eye.jpg

KAZチャリティ 一覧

無事に終わりました

少し日数が経ってしまいましたが
まずはお礼を兼ねまして、日記を上げさせていただきます!

本番の前日から降り続けた雪は、札幌の景色を真っ白に染めて
当日になったら、うっすらどころか、
真冬ばりの積雪になっておりました(汗)

今までのパターンからいきますと、結構晴れ男で通ってきたのですが
今回ばかりは嵐が北海道にやってきたついでに
強い寒気まで連れてきてしまって、
ある意味、嵐旋風が巻き起こった感じでしたね(苦笑)

嵐のライブを蹴って、UHB主催のKANさんが出演するライブも蹴って
皆さんはKAZに会いに来てくれたんですよね?(苦笑)
大変光栄に思っております(笑)

でも本当に、足が不自由だったり、
車いすに乗っていたりすると、雪が積もっちゃうと
外に出るのが億劫になると思う中、
チャリティーライブに足を運んでくださったことは
心よりありがたく感じております。
あらためて本当にありがとうございましたm(_ _)m

kazcl_20171119.jpg

ライブレポは、別途上げたいと思いますので
この日記では割愛させていただきますが、
風邪を引いてしまったり、どーにも車いすで
外に出るには大変だったり、
体調が悪かったりする方など、
わざわざお詫びの連絡をいただきまして、
そんなこと気にしなくていいのに
逆に気を遣わせてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

私としては、そりゃ見て欲しいですけど
行きますよと意思表示を示していただくだけでも
充分嬉しく思っております。
それだけでも励みになります!!
次の機会にライブ会場で会えることを願ってます!


とは言え、余りの大雪には少々焦りもあり
みんな来てくれるだろうか?
などの心配は結構しておりました(汗)
でも蓋を開けてみれば、定員のほとんどの方が
来てくださりまして、大盛況の内に終えることができました。

行けないけど募金だけします!って言ってくれた人もいます!
お名前だけお知らせします。

・スライリィー基金様
・ポリープゆうぢ様

本当にありがとうございましたm(_ _)m


今回選んだ会場は、ライブをやるための場所では
ありませんでしたので、これはこれでどうなっちゃうのか
不安がなかった訳ではありませんでした。
ステージも段がある訳でもないし
目線は皆さんと一緒でしたし、照明も融通の利く
感じではありませんでした(汗)

ただただ縦に長い部屋という感じでしたので
どういう使い方をすればいいのか
当日皆さんに委ねるしかなかったです(苦笑)

でも人数制限があるというのは分かってたので
部屋全体が埋まることはないため
部屋の後ろ側は、退屈するであろう
我が子を始めとする、子どもたちの自由スペースにすることだけは
部屋を借りる際には決めておりました。

この点についてだけで言えば、上手い利用方法だったと思います。
親御さんからも、ありがたいという話も聞けましたので
素直に良かったなと思っています。
そこだけで言えば、照明の融通の利かなさも
ある意味功を奏したのかもしれませんね(苦笑)


音量について言えば、当初ほどほどにしてくださいって
言われていたので、どこら辺が線引きなのか
分からないまま、突入してみたけど(汗)
意外に音量出せたし、終わってから鍵を返却する際に
大丈夫だったか聞いてみたけど、
特に問題はなさそうでした。
今回のライブでの音量がオッケーなら
私的には今後も使う場所としてはアリかなと思ってます。

ライブ自体に妥協はしたくない。
でも見に来る人に対しても、基本制限はしたくない。
車椅子だから入れませんとか、
子どもは声を上げるからダメとか、
何か理由つけて、制限するのはイヤだなと。
まぁ〜人数制限はありますがね(苦笑)

このチャリティーライブだけは、
見に行きたいなぁ〜と思ってくれるように
演者も頑張るし、見に来る人も自由であって欲しいのです。
その流れでライブ見たら、募金も自然にできてるし
ちょっとでも子どもたちのことを考える
きっかけを持っていただけたらと思って取り組んでいます。


今回も余計な話ばかりしちゃって
子どもたちのことを、きちんと話せたかは
正直怪しいんですけど...
しかも時間を押しに押してしまったし(汗)
そこら辺をカバーするためにパンフを作ってたりもするので
一回は読んでもらえれば、真剣に取り組んでいることは
理解していただけるのではないかと思っております。


何はともあれ、無事に終えることができて
心からホッとしております(苦笑)

PAのエバタさん、
KAZ一派のRYOさん、やってぃ、シヴァーP、ナベ、
ボランティアのOさん、
サポートのやまちゃん、大先生、キメラさん
MCミック、よっし〜
カメラマンの梶川さん、はるかさん、Eちゃん
オープニングアクトを務めてくれた
三浦里菜さん、こうえいたさん
いつも支えてくれている、ママ、
一緒に歌ってくれた、つむくん

そして何よりも、ご来場いただきました皆様に、
あらためて深く深く、厚く御礼申し上げますm(_ _)m


取り敢えず、10回の目標を目指して来年も開催しますので
今後とも応援していただけると大変嬉しく思います!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

Another week

いよいよ来週の日曜日には、ひっさびさの
チャリティーライブが開催されますよ!!

