eye.jpg

KAZチャリティ 一覧

チャリティーライブ開催場所決定!

と言うわけで今年も無事に開催させていただきます!
場所はいろいろ悩んだあげく、札幌市の建物で
かでる2.7の、レクレーション室を借りて
チャリティーライブを行うことにしました!!

ここに至るまでには結構悩みまして...
別に今まで通りのPATOSさんでも良かったんだけど
運営上の理由により箱代が値上げに踏み切りまして
そうなると今までの金額以上を求められることになり
協賛金を集めるにしても、正直厳しい状況になってきました(汗)

これはPATOSさんを責めるわけにもいかず
多分仕方のない決断であったんだと思います。
本音としてはもっと前に値上げに踏み切りたい
ところもあったんだと思うんですが、
ギリギリまで粘っていたんだろうと推測されます。

どの道、毎回協賛金を集めるのにも大変だったし
値上げ後の協賛金を集めたとして
箱代で集まった金額を寄付した方が
実はためになるのではないか?という
本末転倒なことも頭では浮かんできまして...(汗)

だったら無理はせずに自分の身の丈にあった
できることをしようという初心に帰り
箱代として支払えそうな場所での
開催をすることにしようと決断しました。

となると今度は、どこなら大丈夫なのか?を考えて
最低でも50人以上入ることができて、
支払い可能な金額で、利便性も良く、
車椅子用のトイレも完備されていてなど
様々な条件を元に、かでる2.7・ちえりあに
絞ることにして、両方とも実際に見てきました!

まずちえりあは、音楽研修室という部屋があり
防音設備も整っていて、条件的には悪くありませんでしたが
根本的な問題として、チャリティー名義での
貸し出しは不可と言われ、何かしらの講演の元で
音楽ライブをする分には大丈夫らしいのですが、
そもそもチャリティーライブの名前を出せないなら
やっぱり違う気がして、素直にお断りして
かでる2.7に全てを託し話を聞きました。

まぁ〜かでる2.7にも貸し出すに辺り
それなりの規制はあるんですけど(苦笑)
札幌市管理の建物である以上仕方ないみたい(汗)

不特定のお客さんを呼ぶライブ開催であると
その時点で料金は倍になるらしいんだけど...
児童養護施設へのチャリティーライブだし、
1円足りとも自分のところには残らないこと、
札幌市や教育委員会の後援を取っていること
何よりきちんとホームページ上で
お金に関しての報告を上げていることなどの
丁寧な説明を続けていくと無事に基本の金額で
レクレーション室を借りることができました!

ホームページリニューアルも功を奏して
見やすくしていたのも良かった(苦笑)

多少の音量制限もあるし、他にもいろいろ規制はあるけど
取り敢えずは条件に合う場所が確保できて良かったです!


詳細については、これから詰めていきますが
まずは、11月19日(日)の夕方に開催しますので
皆様、その日は空けておいてください!!
人数制限もあるので、今のところ45名限定になりますので
完全予約制にさせていただきます!!

兎にも角にも、チャリティーライブは今年も開催しますので
ぜひとも皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

今回も無事に

チャリティーライブの売り上げを全額
寄付させていただきました!!

2016cl_kifus.jpg

動員数:26名(関係者購入分含む)
売上総額(募金、CD売上含む):33,500円

内訳
チケット売上:26,000円
CD売上:2,000円
募金:5,500円

寄付先児童養護施設 広安愛児園
    (熊本県上益城郡益城町古関73)
    寄付の使われ方は、子どもたちが参加する、
    行事やレクで必要な経費(飲食代など)に充てられる予定です。


少額がではありますが、皆さんの想いがこもった
大切なお金ですので、少しでも子どもたちのために
使われることを心より願っておりますし、
未だに続く地震からも、早く心が安らぐ時が
来ることを切に願っております。


どうしたら子どもたちが安心して生きてゆける
世界になっていくのだろうか?と
このイベントを通して、いつも考えさせられます。
答えは出ないし、有効な手段も思いつかないんだけど
まずは身近な大人たちが恥じぬ姿を
見せていくしかないんだろうなって感じます。

立派に生きれよって言ったって、
日々流れてくるニュースを子どもが見たとして
ははっって苦笑するような、ニュースしか流れてこなければ
そりゃぁ~無理ってもんです(苦笑)
だからせめて我々は、良い手本になるように
日々を生きていくしかないんだよねぇ。

と、自分に言い聞かせております(汗)

何はともあれ、少しでも被災した子どもたちが
笑顔になれることを願いながら、
今年のチャリティーライブの
売り上げの報告とさせていただきます。

ついでに先日のNHKさんの番組の件ですが
1週間でサイトから動画が消えちゃったので
あんなに良い特集を消してしまうのは
もったいないということで、Youtubeにアップしました(苦笑)

良ければ、また見てやってください!!

20161027_NHKの番組でKAZが特集される!
https://youtu.be/UmecANpsLko

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

世界はこんなにもカラフルに染まっている

やっと見ることができました!!(苦笑)
6分も特集を組んでいただきまして
あらためてNHK北海道さん、そして前さん、
カメラマンの皆さん、本当にありがとうございました。


自分が映るだけでもすごいのに
息子まで一緒に映していただいて
素直に感慨深いですし、
とても思い出に残る取材になりました!

