eye.jpg

楽しかった事 一覧

第3回そこからつながる音楽ライブ

昨年出演させていただいた縁から
応援したくて見に行ってきました!!

 

sokokara2016_06.JPG

 

元々は障がいを抱える子の母親2人が
メインとなって立ち上げたイベントですが
何となく私が行っているワンマンライブに
通ずるものがあって勝手ながら応援させていただいております。

障がいがあろうがなかろうが音楽は
みんな好きだろうし、本来なら生ライブを
見たいんだろうけど、なかなか機会がなかったり
バリアフリーの面でも行けなかったり
ちょっとした声を上げてしまうことさえ
ダメな雰囲気のあるライブへは
参加しづらいのはあると思うんです。

だからせめて自分が主催のイベントだったら、
多少騒いだり、泣いたりなど、自由な気持ちで
参加してほしいなと常に思っているので、
私のチャリティーライブの時には
何の遠慮もせずに来てほしいなと思ってます。

そういう意味では、「そこから~」のライブは
方向性は同じだと思うんですよねぇ。
なので余計に応援したくなっちゃうんですよ(苦笑)


今回のお客さんの入りは200名を超えたようで、
これだけの大規模なイベントとなれば、
やることも多いし、本当に大変だと思います。
もう一年計画での取り組みになるかと(苦笑)

最後の主催者の挨拶でも言ってましたが、
3回目であったとしても、毎回課題は出てくると
おっしゃってました。
本当にその通りなんですよねぇ・・・。
これといったパーフェクトに済んだことはないんですよ。
だけど終わった直後は、すっげ~良いライブになったよね?
って思えるから、それだけ真剣に取り組んでいる証拠なんです。


原点回帰!
やる気と元気をもらうことができました!

やっぱ音楽のパワーって凄いっす!
そして真剣な姿はカッコいいです!

私も家でぐーたらーという姿だけではなく
かっちょいいな親父って言ってもらえるような
背中を見せないといけないですよね(苦笑)
頑張ろう私・・・(笑)

主催者の皆さま、スタッフの皆さま、
出演者の皆さま、本当に本当にお疲れ様でした!
最高に素敵な音楽ライブでした!


最後に、一連の流れを写真に撮ってみたので
アップしていきますが、座った位置の関係で
あんまり構図は良くありませんので悪しからず(苦笑)

 

sokokara2016_01.JPG

 

 

sokokara2016_02.JPG

 

ラジオカロスサッポロでFM Catchball Radio 781の
司会をされている星野さんと深澤さん

 

sokokara2016_03.JPG

 

トップの浅井未歩さん
歌が上手くて、綺麗な声をしていました。

 

sokokara2016_04.JPG

 

2番手の神山みささん
偶然にも誕生日だったようで、
みんなでお祝いの歌を歌ってました。
雰囲気と声のイメージが違ったけど
めっちゃ歌も上手いし、盛り上げ方も凄い上手い!

 

sokokara2016_05.JPG

 

ラストはサルーキ=

16年目らしくベテランの域に達していました(笑)
会場の巻き込み方も凄いし、アコギでありながら
あのサウンドは本当にカッコいいです。
ちょっとフルバンドで聴いてみたいなぁ~。
モーリーのエレキでの演奏も見てみたい。

 

sokokara2016_07.JPG

 

サルーキ=は7月24日にかの有名な
日比谷野外大音楽堂にて3000人ワンマンライブを
行うようで、さすがに行けそうもないけど
チケットは買わせていただきました!!
成功を心より祈っております!!

24年目も~あでゅ~♪

Happy smile again

ただ、ただ二人を知る人物としては
感無量の結婚式でございました。

今日は友人である、佐々木善一と
西村美紅の結婚式に参加してきました。

二人にとって幸か不幸か、
いわゆるキューピットになってしまったので
嫌が応にも二人の出会いに
俺は登場するのである(苦笑)

8年も付き合っての結婚なので
二人もそうだけど、俺ら夫婦にとっても
見続けてきた者として、
意味なく親族に近い場所にいる気がして
本当に心から嬉しかったです。

籍を入れると晴れて夫婦になれるわけですが
個人的に式を見届けないと
どうにも本当に結婚したのか?なんて
気持ちになってしまうくらい
結婚したなら頑張って式はあげようぜ
と思ってしまいます。
あくまでも個人的なところですが(苦笑)

二人とも全てが順風満帆に
ここまで来たわけではないだろうし
いろいろな感情や葛藤なども
多々あって籍を入れたと思うので、
素直にイメージ親族としては
幸せになってもらいたいなぁ~
と思わずにはいられないのです(笑)

うちら夫婦とは反対の夫婦で
奥さんの西村が電動車椅子に乗っています。
ドレスとかどうするのかと思ってたら
特注品になるけども、車椅子を覆い隠すような
素敵なドレスになっていました。

 

yossy&nishimura 002.JPG

 

 

yossy&nishimura 007.JPG

 

 

yossy&nishimura 025.JPG

 

 

yossy&nishimura 036.JPG

 

終始笑顔が全開で、優しい表情をしていましたね。
自分たちの結婚式を思い出しました。
いろいろな人に見守られながらの
人前式だったし、ここに至るまでの
道のりなども近いものがあったし
障がいがあるからこその悩みなどもあるし
そういう人と結婚する側の悩みもあるだろうし
よくお互い頑張ってきたなぁ~って
偉そうだけど褒めてあげたい(苦笑)