取り敢えず、チケットも返事待ちを除けば
ほぼソールドアウト状態なので
本当にありがたい限りですm(_ _)m
貴重な休みの日に、お付き合いいただくこと
心より御礼申し上げます。

パンフの印刷も無事届きまして、
ある程度のモノは用意ができまして
後は練習と、MC用原稿だったり
自分用の原稿作りでしょうかね・・・(汗)

kazCL2017panfu.jpg

何はともあれ、来ていただける皆様に
楽しんでいっていただけるような
ライブにしたいと思って取り組んでおりますので
ぜひご期待いただけたらと思います!!

さて改めて細々とした説明をさせていただきますね。


●会場について

まずは会場である、かでる2.7のレクレーション室ですが
一階の入り口を入ったら右に狭い通路がありまして
そこのを奥まで進んでいただきますと
レクレーション室があります。
詳しくは下記の画像を参照願います!!

kaderu2_7_1f.jpg

ちょっと早めに着いてしまった方には
入り口正面にあります展示ホールスペースにて
お待ちいただくことは可能ですので、
暖をとってお待ちください。

それでも不明な場合は入り口横に
総合受付がありますので
お気軽にお問い合わせください。


●駐車場について

かでる2.7には駐車場があり、通常は有料ではありますが
車で来ていただき停めることは可能です。

車高の高さ制限があり2mまでになります。

但し、チャリティーライブ以外にも
かでるホールでも当日イベントがあり、
既に使われている可能性はあります。
しかも台数も機械の故障とかで現在29台までしか
停めることができないようです(苦笑)
本来は80台近く停められる設備らしいのですが
直すための予算が市から得られないらしく
仕方なく29台までらしいです・・・。

車椅子利用の方には優先的に利用していただきたいのですが
先着順らしく状況によってはかでる2.7の駐車場は
使用できない可能性もあることだけは
申し訳ないのですが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
私自身も使えない可能性もあります(汗)

一番近場で、YAMADA電機に駐車場が有料ですがあります。
どうしようもない場合は、そちらの利用をお願いします。

一応利用できたときの話をしますと、
障がい者手帳をお持ちの方であれば
駐車料金は免除されますので、駐車場の受付さんに
手帳を提示してください。


●定員について

施設利用に当たり人数制限がありますので
予約されていない方の入場はできませんので
予めご了承ください。


●お子様連れの方

私も2歳児の親なのでよく分かりますが
さすがに2時間も大人しくしているのは
難しいかと思います(汗)
なので会場を自由に動き回っていただいて構いません(笑)
泣いても、大声出しても問題ありません(苦笑)
無理強いはしないでください。

一応、私含めて歌い手は、小さい子向けの
曲を用意していますので、
何かしら反応してもらえると思っています(苦笑)

飲食も基本はアレですが、掃除は我々スタッフが行いますので
気になさらずに、飲み物やお菓子は食べさせてあげてください。

荷物に関しては、50人分のロッカーも完備されていますので
身を軽くしたいときには自由にお使いください。
鍵はあるので大丈夫だと思いますが
貴重品については各自で責任を持って扱ってください。
後、鍵はなくさないでください(苦笑)


●車椅子を利用されている方

面倒だとは思われますが、レクレーション室が
元々裸足でも使用できる部屋として設定している関係上
歩いている方にはスリッパに履き替えていただき
車椅子利用の方にはタイヤを拭いてから入るように
施設側より指示を受けておりますので
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

そしてトイレについてですが、車椅子用のトイレは
同じ1階にはありますが、ホール側の方にありますので
少々離れていますが、その点もご了承ください。


取り敢えず説明としては、こんなところでしょうか?(汗)

何はともあれ、今回は小さいお子さんの参加が多く
多分私のチャリティーライブとしては初だと思われますが
どうにか2時間楽しんでいただけるように
頑張っていきますので、見に来てくださる皆様も
どうぞ楽しみにしてくださいね!!

私含めて風邪などを引きませんように・・・(苦笑)

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

10月も終わる

台風からの温帯低気圧に変わり、激しい暴風雨と
みぞれ交じりの雪が降り、本当に10月だったんだろうか?
なんてことを思わせる10月も終わりを迎え
いよいよチャリティーライブまで
三週間を切ってしまいました!!(苦笑)

6月に場所を抑え、今年は余裕がありそうな
予感がしておりましたが、蓋を開けるといつも通りっていう...(汗)

もうここまでくると、やはり性格的な問題で
ギリギリにならないと、取り組まないんだろうなぁ私(汗)

まぁ〜言い訳の類も沢山なくはないんだが
言ったって仕方がないということで
取り敢えず多忙な仕事は、意識を遠ざけておいて
気持ちだけでもチャリティーライブに
集中していこうと思っております!!