取材が始まった経緯ですが、
多分5年前に東日本大震災で被災した方々への
募金を集める路上ライブを偶然に
前さんが目にしてくれていたようでして
そこから数年経って、ふと私を思い出してくれて
連絡が来て、取材が始まりました!

若干その頃、多忙を極めていたこともあり
チャリティーライブをするかどうかを
悩んではいたんですけど、
最終的には、やらないの?という声があって
開催を決意したんですが、NHKさんの取材も
背中を押してくれたように感じています。

特集の内容ですが、良くも悪くも、
ホントにありのままの
私が出ていたと思います(苦笑)

40年前なんて、今のように便利なものが
あったわけではないから、ラジオかテレビが
毎日を楽しむツールだったし
そこから流れてくる音楽には敏感だったし
カセットに録音しては一人で歌っていたと思います。

高校に上がると部活でバンド組んで
歌っていたこともあるし、その頃から
楽器ができたらなという思いはありました。

だから某局の○○テレビで見た
ギターを上から押さえる演奏法には
マジで衝撃を受けましたし、
私の中で「これだ!!」と確信しました。

以降、自分が抱えられるサイズの
ギターを探し、きちんと音が鳴るようになるまで
飽きもせず一年くらいは毎日弾いていました。

そこから今の私があります。

今でも毎日、家族を始め、多くの方々に
手を貸してもらいながら生活をしていますが
無駄に大人になった自分ができる範囲で
次の世代の子どもたちへ何かしたいという想いから
チャリティーライブもするようになりました。


まぁ~小学生の頃の写真は可愛らしげがありますが
中学生・高校生になると、すげー粋がっているのが
全面的に出てくるから、とてつもなくはずいんですが
それも今の私につながっていると思えば
致し方ないことなんだと思われます(苦笑)


新曲「カラフル」も、こんなに全面に
取り上げていただけて、本当にありがたい限りです。

上手く編集していただけると
こんなに名曲に聴こえるんですね(笑)
なんか良い曲作ったなと自負できます(苦笑)

でも、この曲に込められた想いも
何一つ嘘はないし、息子のために作った曲だけど
子どもたちへ向けたメッセージもあるので、
これからもチャリティーライブをするにあたっての
メインソングになる曲ができたなと感じています。


何はともあれ、こんなに素敵な特集を組んでいただきまして
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
NHKの前さんには感謝してもしきれません。

取材抜きにしても仲良くさせていただけたら
大変ありがたく思います!!

さて、リアルタイムで見れなかった方、
録画すら間に合わなかった方々、
北海道外の皆さま!!
安心してください! 見れますよ!!

NHKのWEBサイトにて!!!!(笑)

一か月限定らしいんですけど、
パソコンでもスマホでもタブレットでも
オールオッケーです!!(苦笑)

なので、全国の皆さま!
ぜひ映像を見ていただきまして
ご感想をお待ちしておりますm(_ _)m


北海道NEWS WEB
障害乗り越え音楽で心響かせる
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20161027/3732931.html

よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

sing a song

少し遅くの報告となりますが、10/15無事に
KAZ Charity Live
To a heart of children SP ~やさしさに包まれたなら~
が、終了することができました!

2~3人は都合で来られなかったので
当日券を販売しても大丈夫な感じではございましたが
スペースを考えると、少し余裕が持てて良かったのかも知れません。


当日は天気も快晴で、しかも気温も高めで
ただただ気持ちの良い一日だったと思います。

あらためまして、ご来場いただいた皆さま
誠にありがとうございましたm(_ _)m

私としては、多くの皆さまに支えられ、見守られ
サブタイトルの如く、とても優しい空間に包まれたような
気がしてなりませんでしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?

少しでも楽しんでいただけたなら幸いですm(_ _)m


集まった売上や、募金等の合計額は、
33,500円になりました!!
これはチケット売上だけではなく、当日行けないけど
募金に参加したいという方々からの
ありがたい申し出も加わった金額になっております。
本当にありがとうございますm(_ _)m

お預かりしたお金は確実に、子どもたちにお届けします。
お届けした時点で報告もさせていただきますので
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


では当日の様子を書いていこうと思います。

最近のチャリティーライブの流れになっている
オープニングアクトで、二組登場していただき、
最後に私KAZが登場するというパターンで進めていきました。

今回オープニングアクトをお願いした一組目は
Twinkle★Twinkleというアイドルユニットです!

kaz_cl20161015_01.jpg

kaz_cl20161015_01_1.jpg

通常のライブの他に、医療系、福祉系、教育機関系などにも
積極的に歌いに行ってるという話を聞き、
珍しいなぁ~と思ってたけど、
どうやら彼女ら当事者が、そういう学校に行き
学んでる最中だったようです。
勉強も大変だろうにって、おじさんは関心しちゃったけど(苦笑)

曲のセレクトも、アイドル曲から童謡まで幅広くて、
童謡は自分がやるときにもアリだなって思った(笑)

歌も上手だったし、ほんわかしてかわいかったです!