これからも、悩んだり困ったり、
辛いこともあるだろうけど、
それ以上に好きな人と一緒になれた
喜びはひとしおだろうから
末永く幸せでいることを
心から祈っていたいと思います。


さて私も余興として1曲「トビラ」を
歌わせていただいたのですが
自分で作っておいてアレですが・・・
良い曲作ったなぁ~と(苦笑)

自分が結婚するときに奥さんへ向けて
作った曲だから、新たなスタートをきった
人たちに捧げるには、申し分ないくらい
歌詞がよく書けています(笑)

 

yossy&nishimura 065.jpg

 

以降、結婚式に呼ばれた際には
トビラを歌わせていただくんだけど、
歌う場所がお祝いに包まれているから
という相乗効果もあるけれど
どんどん味のある曲になっていってる
気が最近ではしています。
いつまでも歌っていけると良いなぁ~。

 

yossy&nishimura 070.JPG

 

よっし~も久々に歌っていましたが
ギターのストロークとか、
声や歌い方は、やっぱりよっし~でした(笑)
妙に懐かしさを感じることが出来ました。

あっとう間の2時間半でしたが、
途中でサプライズゲストがあって
UHBでよく見る、石井ちゃんが
お祝いに来ていました(笑)

 

yossy&nishimura 054.JPG

 

先日、西村がDJをやっている三角山放送局が
内閣府特命担当大臣表彰優良賞を受賞したらしく
それを取材するために、石井ちゃんとゆく!が
来ていたことが縁で今回の結婚式も
取り上げるために来たんだとか。

他にもNHKのきらっといきるという
番組でも取材が来ていて、
カメラカメラという感じでした(笑)
妙に羨ましくもありましたが・・・|д゚)カンサツ
まぁ~それは、よっし~や西村が
頑張ってきたからなんでしょう~。

 

yossy&nishimura 082.JPG

 

 

yossy&nishimura 083.JPG

 

なんにせよ本当に素敵な結婚式でした。
明日から沖縄へ旅行のようなので
気を付けていってらっしゃぁ~い(笑)

追記:ちょっと物足りなかったので
モスへ行ったのは内緒(苦笑)

 

yossy&nishimura 085.JPG

 

20周年に突入~あでゅ~♪

クリスマス・イーブン・伊武雅刀

なんか何を言いたいのか
よく分からないタイトルになっちゃったけど、
そこら辺は面倒なので触れないで下さい(苦笑)

さて、奥さんと二人で出掛けるのは
結構な久し振り感満載の中、
JRで札幌駅まで向かいました。

まず最初に思ったこと・・・

超~人が多いんですけどぉ~(苦笑)
さすが人口190万の都市、札幌。
天皇誕生日なんかそっちのけで
街には人で溢れておりました(汗)

どこから溢れてくるのか、
というか、一体どこに隠れていたのか?
そんな感覚でいたんですが、
・・・俺もその一人か・・・_| ̄|○

まぁ~それはさておき、
最初の2時間はお互いの買い物に付き合うと
疲れるからバラバラでいこうと提案があり、
そのまま採用し俺はヨドバシへ。

予想通りのクリスマス商戦。
それなりに安く、欲しいものでいっぱいだった(笑)
でも今日に至っては眼鏡を新調するという
最強の目的があったので、
余計なものは買っちゃいけないし、
そういう買い物をするほどの
予算はハナからない(苦笑)
仕方なくウィンドーショッピングをしました。

それにしてもDocomoのXiを契約すると
45000円引きという魅惑のPOPを見たときには
相当心が揺れたのは言うまでもない(汗)
Xiの契約ではダブル定額もあり、
1500円台から使えるのもあるので、
取り敢えず契約しちゃって、
1カ月後に解約して違約金払ったって
いいかなぁ~なんて思ったりもした。

(今ネットで調べたら、2年使うのが条件なんだから、1カ月で止めたら24000円近く
請求される様子(苦笑)だから意味なし)

今回は心を押し殺し、
ヨドバシを後にして待ち合わせ場所へ。

まずは当初の目的である眼鏡の購入へ。
ステラプレイス内には幾つかの
眼鏡屋さんはあるんだけど、
品数の多いところと言うことで、
島村楽器の向かいのお店へ行きました。

基本的に今までの眼鏡が黒くて地味だったので、
ちょっとオリラジ藤森並みに
チャラく見えそうな眼鏡を意識して
選んでやろうと思い幾つかチョイスするも
ここで私は悟りました・・・。

意外にも縁が明るい色は似合わない(苦笑)

チャラく見せるには赤とかオレンジとか
いろいろ試してみましたが・・・
どれもしっくりくるものではありませんでした。

黒だけは、どうしても避けたかったので、
仕方なく色合い的には黒が少し強い
パープル系の縁にしました。
んで角度によって色が変化する
ちょいと不思議系になりました(苦笑)

DSC_0131.JPG

DSC_0132.JPG

ちょっとスマホカメラでは分かりづらいね。
結局、俺が似合う眼鏡は
地味な感じの色なんだそうだ(苦笑)