チケットも残り13枚まできましたので、
お悩みの方は、少しお早めの決断をお願いしますm(_ _)m


時計台から始まり、バージョンアップを兼ねて
パトスを選んで取り組んでいたものの
子どもが生まれて、一旦小休止して
昨年はライブバーのMellowさんでやらせていただき
今年はどーしようか悩みつつも
場所代を協賛等でお願いするにも限界があり
初心に返り、自分で賄える分でやろうと思い
値段的に可能だった、かでる2.7を選びました。

ライブをやるという会場としては、
パトスを経験しちゃうと、雰囲気はがらりと
変わっちゃうんだけど、それでもそれなりに
楽しんでいただけるのではないかなと思って
必死に取り組んでおります!

自分の置かれている現状をはねのけてまで
無理して行うことが正しいのか分からなくなっていたけど
昨年のライブは、小さいながらも、やっぱり楽しかったし
自分が親になって思うこともリアルになってきたし
周りの友人達にも子どもが生まれてきました。

日々の子どもとの生活は、大変なことも多いし
こんにゃろ〜って思うこともあるし
イラッとするとこもありますよね。
でも、やっぱりかわいいし、楽しいし
愛おしいんですよ!!

そんな中でも、いろいろな事情がある中で
親と一緒に暮らすことができない子どもたちがいることも
また事実なんですよ...。
何とかならんのか?って思うわけですよ。
自己満足も否定はしませんよ。
でも微力ながら、そんな子どもたちのために
役に立つことがあればと思って
チャリティーライブを開催させていただいております。

なので皆さんのチケットの売り上げや、
当日の募金などには、一切手を付けずに
そのまま児童養護施設へ寄付させていただいております。
それが私なりのポリシーです。

まぁ〜おかげで、一派を含むスタッフさんや
ボランティアさんには謝礼も出せないし
オープニングアクトを務めてくれる方々にも
なんの謝礼も出せませんが、
そんな無茶苦茶な条件の中でも
協力してもらえて本当に感謝しております。

本当にワガママにお付き合いいただきまして
心より御礼申し上げますm(_ _)m
今年のライブも一緒に盛り上げてくださいm(_ _)m

と言うわけで、チケット残り13枚です!!
ご予約お待ちしておりますm(_ _)m

KAZ Charity Live 2017
To a heart of children Vol.Ⅵ
〜世界はこんなにもカラフルに染まっている〜

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
TEL:011-204-5100
定員:45名まで
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Page:http://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mail:kazing.s@gmail.com

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

2017CL_ol.jpgのサムネイル画像

25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

着々と

チケット予約が入ってきましたよ!!(苦笑)
もう~みんなスロースタートだなぁ~
いけずぅ~(まるちゃん風(汗))

現在保留中の方などもいらっしゃるので
ある程度は見えてきましたが、
まだ余裕はありますので、どんどんご予約お待ちしております。

そんな中、ポスターやチケットなども
印刷が上がってきて、後は当日配布するパンフを
デザイナーさんにお願いしているところになります。

2017CL_poster.JPG

まぁ~他にも用意しなきゃならないものも
多数あるんだけど、なにぶん本気で仕事が忙しいので
結構一杯一杯です(苦笑)
やはり年末調整の時期の開催は、
自分を追い込むだけだのぉ・・・(汗)

でも楽しみにしていますという声も
たくさんいただいているので、
おじさんは頑張っていきますよ!!(苦笑)


印刷屋を離れて早2年ですが・・・
自分たちでやれてた頃は、限りなく安く
設定できていたので、改めて外注に出すと
そうは安くはならんのぉ~(汗)
裏側を知っているので、用紙代とか
プリント代とかは、ある程度把握できてしまうだけに
気持ちもう少しお安く~と心の中で思っちゃう(苦笑)

とは言え、相手方も商売ですから
安くする理由は、てんでありません(汗)
それでいいと思います(笑)
なので今後とも、よろしくお願いしますm(_ _)m


話が逸れてきましたが・・・(苦笑)
何はともあれ、少しでも子どもたちのためになればと
今年も開催させていただきますので
お客さんが予約で埋まりますよう、
今しばらくご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

2017CL_ol.jpg

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
オープニングアクト三浦里菜こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)」
寄付の使われ方:クリスマス会などのレクレーションの経費に充てられます

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com
         他にSNS経由でも予約の受付OK
TEL:090☆9083☆7040 ☆を消して電話してください(PM20:00~22:00まで可)

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

※お願い
・人数制限が施設運営上必須のため、予約されていない方の入場はできません
・車椅子使用の方向けですが、かでる2.7には地下に行く駐車場があります
 基本的に有料ですが、障がい者手帳を提示すれば免除されます
 ただし駐車場が空いている保証はありませんので、その場合は近隣の駐車場を
 使用せざるを得ないことは予めご了承ください(近隣の場合は有料です)
・付き添いの方につきましても、チケットは必要になります
 (チャリティーイベントのためご理解ください)
・レクレーション室に入る際には、施設管理側より車椅子のタイヤを軽く拭くように
 指示されていますので、ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします
・かでる2.7の自販機で購入した飲み物のみ持ち込み可(極力こぼさないでください(汗))


拡散用テンプレ
【超が付く拡散希望】KAZ Charity Live Vol.Ⅵ 日時:11/19 PM16:30開演 場所:かでる2.7 レクレーション室 定員:45名 チケ:1000円 売上全額「旭川育児院」へ寄付! 詳細はhttp://kaz-sing.com/でチェック!