でも顔合わせから途中まで、本当に10代だと思ってたけど
20歳を過ぎてたのにはマジ驚いた(苦笑)
今頃ですが大変失礼いたしました(汗)

お礼も兼ねて、一回はライブに行きたいと思ってます。
アールワイオーに連れてってもらおう(苦笑)

時間的には短かったと思いますが
参加していただけて本当にうれしかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

オープニングアクト二組目は、わたなべゆうじです。

kaz_cl20161015_02.jpg

kaz_cl20161015_02_1.jpg

彼は昔の路上時代からの付き合いで
一時期共演がなかったけど、最近は顔を良く合わすから
妙に懐かしいのもあって、ボサノバというジャンルも
あまり生で聴くこともないだろうから
是非とも歌って欲しくてお願いしました!

ライブのMCでも私が話したけど
雰囲気も、音楽のスタイルも、上手さも変わらないのよねぇ(苦笑)
曲調もあるんだろうけど、甘酸っぱい空間にする
音楽のスタイルは素敵なんですよねぇ(笑)
一切私にはない要素ですな(苦笑)

チョコレートという曲が私は好きなんですけど、
私にくれないだろうか??(笑)
でもKAZが歌っても甘酸っぱくはならないんだろうなぁ~残念(苦笑)

仕事帰りに駆けつけてくれて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて本編のKAZでございますが
今回は、お借りしたお店の都合や、車椅子用のトイレが
近くにないということもあり
全部で二時間で納める構成にしていたので
ちょっと少なめの一時間に終わらせる内容にしました。
アンコール含めて全9曲でした。

ちなみに、今回もヤマガタユウジくんに全面的に
依存しまくりで、全曲のサポート、曲順、
アレンジなど頼りっきりでした(苦笑)
彼の才能の一部がほしいくらいではありますが、
それは物理的に無理ということで、
毎回チャリティーライブでは、甘えまくりです(汗)
本当にいつもすいませんm(_ _)m
おかげで毎回素敵なライブができています。

ちなみに当日の会場の様子がこちら↓

kaz_cl20161015_03.jpg

満員御礼でした!!

では、気を取り直し、
ここからは曲の解説も含めてのレポです!


01.晴れた空の下

全体の構成からいくと、ゆったりめの曲が多めだったので
トップにくる曲は明るめにしようと決めました。

やまちゃんのカッティング気味の、
心地よい演奏から始まり、私のいつも通りの
ストロークが合わさり、格好いいオープニングの予定が
入りをいきなり私が間違うという、一番やってはいけない
パターンをお披露目しちゃいましたが、
そこは13年のベテランですから
鋼の心臓を持ってますので、何かありましたか?
的な顔をしながら、無理矢理演奏を継続しました(苦笑)

連日の練習のし過ぎもあり、私の声が軽くしゃがれていましたが、
でも声は良く出ていたように思います。

正に快晴の一日だったライブの
オープニングナンバーとしては、
ぴったりだったのではないでしょうか?

kaz_cl20161015_04.jpg

02.regrets(KANカバー)

セットリスト考えるときに、やっぱりKANさんの
曲はやりたいなぁ~と思ってて提案したら
KANさんの弾き語りライブで印象に残った曲を
選んでくださいとなり、この曲を選びました!
この前の弾き語りライブでは、妙に心に残ったんですよねぇ。

私は自分が歌いたいってのもあるけど、
そこそこ昔からKANさんの良さを伝える
布教活動を行っておりますので(苦笑)
やはり、これからもKANさんのカバーは
続けると思われます(笑)

でもピアノ曲をギターでやるって大変よね(汗)
やまちゃんもアレンジ大変だったと思うけど、
私も結構大変だったよ(苦笑)
案の定間違えてたし..._| ̄|○

kaz_cl20161015_05.jpg

03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)

ゲスなことだらけの今年の芸能界だったけど
一番のびっくりポンはSMAPの解散でした。
噂はありつつも、仲良さそうに見えていたので
本当に残念に思います。

やはり名曲の多いSMAPですから
誰かが継続して歌わないとということで、
今後は私がカバーして歌っていきます!!(苦笑)

ギターアレンジは、スガシカオ風になっていました。
歌は最後の最後で、うわずっちゃって
そこが上手く歌えていたら完璧だったのになぁ(笑)


04.もう一度

これは単純に、SMAP解散 → ちょ、まてよ! → もう一度という
私なりに上手く繋がったように感じましたが、
ちょ、まてよの物まねが失笑されながらも
やりきった感はあるので、満足しています(苦笑)

これは最近結構歌っている曲だったし、
間違える要素は一切ないはずなんだけど、
練習ではカウント取ってから始まっていたのに
本番でいきなりスタートさせたので
やまちゃんは焦ったと思います(苦笑)

最近の自作曲では好きな曲でございました。

kaz_cl20161015_05_1.jpg

05.君がヒーローになれ

MCを挟まずに連続で歌わせていただきました。
まぁ~カポの交換時間の無音はあったとは思うけど(汗)

この曲に関していえば、最近歌ってない曲を
選んでみようと思いセレクトしました。
RainbowのCDにも入ってることもあり
やまちゃんのアレンジは仕上がっていたので
唯一安定感のある一曲だったかも知れません。

個人的にも好きな曲なんですよ。

kaz_cl20161015_06.jpg

奇跡の親子共演も果たしました(笑)

kaz_cl20161015_07.jpg

06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)