ちなみに視力チェックすると
やはり少々視力が落ちているようで、
元々近視のみだった視力は
乱視も加わってきたとのこと。
どうりで今の眼鏡をかけていても、
たまに焦点が合わせづらくなったわけだ。
これに関しては年をとってきたと
認めざるを得ないわけですな(苦笑)

新しい眼鏡をかけた直後ってのは
慣れないこともあるんだろうけど、
裸眼に比べると周りが明るくなるよね??
視界がパーッと広がった感じがします。

しかしよく見えるのぉ~。
このまま透視もできてしまうんじゃないかって
さえ思ってしまう辺りは単純だ(汗)

作って買ってしまえば、
もう用はないってことで
眼鏡屋におさらばして、
続いてショルダーバック探しへ。

でもこれは理想にあう商品がなくて
早い段階で断念(苦笑)

その後ケーキを買おうと、
大丸の地下へ行き、ウロウロしていると
黄門さんのお友達の、めんこたんが働く
お店の前を通り過ぎて、
おそらく、めんこたんだったと思うんだけど
たまにしか会わないもんで
顔がうろ覚えだったということと
お偉いさんらしき人がいたということで、
邪魔せずに声をかけずに帰ってきました(苦笑)
クリスマス商戦で頑張ってる人に呑気に、
やぁ~なんて声をかける方が
ダメダメだということですな(苦笑)

来年になりますが、また伺いますね(笑)

んで一端、家に帰ってきて荷物を置いてから
さくら青果へ久々の外食で食べ過ぎて
腹を壊し・・・微妙に寝られないので、
仕方なく日記を書いている今日この頃です(苦笑)

メリークリスマス(笑)
あでゅ~♪

久々の再会

まずは、夜路上ライブの予定でしたが、
思った以上に雨が降っていたので、
中止にしました。
楽しみにしてくれていた皆さんには
申し訳ないと思っております。

明日も雨らしいし、今月はもうタイミングが
ないかも知れませんm(_ _)m


さて、この時期は本州へ旅立った
KAZ一派の面々が、帰省する時期でもあり、
全員が集まれたわけではないけど、
本州組は運良く集まることが出来て
新しい歌などもあったので聴いて
欲しい気持ちもありましたが
まぁ~単純に、いつものメンバーで語らうのも
ありかなぁ~なんて思ってました。

各自が近況を報告したりすると、
やっぱ地震の話題は避けて通れず
特に仙台あたりは、やっぱ大変だった様子。
生活する拠点では、生活出来るようになっても、
少し離れていくと、未だに復旧の目処は
立ってなかったり、多くの仮設住宅を見たり
それこそ今回札幌に来る道のりの中で、
空港への道の途中では、目を覆いたくなる
現状がそこにあるんだそうだ。

なかなか報道もされなくなってきて
意識も薄れていく世の中の想いとは裏腹に
必死に現実を受け入れて復興していこうとする
人々がいるってことは絶対に忘れちゃいけないよな。

ちょっと改める気持ちを持てました。
いつか仙台に行ってみたいなと思います。


他にも仕事の話など、数年前では話す
話題にもならなかったことなどで
悩んだりする姿を見ると、
みんな大人になったんだなぁ~と
無駄な親心的に感心しちゃったよ(苦笑)

抱えてる想いや悩みは違えど、
必死に今を生きている姿は立派ですね。

頑張れよ!!

って言葉でいうのは簡単だけど、
そんなキーワードで背中を押されるほど、
安易なことじゃないって頭では分かってるけど
他の言葉のボキャブラがないのか
やっぱり俺は・・・

頑張れ・・・

と言ってしまいたくなるんだ。

嫌になることもあるだろうし、
挫折してしまうこともあるだろうけど、
俺はね、別に良いんじゃないかって思うんだ。

若いからやり直しがきくってのもあるけど、
根本的に、どうしようもない時は
逃げるという行為も生きていく上での
防御反応だと思うし、それを否定することは
考え方としておかしいと思う。

自分の人生がそうだったように、
結構な遠回りの道を辿ってきたけど
何一つとして無駄なことはなかった
と言い切れると思う。
今、現時点でも道のりは続いているし
これからも続いていくんだよね。

だから無駄じゃないって思えるなら
彼等だけじゃなくて、誰でもどうにかなるよ。

不運な事故で亡くなったり、
自ら命を落とすことさえしなければ
必ず次の道が生まれると俺は信じています。

若干、説教くさいけど・・・(苦笑)
自分に向けた言葉でもある気はしているので、
それはそれで良しとしよう(汗)


また会おうな!!

おじさんたちも頑張って行くので、
君たちも頑張ってくれよな!!

