかったんですよねぇ~(苦笑)

まぁ~なんでもそうだけど、実際は取得後が
大変なんだということはあろうけども、
取り敢えずは、おぉ~おめでとうという想いを
伝えることはしたいなと思ったのです。

最初からミスなくできるヤツなんて、
おそらくほんの一握りだろうし、できたからといって
それが相手にとって正しいのかもわからないですよね。
単なる結果論であって、もしかするとそのミスが
その相手には正しかったのかも知れないし(苦笑)


これは自分にも当てはまると思っていて
私も新しい職場に来て、同じ福祉業界であったとしても
ジャンルは違うわけだから、やっぱりわからないことが多いし
日々学ぶことの繰り返しで、ミスも多発しております(苦笑)
注文ミスもあったりして、無駄になってしまう材料も
でてきしまう可能性もありました(もしかしたらリアル無駄かも(汗))。

そこら辺は潔く謝罪して、以後気を付けるしかないのですが
にしても新しいことを覚えるのは本当に大変です(苦笑)
でも、やりがいのある職場でもあるので、
あんまり迷惑をかけないように頑張って行きますよ!


話は逸れちゃったけど(苦笑)
私がアールワイオーに言いたいのは、
こちらの業界へようこそ!ということです(笑)


んでアールワイオーとの付き合いも10年ってのも
今日の話の中で結構出てきたんですよねぇ~。

出会った頃は、私も音楽活動2~3年目の時期で
あるイベントの、違う歌い手さんを見に来て、
後に私に捕まるというところから始まっています(苦笑)

その後、路上ライブのお手伝いをお願いするようになり
仲良くなっていくんだけど、私の結婚前の時なんてのは
下手したら週5くらいで会って飯食ってましたね(苦笑)
とは言え、話してる内容には特段意味はなくて
くだらない話しかしないのに、良く続いたもんだ(汗)

でも自分が困った時には本当に助けてくれたんですよねぇ。
いつもはふざけてばっかりですが、感謝しているんですよ(苦笑)

今度は、登録ヘルパーさんで同僚だからねぇ~
なかなか不思議な縁だのぉ~(笑)
10年と言わずに20年でも親友でいましょうや(苦笑)

兎にも角にも、頑張っておくんなまし!!!(笑)

23年目も~あでゅ~♪

死神くん

  • ふと思う事

ちょっと読みたくなり、改めて読んでいます。

えんどコイチという作家で
どちらかというと「ついでにとんちんかん」の
イメージの方が強いんだけど、
実はシリアスな話を書けることで、
小さい頃は単行本を集めていました。

キャラ設定として、No.413号と
呼ばれるキャラクターが主人公になります。

 

url.jpg

 

No.413号

もう20年以上前の作品でありながら
生と死を問いかける内容部分では
全然古くささを感じないし、
逆に20年経っていても、今と変わらないことで
人間の愚かさを痛感させられます。

あと何年の命と宣告したり、
死神でありながらも、自問自答を繰り返したり
結構考えさせられるんだよねぇ。

ついでにとんちんかんのギャグマンガからすると
本当に同じ作家なのか?と疑いたくなるほど
全く別物の作品に仕上がっています(苦笑)

今の子どもたちにも読んで欲しいけど、
俺ら世代の中年層にも是非読んで欲しいのぉ。

我が家にあるので、気になった方は
言ってくれ~い(苦笑)

21年目からのぉ~あでゅ~♪

3月11日

  • ふと思う事

被災しているわけでもないのに
何かを語るというのは、何となく
説得力に欠ける気もするのだが
それでも自分の中で風化していくのを
戒めるためにも敢えて書いておくのも
必要なんじゃないかと思うので
記録しておきたいと思います。

今思い返しても、つい数カ月前に
起きた出来事と感じてしまうくらい
月日が流れた気がしないんですよね。
だから1年も経ったと言われても
えっそんなに経った?って感じです。

地震や津波だけだって、
おそらく想像することすら
遠く離れた俺らにはできないし、
気持ちなど理解は出来ないのかも知れない。
さらに原発の事故により、
避難区域に入ったところでは
救えるはずの命でさえ
助けに行けなかったとのこと。