どうぞ、皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

おかしいのぉ

チャリティーライブの予約が一向に入らない(苦笑)
宣伝に力を入れられてないのも否定はできないけど、
今のところ10人くらいしかいらっしゃいません(汗)
どうか皆さま、意思表示をお願いします!!(苦笑)


KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
オープニングアクト:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)」

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会


当日になってみないと分からないという人も
いらっしゃるとは思いますが、
それでも行こうと思っていただけてる方は
ぜひ一言「行く」の一言でも入れていただけると
本当に助かります(汗)

予約が入らなければ、当日の受け入れも
可能なんですけど、ある程度、人数の見込みも
把握しておきたいのです!!

本当に本当にお願いします!!m(_ _)m


いやぁ〜どうしても行けないんだよねぇ〜って方は
宣伝の協力をお願いしますm(_ _)m

拡散用テンプレ
【超が付く拡散希望】KAZ Charity Live Vol.Ⅵ 日時:11/19 PM16:30開演 場所:かでる2.7 レクレーション室 定員:45名 チケ:1000円 売上全額「旭川育児院」へ寄付! 詳細はhttp://kaz-sing.com/でチェック!


仕事が多忙で平日は疲れ切ってはおりますが
頑張って仲間と一緒に、ライブ頑張りますので
ぜひ遊びにいらしてください!

小さい子どもかいるからと遠慮はいりません!!
騒いでも全然オッケーです!
会場は、そこそこ広いので、走り回ってもオッケーです!
多分うちの息子は走り回ってると思われます(苦笑)

車椅子トイレもきっちり完備されていますし、
手帳お持ちの方であれば、駐車料金も免除されます!
ヘルパー資格を持っている方もいらっしゃいますし
なんなら看護士の方もいらっしゃいます(笑)
安心して遊びにいらしてください!!(苦笑)


と言うわけで、皆さまからの予約、
そして当日会場で会えるのを楽しみにしております!

よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

2カ月切った・・・

すっかり身体をやられてしまった
今年の夏ですが、そのおかげで・・・
ライブもできていないし、チャリティーライブの
宣伝もほとんどできていませんでした(汗)

あれ?今年もチャリティーライブやるんだよね?
と思っていた、そこのあなた!!

やります!!

ちゃんと開催します!!(苦笑)

ただ今年に限っては、私ギターが弾けない可能性大です(汗)
手足口病の後遺症で、現在右手の爪が剥がれかけております。
私はご存じだとは思われますが、
基本的にギターの押さえ方が特殊でありまして
弦を爪で押さえつけております。
なので爪が剥がれたからといって
通常のサイズまで爪が復旧しないと
痛くて押さえられないと思われます(苦笑)

全曲、歌うだけになる可能性もありますので
その点だけ、ご了承いただけたらと思います(汗)


さて、開催することだけは早々とお知らせしておりましたが
詳細につきましては、ご案内できておりませんでした。
と言うわけで、改めて内容をご案内させていただきます。

2017CL_ol.jpg

KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所:かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会


ここまでは決まっておりました(苦笑)
今回はオープニングアクトの紹介と寄付先をお知らせします。

まずはオープニングアクトその1
三浦里菜さん

miurarina.jpg

KAZ一派でもあるRYOさんが今一番押している
現役高校生の歌い手さんです。
見た目はほがらかな可愛らしい方ですが
歌い始めるとパワフルで懐メロから最新曲まで
幅広い歌をうたえるシンガーさんです!!
今から何を歌ってくれるのか楽しみです!

公式Twitter → https://twitter.com/rina_m_1999

その2
こうえいたさん

koueita.jpg

私が路上ライブをやっていた際に、
仲良くさせていただいていたシンガーソングライターさんです。
声は渋めですが、お客さんを楽しませる、ジャンケンの歌や
ネコミミを装着する、にゃんパラダイスは必聴の価値あり!!
是非ともご期待ください!!