あでゅ~♪

札幌まつり

朝職場に着くなり、
みんなが食事を取っていて
明らかに祭へ行こうモード全開だったので、
これは俺が提案するまでもなく
決定事項だった様子(苦笑)

折しも私も職業指導員という
立場上・・・ついて行くのは当然で(苦笑)
昼前には職場を旅立ちました。

根本的な目的としては
御輿を見たいという意見があったので、
向かうは、三越前。

天気も良く、でも暑く、
取り敢えず俺が誘導する形で、
狸小路を抜けていくことに。

その通り道で狸小路神社があり、
遠くからでも分かる御輿があって、
まずは撮影してみることに(笑)

IMG_0664.JPG

そこにいた御輿を担ぐ人に、
2時くらいになったら見れるよ
というアドバイスをいただき、
もっと話を聞いておきたかったけど、
先に市電で三越前に行った
スタッフと待ち合わせるために、
おじさんに別れを告げました(笑)

三越前に着くと、そこには先程
狸小路で見たものとは
比べものにならないくらいの
大きな御輿がありました。

IMG_0665.JPG

そこにいた、おじさんに話を聞くと、
御輿の値段は立派な家を
2軒建てられるくらいの値段なんだってさ(苦笑)
修理さえも100万円は超えるんだって(汗)
どんだけ高いんだ・・・。

IMG_0668.JPG

でもあれを質屋に入れても、
大した金額にはならないだろうなと
勝手に思ってしまうのは夢がないねぇ(苦笑)

結局、2時までは時間が空くことになったので、
これは噂で聞いていた、RYOさんの店に
中島公園に行くしかないのでは??
と思い、最終的には俺を含め
4人で向かうことに。

まぁ~さすがに三越から、
中島公園までは結構な距離があり、
一緒に行ったみんなには
とても疲れたとは思うけど、
出店の雰囲気は楽しかったようですよ。

RYOさんの店も見つける前に、
前からRYOさんが現れたので
探す手間はなくて良かったなと(苦笑)
トイレに行く予定だったらしいけど、
行かせず・・・そのお店に行くことに(笑)
RYOさんはくじのお店で働いていました。

せっかくなので2回チャレンジ。
基本的にはニンテンドー3DSが欲しかった
当たった賞品は、安っぽい日本刀
指が付いてる指示棒(苦笑)

IMG_0676.JPG

一緒に行ったBoyはハリセンと
エアガンらしきものが当たってました(笑)
欲を前面に出しちゃ当たるものも当たらんな。

RYOさんも忙しそうで、そそくさと退散し、
三越前に戻ることに。

その通り道で、これから始まる
グッドタイミングではちあい、
目の前で見ることが出来ました。

IMG_0670.JPG

IMG_0672.JPG

IMG_0675.JPG

基本言うほど興味はないんだが(苦笑)
でも活気があって良かったのぉ。

ただ人が多くで面倒だったのと、
正直疲れがピークを越えてしまい、
職場に戻ってから、ほぼ死んでました(笑)

まっ、良い日記のネタにはなったな(苦笑)
RYOさんお疲れっした!!

では私はこの辺で、アランドロン(苦笑)
あでゅ~♪

かずぅ散歩

一度も見たこともない「ちい散歩」の
タイトルをパクるのは俺くらいなものだろう(苦笑)

まぁ~それはいいとして、
先週の温かい気温の連続で、
地元琴似の本通りの雪がきれいに
溶けているのを知った俺は、
ほぼ2カ月ぶりに一人で外に出てみました(笑)

多少昨日降ったようですが、
それでも気にならないくらい、
スムーズに動けたのは嬉しい。

と言うわけで本来の目的の
ヒトカラへ行ってきました。

火曜日に約5カ月ぶりに歌うので、
思いっきり声を出しておきたかったのと、
日頃の外に出れない鬱憤を晴らすかの如く
2時間一人ノンストップで歌ってました(苦笑)

意味はないんだけど桑田佳祐復活祭と
テーマを位置づけて、サザンと桑田佳祐の
曲をず~っと歌ってました。

こんな感じ↓

明日晴れるかな
悲しい気持ち[Just a man in love]
祭りのあと
真夜中のダンディー
君にサヨナラを
YaYa[あの時代を忘れない]
真夏の果実
八月の詩(セレナード)
TSUNAMI
クリスマス・ラブ [涙のあとには白い雪が降る]
希望の轍
彩 ~Aja~
愛と欲望の日々
逢いたくなった時に君はここにいない
I AM YOUR SINGER

JOYSOUNDは便利だのぉ。
曲目が全てわかるわい(笑)

時間の都合で終わったけど、
本当はもっと歌いたい曲もあったので、
次はもっといてやろうと思います(苦笑)

あぁ~桑田さんの新譜と
aikoの新譜が欲しいよぉ~。
でも買う程、余裕もないよぉ~。
早くレンタル始まっておくれ。

それにしても一人で外に出られるって大事だな。
結構ストレスは軽減された気がするよ。
でも漫画とか買いたくなるのは
押さえないと危険だな春は(笑)

・・・来週はSPでも見に行くかな(苦笑)

あでゅ~♪

大人の社会見学

終戦記念日の、この日に何故か
男3人組で金がないから、
遠足でもしようという話になり、
最終的には社会見学だな!!
ってことになり、目指すは
小樽の奥の余市へ(苦笑)

おやつは300円。お昼は500円という
無謀な金額設定をして、
その上でどこに行けるか相談し、
取り敢えず無料で見学が出来て、
試飲もあったりして良いよねぇ~
と言うことで、「NIKKA WHISKY 余市蒸溜所」へ。

現地に着くと道の駅があり、
そこに車を止めて早速工場へ行こうと思うも
すぐ横に余市出身の宇宙飛行士の
毛利衛さんが多分監修したと思われる
「余市宇宙記念館」があり、
入場料500円を出すのがイヤで(汗)
イメージ宇宙旅行をしてきました(苦笑)