子どもが聴きに来てくれた時を想定して
いろいろ悩んだんだけど、ジブリ系なら知ってるんじゃね?となり
歌えもしないのに、もののけ姫とか適当なこと
ばっかり言ってましたが(苦笑)

トトロは前にやったし、ナウシカやラピュタって感じでもなくて
結局魔女宅だなとなり、この曲をセレクトしました。

そして決まってしまえば、一番サブタイトルに
相応しいと思い、そのままタイトルにしちゃいました。

アレンジも、ちょっとカントリー調のアルペジオで
やまちゃんのみで演奏して、私は歌のみにしました。
良く出来たかなと思ってます。

kaz_cl20161015_08.jpg

07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)

今年のニュースに絡めたカバーを
もう一曲ほしいとなり、永六輔さんが亡くなったというのと、
実は作詞家でもあったというのが結びついて
みんなも知ってるし歌ってくれると思い、
この曲を選びました。

やまちゃんに頼りっぱなしなので、
この曲はコードも簡単ということで
KAZ一人でギター弾き、やまちゃんには
ギターでパーカッションしてもらってました。

意味なくTwinkle★Twinkleに呼びかけたり
わたなべゆうじにも無理矢理歌わせました(苦笑)
でも、みんなで歌うと一体感でますよねぇ(笑)


08.希望の灯

本編最後の曲ということで、やはり今年は
地震で被災した熊本の児童養護施設に
寄付すると決めたこともあり
この曲しかなかったと思います。

この5年で、ある意味一番歌ってるかも知れないですね。
それだけ思い入れもあるし、メッセージ性もあるし
伝えるということを考えると最適な曲だと思います。

神戸の震災はある程度復興したと言えるのかなと思うけど、
東日本大震災は、未だに帰れない人が
沢山いらっしゃる中で、気が休まることなく、
今年の熊本地震は、いつどんな時でも
危険と隣り合わせなんだなと再認識させられました。

必ずそこには、小さな子どもがいるわけで
不安だろうし、怖いだろうし...。
直接手を差し伸べられる訳ではないけど
何か出来ることはあるはずと信じて、
この活動を続けています。

そういう想いを胸に、心を込めて歌わせていただきました。
少しでも皆さんと共有できたら嬉しく思います。


encore 09.カラフル(新曲)

先日の日記でも歌詞を先行で、発表させていただきましたが
息子への想いを込めた曲ができました。

最後の最後だから、きっちり歌い上げたかったけど
入りを間違えたのよねぇ...(苦笑)

ライブの10日くらい前にできあがり
それを無理矢理やまちゃんにアレンジをお願いして
アンコールに持ってくるんだから無謀と言えば無謀だったけど
どーしても歌いたかったんですよねぇ。

ミディアムなナンバーになりましたけど
聴きごたえある曲になったと思います。

子どもの目線でありつつも、最後には温かく見守る
親目線の歌詞を織りまぜられたのは、
珍しく上手く出来たなとは思いました(笑)

kaz_cl20161015_09.jpg

ライブ後には、新曲良かったですねという声が
聴けたので、3年ぶりの新曲の発表としては、
ドキドキしていましたので、ありがたいかぎりですm(_ _)m
音源化希望のの声も聞けたので、余裕ができましたら、
真剣に考えたいと思いますので、
本当に気長~~~~~~にお待ちくださいm(_ _)m


現在NHKさんの取材を受けていまして、
ライブも撮影していただいていますので、
その時に少しお聴かせできるかも知れません!
なので、放送を楽しみにしていてくださいね!!

kaz_cl20161015_10.jpg

kaz_cl20161015_11.jpg

余談ではありますが、前日練習の帰りに夜空を見上げていたら
人生で初めての流れ星を見たんですよねぇ。
本当に初めて見たから、なんか妙に嬉しくなって
明日のチャリティーライブは成功すると
勝手ながら思ってました!!
これはライブのMCで話そうと思ってたけど、
結局忘れちゃって、今更の話題になっちゃうんだけど(苦笑)


ではでは長くなりましたが、チャリティーライブの様子と
見に来てくれたお客様、協力してくれた皆様、
そしてKAZ一派へのお礼を兼ねた、ご報告でございました!!

本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

24年目も~あでゅ~♪

(All Photo by office seAsOw Hidekazu&Haruka Kajikawa)

セットリスト
01.晴れた空の下
02.regrets(KANカバー)
03.夜空ノムコウ(SMAPカバー)
04.もう一度
05.君がヒーローになれ
06.やさしさに包まれたなら(荒井由実カバー)
07.上を向いてあるこう(坂本九カバー)
08.希望の灯
~encore~
09.カラフル(新曲)

ついに明日!!

2年振りになる番外編の

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

が開催されます!!

ここまでの道のり・・・一番大変だったのは
やまちゃんで間違いない(苦笑)
開催場所へ何度も打ち合わせに行ってくれたり
期間が短い中でのアレンジを必死に考えたり
強行練習スケジュールで付き合わされたり
本当に大変だったと思いますが
取り敢えず開催できるところまで
こぎ着けられたのは本当に感謝しています!

明日やまちゃんに会ったら
お疲れさんと声をかけてあげてください(苦笑)


私も強行スケジュールの中、
本日よりNHKさんの取材もスタートしまして
練習風景や、合間のインタビューを受けるなど
一杯一杯ですが、サブタイトルのように
やさしさに包まれるライブができたらと思っています!!