公式Twitter → https://twitter.com/koueita3156


そして寄付先についてですが
6月に知り合いになった方から、旭川の情報を得たので
今年は「児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)」さんに
寄付をさせていただこうと思います。
寄付の使われ方は、クリスマス会などのレクレーションの
経費に充てていただこうと思っております。


最後に改めてのお知らせなのですが、
今回の会場施設の関係上、人数制限があります。
定員45名となっておりますので完全予約制です。
大変お手数をおかけしますが、チャリティーライブに
参加していただける方は、メールでもSNSのDMなどでも
何でも構いませんので、予約のご連絡をくださいますよう
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

チャリティーライブ専用ページ:http://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mail:kazing.s@gmail.com
件名に「ライブ予約」と入れていただき、
参加する方の「人数」と全員分の「名前」
18歳未満であれば無料で入れますので「年齢」も入れてください。


拡散用テンプレ
【拡散希望】KAZ Charity Live Vol.Ⅵ 日時:11/19 PM16:30開演 場所:かでる2.7 レクレーション室 定員:45名 チケ:1000円 売上全額「旭川育児院」へ寄付! 詳細はhttp://kaz-sing.com/でチェックしてください!

ではでは、イイネ!シェアリツイート口コミ
拡散のほど、よろしくお願いしまーーーす!!(苦笑)

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

To a heart of children Ⅵ ~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

2017CL_ol.jpg

 おかげさまで本年も無事にチャリティーライブを開催させていただきます!!
 場所としては本格的なライブハウスではないため、照明灯は味気ない部分もあるかとは思いますが、初心に返るべく自分の身の丈に合った、
できる範囲のチャリティーライブを、やっていきたいなと思っています。アットホームな、でも演奏は本格的な、そんな素敵な空間を皆さんと
作り上げられたらいいなぁ~と今から楽しみにしています!!
 純粋にライブを楽しんでいただいて、少しだけ子どもたちのことを考えてもらえるきっかけになればと思います!
 市の建物を借りるため人数制限があったり、多少の制約などもあり、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
その際はご協力いただけたら幸いです。
 肌寒い季節での開催になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

KAZ Charity Live To a heart of children Vol.Ⅵ
~世界はこんなにもカラフルに染まっている~

日時:11月19日(日) PM16:00〜OPEN PM16:30〜START
場所かでる2.7 レクレーション室(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル1F)
定員:45名まで(完全予約制)
チケット:1,000円(18歳未満無料)
サポート:ヤマガタユウジ、城 禾乃、キメラ...
Opening Act:三浦里菜、こうえいた

寄付先:児童養護施設 旭川育児院(旭川市台場2条2丁目3-45)

Web Pagehttp://kaz-sing.com/charity/
チケット予約Mailkazing.s@gmail.com
他にSNS経由でも予約の受付OK
TEL:090☆9083☆7040 ☆を消して電話してください(PM20:00~22:00まで可)

主催:KAZ一派実行委員会
後援:札幌市・札幌市教育委員会

※お願い
・人数制限が施設運営上必須のため、予約されていない方の入場はできません
・車椅子使用の方向けですが、かでる2.7には地下に行く駐車場があります
 基本的に有料ですが、障がい者手帳を提示すれば免除されます
 ただし駐車場が空いている保証はありませんので、その場合は近隣の駐車場を
 使用せざるを得ないことは予めご了承ください(近隣の場合は有料です)
・付き添いの方につきましても、チケットは必要になります
 (チャリティーイベントのためご理解ください)
・レクレーション室に入る際には、施設管理側より車椅子のタイヤを軽く拭くように
 指示されていますので、ご迷惑をおかけしますが、ご協力お願いします
・かでる2.7の自販機で購入した飲み物のみ持ち込み可(極力こぼさないでください(汗))

※お願い2
・積極的に募集はかけませんし、基本的には自分で払う予定ですが、もし場所代について
 協賛としてご協力いただける方がいらっしゃいましたら、改めてお願いできたらと思っております
・目標金額としては20,000円になります
 この金額を超えた場合には、児童養護施設への寄付に充てさせていただきます


後は今後詳細を詰めていきます・・・(汗)
兎にも角にも頑張っていきますので、よろしくお願い申し上げます!!

25周年も安心してください、いつものぉ~あでゅ~♪

チャリティーライブ開催場所決定!

と言うわけで今年も無事に開催させていただきます!
場所はいろいろ悩んだあげく、札幌市の建物で
かでる2.7の、レクレーション室を借りて
チャリティーライブを行うことにしました!!

ここに至るまでには結構悩みまして...
別に今まで通りのPATOSさんでも良かったんだけど
運営上の理由により箱代が値上げに踏み切りまして
そうなると今までの金額以上を求められることになり
協賛金を集めるにしても、正直厳しい状況になってきました(汗)

これはPATOSさんを責めるわけにもいかず
多分仕方のない決断であったんだと思います。
本音としてはもっと前に値上げに踏み切りたい
ところもあったんだと思うんですが、
ギリギリまで粘っていたんだろうと推測されます。

どの道、毎回協賛金を集めるのにも大変だったし
値上げ後の協賛金を集めたとして
箱代で集まった金額を寄付した方が
実はためになるのではないか?という
本末転倒なことも頭では浮かんできまして...(汗)

だったら無理はせずに自分の身の丈にあった
できることをしようという初心に帰り
箱代として支払えそうな場所での
開催をすることにしようと決断しました。

となると今度は、どこなら大丈夫なのか?を考えて
最低でも50人以上入ることができて、
支払い可能な金額で、利便性も良く、
車椅子用のトイレも完備されていてなど
様々な条件を元に、かでる2.7・ちえりあに
絞ることにして、両方とも実際に見てきました!