今さら原発問題を批判したって
どうにかなるわけじゃないだろうし、
原発を作るのを止められなかった
先輩たちを責められるわけでもない。
これは人類全ての問題だったのを
安全なんて安易な言葉を信じてしまった
我々の責任だったんだと思う。


あらためて思うのは、
人類は自然災害には勝てるわけもないし
制御しきれない未知なる力にも
当然勝てるわけもないのだ。
だけど、それに逆らって便利さを
追求していくために、一部の権力者や
利権のために必要のないものを
どんどん作っていくんですよね。

当然、俺なんかは便利な方が
生活は楽だし、それがないと
生きていけないことも多々ある。

矛盾なことだらけになっちゃうんだけど
そこまで便利さを求めてまで
原発などが必要だったのかな?
いや、それでも便利なものは
やっぱ必要なんだけど・・・。
だからわかんなくなっちゃうんだよなぁ。

地震が起きなければよかったのか?
津波さえ起きなければよかったのか?
それはやっぱ結果論でしかないし
全ては後の祭りなんだよね。

でも一つ言えることはあって
原発さえなければ、救える命もあって
無駄な風評被害に遭うこともなくて
復興に関しても今とは違った展開で
進んでいたわけで・・・。

当時ほどではないけども未だに
大きい地震は続いていて、
これからも大きいのは来ると
言われてる、この国のあり方は
本当に真剣に考えなきゃいけないですよね。
対策を練るからいいんだということではなく
本当になきゃならないものなのかなどを
問いかけることが必要なんですよ。

日本全国、どこでも地震は起きるし
海沿いに囲まれた国だから
津波だって起こる可能性もある。
原発もどこにでもある。
それでも日本に生きている以上
日々覚悟を持って生きて行かなきゃならない。

せめて原発の心配だけは
なくなることを切に願うばかりだ。


深夜に日記を書いているから
書きたいことがバラバラになってくるんだけど
いろいろな要因が重なりに重なって
今回の大震災になって大事故になったと
俺は思っています。

何の役にも立ててないけど、
それでも今後も継続して出来ることを
一つ一つやっていきたいなと思います。

併せて、被災された方々
お見舞い申し上げます。
犠牲になられた方々へ
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

オフィス夢羽忘年会

  • ふと思う事

今年の6月に仲間たちで立ち上げ
働ける場を作っていこうと始まった
オフィス夢羽の忘年会に参加してきました。

立ち上げから半年も経ち、
徐々にメンバーも増えていき
なかなか楽しそうな雰囲気の中
彼らは頑張ってきたんだと思うと
ちょい親目線で立派だのぉ~
なんて思ってもしまうんだけど、
各自キャラがバラバラで笑えます(苦笑)

あらためてカラオケ行って思ったこと
やっぱ彼らは若いんだわ(笑)
歌のギャップがありすぎて・・・
AKB48以外は正直分からなかったのぉ。

でもそんな中で、妙に懐メロばかりを
チョイスする若者もいて、
松山千春とか、日高五郎とか
絶対にヤツは23歳ではないはずだ(苦笑)

最近、雨竜高等養護学校の学生さんや
オフィス夢羽のみんなのように、
若い世代と関わることもあってか
ちょっと羨ましいかったりもする。

まぁ~俺だって充分若い世代には
まだ入るんだろうけど、
責任や、変なしがらみや、抱える悩みなど
若い頃の自分に比べると
背負ってるものの重みが全然違うんだよな。
思う通りに行かないことも多々ある。

誤解して欲しくないのは彼らには彼らなりの
同じように背負っているものがあるし、
重みだって充分にはある。
年齢を重ねてくると、それが増すということだけ。

俺は自分が歩んで来た人生は
間違ってないと言い切れるし、
これからも自分の思うように
生きていくんだと思う。

でも若い頃に彼らのような
バイタリティ溢れる仲間に出会っていたら
それはそれで、また違う人生もあったんだろうね。

何にしても35歳にもなれば
応援される側から応援する側になるんだね。
俺も、まだまだ応援して欲しいよ(笑)
じゃんねん、じゃんねん(苦笑)

オフィス夢羽のみんな。
今年半年お疲れ様。
来年以降、更なる飛躍を心より願っています。
ふぁいてぃん(笑)

あでゅ~♪

気が付けば

  • ふと思う事

もう11月早いもんですねぇ。
慌ただしい日々を送っていただけに
今日の休みはずっと寝てました。
起きたら昼の2時過ぎだったよ・・・(苦笑)
逆に寝過ぎて、若干体調がイマイチです。