頑張ります!!!!!

予約いただきました皆様
多少は明日暖かいらしいので
お気をつけていらっしゃってください。
会場でお待ちしておりますm(_ _)m

KAZ_Charity_Live_2016.jpgのサムネイル画像


KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~


日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)


24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

緊急報告NHKに出演決定!!

来週に迫ったチャリティーライブですが
実は同時進行でNHKさんの取材も受けております!!

そしてチャリティーライブでもカメラが入り
その活動も含めて、私の生い立ちも含めて
北海道夕方に放送中の、ほっとニュース北海道
KAZが取り上げられることになりました!!

6~7分程度の特集を組んでいただけるということで
本当にありがたい限りでございます(苦笑)

時期は今月の最終週~11月中には放送予定です!
放送日は決まり次第発表させていただきますので、
北海道の皆さ~~~ん!!
その際は録画してでも見ましょうね(笑)

私は7時まで仕事なので、見られませんが
ハイビジョン録画を決め込んで
帰ってきてから見てみようと思います(苦笑)

さてさて、先程チャリティーライブでも
カメラが入ることをお伝えしましたが
昨年はお休みしたこともあり、
毎年とまでは言えなくなっちゃったけど
継続してきたことが、メディアを使って
お伝えする機会を与えてもらったのは
本当に嬉しく思っています。

私としては、紆余曲折はありながらも
見に来てくれたお客様には、
心を込めてライブは行ってきましたし
お預かりした売り上げや寄付については
全額きっちり児童養護施設へお届けしましたし
その報告もHPや、次回のライブ等で
きっちり行ってきたという自負はあります。

その辺はライブに足を運んでくださる
皆様には分かっていただけてると思っています。


まぁ~メディアを通すことが正確性を
求められているのかという問いがあれば
100%とは言えないかも知れませんが
それでもこれまで行ってきた活動を
皆さんに知っていただけるということは
やはり大きいなぁ~とは常々思っていました。
だからこそ取材の話があったときは
素直に嬉しいなぁ~と感じましたし
良いきっかけになりました。

今回の取材は私のこれまで生きてきた中での
音楽活動や日常がメインになってくるので
チャリティーライブだけに
焦点が当たるわけではありませんが
少しだけでも子どもたちのために
活動しているよってことだけでも
理解してもらえたら嬉しいですね。


何はともあれ10/15のチャリティーライブを
成功させるべく頑張りたいと思います!

あっ、チケットについてですが
25名分の予約枠は埋まりましたので
ご報告させていただきます。
後は当日急に行けないという話がない限りは
当日券の発売はありませんので
ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

KAZ_Charity_Live_2016_soldout.jpg

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで(SOLD OUT)
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)

今回もカバーありの、新曲ありの
素敵な曲をセレクトしておりますので
お楽しみに!!(苦笑)

それでは寒くなってきましたが
予約いただきました皆様、
当日お待ちしておりますので
お気をつけていらっしゃってくださいませ。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

ポスター完成

とはいえ、今回は奥さんも多忙で
作る暇もなく、仕方なく自分で作ってみました(苦笑)

印刷会社にいたわりには
デザイン系の仕事が苦手でございまして
よくトータル8年も仕事ができたもんだと
ある意味自分を褒めてあげたい(苦笑)

あんまかっちょよくないけど、
それでも今回はコレで行きます!!!!(笑)


現在、予約受付中ですので、
よければ一緒に、アットホームな空間を
作りませんか!!

KAZ_Charity_Live_2016.jpg

※Photo by office seAsOw Hidekazu Kajikawa

KAZ Charity Live 2016 To a heart of children SP
~やさしさに包まれたなら~

日時:10月15日(土) 14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
   札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(但し、ドリンク1杯ご注文願います))
Opening Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ

寄付先:児童養護施設 広安愛児園(熊本県上益城郡益城町古関73)


------------拡散テンプレ------------
KAZ Charity Live 2016~やさしさに包まれたなら~ 
日時:10/15(土) 15:00-START 場所:Mellow(HP参照) 
定員:25名 チケ:1,000円(1D付、18歳未満無料(別途1D注文))
Act:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ
-------------------------------------

ぜひぜひ、よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

チャリティー情報追記

さて先日チャリティーライブについて
発表させていただきましたが、
何点かきちんとお知らせしとかないと
いけませんので、ここでお知らせさせていただきます。

1.お店の入り口には1段だけ段差があります

ただスロープがあるとのことで、
そこは車いすに乗る方がいらっしゃっても
問題はないと思っております。

2.25名定員ということからそこまで広くはありません

現時点で考えていますのは、私も含めて
車いすに乗っている方の対応人数は
4~5名と考えています。

3.車いす用のトイレはありません

ここが一番重要なんですが、
今までのチャリティーライブでは
時計台にしろ、パトスにしろ
すぐ近くに車いす用のトイレはありました。
今回のMellowさんでは残念ながら
車いす用のトイレはありませんので、
一番近い車いす用のトイレとなると
地下鉄東西線白石駅内にあるトイレになります。