まずちえりあは、音楽研修室という部屋があり
防音設備も整っていて、条件的には悪くありませんでしたが
根本的な問題として、チャリティー名義での
貸し出しは不可と言われ、何かしらの講演の元で
音楽ライブをする分には大丈夫らしいのですが、
そもそもチャリティーライブの名前を出せないなら
やっぱり違う気がして、素直にお断りして
かでる2.7に全てを託し話を聞きました。

まぁ〜かでる2.7にも貸し出すに辺り
それなりの規制はあるんですけど(苦笑)
札幌市管理の建物である以上仕方ないみたい(汗)

不特定のお客さんを呼ぶライブ開催であると
その時点で料金は倍になるらしいんだけど...
児童養護施設へのチャリティーライブだし、
1円足りとも自分のところには残らないこと、
札幌市や教育委員会の後援を取っていること
何よりきちんとホームページ上で
お金に関しての報告を上げていることなどの
丁寧な説明を続けていくと無事に基本の金額で
レクレーション室を借りることができました!

ホームページリニューアルも功を奏して
見やすくしていたのも良かった(苦笑)

多少の音量制限もあるし、他にもいろいろ規制はあるけど
取り敢えずは条件に合う場所が確保できて良かったです!


詳細については、これから詰めていきますが
まずは、11月19日(日)の夕方に開催しますので
皆様、その日は空けておいてください!!
人数制限もあるので、今のところ45名限定になりますので
完全予約制にさせていただきます!!

兎にも角にも、チャリティーライブは今年も開催しますので
ぜひとも皆様よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


25周年も安心してください、いつものぉ〜あでゅ〜♪

今回も無事に

チャリティーライブの売り上げを全額
寄付させていただきました!!

2016cl_kifus.jpg

動員数:26名(関係者購入分含む)
売上総額(募金、CD売上含む):33,500円

内訳
チケット売上:26,000円
CD売上:2,000円
募金:5,500円

寄付先児童養護施設 広安愛児園
    (熊本県上益城郡益城町古関73)
    寄付の使われ方は、子どもたちが参加する、
    行事やレクで必要な経費(飲食代など)に充てられる予定です。


少額がではありますが、皆さんの想いがこもった
大切なお金ですので、少しでも子どもたちのために
使われることを心より願っておりますし、
未だに続く地震からも、早く心が安らぐ時が
来ることを切に願っております。


どうしたら子どもたちが安心して生きてゆける
世界になっていくのだろうか?と
このイベントを通して、いつも考えさせられます。
答えは出ないし、有効な手段も思いつかないんだけど
まずは身近な大人たちが恥じぬ姿を
見せていくしかないんだろうなって感じます。

立派に生きれよって言ったって、
日々流れてくるニュースを子どもが見たとして
ははっって苦笑するような、ニュースしか流れてこなければ
そりゃぁ~無理ってもんです(苦笑)
だからせめて我々は、良い手本になるように
日々を生きていくしかないんだよねぇ。

と、自分に言い聞かせております(汗)

何はともあれ、少しでも被災した子どもたちが
笑顔になれることを願いながら、
今年のチャリティーライブの
売り上げの報告とさせていただきます。

ついでに先日のNHKさんの番組の件ですが
1週間でサイトから動画が消えちゃったので
あんなに良い特集を消してしまうのは
もったいないということで、Youtubeにアップしました(苦笑)

良ければ、また見てやってください!!

20161027_NHKの番組でKAZが特集される!
https://youtu.be/UmecANpsLko

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

世界はこんなにもカラフルに染まっている

やっと見ることができました!!(苦笑)
6分も特集を組んでいただきまして
あらためてNHK北海道さん、そして前さん、
カメラマンの皆さん、本当にありがとうございました。


自分が映るだけでもすごいのに
息子まで一緒に映していただいて
素直に感慨深いですし、
とても思い出に残る取材になりました!

取材が始まった経緯ですが、
多分5年前に東日本大震災で被災した方々への
募金を集める路上ライブを偶然に
前さんが目にしてくれていたようでして
そこから数年経って、ふと私を思い出してくれて
連絡が来て、取材が始まりました!