まぁ~それは良いとして、
夜の12時になった瞬間に、
iPhoneがある情報を教えてくれました。

初代ジャーマネことブッチくんの命日でした。

振り返ってみると、もう6年になるんですね。
これも本当に早いなぁ~と思います。

元々、職場の同僚でありながら
KAZとして音楽活動をスタートする際に
多くの協力をしてくれた仲間であり友人でした。

詳しい病気の名前は分からなかったけど、
腕に腫瘍が溜まり、それが癌へと変わっていって
腕を切除するかしないかの中で、
抗がん剤を投与して、残す道を選んだんだよね。
そこから他に転移して、まだ22歳だったのに
亡くなっちゃったんだよね。

腕を切断しない選択をしたのも
多分彼もギターを弾きたいという
気持ちからだったと思うんだよね。
あくまでも個人的な思い込みですが(汗)
俺が使ってないギターをあげた後で、
少しして入院していたので・・・。


俺が知ったのは、喪中ハガキでして
最期を見届けることができなかったのは
あの当時は本当にショックでした。

あれから俺は少しは彼に認めてもらえるくらいに
成長したとは思いたいけど、
どうなんだろうなぁ~って思ったりもする(苦笑)

音楽活動も、彼と二人でやってきて、
誰も興味を示さないところから
続けてきたんですよね。
でも、妙に楽しかったし、挫けることもなかった。
まぁ~今も挫けることはないし、楽しいけど(笑)

ブッチくん以降、2代目RYOさんに引き継がれ
更には仲間も増えてきて、
お客さんも少しずつ増えてきて、
楽しい日々は送れています。

どうか空の向こうから見守っていてください。
まだまだ頑張って行きますよ俺は!!


11月には他にも同級生が3年前に亡くなっているから
結構、この時期になると切なくなるんですよね。


そんなおセンチな今日この頃でした。
あでゅ~♪

エレベーター・シンドローム

  • ふと思う事

ふと思う。

どうして、スタスタ一歩飛ばしで
階段を駆け上がれる人や、
乗るべき電車が来た瞬間に
ダッシュ出来る人などが、
エレベーターに乗るために、
車椅子や、高齢者、
妊婦さん含む子ども連れを
無理矢理避けながら乗ることが出来るの?

いや・・・誤解があるとアレなので、
ちゃんと述べますが、別に乗ることを
否定するわけではないのです。

単に、明らかに先に優先すべき人から
目を逸らし、知りませんでしたっていう
雰囲気を醸し出してまで
無理に乗らなきゃならんの?

一本待てば良いんじゃないの?

車椅子に乗っている俺でさえ、
ベビーカーで移動するお母さん方が
いたら最低でも、先にどうぞっていうぞ。

譲り合いの精神をもとうじゃないか。
ただそれだけなんだよ(苦笑)

もしかすると、調子が悪いのかも知れないし、
足を痛めたのかも知れない。
仕事とかで疲れたのかも知れない。

健康そうに見えても、
何かしら階段やエスカレーターを
利用出来ない理由もあるんだと思う。

だから使っちゃダメなんて言うつもりはない。
使えば良いんですよ。みんなのものだから。
少しは譲る気持ちをもってくれってこと。

あくまでも個人的主観で述べてますから
間違ってる内容もあるかも知れんけど。

何回かあるんだが、俺の姿を見つけるなり、
連打で閉めるボタンを押している姿を見ると
結構イラッとする(苦笑)
そういう時は、てめぇ~降りろ!!
って言ってやりたくなる(苦笑)

少し詰めてくれれば乗れそうなのに、
敢えて動かず次にしなさいという
雰囲気を醸し出す時にも
やはりイラッとする(苦笑)

小さいことと言われれば、それまでですが、
俺等には代替え手段がないのですよ。
待つことが苦という訳でもないけど、
時に俺だって急ぐ時もある。
そういう時に上記の目に遭うと、
誰だってイラッとすると思うけどねぇ。

まぁ~俺も含めつつ広い心でありたいものである。

取り敢えず、時に譲り合いませんか?(苦笑)