OTS01_01.JPG

OTS01_02.JPG

OTS01_03.JPG

ものの5分で別れを告げ、
NIKKAへ向かいます(笑)
一緒に行ったRYOさんと、やってぃ~と
共に入って行きましたが、
全て理解している、やってぃ~がいるから、
綺麗なお姉さんの案内は必要ないとはね除け
やってぃ~の説明を受けながら
あくまでもフリーで行くことに(笑)
でも充分詳しくてある意味感心しきり(笑)

OTS01_04.JPG

OTS01_05.JPG

詳しい詳細は行ってみてください(苦笑)
写真からイメージを膨らませると、
今後飲むウイスキーが
美味しく感じられると思います(笑)

OTS01_06.JPG

OTS01_07.JPG

OTS01_08.JPG

OTS01_09.JPG

OTS01_10.JPG

OTS01_11.JPG

OTS01_12.JPG

OTS01_13.JPG

OTS01_14.JPG

OTS01_15.JPG

OTS01_16.JPG

OTS01_17.JPG

OTS01_18.JPG

基本的には9月中旬以降であれば、
実際に稼働しているところも
見学できるんだそうで、
そう言う意味ではちょい早かったのね(苦笑)

でも一つだけ感心したのは、
ウイスキーの茶系の色づけは、
木の色が付いていくんだそうです。
最初は無色透明で5年10年寝かせていくと
いつもの見慣れた色合いになっていくとのこと。

ある程度、見学が終わると、
恒例の試飲コーナーに行くわけですが
まぁ~車で来ていることもあるし、
そもそも俺は飲めないから
「余市りんごのほっぺ」という
リンゴジュースを飲むことにしました。
これがねぇ~濃厚で美味い!!
ちょっと買おうか悩んだけど、
1個が高い・・・_| ̄|○
素直に断念し、余市蒸溜所を後にします。

OTS01_19.JPG

じゃぁ~余市近辺で食事にしようと思うも、
結構な雨が降ってきていて、
降りる手間とか考えたら、
ウイングベイ小樽で良いんじゃないか?
となり、素直に直行(笑)
無難なラーメンを食べていると、

OTS01_20.JPG

ネイチャーチャンバーのステージから、
歌声が聞こえてきて見に行くと、
「モノクローム・ヴィーナス」で有名な
池田聡さんが歌っていました。
やっぱプロは上手いなぁ~と
聴き惚れていました(笑)

ってか、この人昔「ICE BOX」の一人
だったんですねぇ~。
そっちの方が知っていて驚いた(苦笑)
でも他の曲も聴いてみたいと思いました。

その後、家に帰ってきて晩飯食べて
横になっていたら寝てしまい(苦笑)
先程、起きてしまったというオチです(汗)

大人の社会見学で卑猥なことを
考えたとしたら、あなたの負けです(苦笑)

この年での社会見学は悪くないですね。
来年とかはTV局に入れるカルチャーナイトに
参加してみようと思ったり、
KAZ一派の面々を引き連れての
見学も面白いかもって思ったので、
いずれ企画してみます(笑)

お三方、お疲れっした!!
あでゅ~♪

Road to 清里町 episode2

続きを行ってみましょう~。

25日。

天気予報は大幅に変わり、
雨から曇りのち晴れになっていて、
取り敢えず晴れ男の面目は保てたかと(笑)

歌い手としては最低でも
4~5時間前には起きていないと
声が出ないという切なさもあり、
6時過ぎに起床し、
みんな揃って7時には朝食を
食べに行きました。
まぁ~食べ過ぎると声が出ない
という別の切なさもあり(苦笑)
結局、そんなには食べなかったけど。
RYOさんは結構食べてたな(苦笑)

居心地の良いホテルを後にしようと
外に出ると、実は斜里駅の真ん前に
ホテルがあることを知り、
あまりのスモールサイズに
ビックリしたり、謎の大鷲の
モニュメントもあったりして、
取り敢えず写メでおさめておくあたりが
明らかな観光気分が
抜けていないのがわかりますね(苦笑)

shari03.JPG

車で向かうは、清里町社会福祉協議会へ。
清里町に入っていくと、
至る所に花が植えられていて、
歩道も広くて綺麗に整備してあって、
何となく福祉に力を入れている感じが
伺うことが出来ました。
空も広くて気持ちいいんですよねぇ~。

現地に着くなり発見したのがこれ↓

shari09.jpg

「KAZ」御一行様(笑)

こんなところまで気を遣わせて
本当に申し訳なかったです(苦笑)

福祉協議会の建物は、随分立派で、
基本的な福祉の案内などは、
ここでやっているんだろうなぁ~
と思いました。

実際の詳しいライブ内容は
別に書こうと思うので、
この日の流れを書いていきたいと思います。

ライブは10:30~と、13:00~の
2回出番がありました。

開会式の後のすぐの出番と、
閉会式の直前の出番であって、
担当者の方が言うには
「KAZで始まって、KAZで終わる」
ということでした(笑)

どんだけVIP待遇なんだと
逆に恐縮してしまう程、
手厚く歓迎されてしまい、
これまた申し訳ない気持ちで一杯で(苦笑)