若干その頃、多忙を極めていたこともあり
チャリティーライブをするかどうかを
悩んではいたんですけど、
最終的には、やらないの?という声があって
開催を決意したんですが、NHKさんの取材も
背中を押してくれたように感じています。

特集の内容ですが、良くも悪くも、
ホントにありのままの
私が出ていたと思います(苦笑)

40年前なんて、今のように便利なものが
あったわけではないから、ラジオかテレビが
毎日を楽しむツールだったし
そこから流れてくる音楽には敏感だったし
カセットに録音しては一人で歌っていたと思います。

高校に上がると部活でバンド組んで
歌っていたこともあるし、その頃から
楽器ができたらなという思いはありました。

だから某局の○○テレビで見た
ギターを上から押さえる演奏法には
マジで衝撃を受けましたし、
私の中で「これだ!!」と確信しました。

以降、自分が抱えられるサイズの
ギターを探し、きちんと音が鳴るようになるまで
飽きもせず一年くらいは毎日弾いていました。

そこから今の私があります。

今でも毎日、家族を始め、多くの方々に
手を貸してもらいながら生活をしていますが
無駄に大人になった自分ができる範囲で
次の世代の子どもたちへ何かしたいという想いから
チャリティーライブもするようになりました。


まぁ~小学生の頃の写真は可愛らしげがありますが
中学生・高校生になると、すげー粋がっているのが
全面的に出てくるから、とてつもなくはずいんですが
それも今の私につながっていると思えば
致し方ないことなんだと思われます(苦笑)


新曲「カラフル」も、こんなに全面に
取り上げていただけて、本当にありがたい限りです。

上手く編集していただけると
こんなに名曲に聴こえるんですね(笑)
なんか良い曲作ったなと自負できます(苦笑)

でも、この曲に込められた想いも
何一つ嘘はないし、息子のために作った曲だけど
子どもたちへ向けたメッセージもあるので、
これからもチャリティーライブをするにあたっての
メインソングになる曲ができたなと感じています。


何はともあれ、こんなに素敵な特集を組んでいただきまして
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
NHKの前さんには感謝してもしきれません。

取材抜きにしても仲良くさせていただけたら
大変ありがたく思います!!

さて、リアルタイムで見れなかった方、
録画すら間に合わなかった方々、
北海道外の皆さま!!
安心してください! 見れますよ!!

NHKのWEBサイトにて!!!!(笑)

一か月限定らしいんですけど、
パソコンでもスマホでもタブレットでも
オールオッケーです!!(苦笑)

なので、全国の皆さま!
ぜひ映像を見ていただきまして
ご感想をお待ちしておりますm(_ _)m


北海道NEWS WEB
障害乗り越え音楽で心響かせる
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20161027/3732931.html

よろしくお願い申し上げます。

24年目も変わらずのぉ~あでゅ~♪

このページの上部へ

プロフィール

音楽もやってれば、iPhone含めたガジェット大好き、パソコンも大好き、でも一番大好きなのは、笑顔がかわいい息子じゃ!!(苦笑)