あでゅ~♪

人生って

  • ふと思う事

人が生きていく様を表した言葉ですが、
やはり、そう簡単にいかないことも
人生なんだと思うんだよね。

心に余裕がない時ほど、
もうダメだ・・・とか、
最初から無理だったんだ・・・など、
否定的な気持ちに犯されて、
正常な判断さえも出来ないことも
多々あるんだろうけども、
後々に振り返ってみると、
あの時は辛かったけど・・・
何とかなるもんだよなぁ~
って思ったりも出来るはずなんだよね。

そういう心に余裕があれば、
乗り切れることの方が多いのも、
多分事実なんだとは思う。

とは言え、現時点での現状が
一切合切、希望が見えなければ
不安になるのが人間というもの。

困ったもんだ・・・(苦笑)

一時期は本当に否定的な
考えが頭をグルグル巡っていたけど、
ここ1カ月くらいはポジティブに
気持ちを切り替えていたので、
大丈夫!!何とかなる!!
と心から思うようにしています。

だから少しずつ人も増えてきたと思うし
個人見解で言えば、もう少しだって思ってる。

ここまでやってきたんだ。
頑張って行こうぜ!!

目の前の課題は解決してないけど、
それでも前向きにやんないと、
進むべき道も見えてこないよ。

俺にもう少し力があればなぁ~。
心配事も減らしていけるだろうに。

あぁ~寝る(苦笑)

あでゅ~♪

めずらしく

  • ふと思う事

連投です(苦笑)

仕事の帰り道、妙にくっきりはっきりとした
巨大な満月を見て、ふと・・・
「俺は今の仕事に向いてないんじゃないか?」
と思ってしまいました。

まぁ~当然ながら理由はちゃんとあり、
明確な内容を記載することは出来ないんですが、
未だにコミュニケーションについて
真剣に悩むことがあって、
後になって思えば、話を聞いてあげれば
実はあっさりと解決することが
出来たのかなぁ~と考えたりします。

ダメなことはダメなんだって
別に怒ることなく説明するんだけど、
いったん、ふてくされると
全く耳を貸さなくなるので、
少し落ち着くまで、ほっとくのですが
どうしたって俺等だって帰る時間が来るので、
「帰るぞ」って言っても拗ねたまま。
帰るそぶりをするも変わらず。

んで結局どうにもならないから、
少々強めに注意すると、
待ってましたと言わんばかりに、
大声で泣き出す・・・。

正直、泣き姿も見慣れているので、
いつものことかと思うんだけど、
でもいつまでも付き合ってられないので、
仕方ないから、怒る羽目になっちゃう。

タイムオーバーになるので、
最終的には親を呼んで連れて帰ってもらう。


残念ながら、この4カ月で本気で
怒ったのは今日で3回目・・・。
怒らざるを得ない理由もちゃんとある。

和気藹々と楽しく過ごせるなら
それに越したことはないんだけど、
俺の力量不足からか、上手くいかない。

この年になってくると・・・
怒るのだって相当のパワーを使うし、
怒った後で、俺だって凹むんだよ。

「何で怒ってしまったんだろう」
「他に方法はなかったのかなぁ」
「可哀想なことをしたなぁ」

など、後悔するわけですよ。

障がいがあるなしに関係なく、
人と人の関わりが全てだと思って
日々接しているので、
特別な目で見ていないし、
バカにしていたり差別は絶対にしていない。

でも・・・難しいのですよ。

力量不足、経験不足、
コミュニケーション不足、
全部結果論でしかありませんが、
まだまだ、ダメなようです。

縁があってうちの事業所を選んで
来てくれているみんなとは、
仲良くやっていきたいと心から思っています。

もっともっと、みんなから学んで
頑張って行かないとダメなんでしょうねぇ。

はぁ~心が晴れない(苦笑)

あでゅ~♪

なんで売名行為なの??

  • ふと思う事

最近特に思うんだが・・・
何かの役に立ちたくて、募金活動や、
直接被災地へ赴き救援物資を届けている
人たちに向けての「売名行為」というのには、
どうしても抵抗があるんだよなぁ~。

もし下心があったとしても、
それでもやらないよりは良いんじゃないの?