そこら辺も踏まえまして、OPアクト2組と
KAZ本編も含めて、2時間以内に終わるように
設定しておりますので、事前に済ませておいて
いただけると何とかなるかなと考えています。
それでもどうしてもという場合には
白石駅まで行ってもらうしかありませんので
大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

4.駐車場はありません

これはパトスとかであっても
同じ案内でしたが、お店用の駐車場はありませんので
基本的には公共機関をご利用いただくか
近隣の有料駐車場をご利用いただくか
または○○ストアさんに一時的に
止めていただくかなどになるかと思います。

5.夜の営業時間もあり長居はできません

18:00から夜の部のリハが始まるということで
私たちも実は17:50くらいまでしかおれませんので
交流時間は30分くらいと考えております。
その点もご了承いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

6.寄付先

ライブの売り上げに関しましては
今現在も強い地震に見舞われている
熊本県上益城郡益城町にあります
社会福祉法人キリスト教児童福祉会
児童養護施設 広安愛児園さんに
寄付することにしました。
売り上げの使われ方は、
施設の方にお任せしようと思っています。


さてさて急ピッチで物事を考えているから
至らない部分も多々あるかとは思われますが
少しでも子どもたちのためにという想いだけは
一貫して変わっておりませんので
どうかご協力いただけましたら幸いです。

取り敢えず気力を振り絞って頑張ります!!

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

やさしさに包まれたなら

あっという間に9月になってしまいました(苦笑)
再就職後は、時間の流れが早く、
まだまだ仕事にも慣れず、体力的にもしんどい日々が続きますが
取り敢えずは、パパ頑張ってます(苦笑)

さてそんな中で、一つ発表がありまして、
7月のファクトリーライブで先行発表しましたが、
今年もやらないと宣言しておりました
児童養護施設への寄付をする
チャリティーライブを、規模を小さくしてですが
開催しまーーーす!!

では何故やるようにしたかと言いますと
チャリティーライブやらないんですか??
という声が前からありまして、
その都度悩んではいたのですが、
ヤマガタユウジくんの小さくても良いから
やりましょうよという声に押され
続けることが大事だよなぁと考え直し
いつもよりは小さめの場所での開催になりますが
決行することに決めました!!

ライブやらないの?という期待してくださる方がいて、
ライブやりましょうよ協力しますよという仲間がいて
さらには何でも手伝うよと言ってくださる応援者もいて
本当に本当に嬉しく思いますm(_ _)m

いろんなことで、バタバタな日々を過ごしていますが
やっぱ子どもたちのことは常に気にかけていて
少しでも何かできればという想いだけはあるので
これだけ仲間がいるなら、おじさんも頑張らねばと
考えなおしました(苦笑)

日程と場所と、オープニングアクトは
決まったのでお知らせします!
後はこれから詰めていきます(苦笑)


KAZ Charity Live 2016
To a heart of children SP
〜やさしさに包まれたなら〜

日時:10月15日(土)
14:30-OPEN/15:00-START/17:00-END
場所:Live & Dining Mellow
札幌市白石区南郷通り1丁目北2-32 ダイアパレス白石1F
TEL:011-827-0114
定員:25名まで
チケット:1,000円(1D付、18歳未満無料(ドリンク代は別途ご負担願います))
寄付先:熊本県の児童養護施設を予定
オープニングアクト:Twinkle★Twinkle、わたなべゆうじ
チケット予約メール:kaz@kaz-sing.com

今回は人数制限がありますので、予約を賜りたいと思います。
行くよーって言ってくださる方が
いらっしゃましたら、コメントなり
DMなり、メールなりとお知らせくださいm(_ _)m
予約がいっぱいになったら本当にごめんなさいm(_ _)m


忙しすぎて、疲れすぎて、夜もすぐに寝ちゃうんだけど(苦笑)
本当に開催しますので、ぜひぜひよろしくお願いしますm(_ _)m

ポスターは、また後日お披露目します。
パソコンが作業中に落ちるから、
作る気をなくすのよねぇ...(汗)
でも作るので、そちらもお楽しみに!!

ではでは、イイネ!シェアリツイート口コミ
拡散のほど、よろしくお願いしまーーーす!!(苦笑)

24年目も〜あでゅ〜♪

光が丘学園訪問

 

hikarigaoka01.jpg

 

 

hikarigaoka02.jpg

 

既に月日は流れ大変申し訳なく思っておりますが
訪問記録は残さねばならないというわけで
訪問の際の内容を描いていきたいと思います。

まず最初にお忙しい中、
大勢での訪問を快く引き受けていただきましたこと
あらためて御礼申し上げます。

児童養護施設への訪問も4件目になります。
毎回感じるのは、本当に施設ごとにあり方が違います。
今まで訪問させていただいた施設では
大凡の一日のルールがあったと思います。
光が丘学園さんでは、基本的な食事、学校へ行くなどの
ルールは存在するものの、他のことに関しては
子どもたちの自主性を尊重することにして
自分たちで決められるようにしているということです。

これは第3者側からみると、
そういう施設の作り方もあるんだと驚かされました。
固定概念ではあったと思うのですが
起床時間から消灯に至るまで、
一日の流れに沿ったルールがあってこそ
施設の運営が成り立つんだろうと考えていました。
いろいろ話しを聞いていく内に、
自分の浅はかさを痛感させられます。