OFFICIAL PAGE http://kaz-sing.com/

オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

親の身勝手な理由から行われることが多い、子どもの虐待を許すことが出来ません。
私KAZはオレンジリボン運動に賛同します。

カウンター

サイト内検索

Twitter

Instagram

@KAZ_SING

広告 Google

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [3]
  2. 2017年10月 [5]
  3. 2017年9月 [6]
  4. 2017年8月 [3]
  5. 2017年7月 [4]
  6. 2017年6月 [5]
  7. 2017年5月 [5]
  8. 2017年4月 [3]
  9. 2017年3月 [3]
  10. 2017年2月 [2]
  11. 2017年1月 [6]
  12. 2016年12月 [4]
  13. 2016年11月 [5]
  14. 2016年10月 [6]
  15. 2016年9月 [4]
  16. 2016年7月 [3]
  17. 2016年6月 [4]
  18. 2016年5月 [5]
  19. 2016年4月 [2]
  20. 2016年3月 [2]
  21. 2015年12月 [3]
  22. 2015年11月 [2]
  23. 2015年10月 [2]
  24. 2015年9月 [1]
  25. 2015年8月 [1]
  26. 2015年7月 [4]
  27. 2015年6月 [3]
  28. 2015年5月 [4]
  29. 2015年4月 [3]
  30. 2015年3月 [1]
  31. 2015年1月 [3]
  32. 2014年12月 [1]
  33. 2014年11月 [3]
  34. 2014年10月 [6]
  35. 2014年9月 [3]
  36. 2014年8月 [6]
  37. 2014年7月 [4]
  38. 2014年6月 [4]
  39. 2014年5月 [7]
  40. 2014年4月 [5]
  41. 2014年3月 [3]
  42. 2014年2月 [3]
  43. 2014年1月 [4]
  44. 2013年12月 [9]
  45. 2013年11月 [11]
  46. 2013年10月 [6]
  47. 2013年9月 [9]
  48. 2013年8月 [7]
  49. 2013年7月 [6]
  50. 2013年6月 [11]
  51. 2013年5月 [9]
  52. 2013年4月 [8]
  53. 2013年3月 [9]
  54. 2013年2月 [9]
  55. 2013年1月 [8]
  56. 2012年12月 [21]
  57. 2012年11月 [18]
  58. 2012年10月 [15]
  59. 2012年9月 [18]
  60. 2012年8月 [14]
  61. 2012年7月 [12]
  62. 2012年6月 [12]
  63. 2012年5月 [10]
  64. 2012年4月 [14]
  65. 2012年3月 [19]
  66. 2012年2月 [10]
  67. 2012年1月 [21]
  68. 2011年12月 [18]
  69. 2011年11月 [23]
  70. 2011年10月 [20]
  71. 2011年9月 [8]
  72. 2011年8月 [12]
  73. 2011年7月 [16]
  74. 2011年6月 [19]
  75. 2011年5月 [19]
  76. 2011年4月 [19]
  77. 2011年3月 [19]
  78. 2011年2月 [17]
  79. 2011年1月 [18]
  80. 2010年12月 [27]
  81. 2010年11月 [20]
  82. 2010年10月 [20]
  83. 2010年9月 [21]
  84. 2010年8月 [25]
  85. 2010年7月 [17]
  86. 2010年6月 [24]
  87. 2010年5月 [17]
  88. 2010年4月 [29]
  89. 2010年3月 [22]
  90. 2010年2月 [19]
  91. 2010年1月 [20]
  92. 2009年12月 [19]
  93. 2009年11月 [18]
  94. 2009年10月 [23]
  95. 2009年9月 [13]
  96. 2009年8月 [19]
  97. 2009年7月 [19]
  98. 2009年6月 [16]
  99. 2009年5月 [22]
  100. 2009年4月 [17]
  101. 2009年3月 [20]
  102. 2009年2月 [16]
  103. 2009年1月 [16]
  104. 2008年12月 [20]
  105. 2008年11月 [20]
  106. 2008年10月 [12]
  107. 2008年9月 [10]
  108. 2008年8月 [23]
  109. 2008年7月 [27]
  110. 2008年6月 [25]
  111. 2008年5月 [25]
  112. 2008年4月 [18]
  113. 2008年3月 [17]
  114. 2008年2月 [19]
  115. 2008年1月 [21]
  116. 2007年12月 [13]
  117. 2007年11月 [22]
  118. 2007年10月 [20]
  119. 2007年9月 [19]
  120. 2007年8月 [21]
  121. 2007年7月 [27]
  122. 2007年6月 [21]
  123. 2007年5月 [23]
  124. 2007年4月 [23]
  125. 2007年3月 [27]
  126. 2007年2月 [26]
  127. 2007年1月 [17]
  128. 2006年12月 [21]
  129. 2006年11月 [16]
  130. 2006年10月 [22]
  131. 2006年9月 [22]
  132. 2006年8月 [20]
  133. 2006年7月 [11]
  134. 2006年6月 [22]
  135. 2006年5月 [14]
  136. 2006年4月 [13]
  137. 2006年3月 [14]
  138. 2006年2月 [14]
  139. 2006年1月 [21]
  140. 2005年12月 [21]
  141. 2005年11月 [10]
  142. 2005年10月 [14]
  143. 2005年9月 [17]
  144. 2005年8月 [16]
  145. 2005年7月 [15]
  146. 2005年6月 [16]
  147. 2005年5月 [18]
  148. 2005年4月 [24]
  149. 2005年3月 [22]
  150. 2005年2月 [20]
  151. 2005年1月 [17]
  152. 2004年12月 [20]
  153. 2004年11月 [7]
  154. 2004年10月 [10]
  155. 2004年9月 [11]
  156. 2004年8月 [10]
  157. 2004年7月 [10]
  158. 2004年6月 [9]
  159. 2004年5月 [10]
  160. 2004年4月 [7]
  161. 2004年3月 [8]
  162. 2004年2月 [8]
  163. 2004年1月 [11]
  164. 2003年12月 [13]
  165. 2003年11月 [13]
  166. 2003年10月 [1]
  167. 2003年9月 [2]
  168. 2003年8月 [1]
  169. 2003年7月 [2]
  170. 2003年6月 [6]
  171. 2003年5月 [6]
  172. 2003年4月 [3]
  173. 2003年3月 [5]
  174. 2003年2月 [3]
  175. 2003年1月 [6]
  176. 2002年12月 [5]
  177. 2002年11月 [5]
  178. 2002年10月 [6]
  179. 2002年9月 [5]
  180. 2002年8月 [5]
  181. 2002年7月 [6]
  182. 2002年6月 [7]
  183. 2002年5月 [2]
  184. 2002年4月 [4]
  185. 2002年3月 [6]
  186. 2002年2月 [5]
  187. 2002年1月 [11]
  188. 2001年12月 [7]
  189. 2001年11月 [3]
  190. 2001年10月 [2]
  191. 2001年9月 [3]
  192. 2001年7月 [1]
  193. 2001年6月 [2]
  194. 2001年5月 [2]
  195. 2001年4月 [2]
  196. 2001年3月 [4]
  197. 2001年2月 [2]
  198. 2001年1月 [4]
  199. 2000年12月 [6]
  200. 2000年11月 [9]
  201. 2000年10月 [3]
  202. 2000年9月 [4]
  203. 2000年8月 [4]
  204. 2000年7月 [7]
  205. 2000年6月 [8]
  206. 2000年5月 [8]
  207. 2000年4月 [2]

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4