何も語らずに出来ることは確かに素晴らしいが
恩着せがましくなければ
別に俺は良いように思うんだが。

今、誰もが被災された人のことを
考えているんですよ。
そんな中で出来ることをやろうじゃないか
って行動に移せる人は移しているだけだし
何も出来ないけど募金はしようと
思う人がいても良いだろうし、
でも妙に売名行為という表現のもと
批判しているようにも一部では見えるんです。

どうにも論点をはき違えてる気がするよ。

芸能人であれ、一般の人であれ、
売名行為と言われることが耐えられなくて、
行動に移せない人がいるんだとしたら
それはとても残念なことですよ。

売名行為と言ってるヤツは
何も出来ない自分に歯がゆいだけだろ?
そんなくだらない言葉で人を
傷つけてる暇があるなら、
せめて一歩踏み出して出来ることを探せよ。

逆に売名行為と言われることが
嫌だって言ってるヤツは
気にすることなく行動に移せよ。

偽善大いに結構じゃないか!!

そう言われるってことは、
やることやってるんだろうし、
その行動に誇りを持てばいい。


なんで勇気ある行動に、
賞賛することが出来ないんだろう?
今は被災していない俺たちが、
復興するための手助けをして
一人一人のモチベーションを上げる時でしょうが。
人の揚げ足とってる暇はないんだって!


まぁ~・・・政府の対応には
相当の疑問が残るので矛盾もあるんだが(苦笑)

まずは良いことをしたら
褒めあうことから始めませんか??

あでゅ~♪

何の根拠もないけど・・・

  • ふと思う事

まだ日本にも未来を感じさせる
可能性があるのではないか?
と思わせるニュースがあった。

mixiニュースだったんだけど、
藤波心という中学2年生が書いた
記事が大人顔負けの内容で、
脱原発について、真剣に綴ってました。

藤波心オフィシャルブログ
『ここっぴーの★へそっぴー』

http://ameblo.jp/cocoro2008/

出血は止まるのか・・・(>_< )
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10833564288.html

批難覚悟で・・・・
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

パンドラの箱の「希望」\(^o^)/
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10843436268.html


3万年後の未来生物父娘
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10852297342.html


読んでもらうのが一番分かると思うけど、
本当に中学生が書いた文章なのだろうか?
とさえ疑ってしまう程、しっかりした文章で、
しかも的確に原発について語ってるのは
おじさん世代からすると本当に驚いた(苦笑)

アイドルを生業としているので、
取り上げられ方も激しいし、
批判くらうのはマイナスになるだろうに、
自分の想いと、考えと、世の中への問いかけは
目を逸らそうとしているダメな大人へ
現実なんだよと改めて認識させてくれます。

それにしても・・・この子が書いた文章に
対しての、おそらく大人たちの批判が
凄いあるのはどうなんだろう?と思う。

芸能人という立場から見れば
発信する内容が無意味に煽ることは
好ましくないだろうけど、
でもさぁ~本当にダメなのかな?

この子が震災や原発事故を
自分の中で受け止めて出てきた言葉を
ブログを通して一緒に考えていかないか?
と訴えているんだと思うんだ。
一つの意見として俺は受け止めたいと思う。


そもそも大半の人は専門家でもなければ
勉強をしたわけでもないし、
当然偉そうなことを述べられませんが、
でも少ない知識の中でも感じたり、
考えたりすることを否定してもいいのだろうか?

俺は原発について震災後に知ったことは
間違いありませんし、
電気には本当にお世話になっています。
電動車椅子は電気なくして動けませんし、
手が不自由な俺にはPCや携帯は
生活して行くには必須のアイテムです。

原発をやめたら困るのは自分自身かも知れません。

ただ、それでも安全神話が崩れた今、
人類が犯した最大の過ちを素直に認め、
一人一人が心から反省をし、
原発に変わるモノを考える時が来たんだと思います。

それは今すぐには変わらないかも知れない。
俺等が生きている間には無理かも知れない。
もしかすると同じ過ちを繰り返すかも知れない。
逆に放射能の驚異を取り除く
何かが新たに生まれるかも知れない。

正直、どうなるのかは分からない・・・。

次の世代、未来の世代へ・・・
安心して暮らすことが出来て、
且つ不自由に感じる人たちが
便利に暮らせる世の中になるように
少しでもなっていくことを切に願いながら
自分も何か出来ることは考えていこうと思います。

そして日記の最初に出てきた
子どもたちがいることを誇りに思います。

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4