当初の光が丘学園さんは、ぎっちぎちに固められた
ルールがあったんだそうです。

そのせいもあって、外部(この場合は近所だったり
学校、あずけている親など)からは
とても評判の良い子どもたちで、
光が丘学園さんの評判も良かったそうです。

施設側からすれば、それが良いことなんだろうと
思っていたのかも知れませんし、
子どもたちも、それが普通なんだろうと
思っていたのかも知れません。

ここからは、正直どこまで書いて良いのか
悩みどころではあるのですが、
包み隠さず話していただけたということは
それも含めて取り組んでいたと思われますので
敢えて書かせていただきたいと思います。

光が丘学園さんでは、過去に職員から子どもたちへの
内部虐待があったようです。
実際にニュースにもなったとのことです。

それが発覚して以降、今の施設長さんを基に
改善に取り組みはじめ、組織の改編、
理事全ての解雇、職員の入れ替えなど
さまざまな改革を行ってきました。

相当なご苦労があったと思います。
子どもたちに至っては、新組織の元で
自分たちで自由に決めて良いんだと
突然の方針転換に、今まで信じて
行ってきたこと自体が否定されてしまったので
誰を、何を信じて良いのか分からなくなってしまい
改革当初は施設も荒れ放題になってしまった。

地域の人や、学校の先生や親などからも
何をやっているんだと反発も強く
根気よく説明していくしかなかったそうです。

子どもたちに対しても根気よく話し合いを重ね
失敗したとしても責めることはせずに
どうして失敗したのか、ダメだったのかを
自分たちで考えていくようにしていき
結構な時間がかかったものの
以前の体質からは改善されてきたとのことでした。


体制が変わったことにより、子どもたちも
自分で考えるようになってきたり
施設側も親と綿密に関わっていくようになり
親の考え方や、接し方を変えていくことにより
親元に帰っても、また施設へ戻ってくることも
減っていったということです。


できあがっている体制や考えを変えるというのは
並大抵の気持ちで、やっていくことは
難しいと思いますが、それを乗り越えてきた
子どもたちや、施設職員さんには
素直に凄いなぁと感じました。


あと他の施設とは違うなと思ったのは
光が丘学園さんでは光が丘学園基金というものを
創設して、私たちのような外部からの寄付に関しては
本来は一切手をつけずに、大学進学への資金や
就職する際の必要備品の購入に充てられています。
もしかすると他の施設でも、こういうものは
作っているのかも知れませんが
今だけではなく将来のことを考えて
取り組む姿勢には素晴らしいなと思います。

ただ今回の私たちの寄付に関しては
1月の雪中レクの一部に充てられて
残った金額については、上記基金に充てられるそうです。

 

hikarigaoka03.jpg

 

自分たちの活動は、ほんの一片を
垣間見たに過ぎませんから、
現状は知らないことだらけだし
たまにとんちんかんなことも言っている
可能性も否定はできませんが
それでも子どもたちへの支援は
続けていかないと行けないなと
思い知らされました。
身が引き締まる貴重なお時間でした。