こんな看板までありました↓

shari13.jpg

基本福祉協議会のお祭りなので、
車椅子の試乗とか、盲導犬と一緒に
目が不自由な人の体験コーナーとか、
健康診断コーナーとか色々ありました。

一番の目玉企画は、「指絵」による
七色の笑顔を作るという企画があり、
俺も参加してきました。
七色のスタンプインクに指をつけて、
丸形のシールに押しつけて、
色を付けていき、更にその上に、
手書きの笑顔のイラストを描いていきます。
それを同じ色を丁寧に並べていき、
虹を作っていくというものでした。

ちょっと、写真を取り損ねたのが
残念でしたが、違うものを
撮っておきましたので、
ライブレポの方でアップします。

何だかんだと時間は過ぎていき、
14時には閉会式を迎えました。

全体を通して思うことは、
担当者の人柄も含め、
清里町の皆さんが一人一人暖かくて
本来であれば元気を届けに行ったはずなのに、
逆に元気をもらった気がしています。

札幌から来た名も知らない人間に対して、
あそこまで優しさを振りまけるのは
本当に凄いと思ったし、
感動すら覚えました・・・。
心が表れた感じがします。

俺もそう言う人間になりたいと
心から思いましたし、
周りにも伝えていきたいです。

担当者のIさん、清里町の皆さん
本当にありがとうございました。
同行者全員の分も含めて、
改めて御礼申し上げます。

また遊びに行きたいと思います!!
絶対に、本当に絶対に(笑)


名残惜しくも清里町を後にした俺等は
担当者さんから海の幸が美味しいですから
食べていって下さいと言われたので、
斜里へ戻って道の駅で情報収集することに。

そこで得た情報のお店が「しれとこ里美」。
http://shiretoko-koubou.ftw.jp/index.html

ホンジャマカの石ちゃんの色紙もあったので、
結構な有名どころらしい(笑)

そばの方が有名みたいなんだけど、
そんなものはお構いなしってことで、
メニューにすら載ってない
「ウニ丼」を注文します。
やってきたのがこれ↓

shari07.JPG

なんてまばゆいオレンジ色。
こちらのウニはエゾバフンウニが
主流のようで身もしっかりしていて、
甘みもあって今まで食べた中で
ダントツでしたね(苦笑)

みんな腹一杯のわりには
綺麗に食べていたのが笑えました(笑)

そういえばRYOさんお気に入りの
女の子
がいたようないなかったような(苦笑)

そんな里美も名残惜しくも後にして、
やっと本気で札幌へ向かいます(笑)

shari08.JPG

途中晩飯のために旭川もより、
家に着いたら12時でしたね(汗)

みんな本当によく頑張ったよ(苦笑)
奥さんも2日間で300kmも運転したしね。

またみんなで行こうぜぃ~。
I LOVE 清里町~♪

あでゅ~♪

Road to 清里町 episode1

さて何から話せば良いのか・・・(苦笑)

取り敢えず一言で言うと、
斜里郡清里町まで行って、
無事に昨夜帰ってきました。

一緒に行った、RYOさん、ヤッティ~、
カズ、颯太、tea、
みんなお疲れ様でした~。

サラッと、しれっと振り返ってみます(苦笑)

まずは24日。

ヤッティ~の仕事の関係で
14時出発しました。

ルートとしては↓
札幌→江別→岩見沢→三笠→美唄→
奈井江→砂川→滝川→旭川→比布→
愛別→上川→常呂郡→北見→美幌→
大空→網走→小清水→斜里→清里
となっております(苦笑)

実際にどれだけの距離を走ったのか?
地図に表示してみました↓

shari00.JPG

距離にして片道「381km」
時間にして8時間半
(腰痛対策のために、休憩を挟んだため(汗))

人生初の長距離ドライブでした(笑)
たった1日で、ほぼ端から端まで
走行したわけですから・・・
運転手は本当に大変だったと思う(苦笑)

休憩ポイントは、砂川サービスエリア、
層雲峡、北見の3ポイントでした。

砂川までは結構平然としていて、
サービスエリアではソフトクリーム食べようぜぃ。
なんて言って調子に乗っていたと思います(苦笑)

shari01.JPG

やっぱ層雲峡あたりから
正直疲れが出てきて、
北見ではグッタリしていたと思う(苦笑)

shari02.JPG

それにしても道中、自分を盛り上げたのは
「地名ダジャレつぶやき」でしたね(苦笑)
新しい市や町に入る度に
その町に尊敬の念を込めて、
Twitterを通してつぶやかせていただきました(笑)
以下は痛々しいつぶやきです(苦笑)

三笠〜ミッカーサー(苦笑)
美唄〜ビーバイス(苦笑)
奈井江〜ゆうきないえ(苦笑)
砂川の皆さ〜ん、KAZですよ〜(苦笑)
滝川〜クリステル(苦笑)
深川飯(苦笑)
鷹栖町〜高須クリニック(苦笑)
比布町〜ヒップホップ(苦笑)
愛別〜キャベツ(苦笑)
層雲峡〜すっとんきょう(苦笑)
北見〜きたみマヤ(苦笑)
美幌アフター(苦笑)
大空翼です(苦笑)
網走〜パシリ(苦笑)
小清水〜小清水ミチ子(苦笑)
斜里〜しゃ〜り〜浜(苦笑)
清里町〜清佐藤B作(苦笑)