お忙しい中、お付き合いくださいました
施設長の小野様、スタッフの方々、
笑顔で接してくれた子どもたち
本当にありがとうございました。

そして一緒に訪問してくれたKAZ一派のみんな
本当にありがとうございました。

どうにか今年も継続して頑張っていきたいと思います。
今後とも、ご支援・ご協力の程
よろしくお願い申し上げます。

活動レポが遅くなってしまい
本当に申し訳ございませんでした。

23年目も~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年6月 [4]
  2. 2017年5月 [5]
  3. 2017年4月 [3]
  4. 2017年3月 [3]
  5. 2017年2月 [2]
  6. 2017年1月 [6]
  7. 2016年12月 [4]
  8. 2016年11月 [5]
  9. 2016年10月 [6]
  10. 2016年9月 [4]
  11. 2016年7月 [3]
  12. 2016年6月 [4]
  13. 2016年5月 [5]
  14. 2016年4月 [2]
  15. 2016年3月 [2]
  16. 2015年12月 [3]
  17. 2015年11月 [2]
  18. 2015年10月 [2]
  19. 2015年9月 [1]
  20. 2015年8月 [1]
  21. 2015年7月 [4]
  22. 2015年6月 [3]
  23. 2015年5月 [4]
  24. 2015年4月 [3]
  25. 2015年3月 [1]
  26. 2015年1月 [3]
  27. 2014年12月 [1]
  28. 2014年11月 [3]
  29. 2014年10月 [6]
  30. 2014年9月 [3]
  31. 2014年8月 [6]
  32. 2014年7月 [4]
  33. 2014年6月 [4]
  34. 2014年5月 [7]
  35. 2014年4月 [5]
  36. 2014年3月 [3]
  37. 2014年2月 [3]
  38. 2014年1月 [4]
  39. 2013年12月 [9]
  40. 2013年11月 [11]
  41. 2013年10月 [6]
  42. 2013年9月 [9]
  43. 2013年8月 [7]
  44. 2013年7月 [6]
  45. 2013年6月 [11]
  46. 2013年5月 [9]
  47. 2013年4月 [8]
  48. 2013年3月 [9]
  49. 2013年2月 [9]
  50. 2013年1月 [8]
  51. 2012年12月 [21]
  52. 2012年11月 [18]
  53. 2012年10月 [15]
  54. 2012年9月 [18]
  55. 2012年8月 [14]
  56. 2012年7月 [12]
  57. 2012年6月 [12]
  58. 2012年5月 [10]
  59. 2012年4月 [14]
  60. 2012年3月 [19]
  61. 2012年2月 [10]
  62. 2012年1月 [21]
  63. 2011年12月 [18]
  64. 2011年11月 [23]
  65. 2011年10月 [20]
  66. 2011年9月 [8]
  67. 2011年8月 [12]
  68. 2011年7月 [16]
  69. 2011年6月 [19]
  70. 2011年5月 [19]
  71. 2011年4月 [19]
  72. 2011年3月 [19]
  73. 2011年2月 [17]
  74. 2011年1月 [18]
  75. 2010年12月 [27]
  76. 2010年11月 [20]
  77. 2010年10月 [20]
  78. 2010年9月 [21]
  79. 2010年8月 [25]
  80. 2010年7月 [17]
  81. 2010年6月 [24]
  82. 2010年5月 [17]
  83. 2010年4月 [29]
  84. 2010年3月 [22]
  85. 2010年2月 [19]
  86. 2010年1月 [20]
  87. 2009年12月 [19]
  88. 2009年11月 [18]
  89. 2009年10月 [23]
  90. 2009年9月 [13]
  91. 2009年8月 [19]
  92. 2009年7月 [19]
  93. 2009年6月 [16]
  94. 2009年5月 [22]
  95. 2009年4月 [17]
  96. 2009年3月 [20]
  97. 2009年2月 [16]
  98. 2009年1月 [16]
  99. 2008年12月 [20]
  100. 2008年11月 [20]
  101. 2008年10月 [12]
  102. 2008年9月 [10]
  103. 2008年8月 [23]
  104. 2008年7月 [27]
  105. 2008年6月 [25]
  106. 2008年5月 [25]
  107. 2008年4月 [18]
  108. 2008年3月 [17]
  109. 2008年2月 [19]
  110. 2008年1月 [21]
  111. 2007年12月 [13]
  112. 2007年11月 [22]
  113. 2007年10月 [20]
  114. 2007年9月 [19]
  115. 2007年8月 [21]
  116. 2007年7月 [27]
  117. 2007年6月 [21]
  118. 2007年5月 [23]
  119. 2007年4月 [23]
  120. 2007年3月 [27]
  121. 2007年2月 [26]
  122. 2007年1月 [17]
  123. 2006年12月 [21]
  124. 2006年11月 [16]
  125. 2006年10月 [22]
  126. 2006年9月 [22]
  127. 2006年8月 [20]
  128. 2006年7月 [11]
  129. 2006年6月 [22]
  130. 2006年5月 [14]
  131. 2006年4月 [13]
  132. 2006年3月 [14]
  133. 2006年2月 [14]
  134. 2006年1月 [21]
  135. 2005年12月 [21]
  136. 2005年11月 [10]
  137. 2005年10月 [14]
  138. 2005年9月 [17]
  139. 2005年8月 [16]
  140. 2005年7月 [15]
  141. 2005年6月 [16]
  142. 2005年5月 [18]
  143. 2005年4月 [24]
  144. 2005年3月 [22]
  145. 2005年2月 [20]
  146. 2005年1月 [17]
  147. 2004年12月 [20]
  148. 2004年11月 [7]
  149. 2004年10月 [10]
  150. 2004年9月 [11]
  151. 2004年8月 [10]
  152. 2004年7月 [10]
  153. 2004年6月 [9]
  154. 2004年5月 [10]
  155. 2004年4月 [7]
  156. 2004年3月 [8]
  157. 2004年2月 [8]
  158. 2004年1月 [11]
  159. 2003年12月 [13]
  160. 2003年11月 [13]
  161. 2003年10月 [1]
  162. 2003年9月 [2]
  163. 2003年8月 [1]
  164. 2003年7月 [2]
  165. 2003年6月 [6]
  166. 2003年5月 [6]
  167. 2003年4月 [3]
  168. 2003年3月 [5]
  169. 2003年2月 [3]
  170. 2003年1月 [6]
  171. 2002年12月 [5]
  172. 2002年11月 [5]
  173. 2002年10月 [6]
  174. 2002年9月 [5]
  175. 2002年8月 [5]
  176. 2002年7月 [6]
  177. 2002年6月 [7]
  178. 2002年5月 [2]
  179. 2002年4月 [4]
  180. 2002年3月 [6]
  181. 2002年2月 [5]
  182. 2002年1月 [11]
  183. 2001年12月 [7]
  184. 2001年11月 [3]
  185. 2001年10月 [2]
  186. 2001年9月 [3]
  187. 2001年7月 [1]
  188. 2001年6月 [2]
  189. 2001年5月 [2]
  190. 2001年4月 [2]
  191. 2001年3月 [4]
  192. 2001年2月 [2]
  193. 2001年1月 [4]
  194. 2000年12月 [6]
  195. 2000年11月 [9]
  196. 2000年10月 [3]
  197. 2000年9月 [4]
  198. 2000年8月 [4]
  199. 2000年7月 [7]
  200. 2000年6月 [8]
  201. 2000年5月 [8]
  202. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4