結果的に砂川が思いつかなかったのと、
北見の「きたみマヤ」とガラスの仮面の
「北島マヤ」が、じぇ~んじぇん結びつかず
同行者にえらい不評だったのは
リアルにつぶやきを見ていた人たちは
素直に頷けるのでしょうね(苦笑)

でも・・・俺は思いました。
俺より上手が世の中には沢山いることを。

KANオフメンバーが気付いたら
「斜里」についてつぶやいていました(苦笑)
しかも相当な高等テクで・・・↓

斜里んこ チャリンコ(苦笑)
斜里とチョコレート工場(苦笑)
斜里ーちゃんのパパ(苦笑)
斜里んこチエ(苦笑)
宇宙刑事斜里バン(苦笑)
ビル・斜里クソン(苦笑)
斜~里~ズ エンジェル(苦笑)

敢えて誰が何を書いたかは書きませんが、
素晴らしいハイセンスに脱帽です(苦笑)

とまぁ~こういう紆余曲折を経て
宿泊ホテルに着いたのですが、
担当者の方がわざわざ待っていて下さいました。
実際には到着予定より2時間押しだったので、
本当に申し訳なかったです。

担当者さんとメンバーの顔合わせをしまして、
次の日の打合せなどをしていたら、
思わぬ話を聞いてしまいました。

自分が道中リアルタイムで
つぶやいていたTwitterを
見ていたというのです(苦笑)

まさか見られているとは思わず・・・
あまりにもくだらないことをつぶやいていたので、
珍しく恥ずかしさを感じました(苦笑)
もうちょっと、まともな人間になれば
良かったなんて思ったりして・・・_| ̄|○

ホテルも立派なホテルを予約してくれて、
お土産まで用意してくれていました。
本当に遅くなった上に、
何から何まで嬉しかったです。
ありがとうございました。

長くなりそうなのでepisode2へ続く。

あでゅ~♪

サッポロファクトリーにて

ウィークデーライブというのが、
ほぼ毎日行われているんですって。

norico01.jpg

そこにNORICOさんという
歌い手が歌うということで、
奥さんとRYOさんを引き連れて行ってきました。

NORICOさんとは2008年のKAZ祭で
大変お世話になっていまして、
見に来てくれた人に分かりやすく言うなら
オープニングアクトの2人目の女性の方です。

norico02.jpg

かわいい人で歌もうまくて、
実力は半端なくある方です。
コンスタントにCDも発表していることもあり、
iTunesにも配信されているし、
CMでも曲が使われているし、
今度はHTBの番組でも使われるんですってよ。

話だけ聞けば凄まじく羨ましいよね(苦笑)


久々にライブを見たけど、
やっぱ声の圧倒的なパワーは健在で、
曲調も以前より聴きやすくPOPな感じで、
初めて見る人も入りやすいと思います。

声質もハスキーなのに、
嫌な感じじゃなくて音域も広いし、
裏声のさらに上もいく声が格好良かったです。

でもあんなに上手いのに、
それでも自分に厳しくある姿勢は
素直に感服ですな(苦笑)

最近はアマチュアのライブに行くことは
極端に減っちゃったけど、
たまに見に行くと、やっぱ刺激受けるよね。
あれはHALLさんにも見せてあげたくなりました。
次は誘ってみようと思う。

俺もあんな声ほしいぃ~(苦笑)

あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [2]
  2. 2017年8月 [3]
  3. 2017年7月 [4]
  4. 2017年6月 [5]
  5. 2017年5月 [5]
  6. 2017年4月 [3]
  7. 2017年3月 [3]
  8. 2017年2月 [2]
  9. 2017年1月 [6]
  10. 2016年12月 [4]
  11. 2016年11月 [5]
  12. 2016年10月 [6]
  13. 2016年9月 [4]
  14. 2016年7月 [3]
  15. 2016年6月 [4]
  16. 2016年5月 [5]
  17. 2016年4月 [2]
  18. 2016年3月 [2]
  19. 2015年12月 [3]
  20. 2015年11月 [2]
  21. 2015年10月 [2]
  22. 2015年9月 [1]
  23. 2015年8月 [1]
  24. 2015年7月 [4]
  25. 2015年6月 [3]
  26. 2015年5月 [4]
  27. 2015年4月 [3]
  28. 2015年3月 [1]
  29. 2015年1月 [3]
  30. 2014年12月 [1]
  31. 2014年11月 [3]
  32. 2014年10月 [6]
  33. 2014年9月 [3]
  34. 2014年8月 [6]
  35. 2014年7月 [4]
  36. 2014年6月 [4]
  37. 2014年5月 [7]
  38. 2014年4月 [5]
  39. 2014年3月 [3]
  40. 2014年2月 [3]
  41. 2014年1月 [4]
  42. 2013年12月 [9]
  43. 2013年11月 [11]
  44. 2013年10月 [6]
  45. 2013年9月 [9]
  46. 2013年8月 [7]
  47. 2013年7月 [6]
  48. 2013年6月 [11]
  49. 2013年5月 [9]
  50. 2013年4月 [8]
  51. 2013年3月 [9]
  52. 2013年2月 [9]
  53. 2013年1月 [8]
  54. 2012年12月 [21]
  55. 2012年11月 [18]
  56. 2012年10月 [15]
  57. 2012年9月 [18]
  58. 2012年8月 [14]
  59. 2012年7月 [12]
  60. 2012年6月 [12]
  61. 2012年5月 [10]
  62. 2012年4月 [14]
  63. 2012年3月 [19]
  64. 2012年2月 [10]
  65. 2012年1月 [21]
  66. 2011年12月 [18]
  67. 2011年11月 [23]
  68. 2011年10月 [20]
  69. 2011年9月 [8]
  70. 2011年8月 [12]
  71. 2011年7月 [16]
  72. 2011年6月 [19]
  73. 2011年5月 [19]
  74. 2011年4月 [19]
  75. 2011年3月 [19]
  76. 2011年2月 [17]
  77. 2011年1月 [18]
  78. 2010年12月 [27]
  79. 2010年11月 [20]
  80. 2010年10月 [20]
  81. 2010年9月 [21]
  82. 2010年8月 [25]
  83. 2010年7月 [17]
  84. 2010年6月 [24]
  85. 2010年5月 [17]
  86. 2010年4月 [29]
  87. 2010年3月 [22]
  88. 2010年2月 [19]
  89. 2010年1月 [20]
  90. 2009年12月 [19]
  91. 2009年11月 [18]
  92. 2009年10月 [23]
  93. 2009年9月 [13]
  94. 2009年8月 [19]
  95. 2009年7月 [19]
  96. 2009年6月 [16]
  97. 2009年5月 [22]
  98. 2009年4月 [17]
  99. 2009年3月 [20]
  100. 2009年2月 [16]
  101. 2009年1月 [16]
  102. 2008年12月 [20]
  103. 2008年11月 [20]
  104. 2008年10月 [12]
  105. 2008年9月 [10]
  106. 2008年8月 [23]
  107. 2008年7月 [27]
  108. 2008年6月 [25]
  109. 2008年5月 [25]
  110. 2008年4月 [18]
  111. 2008年3月 [17]
  112. 2008年2月 [19]
  113. 2008年1月 [21]
  114. 2007年12月 [13]
  115. 2007年11月 [22]
  116. 2007年10月 [20]
  117. 2007年9月 [19]
  118. 2007年8月 [21]
  119. 2007年7月 [27]
  120. 2007年6月 [21]
  121. 2007年5月 [23]
  122. 2007年4月 [23]
  123. 2007年3月 [27]
  124. 2007年2月 [26]
  125. 2007年1月 [17]
  126. 2006年12月 [21]
  127. 2006年11月 [16]
  128. 2006年10月 [22]
  129. 2006年9月 [22]
  130. 2006年8月 [20]
  131. 2006年7月 [11]
  132. 2006年6月 [22]
  133. 2006年5月 [14]
  134. 2006年4月 [13]
  135. 2006年3月 [14]
  136. 2006年2月 [14]
  137. 2006年1月 [21]
  138. 2005年12月 [21]
  139. 2005年11月 [10]
  140. 2005年10月 [14]
  141. 2005年9月 [17]
  142. 2005年8月 [16]
  143. 2005年7月 [15]
  144. 2005年6月 [16]
  145. 2005年5月 [18]
  146. 2005年4月 [24]
  147. 2005年3月 [22]
  148. 2005年2月 [20]
  149. 2005年1月 [17]
  150. 2004年12月 [20]
  151. 2004年11月 [7]
  152. 2004年10月 [10]
  153. 2004年9月 [11]
  154. 2004年8月 [10]
  155. 2004年7月 [10]
  156. 2004年6月 [9]
  157. 2004年5月 [10]
  158. 2004年4月 [7]
  159. 2004年3月 [8]
  160. 2004年2月 [8]
  161. 2004年1月 [11]
  162. 2003年12月 [13]
  163. 2003年11月 [13]
  164. 2003年10月 [1]
  165. 2003年9月 [2]
  166. 2003年8月 [1]
  167. 2003年7月 [2]
  168. 2003年6月 [6]
  169. 2003年5月 [6]
  170. 2003年4月 [3]
  171. 2003年3月 [5]
  172. 2003年2月 [3]
  173. 2003年1月 [6]
  174. 2002年12月 [5]
  175. 2002年11月 [5]
  176. 2002年10月 [6]
  177. 2002年9月 [5]
  178. 2002年8月 [5]
  179. 2002年7月 [6]
  180. 2002年6月 [7]
  181. 2002年5月 [2]
  182. 2002年4月 [4]
  183. 2002年3月 [6]
  184. 2002年2月 [5]
  185. 2002年1月 [11]
  186. 2001年12月 [7]
  187. 2001年11月 [3]
  188. 2001年10月 [2]
  189. 2001年9月 [3]
  190. 2001年7月 [1]
  191. 2001年6月 [2]
  192. 2001年5月 [2]
  193. 2001年4月 [2]
  194. 2001年3月 [4]
  195. 2001年2月 [2]
  196. 2001年1月 [4]
  197. 2000年12月 [6]
  198. 2000年11月 [9]
  199. 2000年10月 [3]
  200. 2000年9月 [4]
  201. 2000年8月 [4]
  202. 2000年7月 [7]
  203. 2000年6月 [8]
  204. 2000年5月 [8]
  205. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4